なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●日本はダジャレ文化!

平均点 81.707点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,604 962 23 4,194
レビュー 店舗 スキ いいね

「焼きラーメン 800円」@森田屋 浅草総本店の写真約3年振りの訪問。

此方がオープンしたての頃来た時には、
酷く薄口の豚骨スープを喰わされたものだが、
流石に3年経てばメニューも一新されている。

それでも、あの時の「新長浜らーめん」と
銘打たれた極薄口のラーメンの再会に怯え、
表題を頼んだ…という経緯がある。。。

既にマイレビュアー様方も此方で食べて、
昔とは違うだろう事は分かっていたのだが…。

狭い店内なのに、常に券売機の側に店員が
へばり付いている。デジタル券売機を苦手と
する年配者や外国人客対策だと思われる。。。

8角形の炒飯皿で提供される「焼きラーメン」。

自分は本場博多で食べた事がないので、この
焼き麺が本場仕様なのかどうか分からないが、
九州の甘いソースの味で本場感がグッと増す。

ソース塗れの極細博多麺!食感は固めで好い!
豚肉・キャベツも焼きそば風で、青ネギと
花カツオがお好み焼き風である。中々旨い…。

味が甘いので途中から卓上調味料でいじる。
紅生姜なんかも添えてなんとか完食した!

コレはやはり屋台等で飲みながら食べるものだ。
真剣に集中してコレだけを食べるには少々辛い。
中々美味しいんだけどね。。。

この固茹でされた博多の極細麺効果がデカい!
この味付けで普通に蒸した焼きそば麺だったら
関東の人間には甘過ぎてリタイアしてたと思う。

この極細麺の食感はとても食べ易くて、
「焼きそば」にしてもそのポテンシャルは
変わらないという事だな。博多麺、見直した!

ご馳走様。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚豆乳冷麺  1100円」@土古里 浅草店の写真ノーカン覚悟での投稿レビュー!

これはラーメンじゃない。韓国の冷麺。
蕎麦粉だしラーメンとは違う麺料理である。

韓国に昔からある豆乳100%の「コングクス」
を自分は食べたかった。冷麺の汁が豆乳の、
韓国夏の風物詩である。で、表題を見付ける。

スタッフに聞くとコレはコングクスではなく、
此方のオリジナル豆乳スープ冷麺だそうだ…。
残念だが仕方ない!でも注文しまっせ~。

麺は蕎麦粉100%の細麺を選択し、固茹でに
してもらった。韓国冷麺は固いのに限る!!
流石に細いけど食感は最高である。。。

ビジュアルは美しい…!
純白なスープの上に沢山の緑野菜達。
とくにサヤエンドウは食欲をそそる見た目だ。

その他、カイワレ・ブロッコリー・ニンジン
・パプリカ・オレンジ・鶏ササミ叉焼等…、
女性ウケしそうな具材ばかり乗っている!

ただ、豆乳のスープに味が無い!
「コングクス」は自分で塩やキムチ等で味を
付けて食べるがコレはソレが出来ない。。。

黙って超薄味の豆乳で野菜と麺を喰らう…。
せめて豆乳に甘味や旨味が有れば良かったが、
此方で使ってる豆乳はそんな濃厚ではない。

各野菜のフレッシュ感、冷麺の食感、
そしてキンキンに冷えた温度は好ましかった。
内容はヘルシーで健康的ではあったし。。。

スープに旨味が入っていれば嬉しい麺だった。
この麺で搾り立ての濃厚豆乳だったら、
無味でもきっともっと旨かったと思う…!

ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「おろしそば+自家製ソースかつ丼 700円」@麺 みつヰの写真今年お初で3度目の此方。
最近は夜の営業もお客が絶えず絶好調のようだ!

今日は以前から食べたかった表題をセットで頂く。
店主が福井県出身の為に出来たメニューらしいが、
自分も友人に福井人が居て本場でもコレを食した。

先ず「おろしそば」だが、蕎麦粉すら使ってない
みたいだがコレはもう完全に蕎麦の食感である…!

しゃっきりしたコシのある全粒粉の細麺。葱と花かつおがトッピングされており、
そばつゆの方には既に大根おろしが入っている。これを麺側にぶっ掛けて食べる!
基本的に、味は東京のそばつゆのようなカエシの濃さが無く優しい味である。さっぱりして美味い!

秀逸なのが付属の薬味油。唐辛子片が入った油で、あっさりとした麺に数滴掛けると
適度な油分と香り、そして若干の辛味等が品良く纏わって大変美味しくなるのである。。。
此方らしい丁寧な仕事だ。

「自家製ソースかつ丼」も大変美味しかった!!
適度に厚く歯応えのある豚肉に薄手の衣。自家製ソースにコクがあり、ウスターソースのような
酸味が一切無い。どちらかと言うと新潟の「たれカツ丼」に近い風味であった。これも丁寧な仕事。

この二つのセットが最高に旨い!量も好い感じだし、トンカツとおろしそばのコンビが最高である!
これはもう絶対に一緒にセットで食べるべき商品である。両方で700円というのもCPが高い。

ご近所浅草六区に『まるごとニッポン』という他府県の名産品を集めたデパート的ビルが在るが、
そこの1階に『越前まるごと食彩』という福井県の料理を出す専門店が在る。
其方に今回食べたセットと全く同じ物があるが、此方の店の方が数倍美味しい事が分かった!!
しかも、あちらはセットが1400円で此方の倍の値段である。。。

「おろしそば」単品なら「83点」というところだが、この「自家製ソースかつ丼」とのセットとなると
「86点」からそれ以上の点数をつけてもおかしくない味とクォリティであった。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「冷やし担々麺(夏季数量限定) \880」@さんじの写真夏季&数量限定のコイツ。
今シーズンはあと何回頂けるか。
旨いので名残惜しい逸品である!

お盆休み明けの『さんじ』は
常連客達でメチャ賑わっていた。
此方の中毒患者が増々増えている
感じがして何とも微笑ましい…!

個人的に「冷やし担々麺」では
抜群のクォリティと美味さを誇るコイツ。相変わらず器ごとキンキンに冷えている。

お蔭で麺はパツンパツンのポキンポキン! コレがいつもと同じ麺かと思う程冷えていて凄い!!
たっぷりだけどツンと来ない辛さの自家製辣油。いつ対面しても旨い胡麻の深味!そして生野菜達。
自分なりに今夏も色々な「冷やし担々麺」を食べたが、今年はコレが一番である。。。

是非、此方の素晴らしい豚骨スープを活かした温かい「担々麺」も食べてみたいものである。
ハイクォリティな「濃厚豚骨担々麺」も良いけど、此方の鶏出汁を活かした「ニュータンタン麺」
なんかも旨いかもな~!等と自分勝手にどんどんと想像が巡ってしまう。。。

なんて考えていたら、今度は急に此方の「マー油豚骨」が喰いたくなった。
またお邪魔します…!
ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 88件

「冷やし担々麺(数量限定) \880」@さんじの写真6月に入り急に涼しくなった…。

梅雨時期前だから天候は不安定だが、
暑くないと「冷やし麺」は出が悪くなる。
今日も曇りでそんな陽気だった。。。

本日は、自分と一緒に「担々麺」を探究中の
『晴晴飯店』のママさんを連れてお邪魔した!

彼女は四川省成都出身で今回の自分の成都旅行にも大変貢献してくれた。というかお世話になりっ放し!
自分と違って滅多に他店へ刺殺しないので、ご近所で格別美味いこの「冷やし担々麺」を試させに来た。
数年前にも、湯島の『阿吽』へ連れて行ってあげた時も「つゆ無し担々麺」に感激していたっけ。。。

今日の此方の「冷やし担々麺」の出来は、以前食べた時とは微妙に風味が男っぽくなっていた。
先ずはスープの色味でも分かる通り、芝麻醤よりも辣油の比率が多くなり辛味が増し幾分油っこい!
逆に炸醤肉末(肉味噌)の風味の香辛料の尖りが薄まって円やかな味になっていた。。。

以前は逆で、汁が円やかで炸醤肉末がスパイシーなバランスだった訳である。
全体の味の印象に綻びは無いが、以前の方がスタイリッシュで都会的な味がして好かった…!
こういう違いとかもあって、本当に「冷やし麺」って奴も繊細で奥深く面白いなぁ~。。。

麺は相変わらずパツンパツンのコシと艶やかな食感!!
ママさんも改めて日本の麺のクォリティに舌鼓を売っているようだった。

ママさんって、夜は全然食べない習慣なのに実は昼食は結構食べる人である。
この時も、実は麺大盛りを注文しとけばよかった…と後悔していたので、味も相当気に入ってた筈だ。
日本人の好きな味、好きな食感の「冷やし担々麺」を近場で体験出来て良かったと思う。。。

変な話だが、自分はこうして『さんじ』や『晴晴飯店』と仲良くさせて頂いているが、、、
此方の店主きんちゃんと『晴晴飯店』のママさんが、自分が貰った事もない名刺を交換する姿を見て
少~し羨ましかった。横の繋がりを介せた喜びもあるが、常連客になっても名刺貰う事ってないから…。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 88件

「冷やし担々麺(夏季限定) \880」@さんじの写真今日から販売開始された夏メニュー!
なんと『さんじ』で担々麺の登場だ。

詳しくは不明だが、店主きんちゃんが
人形町『やまらあ』のご主人から直伝
で制作した「冷やし担々麺」である!!

何処までが『やまらぁ』のレシピで、
何処までが『さんじ』のアレンジかも
聞けなかったが、確実に今までの『さんじ』とは全く異なったアプローチであり、
今流行のショップコラボメニューとしてもレベルの高い素晴らしいクォリティであった!

結論から言って、自分にとって一番好ましい「冷やし担々麺」のカタチであり、味も最高!!
クリーミーな胡麻スープ。キンキンに冷えているが、落とした辣油が固まらない工夫が活きる。
その辣油の固形物の中にほんのりと花椒が効いており、各香辛料のブレンドバランスも絶妙だ。

ねっとりと濃厚で、低温でも旨味の負けない炸醤肉末。コレも結構なハイレベル!
そして爽やかなプチトマトに白髪ネギ・サラダ菜がバッチリの相性である。。。

いつもの浅草開化楼麺は、キリリと冷えて絶妙な硬い食感と旨味を保持しコレ又素晴らしい効果。
麺・スープ・具材の全てに無駄が無く、各手仕込みの手間と時間が反映された素晴らしい作品である。

いつもの店主のはからいで、静かなる麺大盛サービスにして頂いてお腹もいっぱい…!
しかも麺完食後、スープに白飯を入れると旨い!と言うので、冷たいスープに熱々の白飯を
軽くしゃもじ一杯サービスしてもらった。確かにコレも旨過ぎてお腹も更にパンパンである。。。

今の時点では毎日昼と夜で何杯程の限定数で販売されるのは定かではない。。。
というのも、本当に仕込みの手間が掛かっているかららしい!(担々麺って結構大変なのだ!)
今後は店主きんちゃんの体調と食材との格闘となるだろうが、きっとコレはヒット商品となるだろう。

一昨年の夏に出た『ほうきぼし』と『福の神食堂』とのコラボ「冷やし担々麺」が自分史上屈指
(『入谷拉麺本舗』の「冷やし担々麺」も懐かしい!)の「冷やし」であったが、
今回のコレもそれに匹敵する程の味の良さであった。。。

因みに、券売機のボタンには「担々麺」は無く、「限定3」で対応している。
ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 88件

「冷やし鶏担々麺(限定品)\900」@福の神食堂の写真今週のみ限定の、此方と「ほうきぼし」のコラボ商品を頂きに!

開店時間直ぐに訪問したが、既にほぼ満席状態であった。
しかも、自分を含めたいかにもなラオタ系の人達が既に居り、
皆がこの限定麺を食べている。。。

もう6~7杯はもう出てる。確か昼夜限定15食だった筈だから、
このペースで行けば、確実にお昼前には完売してしまう筈である。
恐るべき限定パワー!!

結論から言うと、この冷やし担々麺はジャスト自分の好みにハマった!
久々にバッチリ自分好みの味の商品に出会った感じで嬉しい。。。

全体量は少なめで、白髪ネギ・鶏ひき肉・鶏叉焼・胡瓜・揚げたワンタンの皮という具材。
麺はツルンとした高加水麺。シンプルで何も変わった物は無いが、全てのバランスが良い!

担々スープが最高!
胡麻のクリーミーなベースだが、濃厚過ぎず適度な粘度で辛味も風味も丁度良い。
凄く洗練されている印象の冷やし担々スープである。。。
だいたい、担々スープは冷やすと油分が固まってしまう。せっかくの辣油等も凝固してしまうのだ。
でもこのスープはそういう難易度を全てクリアーした見事な出来栄え!味付けや塩味も文句無し。

上部だけの汁で麺を食べていると分からないが、丼底からスープを掻き回すと、
山椒の粒や砕いたナッツ片が出てくる。山椒も少し香り、本格的な爽やかさが表れてくる。
この辺りは「ほうきぼし」っぽい仕様である。とても微笑ましく美味しい。。。

「ほうきぼし」の未熟部分を此方が全て補って、品良く仕上げた作品と言ったところである。
濃厚な胡麻の旨味もレモン汁により若干雰囲気が変わるし、ひき肉の旨味、淡白な鶏叉焼のコントラスト等、
スタンダードだけどよく考えられた「冷やし担々麺」だと思う。

デフォで値段が\900と少し高いが、大盛り+味玉トッピングで食べなかった事を後から後悔した。
そうすると、まさかの\1100となるが、中々これ程自分好みの味には会えないので仕方あるまい。
この商品は、この夏是非ともレギュラー化してほしいものである。マジに切望したい!
今週もう一度食べに来ようかな。。。

また、此方の接客はとても気持ちが良かった!
繁盛店の質の良さを証明するようなチームワークが見て取れて流石と思わせる。


因みに、「ほうきぼし」サイドでは、此方とのコラボ商品「ほうきぼしの塩そば」が今週販売されている。
勿論それも今週だけの限定商品らしいが、そっち行くのは止めてもう一度コレを食べたい気がしてる。
ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「太めん皿うどん¥690」@長崎ちゃんぽん リンガーハット お茶の水店の写真初めて食べるリンガーハットの「太めん皿うどん」。
定番の、あの極細パリポリの麺はもう違う喰い物だし。
やはり少しでも麺の質感のある方を選びたかった。

その太麺とやらも、掛かった餡で全く姿が見えない。
そのあんかけは薄味で、凄く淡泊な風味なのが気になった。
何かで味をつけたかったが、ソースにお酢か辣油くらいしか無い。
勿論、皿うどん用のソースがある訳だが、正直あまり掛けたくない。
江戸っ子の自分の味覚の基準として、どうもカレーや皿うどん等に
ウスターソースを掛けるという発想がないからだ。。。
どうも関西〜南の趣向であるソース文化がどうにもしっくりこないのだ。
まったくオリジナルの風味がソースで台無しになっちまうしね。。。
だいたいソースの味しかしなくなるのがとても嫌なのである。

つってても仕方ない。
味があまりにも淡泊なので、仕方なく皿の端に少しソースを垂らす。
チビ袋に入ったカラシも入れてみる。この作業ってエビフライ食べる時の調味料だ。
こうすると確かに味は濃くなるけど、もう完全にソースの味。塩味の餡、意味無し。
不味くはないし、これが好きな人にはむしろ最良の状態なのかもしれない。。。
自分にとっては、少し焼き目のついた素ラーメンにソース味の中華丼の具が乗った。
という、なんとも変な感覚の食べ物になってしまった印象である。
やはりリンガーハットでは黙ってチャンポン類を食べてりゃ良いってことかな。。。
ちょっとひねった昼食にしたつもりが、ひねり過ぎて違う食べ物を喰ったというお粗末。
ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「岩手盛岡冷麺¥590」@日高屋 浅草ROX前店の写真夏の期間限定メニュー。
大盛を頼むつもりが、大盛は出来ないんだって。

細切りのキュウリとハム、ワカメにネギ、
そして半熟玉子と酸っぱめのキムチがトッピングされている。
いかにも「日高屋」な感じの見た目に、期待感もないし幻滅もない。
冷えが少し足りないのもいかにも日高屋的!?
スープは若干甘めだが、意外に食べ安い味付けであった。

麺。
しっかりした麺だと思うが、歯応えはあるが弾力に欠ける。
どうしても盛岡の冷麺は平壌冷麺や普通の韓国冷麺とは違い、麺にインパクトがない。
全体にスッキリ食べられるのだが、冷麺を食った〜という満足感に欠けるのだ。
もっとも、しっかり冷麺食いたいのならちゃんとした韓国料理屋へ行け!ってなことだが。。。

「冷麺」は「ラーメン」のカテゴリーには入らないだろうなぁ・・・と躊躇しながらも、
一応、今日食った物を記録するという意味でレビューしてみたのでした。。。
ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「大麦豚しゃぶのピンクグレープフルーツ生搾りすっぱ冷やし麺¥880」@七志 とんこつ編 上野店の写真よく訪問するお気に入りの店舗のひとつ。
メルマガが来たので8月の限定メニューというこの長いネーミングの冷やし麺を頂く。まず先に別皿にて半個のピンクグレープフルーツとスクイーザーが出てくるので、それを手搾りしてしばし待つ。ほどなくして麺本体が到着。てっぺんには蒸し豚肉が乗っている。これが大麦豚しゃぶか。下にはレタス・水菜・パプリカ等がたっぷり盛りつけられ、脇には肉味噌と思われるものが少々。中の麺は鮮やかな翡翠色をした細麺が。醤油味のスープが丼底に少々溜まっているが、この上から先ほど絞ったグレープフルーツ果汁をかけるというすんぽうだ!付属の茶こしでグレープフルーツの果肉を濾して果汁のみをかけるので、グレープフルーツ特有の苦味は無くなる。グッドアイデアだ。また果汁なのでお酢のようないやらしい酸味がなく、まろやかで優しい酸味だ。すっぱ麺というタイトルだが、全然そのようなすっぱさは感じられない。非常に爽やかに旨味が残るスープになっている。翡翠麺も美味しい。また肉味噌を溶かすことによりコクが増され、味のアクセントになっている。個人的には、もう少し多めの肉味噌を汁に溶かして豚しゃぶを頂きたかったかな。しかし、ありがちな柚子とか黒酢等のキーワードからは別の方向からアプローチした、アイデア勝利の冷やし麺だと思う。残ったスープも全部飲ませて頂いた。ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件