なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

さぴお@ダイエット中

男性 - 東京都 (1991年生まれ)

例え、どんなにまずい一杯があったとしても、批評するオレよりもラーメンのほうが上だ! もし、ラーメンが残飯級でも、オレはそれをエサにしてしか生きていけないハエなんだ。 批評することは簡単だけど、創ることは難しいぜ!RDB 2017/2/16~

平均点 79.162点
最終レビュー日 2019年5月19日
752 498 3 4,821
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏そば+やきめし+餃子」@麺処そばじんの写真6/5までに5kg減
どうも、さぴおです

殺人的なスケジュールの仕事に終われながら、
約12時間だけ実家へと帰省。
GWの土曜日とあって、寿司や焼肉は混んでるため、ラーメン屋が提案されました。
ならばと、家族でも入りやすく、雑誌などでもチラホラ紹介されてて気になっていたこちらへと。

GW効果かそこそこ混んでいて待ち5人ほどに接続。
運良く店内への案内は早かったですが、
座ってからは結構待たされましたね。

こちらは母体は居酒屋なんですね。
おそらく〆で出してたラーメンが好評で、
こちらを開いたのでしょう。
アルコールやおつまみメニューも充実してます。

⚫実食
おっと、鉄鍋に入っての提供ですよ?!
これはアッツアツのアッツアツ。

水菜や糸唐辛子というトピといい
「水炊き鍋をラーメンに」というようなコンセプトなのでしょうね。

スープから啜るとあっつい!
鶏白湯がそこまで白湯白湯してるわけではないので、一瞬味が分かりませんでした。

わりとアッサリとした鶏白湯は、さらりとして粘度は低め。手羽先とかから炊いてるのかな?
塩気などもマイルド。食べ進めることで
鶏の甘い白湯感を楽しむ仕様ですね。

麺は細麺ストレート。
麺で引き上げ啜ると、ぴったり揃うような麺でして、スープの拾いは上場です。
ただ、ちょっと熱ダレに弱いような印象を受けたかな。

チャーシューは鶏もも肉で、臭みはなくしっかり美味しかったです。

やきめし(チャーハン)も餃子も食べちゃったのスープ完飲は自粛。

ちなみに母は「やきめし」をかなり絶賛。
「火がついちゃったよ」とまさかの黒坦々麺を注文してました笑

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン麺 ¥900」@手打中華そば 大賀110の写真SASUKEの『平成終わるってよ』って曲を聴いて「ええやんけ」って思っていたら年齢弱冠15歳という…。
どうも、さぴおです。

相武台へとやってきました。
狙うはラーメンTRYで新人部門をいくつかかっさらっていったこちら。
店名の由来はバイクに型番をもじったものなようですね。

こじんまりとした店内は清潔感のあるカフェ風。
店頭の看板には担々麺が書かれていて、こちらが推しメニューなようです。
ただ初志貫徹のワンタン麵。

店主と店主のお母さま?による2人オペでした。

平日ランチはライスが無料とのこと。
2杯目だし、注文は醤油清湯だし、必要かな?とも思いましたが、
お母さまの優しい笑顔にほだされて、気付けばお願いしてました。

店内奥には製麺室があり、店名に偽りなしですね。

麺茹ではテボによるものでしたが、麺揚げは平ザルに移して湯切りをしていましたよ。

⚫実食
スープは醤油のじわっと酸味が立っているものでして、カエシ先行型。

いつもなら「うーん」となっていくのですが、
この醤油の酸味感が癖になってきました。
後味はスッキリしておりまして、淡麗な美味しさがありますね。

気付くとグイグイと飲んでしまいます。

自家製麺は手打ち系にしては、少し細めの高加水ちぢれ麺。
少しだけ茹でが長いのかクニュリと柔らかめの歯ごたえですが、このスープには合っていますね。麺肌はつるつるすべすべ。

チャーシューは二種、スモーク?と煮豚。
特に煮豚が大変気に入りました。
しっとりホロりとした食感。乳化をちょっとしているようでチーズのようなコクがあり、グッド!とても美味しくて唸ってました。

ワンタンは豚餡が塩気が効いていて豚肉の
味をしっかり堪能できました。
生姜や紫蘇などの薬味がない豚ワンタンではかなりのお気に入りワンタンでしたよ。

トピの丁寧さを如実に感じられますね。

初めは84点と思っていたのですが、
トピの精度の高さにやられました。

相武台はあまり「ついで」で来られる土地ではないのですが、担々麺も気になります!機会があればそちらを。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「特製和風ラーメン」@麺や 西輝の写真今さらながら今年のカレンダーを買いました。
どうも、さぴおです。

海老名行きのバスを逃してしまい仕方なく長後行きのバスへ。
バスを降りると目の前にこちらが。
「ここで食べなさい」というラーメン神の啓示でしょう。
いざ、入店。

ここは湘南台にある家系『西輝家』の二号店なんですね。
ラオタではない大学生時代にめちゃんこ利用していたお店です。

懐かしさを感じながら食券を見ると『和風ラーメン』がPP。

注文をした後に気づきましたが、仕上げオイルが選択可能なようです。
『ラー油』『ためねぎ油』『きのこ油』『煮干し油』
記憶している限りだと以上が選択可能。きのことかは季節限定だったかな?

男性スタッフに「TwitterなどのSNSはやってますか?」と聞かれ
てっきり「フォローや友達登録してたら味玉サービス」くらいの内容だと早とちりして「やってません」と回答。

真実は #麺や西輝 とタグ付けて投稿するだけで特製トピor鶏チャー丼 サービスという奢侈に富んだもの。

あわてて、投稿して特製変更しました。
店員さんが、若干「やってるんかーーい」という反応をしているように見えて気まずかったですね。

●実食
家系ということ思い出させるピンと角が張った大判海苔。
西輝家系譜を彷彿とさせるクリーミーマミな豚骨スープ。

チャーシューはどーんと2種。

スープを頂くと結構強めな節の風合い。
これがメニューに「和風」と冠してる由来でしょう。

ただ豚骨魚介っていうほどではなく、
食べ進めると乳化したマロみが広がっていきます。

トピに水菜がありますから、なんだか鍋を食べているような気持ちになってきますね。

麺は割りばしの先より少し細いくらいの中太麺。
むっちりとした弾力がある麺ですよ。
家系によくあるわずかにうねりのあるような麺でして、啜っていても飽きることはありませんね。

チャーシューは注文を受けてから切る丁寧なオペでしたが、
個人的には少しパサっていたように感じました。

味玉は完全に忘却の彼方。
写真を見て存在を思い出しました。

久しぶりに本家の西輝家にも行ってみようかしら。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らぁ麺」@湘南 野の実 Terrace mall 湘南店の写真平成以内に彼女はできなさそう。
どうも、さぴおです。

平成最後になるかもしれない帰省。
実家で寛ぎ、家族でテラスモール湘南(ららぽーとみたいなオサレ施設)へ。

急遽『ダンボ』を観ることに。
時間を潰すためにフードコートへ。

ここには湘南らしく佐野実プロデュースのラーメン屋があるんですよ。
母上は「あんまり美味しいと思わなかったけど」とのこと。

店名の『野の実』は『佐野実』を文字っているのでしょう。

厨房は広く、スタッフは多め。
奥には寸胴が二丁鎮座。店炊きしてるのかな?
テンション上がりますね。

フードコートではお馴染みのベルを貰ってしばし待機。

少し待ちましたが、早く出すぎると察するものがあるので、これくらいが丁度いいです。

⚫実食
先日、戸塚の本店と殆ど変わらぬ麺顔が現れます!

鶏清湯醤油ですが、乾物系の滋味深いような風合いがポワポワと広がるのも本店と同じ味構成のように。
我が駄舌では正直、ほとんど本店と同じかな…と。

麺は中細ストレート。
麺とのマッチ感が本店とは何か欠けてるような気がするんですが、気がするだけでしょうか。
こちらの方が、麺がポツンと目立っているような。
本店の麺は『流麗』という二文字が過ぎったのですが。

厚めのチャーシューは煮豚でうまいね。
本店と同じあれば、有明海の海苔も心無しか風味豊か。

母上に「殆ど本店と同じだなぁ」と言うと何だか少しガッカリしてた顔をしてました。

本店で食べられるプレミア感がないだけで、
こちらならば並ばず食べられるので、充分なんじゃないかな。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「鳥取大山鶏のわんたんめん ¥1100」@らーめんshigetomiの写真新元号は令和。つまり令和18年生まれはアルファベットでR1…ゲフンゲフン
どうも、さぴおです。

この日は実家に帰りがてら大倉山にて下車。
ず~っと前に知人に紹介されたこの店に遂に初訪問。

駅を降りると大雨が…駅前のコンビニで涙ながらに傘を購入してから、突撃カマしました。

東横沿いらしい木目調のカフェのようなオシャレな店構え。
定食やおつまみメニューも充実したお店のようですね。
店主と奥様とお母様?の3人でのオペ。

メニューが多くて悩んでしまいますが、
ワンタン追求人としては「わんたんめん」をチョイス。

後客の家族連れはアルコールにつまみをガンガン頼んで楽しそう。

カウンターは高くてオペがよく見えません。

ややもして配膳です。

⚫実食
丼底の白い器にて提供ですね。
ローリエや白髪ネギ、メンマ枠は筍で、ややとっちらかった印象を受けますが果たして。

スープは鶏エキス濃厚なスッキリ鶏清湯!
支えには魚介系(おそらく節)が支えとなっておりますね。
既報には貝もお使いとのこと。個人的には「使ってるのかなぁ」くらいの印象。
もしお使いであれば浅利あたりでしょうか。

鶏の旨みたっぷりで後味スッキリという鶏清湯の妙味がきちんとあるスープですね。

麺はクニっと歯を押し戻す弾力を感じるような中細ストレート。
啜ってみると小麦の香りが引き立っていてなかなか香り高くていいね。

タケノコは味醂?的な甘さが香るようなうまいもの。
これは日本酒をやりたくなる奴だね。

ワンタンは鶏肉餡のワンタンなのでしょう。
肉の美味さを引き立てるために、生姜や紫蘇などは入れていませんね。
塩なども少量のようで、大山鶏の旨みを存分に味わう仕様。

さらさら~っとスープは完飲まで。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「熟成醤油ラーメン」@古式ラーメン 鶴亀の写真居酒屋店員ちゃんに再度アタック!
どうも、さぴおです。

次に大倉山で降りるのはいつになることか。
大倉山第2位のこちらへと来てみました。

「古式ラーメン」なるものを提供してくれるよう。駅から徒歩10分ほど。
外観は古びた町中華。入ると威勢のいい挨拶が飛んできます。
店内には食券機がありますが、使用不能なよう。口頭注文後会計。
メニューは表題のみで、有料トピがあるばかり。
「サービスの茹で玉子です」と嬉しいサービス。
「茹で玉子を剥くなんていつ以来かな?」と剥いていきます。
新鮮な玉子を使用しているのか剥きにくいですね。

苦戦していると、並々スープが入った丼が配膳です。

⚫実食
揚げたガーリックが香り立ちます。
スープから頂くと、カエシ先行系で出汁感はかなり希薄かな。
このカエシは「熟成醤油」を使っているのでしょう。
かなり独特な風合いが漂います。正直僕は苦手かな。
味のサポートには化調が助けてますね。かなり舌がビリビリ。ひょっとして業務用?
結構、チープな味わいに感じてしまいました。

麺は中太ストレート麺。
黒いつぶつぶが見て取れることから、全粒粉なのでしょう。
麺量は体感ですが140gほどでしょうか。

この麺がなんとも粘りがある麺でした。
噛み締めるとクチリと歯に引っ付くような感覚。
これがこの一杯の全体のバランスを崩してる印象。

個人的にはかなりブレーキとなってしまいました。

チャーシューは薄切りなものが2枚。
薄切りですが、肉の旨みはありますね。
この一杯で個人的には唯一のオアシス。

「これを食べて太らなきゃいけないのか」と途中で何度か残そうと思ったのですが、何とか無理やり食べきりました。

独特の醤油とニンニクの風合いがハマれば
好きな方もいるのかな?
店主さんの接客が爽やかで快活なだけに頑張ってもらいたいものです。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「山水地鶏醤油ワンタンらぁ麺+刻みチャーシュー丼」@支那そばや 本店の写真会社でのデブランキングがそろそろ1位になりそう。
どうも、さぴおです。

●ラーメンの鬼 支那そばや 本店

ラーメン界をONE PIECEに例えるならば、間違いなく
海賊王であろうこちらのお店。

お弟子さんのお店には数行けど、本店参りは初めてとなります。

外観は地方の観光ラーメン屋のよう。
看板もでかくて、習字の崩したような「みつを」的な文体を多様。
いかにもチェーン店かくやのようですが、ここは紛れもない伝説のレジェンド。

毎日がエブリデイのようなアホな使い方をしてますが、伝説のお店です。

開店30分前に到着。先客はなくPP

「麺は男 スープは女」の看板の前で記念撮影したりと観光丸出しで待ちます。
麺は男は「男=MEN=麺」にかけてるのだと邪推。

開店する頃には20人くらいになっておりました。

店内には、大きい薀蓄看板。

全国各地の食材を使っていることが伺え知れます。

個人的には自分でこういうこと言っちゃうのはダサく感じるのですが、どうなんでしょう。

かなり無愛想で、いらっしゃいませもロクに言わないという噂を聞いてましたが全くそんなことはありませんね。

私語禁止、撮影禁止、香水禁止は過去の鵠沼時代の遺物なようですが、
不思議と、皆さん黙々と食べていました。

●実食
丼が深めの器にて提供。
鬼はスープを冷ましたくないんですね。

スープと麺を食べて漏れた感想は「普通だなぁ…」

若輩者のワタクシでは、ポッポやカインズキッチンでこのメニューが提供されても気づけないのではなかろうか。流石にそんなことは無いか…。水曜日のダウンタウンで検証してほしい。

高級食材をお使いとのことですが、
どれが突出する訳でもなく、本当に普通の醤油ラーメン。

温度低下すると魚介の滋味がやや出てきますが、フックになるような味わいはそれくらいかな。

麺とスープを男女に例えただけあって、マッチは抜群。

流麗なつるりとした麺麺ストレートの啜り応えはまさにラーメンを食べているという紛れもない実感を得られます。

究極のスタンダードラーメン。

そんな印象を抱きました。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「はるゆたか 塩」@らーめん森や。の写真居酒屋店員ちゃんが忘れられない。
どうも、さぴおです。

大船はかつてシェアハウスをして過ごした町です。
一緒の窯の飯を食って、もはや家族同然となっている友人と、
大船時代を懐かしむエモ散歩を敢行しました。

そして実は、住んでいたアパートの徒歩圏内にこのお店があるのを知りました。

散歩しながらさっそく初訪問。

個人経営の雰囲気あふれるアットホームな店構えです。
ねこがお好きなんでしょう。至るところにねこグッズ。

レンゲには猫の足跡があしらわれていました。

店主さんはやや無愛想めかな。
「絶対に頼んではいけないチャーシューご飯」
「カリフリちゃーしゅーめん」
「どっちやねん」
など、ひょうきんなメニューが多いのでギャップありますね。

口頭注文、後会計。店の奥にレジがありました。

店内にはメニュー多数でどれがいいのか分かりません。

「はるゆたか」仕様というこちらのメニューをチョイス。

タレは醤油、塩、味噌が選択可能。

麺の種類が多彩なためテボ茹でですが、湯切りは平ザルに移して行ってましたね。

友人と赤星で乾杯!

散歩の疲労と糖質オフビールばかり飲んでいたのでめちゃんこうまい!

残念ながらお凌ぎは付かないようです。

●実食
透明感のあるスープです。
麺を引き出すと、その名の通り「はるゆたか」使用の中太麺が現れます。

加水高めでジャストな茹で具合。
むちんむちんとした、むにっとした歯切れの麺が楽しめますね。
香り高いのは、いい小麦を使ってるという先入観があるからかな?

スープはクリアな味わい。
鶏主体のうま味がキレある塩ダレに乗ってやってきます。煮干しなどの魚介は遅れて追従。

刻まれた青ネギ、鷹の爪、白ごまの触感のよるアクセントが楽しい。

チャーシューは2種で吊るされて薫香高いほうが好きかな。

そして何気に潜んでいたマッシュルーム。
これがめちゃんこ気に入りました。
あと30個くらい入っててほしいくらい笑

事前に鷹の爪とかと炒めたりしてるのかなぁ?

「たけのこの里派撲滅!きのこのやまラーメン」
みたいね限定やってくれたらまた来ちゃいそうです。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件
83

「らー麺」@はじめの写真謹賀新麺。
新麺もよろしくお願いいたします。

どうも、さぴおです。

この日は新年に相応しい屋号のこちらへ。

神奈川は藤沢本町に来ました。
こちらのすぐ近くの高校に通っておりましてね。
時折並んでいる様子を見ては気になっていた高校三年間。
心に抱えた宿題を解決するためにこちらへ。

「はじめ」と書かれた看板が、汚れて判読が難しいです。
引き戸を開けると、古めかしいカウンターのみの店内。

何となく昔ながらの大勝軒って印象です。
店内は魚介の香りが漂いまくりです。
客入りは良好でほぼ満員状態。

「みそつけ麺」がオススメというレビューを見かけましたが、ハツホーですのでデフォを。

平ザルによる湯切りを見かけまして、配膳です。

⚫ジッ食
魚介の香りがふうわりと漂います。
スープの色は結構濃いめですね。

スープは甘みが結構強めですが、嫌な甘さではありません。
これは何由来なのだろう?たまり醤油でも使ってるのでしょうか?
修行ならざる身ではわかりません。

鰹節を主体として、煮干などの魚介が全面に。
動物系もお使いであると思われますが、あくまで支えですね。

麺は、かんすい控えめを思わせる中太麺。
なだらかなうねりがあり、スープをよく拾います。
しっとりとした歯切れを感じ、くつくつとしたような麺ですね。

チャーシューは分厚く、脂身も多いです。
これは僕は好きですが、苦手な人も多いだろうなぁ。
昼御飯を食べた後にすぐに、予定になかったこちらへと入ったので、ちょっときつかったです笑

長年の宿題を片付けたことへの解放感を感じつつ、なかなかレベル高い豚魚を味わえました。

ご馳走さまでした。

⚫蛇足
店内にうんちく等がなかったので、
店主に話しかけたのですが、小僧だったからかあしらわれてしまい、素材を聞き出すことは叶わず。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚鶏出汁混ぜそば」@53'sNoodleの写真好きな女優は「杉咲花」。
僕もAmazonやZOZOTOWNの社長になれば付き合えるかな。

どうも、さぴおです。

⚫天国家譲りの超純水採麺

用田にある「よなかそば」を狙おうと思うも、今は年末年始。フラれたらリカバリーが効きません。

ハツホーの時にイマイチ響かなかったこちらへとやってきました。

湘南らしいオシャレな店内には大学が多めでフ○ック。
湘南台は学生街ですからね。

「塩」を頂こうか悩むも限定のこちらをいただきました。

イケメン店主が、子どもの客に「ラーメン好きなの?」とにこやかに話しかける様子を見ながら待ちます。

⚫ジッ食
卵黄ドボンが印象的な麺顔だ。
鶏オイルとカエシはデフォのものなのかな?
汁そばか?ってくらいにはタプタプです。

醤油と鶏オイルのいい匂いが鼻腔をくすぐりますよ。
グリグリ混ぜて、麺を引き上げます。

平打ち中太麺ですね。
この麺は、好きなやつですよ。

つるつると瑞々しくも、小麦さを感じる麺。
シコシコとしていて、啜るのも楽しい。

この麺が、鶏オイルが纏って、バターのような芳香とカエシの味わいが広がってうまいね。

卵黄もねっとりと絡んでて、鶏油の油っぽさをいい感じに潤滑なものにしてくれてますよ。
卵黄の潤滑効果でのど越しもいいねぇ。

正直、トピの印象は薄めかな。
記憶に残ってないからカロリーゼロでしょう。

ジホーして再確認して良かったです。

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件