なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●日本はダジャレ文化!

平均点 81.707点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,604 962 23 4,194
レビュー 店舗 スキ いいね

「担々麺 850円」@中華ソバ ビリケンの写真流石に最近涼しくなったので、
此方の「冷やし担々麺」は終わった…。

で、今月から温かい「担々麺」が限定
ではなくレギュラーで登場したと聞き、
早速所望しに訪れた。。。

此方の本店『らーめん改』は最近自分
もめっきりご無沙汰している。理由は
いつ行っても行列してるからである!

もうあそこへは行けない。。。
此方も又そのうちそうなったら困るな。

そんな本店で2年前に限定の「冷やし
担々麺」が何度か出た事があり、行列
の大嫌いな自分も何とかゲットした!!

その時の美味さは「88点」と評価し、
その後此方でソレと同じ様なクオリティ
の冷やし担々麺が先月迄出ていた訳だ。

その後本店で温かい普通の汁有り担々麺
が提供されたかどうか定かではないが、
今此方で表題が発売され、待望の此方の
「担々麺」を味わうと言う事になった!

前置きが長くなったが、
基本、この担々麺も「冷やし」のアプロ
ーチは等しいと思う。中々個性的で旨い。

小さな小海老も見える様に、この担々汁
も魚介出汁の旨味を基本ベースとした物。
その辺は此方の大得意とするところだな。

町屋の『愛心』の様な「海老出汁」を
ガッツリ効かせた担々麺も有るが、全体
的に魚介の広く深い旨味を活かした仕様
は珍しいと言える!

そもそも、胡麻+辣油という担々麺の
基本素材に魚介出汁のスープというのは
普通難しくて合わせるに至らない。。。

そこを「美味い担々麺」として成立させ
た此方のセンスと力量は素晴らしい!!

辛味のパンチも確り有り、花椒の香りも
主張しないが存在感が有る。胡麻の旨味、
細麺のシックリ感、水菜と刻み長ネギの
食感等、こだわりポイントは多い。。。

少なめだが炸醤肉末も何気に美味しい!

そこら辺に有る「担々麺」とは一線を画
しながらも、オーソドックスでたまに食
べたくなる旨さ。永く食べられる担々麺
である。とにかくバランスが見事だ…。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「とろ~り炙りモッツァレラの担々トマト麺(限定)  968円」@太陽のトマト麺 上野広小路支店の写真今秋9月25日~発売された限定商品!

チェーン展開の限定麺だが、特に此方
の店舗は普段から「四川担々麺」が
置いてあるのでまさかの担々麺かぶり。

久し振りに食べる「トマト担々麺」!

そもそも担々味はトマトスープとも
相性は悪くないのである。。。

とろみ有る、生トマト片も見える特濃
なスープにほんのり辛い担々風味。
芝麻醤等の胡麻は使用されてない様だ。

焼いたエリンギとシメジの上に掛かる
モッツァレラチーズ!それをバーナー
でこんがり炙ってかなり香ばしい。。。

麺は博多ラーメンの様な極細麺!
この細麺はトマトスープと合うと思う。

ちゃんと炸醤肉末は居るし、水菜の
食感やスパイシーな感じもある。花椒
は微妙に使用されているかもしれない。

やはりトータルの印象は此方らしく、
あくまでも担々味に寄せたトマトの汁
である。フレッシュ&ヘルシーな感覚
がブレていない!担々感は3割位か?

此方らしいトマト感と溶けたチーズの
美味しさ、そして少しの担々テイスト
をミックスしたお得感ある味であった。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「焼肉ラーメン+小ライス=1480円」@らーめんランド 浅草大門店の写真確か今から15年位前、自分は此方で
何か不味いラーメンを食べた記憶あり。
なのでレビューなんぞはしていない!

場所は吉原大門。
多くのソープランドが立ち並ぶ街。
そんなランド帰りの客や従業員が集う
もうひとつの「ランド」である。。。

此方は夜18時から深夜3時頃まで営業
している店である。今も深夜、意外に
も客は多く入っていて驚いた・・・。

此方は、自分の過去の経験や此方での
他者のレビュー、友人知人等の評判、
昔懐かしい「ラーショ系」という事も
あり自分にはまず興味が無かった…!

しかし最近、ある知人が此方で食べた
表題のラーメンがイケてる…という話
を聞いて自分も深夜に試しに来たのだ。

で・・・、
昔から殆ど変わってないメニュー内容。
消費税表記も8%のままだが、お会計
した金額は8%ではなく未だに不明だ。

「生姜焼き 800円」はあるけど「焼肉」
という単品料理はメニューにはない!
だが「焼肉ラーメン」はあるのが面白い。

たっぷり多めの豚肉と玉葱の焼肉!
具材はソレしか入ってないがそれで充分。

如何にもラーショらしいヘナヘナの麺。
醤油スープも焼肉のタレが混ざって元々
の味が分からない。結果そこそこ旨いが。

甘辛の焼肉ダレと醤油スープが混ざり
絶妙にして微妙な風味に!
思わず「小ライス」も頼んでしまった。

唯の焼肉&ライスにスープの旨味が加わ
りこの3種組合せでないと到達しない
旨さになっている。超ジャンクな旨味だ。

トータル1480円という高額にして何とも
粗末でジャンキーで低コスパな食い物だ。

もうコレを目指して再訪する事は無いだ
ろうが、「ラーショ」という昭和の残党
において、この食べ方が一番正解だった
と納得しても良いメニューであった。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「生姜そば(手揉み麺)+味玉=1000円」@麺 みつヰの写真丁度1年ぶりの再会。
50円値上っているのがリアルだ。。。

スープの色が若干薄くなった気がするが
芳醇な味わいは衰えてはいなかった。
ただ少々ぬるくて残念!

平打ちの手揉みピロピロ麺は柔い。
麺量は結構あってボリューミー。
追加した味玉は固め。

厚めの炙り豚叉焼は抜群に美味しい!
漬け製法のセカンド叉焼も濃い味わいだ。

出汁の効いた醤油スープに焦がしネギの
香ばしさがプラスされ、生姜の風味が品
良く蔓延しているバランスの良い商品だ。

あくまでスタンダードであり、
食べ終えた後に此方の個性が光るという
良く出来たクオリティの高いラーメン!

ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「半パーコータンタンメン+小ライス=1220円」@珉珉の写真ぴったし1年振りの訪問!!

「排骨担々麺」という商品を考える上で
無視することのできない此方のこの逸品。

やはり1年も御無沙汰だと凄く食べたく
なる。全く不思議で個性的な担々麺だ…。

厚い豚肉、ワイルドな衣、ただ悔やまれ
るのは衣の付けダレに香辛料等の味付け
が成されてないことである・・・!

ま、此方の「排骨」がスパイシーな風味
だったとしたら、スープ味とのバランス
がかなりおかしくなる可能性もあるけど。

担々スープが若干濃くなった気がする…。

メニュー表記された「胡麻辛子そば」と
いうキャプションがぴったりな味になっ
ってきた様相である。。。

芝麻醤のビターな風味が鶏ガラ化調の汁
と相まってシャバ系なのにこっさり感が
ある。そして色白の細麺!独特の旨さだ。

卓上の豆板醤とおろしニンニクを入れて
もこの胡麻スープの風味は衰えない。。。

この辺の感じが同じシャバ系担々スープ
の『はしご』系とも全然違う印象である。

スープに浸った衣の排骨肉を白飯にワン
バウンドして食べる…。当然極旨!!!

助演のメンマ・小松菜の茎・デフォで付
いてる固い味玉も何かと素晴らしい。。。

「排骨」というまだまだ日本では認知度
の低いトッピング肉にスポットライトを
照らした此方の功績は特筆に価する!

此方のメニューとしては比較的人気の
少ない担々麺と排骨が合体することによ
って成された国内でも屈指のワイルドさ。

今日もたっぷり味わって腹パンパンだ。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 16件

「ワンタンメン 950円」@稲荷屋の写真久し振りの「ワンタンメン」!
というか「醤油の細麺」である。
コレが食べたかった~。。。

本日は中途半端な夕刻にお邪魔した。
お弟子さん一人でのワンオペ!
なのに味玉等が黙ってサービスされた。

粋だなぁ~!ワンタンも多めに入って
いるようだけど、そんなこたぁ~一言
も言わないのである。だから此方から
声を掛けてお礼を言う!当り前である。

餃子にも近いデカくてボリューミーな
ワンタン、とろっとろの味玉、これら
を泳がせている極上の醤油スープ。。。

デフォルトでこっちから何も好みを言
わなくとも麺もスープもバッチリ良い
塩梅で出て来るのである。有難い…!

急ぎ目で食べないとスープの温度で
せっかくの低温ピンク叉焼が普通の豚
肉状態になってしまう。だけど、味玉
やワンタン等食べる具材が多過ぎる…。

そんな嬉しい悲鳴を上げながら当然
「全汁」にて完食。美味かった~~!

ご馳走様。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 37件

「青椒肉絲二郎らーめん(週限定)  950円」@らーめん 三極志の写真『七麺鳥』に向かうも臨時休業…!
仕方なく第2プライオリティの此方へ。

今週の限定二郎は「青椒肉絲」!!

作り置きしてある青椒肉絲なので
ピーマンが少しクタっているが、確り
と濃い味付けが成されていて美味しい。

その分スープの味が薄めである。。。

多分青椒肉絲を混ぜた時に丁度良くなる
味付けに調整したのだろうと想像するが、
スープがせっかくの超極太麺に完全に
負けていて逆にバランスを崩してるかも。

先に側面のもやし野菜と麺を食べると
薄味で二郎感が不足。後からもう側面の
青椒肉絲と麺と食べるとジャンクで旨い。

全部を混ぜると上品な青椒肉絲スープの
ラーメンとなるが二郎感はかなり失せる。

コシの強い極太麺だけがどうしても目立
ち過ぎていた…。

やっぱり「二郎」は濃くて塩辛いスープ
が旨いし、ニンニクが効いた豚骨醤油が
ワシワシの極太麺を相性が良いのである。

此方の客層は女性も多いし家族連れや
子供も多い。そうすると味の濃い身体に
悪そうなスープは需要が無いのだと思う。

あくまでも雰囲気的な「二郎」という事
になるのだろうが、自分は極力本家二郎
に近い味に本家では乗せない具材の融合
を期待する。だから今回のは少し残念だ!

ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

「与ろゐ屋ブラック(夜限定)+玉子=1000円」@与ろゐ屋の写真久し振りの此方。

夜限定10食というハードルの高い麺。
今までちゃんとは狙ってなかったので
未食のメニューである。。。

「富山ブラック」を此方風にアレンジ
したこの商品は想像以上に美味かった!

黒胡椒の効いた濃い醤油スープは確か
に塩味も強めだがギリギリ塩辛くない。

醤油の香ばしさと胡椒の刺激が上品!
この辺の扱いに此方のセンスが出てる。
トータルで素晴らしいバランス感覚だ。

短冊状の叉焼が旨い!細切りのメンマ、
水菜の茎と縮れ太麺のコシのある食感
等が見事にマッチしている。。。

そして生姜と柚子の香りと風味。
単なるノスタルジックなラーメンに
終らせることなく確り現役の「今」の
醤油ラーメンになっているのが流石だ!

追加の味玉も他店と同じ100円なのに、
大きめの玉子で黄身が双子。此方が昔
から拘ってキープしている玉子である。

バシッとパンチのある醤油ラーメン!

食べた後の満足感が違う真の「東京
ラーメン」に認定したいクオリティだ。

エッヂの効いた醤油ラーメンが食べた
くなったら迷わずコレだな。。。
再食は必須となった。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 12件

「濃厚福島鶏白湯 950円」@麺処若武者 ASAKUSA 〜FUKUSHIMA NOODLE STYLE〜の写真「鶏白湯」が食べたくなって訪問。

三ノ輪の『ゆきかげ』と此方とで
迷ったが、結局近場の此方へ来た。。。

相変わらずボリューム感の乏しい絵面。
これで950円はどう考えても高いな…。

スープは前回食べた時よりまろやかに
なっている気がした。濃厚鶏白湯スープ
特有の超硬水を飲んだ時に似た喉に入っ
て行かない感覚や臭味などは皆無である。

品の良い細麺。ボリュームは少ない。
鶏叉焼2枚。豚叉焼は仕様が変わった!
隠れてるメンマ、そして紫玉葱等々…。

玉葱が紫玉葱なので結構クセが強い。

全体には大変美味しい鶏白湯スープだ!

コレに豚骨を足したら、一番旨かった
時の『ラーメン長山』のスープになり
そうな勢いである。塩味も上品で旨い。

ただ、やっぱりコスパは低いな!!

ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「本日の限定(オープン記念)ラーメン 1000円」@ウミのチカラの写真9月14日オープン!

御徒町~秋葉原『ラーメンイエロー』
『小諸そば』の直ぐ近くの場所だ。

外待ち客2名に接続。
此方は先に完売機で食券を買ってから
外の列に並ぶ…というシステムらしい。

店内はほんのりと魚の匂い。。。
壁際にはガラスのショウケースがあり
その中に大きな真鯛3尾程飾ってある。

隣には大きな業務用冷蔵庫が2台鎮座
しており、此方の本気を感じ取れた…。

此方は調理場に2~3人居るが、調理
に掛かる時間が結構長め。並びの回転
率が早くないのは少々痛い。。。

初訪なので本来は此方の2大メニュー

●真鯛の塩ラーメン
●鯖出汁の醤油ラーメン

のどちらかを行くべきだが、どうして
も「本日の限定」が気になってしまう。

銚子産「のどぐろ」「クロムツ」、
長崎産「はた」山口産「クエ」という
高級白身魚のミックス出汁である…!

スープは直ぐに表面に幕が張る白湯。

けっこうミルキーで濃厚な状態だが、
サラッとした口当たりに上品な風味だ。

高級魚の出汁に重きを置いたので、
タレの味が殆ど感じず塩味はほぼ皆無。
正直ラーメンとしてはパンチ不足だ!

上品且つ味わったことのない繊細な味
なのは分かるが、所詮はラーメンなの
でその辺はもう少し下品にしても好い。

この辺りは『麺魚』『改』『五ノ神』
等は流石の造りをしていると思える…。

麺は低加水気味の中細麺。具材は葱・
小松菜・柚子・叉焼・白身の練り団子
でわざわざ別皿で提供される。。。
 
面倒なので全てセルフで盛付けして
写真をパチリ!白身魚の練りものが
一番旨かった!卓上には胡椒しか無く
岩塩でも有れば掛けたかったな。。。

一緒に頼んだ「生鰹の漬け丼 350円」
は絶品!新鮮で美味かったしラーメン
にもピッタリ相性が良かった。必須!

この辺に純鮮魚系ラーメンが来たのは
嬉しいが、ただただ高級な魚で出汁を
取れば良いってもんでもない。あくま
でラーメンとしての完成度が大事だ。

今のところ個人的な評価はこんな点数。
でも、必ずリピートして他のラーメン
を食べてみたいとは思っている。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件