なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まえのめり

レベル5
男性

個人的な感想ですが、丁寧にレビューしたいと思っています。

平均点 82.037点
最終レビュー日 2017年12月19日
27 26 1 46
レビュー 店舗 スキ いいね

「白丸元味+半熟塩玉子」@博多一風堂 浅草ROX・3G店の写真お昼時に通りかかって空席が見えたので入店。職場に近いので5回目くらいでしょうか。

すぐにやってきたあっさり目という白丸ですが、クセがなく濃さもちょうど良く、博多系にふさわしいさらっと食べられる感じ、さすがと思います。

塩玉子というものを初めて注文しましたが、シンプルな味付けが卵本来の旨みを引き立てているような美味しいものでした。すっきりしたスープの邪魔をせず相性も良いと感じます。

もう少し頻度を上げて行こうと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨ラーメン食べ放題」@拉麺ビュッフェBUTAの写真休日のお昼過ぎ、新装開店したこちらへ初訪問です。

入口から一直線のカウンターは前身のお店からそのまま。ただし今回は入口すぐにトッピングのビュッフェが配置されています。

入店してまずここでトッピングを好きなだけ取って着席、麺の固さの好みを伝える……というシステムでした。面白いです。

トッピングはラーメン定番のものから普通のご飯のおかずまで幅広く、どれもまずまずしっかりとした味付けで満足度は高いです。

しかもラーメンが美味しい!

スープはクセなくコクがあり、麺はちぢれ目の細麺でよく合います。

隣に座っていたお客さんと店員さんの会話を盗み聞きして得た情報ですが、経営自体は前身のお店と変わっておらず、スタイルを変えただけとのこと。納得です。

最初は入口のビュッフェコーナーに先客が溜まっていて入店を躊躇したのですが、食べ始めると味も量(替玉のみならずラーメンごとお替り可能のようです)も満足できるものでした。

混雑時にこのシステムがうまく機能するのか分かりませんが、うまくいくのなら食の楽しみを満喫できるお店だと感じました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン」@博多長浜ラーメン 東京みよしの写真オープンしたてということで、お昼時を少しかわしたにもかかわらず客足の途切れない盛況ぶりでした。モノトーンを基調とした店内もオシャレです。

そういうわけで博多/長浜系にしてはちょっと遅めの提供でしたが、器の大きさに感激しました。ツヤ消しの荒い陶器調の器に、微白濁のスープ・粗みじん切りの分葱・辛味メンマの色が映えます。

スープの第一印象は「甘い」でした。流行りなんでしょうか。自分の体調もあるかもしれませんが、飲むのが少しつらかったです。動物系の風味を感じることはできませんでした。

それなら辛味メンマで調整……と思いましたがこれまた甘めに煮たものでした。

チャーシューはまずまずの出来でしたが、このスープの中にあっては脂身が気になるバランスのもの。

味玉は固めの仕上がりで中心部がわずかにトロッとしているもので、狙いが見えませんでした。

博多/長浜系にしては強気の値段設定で、申し訳ないですが満足度が高いとはいえませんでした。

開店すぐで大変かと思いますので、今後に期待しています。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン」@森田屋 浅草総本店の写真夕食時を逃して初入店。外観が派手で店員さんの元気もよく活気のあるお店です。

デジタル券売機のおすすめメニューを注文。着席してカウンター前の「当店のラーメンとは」という掲示を読み終える前に出てきました。

赤い器が見た目に美しい、盛り付けもキレイな定番的な長浜ラーメン。でもあの独特の匂いは皆無。

麺は加減も含めておいしく仕上がっていましたが、スープが何やら甘い。

掲示にあったように、匂いを抑えた食べやすいスープなのは確かですが、作為的な甘さはコクが増しているというよりもしつこさが増してしまっている印象でした。せっかく丁寧に仕込んだスープでも、この甘さのためにスッキリ感は損なわれてしまっている気がしました。

下処理のし過ぎなのか、少しキクラゲの風味が飛んでいましたが、薄めで上品なチャーシューや博多ラーメンとしては模範的な仕上がりの麺など、丁寧に仕上がった一杯と感じました。それだけに不自然な甘さが残念でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「じゃんばらラーメン+サービスライス+α」@らーめん じゃん腹の写真平日昼過ぎに入店。2回目です。

総じて、どこをとっても平均的な印象ですが、まとまりが良く、最後まで美味しく完食できる一杯です。老舗のなせる技でしょうか。

スープには背脂が見えますがしつこさはなく、味付け加減が絶妙(薄め方向に=個人的好み)です。特筆するような個性はないものの、長年の丁寧な仕事の貫禄を感じさせるバランスだと思いました。

麺は透明度のあるちぢれ麺で、長浜系の粉感あるものとはまた違った相性の良さを感じます。

大げさかもしれませんが、定番的な豚骨ラーメンというオーソドックスな見た目の中に、ご年配の店主が守り続けてきたこだわりを感じる一杯でした。

サービスライスに付いてくる茹で餃子(写真食べかけで失礼します)と細切れチャーシュー入りの高菜炒めも嬉しいです。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件