なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

AYYE

男性

2016/05/25〜ラーメン・酒・ベイスターズ・愛猫を愛でること・チャリ・スキューバが趣味のオッサンですのんびりマッタリと備忘録として。普段は糖質制限によりラー活は休み休みたまーにします

平均点 82.198点
最終レビュー日 2019年5月18日
358 245 8 1,045
レビュー 店舗 スキ いいね

「軍鶏水炊きらーめん 鶏だし炊き込みご飯半分」@鳥料理 有明の写真2108/09/20
11時半入店、先着3名。後客続々と。

門仲木場辺りの飲んべえはご存知、軍鶏を使った鳥料理屋さんのランチ限定20杯を食べにココへ。鶏白湯のBM先でした。
メニューはワンメニュー。聞かれるのは無料の鶏だし炊き込みご飯をつけますか?の一言。ご飯の量が多いと、好んで訪問していた同僚の記憶を思い出し、半分でとお願い。

しばし待ち着丼。
おぉ〜ラーメン屋さんが作る濃厚鶏白湯をイメージしていると全く違う麺顔。最近のラーメン屋さんの具も豪勢だから悪く言うと、ややもの寂しいか。

スープから…うーんコレはタイプです。軍鶏の旨味は粘度シャバ目のスープの奥にジンワリと。見た目よりは油脂感は控えめ。塩分濃度も気持ち低めか。正確に言うとそれなりな塩分濃度もあるんだけど、塩味がガツンとくるタイプではなく、軍鶏の厚みがある故に淡めに感じる味がノンビリ訪れるタイプです。

麺は中細ストレート麺。僅かに捻りあったかな。加水率は低め。確か開花楼の麺だった記憶はあるんだけど、何か小麦感弱くバサつきも感じ、好印象のスープとは違い、印象に残らない麺でした。

具は香辛野菜の面々、ネギやらです。鎮座する鳥の揚げ物のコヤツ。上にコレはかんずりですね。久々に食べるなかんずり。チキンはサックリとした食感だけど特筆するまではどうか、美味しいですけどね。かんずりとの相性はむしろチキンよりスープに感じた。淡い印象のスープに一つパンチが入る事でスープはグレードアップした気がします。溶きすぎるとアレなので少しずつ少しずつ。

最後に半分でお願いしたご飯を雑炊的に。途中遭難しかけたけど何とか。雑炊の間にスープの温度は冷える事で、軍鶏の旨味、そして香辛野菜の風味も増して飽きる事なくいただけます。この辺の時間差上手ですねー、卓上のポン酢も良いアクセント。

トータル大満足です、が、多分この一杯はラヲタが食べると具やらスープの濃厚さ粘度、麺の存在感、多分拍子抜けしそうな気がします。ラーメン屋でなくらーめん、そしてあくまで料理屋さんからの鶏白湯。
糖質制限でラーと距離感がある今ゆえに満足度は高まったような気も少しします。脂っこいのやショッパに弱くなりますからね。

ご馳走さまでした!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯つけ麺〈特製〉」@麺屋 翔 品川店の写真2018/01/16
17時半到着、4割程度の客入り。

アイドルタイムでもお客さん入ってますね。
相変わらず濃厚で美味しいですが、体調崩し気味なのが影響してか2回目が影響してか分かりませんが、前回感動したところまでは行かず。

今日は早く帰ってとっとと寝よう。

ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「特製鶏白湯つけ麺 大盛」@麺屋 藤しろ 目黒店の写真日時失念。
12時半到着、カウンター空き1席。

前日の晩メシを食べなかったので超絶腹ペコ。商用の流れで目黒駅近辺でパパっと食わねば…という事で安定のココへ。

何回目かのレビューは基本サボります(苦笑)
ただね、本日のつけ汁は温度感も濃厚な鶏感も不足していて正直かなりボヤに感じました。
麺も大にしちゃったもんだから終盤はパサ具合が気になります、まあそれはオーダーと食べ手の問題だけど、つけ汁単体の出来は少し気になったなぁ。

折をみてまた再訪します。
ご馳走様でした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「鷄白湯つけ麺〈特製〉」@麺屋 翔 品川店の写真2017/11/05
13時頃到着。店内ほぼ満席。

日曜の休日出勤。真っ直ぐ帰るかと思ったが、ついでにラー活するかと訪問。
新宿の本店は経験あるけど品達のココは初訪問。というか品達自体久しぶりだ。
本店ではラーメン食べたので、つけ麺をチョイス。

着丼。
あら〜色味が美しい鷄白湯ですね。期待値ぐんぐん上がります。

麺のみで太麺を数本味わうと、滑らかな舌触りでかなりタイプ。コレは心の味製ですよね。

適度な粘度のあるつけ汁に浸すと、素晴らしいハーモニー。コレは好きな人堪らんでしょう。私もその1人です。
つけ汁は多分鷄以外にも豚やら何やら動物系中心に作られ、トロミを持たせた白湯は塩分も抑えめで、むしろ本店で食べたラーメンよりも満足感あり。
臭みもなく、通し営業かつ来客数が多いと思われるこのテナントで、なかなか出せないクオリティだと思います。

具はご覧の通りで味玉が特に良い出来。レモンを絞ると味がしまって良いですね。

スープ割りはニンニクチップと干しエビ?が追加されるのも嬉しいですね。ココへレモン足しても酸味のキレが良しです。

大満足。
テナントであるという事で評価プラスもあってこの点数をば失礼させていただきます。
ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「特製九六濃厚中華そば 大盛」@つけそば 九六の写真2017/05/18
12時到着、店内待ち2番手。

外回り近くのココへ。
前回はつけ麺だったので中華そばを。
俺の空出身の店主さんは無化調に拘って営業中。

着席後も割と待ち着丼。
動物系と魚介系スープからなるマタオマ系統。だけどコレは豚骨魚介でなくて、鶏だから鶏白湯なのかな?今さらながらふと思う。まあどうでもイイか。
鶏と魚介は非常に相性良く、スイスイとイケる万人ウケ仕様かと思うが、確かつけめんのつけ汁はもうちょい粘度あって鶏も魚介ももう少し各々主張あった記憶。
それに比べると、特に魚介部は魚粉頼りみたいな側面もあって、ややパンチに欠けるか。

麺は中太ストレート自家製麺。
この麺ホントに美味しいですね!9割方つけめん頼む皆さん正解です(苦笑)

具は別皿のタマゴやレアチャーもあり。
いずれもキチンと。だけど特筆すべきものも特に無し。

トータル、やはりちゃーんと美味しい。
あえて言うなら、つけめんは普通のレンゲで、チャーは何でこの蕎麦屋によくあるような木製おたまみたいなヤツ何だろう。持つときの手の角度がスクエア気味になるので、あまり好きじゃないのですよね…まあイイか。

ご馳走様でした!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚鶏白湯特製つけ麺」@麺屋 藤しろ 目黒店の写真2017/04/12
12時前到着、外待ち1名に接続。

未食のつけ麺にしてみた。
濃厚鶏白湯を提供する店。鶏の旨味だけでなく、牛の旨味ドーピングもあり。
フレンチの技法を活かしたその調理に疑問符は一切無し。

麺は心の味製、中太ストレート麺。

塩分濃度は円やかでキレイに纏められている。
具は味玉が抜群に美味い。低温チャーシューにはあまり興味無し(笑)

正直一昔前感は否めないけど、個人的鶏白湯ではトップクラス(あんまり経験値ないけど)
ただ、子牛からくる旨味ドーピングはちょっとズルさすら感じる(笑)

満足。
ご馳走様でした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件
81

「鶏白湯らーめん塩」@麺屋 奏音の写真2016/12/20
14時半到着、カウンター空き多数。

スープは鶏白湯。泡立て器でクリーミーにしてから提供。
クリーミーにする事でコクが出て冷めにくくなる『らしい』と表記あり。ソコはあるって事にしてよ(笑)
見た目も美しいけど、ちゃんと味はバッチリかと。

麺はパツの細ストレート麺。

具は炙り鶏チャーがポイント高し。

隣のどみその香ばしい匂いにヤラれながら仕事へ戻る為、少し離れた車へ歩いてる途中にふと思う。いや、シッカリ冷めてたぞと(苦笑)

ご馳走様でした!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「スペシャルらーめん  とろり」@鶏ポタラーメン THANK 大門店の写真2016/12/16
11時半過ぎ到着、外待ち5名に接続。

うがさんに触発され気になっていたココへ。凄まじい人気、後続も列がドンドン。
鶏ポタンタン麺やトリポターナなど惹かれるメニューもあるが、先ずは普通のヤツからにしてみた。
ぽてり・とろり・さらりと分かれるらしい。コレも無難に1番人気からにしてみようと思い、とろりをチョイス。

回転は早いが調理工程に少しだけかかるようで店内着席後しばし待ち着丼。

スープは濃厚だけどベジポタで飲みやすい仕上がり。
麺は中細ストレート麺。
具は鶏の炙りがこの一杯には良く合っている。手羽かな?

丁寧に作られているのは感じられるし美味しいんだけど、まあ普通っちゃ普通。
次回来ることがあれば、やはり限定にしてみよう。

ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚海老雲呑麺」@広州市場 五反田店の写真飲み終わりに。

スープは濃厚かつ魚介出汁も良く効いておりかなり良し。
ココの雲呑は好みよりは大きすぎるけど、海老感も強く良し。
麺もモチモチで良し。

かなり満足できた。以前初訪の際は担々麺にしたけど、この手の一杯の方が全然満足できると再認識。

ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「濃厚特製鶏白湯そば」@濃厚鶏そば 晴壱の写真2016/09/15
14時半到着。先客0。

BM先を訪問する日にしよう。気分は何となく鶏白湯。鶏白湯の中でBM先は3件、現在地より1番近いココにしてみる。
中野ようすけプロデュース。我ながら手堅い選択だ…

着丼。おお美しい色合いと盛り付け。
先ずはスープから…うん美味しい。丸鶏とモミジからなるスープは期待通りのベクトル。ヤバい鶏白湯あるあるの塩味一辺倒もなし。
やや粘度を出したモッタリ感のあるスープはそれでいて飲みやすくなかなかヨロシイ。

麺は中細麺。スープの粘度も手伝い持ち上げ良好。これもなかなかヨロシイ。

具は特製にして盛り沢山。のり、味玉、つくね、鶏チャー、穂先メンマ、ねぎと玉ねぎと。
豪勢ではあるけど、いずれも1品ずつ見ればボリューム感なく、小さく纏まってるって印象。まあヨロシイと言っていいと思う。

卓上には多様な味変アイテムも揃っていて、これも鶏白湯あるあるだと思うが、飽きが来たときの逃げ場があるのも好印象。
自家製辛みはエビの香りもほんのりとして辛さだけでなく味わいもあるし、山椒もまたこの一杯に適しているかなと。

総括としては、美味しいです、ちゃんと。
ただ何だろな…小さくこじんまりと纏まり過ぎてる。優等生っちゃ優等生だけど、オオ!みたいな驚きは薄い。
醤油もあるみたいなので、その一杯をいつか食べてみようかなと。

ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件