なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●日本はダジャレ文化!

平均点 81.707点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,604 962 23 4,194
レビュー 店舗 スキ いいね

「広島つけ麺(並) 935円」@広島乃風 浅草店の写真浅草は『まるごとニッポン』ビルの
4階に、10月1日オープンした新店!

此方は基本的には「広島お好み焼き」
のお店であり、一緒に「つけ麺」も
売っている…というスタンスみたいだ。

此方はそもそも広島の『ばくだん屋』
が母体らしく、同じ屋号で渋谷にお店
が在る。又過去には六本木・赤坂・八
重洲等に店舗が在り撤退している…。

4年前にも『広島乃風』屋号で神田に
も店舗が在ったみたいだ。そして七転
び八起…で今回浅草に新出という事か。

そんな訳で、
「広島焼き」のランチにも迷ったが、
2種ある「広島つけ麺」を所望!!
醤油ダレと胡麻ダレが有るらしい。。。

聞けば「麺並盛り」は220ℊだと言う。
辛さは「中辛」を選択。しかし、別に
辛タレと胡麻を用意してくれるので、
後はソレを増せば辛味もアップする…。

汁も具材も麺も全てがキンキンに冷え
ている!1年中この状態で提供される
らしく、それが広島式なんだとか。。。

先ず麺が特徴的。結構な細麺で多加水。
韓国冷麺にも似た雰囲気があり、コシ
がありツルツル&パツンの食感が良い!

この麺は拘りの自家製で、2日かけて
広島から取り寄せていると言う。。。

汁は確り辛味と酸味が有る広島風!
胡麻粒も大量。デフォで黄身トロの卵
と茹でキャベツ・葱・胡瓜がたっぷり。
薄い叉焼2枚はハムっぽくて面白い…。

全部が冷えてて、辛く酸っぱいので
そこそこ旨いのであるが、個人的には
秋葉原の『広』程はパンチに欠けるか。

随所に拘りが感じられるのだが、麺の
食感自体はもっと小麦感ある方が自分
好みだし、汁の出汁感ももっと欲しい。

このつけ麺は、食べ飲みした宴会の後
の〆で頂くのがサラダ感覚で一番良い
かもしれない。そんな印象である。。。

次回は此方オリジナルの「胡麻ダレ」
を頂いてみたい。あと此方、値段は外
税表記!会計時に「高っ!」と感じる。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「羅臼昆布水の冷たい塩つけ麺(夏季限定) ¥900」@中華そば 七麺鳥の写真やっと此方の限定表題にありつけた!

先月後半地味に発売しており、
Twitterと店頭でしか知らされていない
限定麺である。店主曰く、来夏大々的
に発売したい・・・とのことである。

今夏は実験的な販売といったところか。

コレの為に特注された全粒粉入り平打
太麺。1.5玉ありこれだけでも十分な量。
後でお茶づけ用に白飯が付く!

先ずは昆布水に使った麺だけ食べる。
羅臼昆布の味が濃くて大変美味しい!

次に温かい鶏出汁スープに麺を浸けて
食べる。昆布と鶏が混じって味が立つ。
さっぱりとしながら確り風味の旨さ!

枝豆や紫蘇の葉の香りや風味も加算。
ちょこっと梅干を潰せば又味変になる。

自分はあまりにさっぱりし過ぎた昆布
水つけ麺はあまり好みではなかったの
だがコレは旨い!七麺鳥らしい旨さだ。

麺完食で結構お腹いっぱいになる。。。

その後白飯を貰い、昆布水側に白飯を
入れて梅干を全部潰す。白飯も美味い!

鶏出汁スープを昆布水に足せば味も濃く
なって更に味変となる。コレは1度に
3~4回味変を楽しめるので食欲減退時
に凄く有効だと思う。。。

麺もスープもつゆも具材も美味くて
全部が徐々に渾然一体となって行く…。

自分は味や温度にメリハリが有る方が
好みなので、キンキンに冷えている汁か
熱々の汁だった方が良かったと思える。

…が、繊細な昆布の旨味を知るには、
冷たくてもこの位温度が無いと駄目だろ
うなとも思えるので何とも微妙だ。。。

上品でありジャンクな旨さもあり、
かなりボリューミーで高いコスパの限定
であった。こりゃ売れる…と納得した。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 56件

「味噌つけ麺(中)+味玉=900円」@らーめん つけ麺 たか虎の写真しょーもな過ぎた『大勝軒 甲』が撤退し、
やっと後釜に出来たのが此方である。。。

店内も改装され、カウンター5席程と
ボックス型のテーブル席が3つという配置。

ホールスタッフは中国人のオネエチャンだ。

メニュー告知ポスターの商品順からすると
「つけ麺」が一番推している様に思えて、
「魚介つけ麺」じゃマタオマなので表題を!

つけ汁は味噌感は強くなく甘酸っぱい…。
資本系のどっかが造りそうなコクの薄い汁。
下には薄いメンマとネギが隠れている。。。

チープ感漂うスープなので卓上のニンニク
と辣油を足して味を誤魔化す。不味い汁
ではないのだけど決して美味くもない…!

麺は中盛にしたので300ℊ。太麺でコシある
食感だったが、やはりコレもどっかの資本
系が大量生産で作ったような麺であった。

半熟の味玉、褐色のタレが付いた厚い叉焼。
いずれもそこそこ美味しいが、やっぱり
専門店のソレとは違うクオリティだ。。。

何だろう? 店主が毎日丹精込めて仕込んで
いる雰囲気が全く感じられない素材達だ…。

…って、よくよく調べてみれば、此方は
千葉の『大古洞』系列のチェーン店!?
屋号は違えど商品ラインは同じようである。

なるほど。納得!ご馳走様。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺つけ麺(限定)  1100円」@麺 やまらぁの写真大好きで毎夏楽しみにしている此方の
「冷やし担々麺」を狙って訪問したが、
「限定20食」の告知に誘われ表題を選択。

1000円超えのメニューだが中々個性溢れる
つけ麺であった。冬季限定の「ごまらぁ」
のスープがベースらしく、そこに魚粉と
五香粉・自家製辣油が効いている…!

五香粉の香りと担々ダレの塩味の周波数が
ビシッと合っていて他店では味わえない
個性的な風味になっている。胡麻も濃厚!

麺は中太パスタのようなアルデンテ強めで
ツルシコの旨い麺である。デフォルトで
200~250gくらいの体感麺量である。。。

汁側に居る極太メンマと結構食べ応えの
ある短冊コロチャーが美味い!麺側の海苔
も何気に良いバイプレーヤーぶりを発揮。

此方独特の食べ易さと、本格四川風な所の
バランス感覚が見事であり『やまらぁ』的。

冬に食べた「ごまらぁ」ベースとは言うが、
全く別物に仕上がった美味しい担々つけ麺。

自分の隣席に座った後客が「冷やし担々麺」
の大盛を喰ってやがる。やっぱ旨そう~!
次回も早めに食べに行かなくちゃ。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「豚骨魚介つけ麺(濃厚) 850円」@麺屋 いまむら 浅草橋店の写真14時過ぎ、『くろ喜』の季節限定を狙うも
結構な行列だったので断念。此方へ非難!

此方はこの前店頭を通りがかった時に店内
の工事をしていたので、店が入れ替わるの
かと思っていたが違っていたようだ。。。

4年前に頂いたモノと同じつけ麺を選択!
『冷やしつけ麺』なんてのも発売してたが
汁があまり旨そうじゃなかったので止めた。

若干のボイルオーバーなのか、麺の仕様が
変わったのか、以前食べた麺と少し食感が
違う感じだ。太くムチっとした印象。。。

以前の方がコシがあって艶っぽかった様な。
大盛りの300gは流石にたっぷり有った!

濃厚豚骨魚介味の汁も以前より少し癖が
無くなったようだが、若干のリニューアル
が成されたのかどうかは不明である。。。

麺側に乗った叉焼よりも、汁側に居る短冊
叉焼の方が美味く、この汁はニンニクを
入れない方が最後まで美味しく食べられる。

自分は沢山入れてしまったので後悔した…。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚豚骨つけ麺 1080円」@無鉄砲 つけ麺 無極の写真「宅麺.com」からのお取り寄せ麺!

何年も前からずっと宿題店にしていたが、
全く此方へ訪問出来るチャンスが出来な
いので仕方なくお取り寄せを利用した。

スープと具材の湯煎に15分、麺茹でも
15分。自分家のようなボロマンションの
キッチンで作るには非常に時間が掛かる。

噂に違わぬ超濃厚な豚骨スープ!
袋を切った途端に豚骨の動物臭がする…。
久々に嗅いだ白濁豚骨とは違う臭味。。。

別に柚子皮だけが入った袋が有ったので、
何故こんなに柚子皮が要る?と思ったが
このスープの臭味を消すには足りない位。

ドロっとした年度のスープに追い打ちを
掛けるが如くの油分の多さ。実は関西人
はこってり好き…という真実に納得する。

超臭くて超ドロ濃厚スープに特太麺!
強いコシの麺に分厚く短冊状に切られた
豚叉焼と絡んで期待通りの旨さだ。。。

自前で用意したのは、刻み玉葱と一味。
どちらも多めに入れても強烈なスープの
海に沈めば無かった事になる位に無意味。

スープの出汁感や風味は意外に薄めだ!
この加減が後味のさっぱり感に繋がって
いるのだろうか?凄く関西風とも言える。

この「つけ麺」は宅麺よりも絶対に店内
で食べた方が一層のインパクトがあろう。

年齢的にもうこんなドロドロ濃厚つけ麺
なんて食べられなくなってきたので、
今のうちに味わえて良かったかもしれない。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(中) 780円」@中華そば 新の写真今月21日オープンの新店!
元は『麺屋チカラ』の跡地である。

そして、浅草『与ろゐ屋』出身の店主。
なので麺は勿論「浅草開化楼」製である。

カウンター10席程の小さな店内は、
ひっきりなしにお客が出入りしていて
とても活気がある。いつもほぼ満席だ…。

頼んだのは「つけ麺」で、普通・中・大
の麺も全て均一価格。自分は「中」の麺
300ℊをお願いした。昼間はライスも無料!


『与ろゐ屋』譲りのオーソドックスな
醤油スープのつけ汁である。ほんのり煮干
の味わいに醤油の香ばしさ。全体にとても
優しいタイプの仕上がりであった。。。

麺は中太。トッピングされた叉焼が極旨!
太いメンマが2本。温かい醤油スープが
極アッサリ系なのでス~っと麺が胃袋に。

胡椒を入れても美味しいスープだが、
卓上の食べる辣油のような自家製辣油と
お酢を入れても旨い!それでも『大勝軒』
風にならないのも流石と言える。。。

ただ、「醤油つけ麺」として考えるならば
勿論微妙に違う物だが『与ろゐ屋』のざる
らーめんの方が美味しい!麺の出来も含め。

全体に凄くシンプルなだけに味も単調に
なりがち。味に個性が無いのも此方流か!

汁の底に柚子片が居てほんのりと柑橘感。

唯一「叉焼」のクオリティだけが本家には
ない旨さだったので、次回は叉焼増しで
他のラーメン類を試してみたい。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「もりそば 700円」@入谷大勝軒の写真4年振りの訪問。

数年振りに映画「スタンド・バイ・ミー」
なんか観てしまったものだから、急に心
の中の冒険心が沸いて此方へ入店。。。

結果悲惨な目に会う事は分かってたので、
自分の内なるMっ気カミングアウトか!?

相変わらず清潔感という言葉を知らない
店内の至る所。奥のテーブル席に仕切り
カーテンが取り付けられ、奥からヌ~ッ
と中国人らしき店主が出て来る。怪しい!

もうこの時点で本日の夕食は期待感絶望だ。

今月めでたく『ニュー菜苑』として生れ
変わった元『浅草大勝軒』も中国人に暖簾
分けした途端酷い有様に転落して行った。

こんなクオリティじゃお客が来ないのも
当たり前だし、何より天国の山岸さんも
マジで浮かばれないだろうと思った。。。

此方もまさにソレと同じ状態を辿っている。

出て来た「もりそば」も案の定、最悪!
スープは、よく炒飯なんかに付いてくる
中華スープの薄い奴に酢を入れたような味。

麺は辛うじて大勝軒風で助かったが、コシ
のある麺ではない。トッピングの海苔なん
かはいったいいつの?って感じでヤバイ!

不幸中の幸いだったのが、スープが激不味
というのではなく薄味&チョイ不味という
状態で留まってくれていたことである。

即、卓上の「醤油ダレ」をドボドボと足し、
固形物入りの辣油も大量に投入!
とにかく味を濃くして不要な酸味も取る…。

それにしても、この辣油もいつ作ったのか
が心配になってくる。潔癖症な人は絶対に
来られない店であろう。。。

一緒に頼んだ「餃子」も更に酷かった…!

とにかく、本来の『大勝軒』の味なんか3
%有るか無いかの酷い風味のスープを辛く
濃い味にして麺を強引に胃袋へ流し込む。

それでも勿論残してしまう味である。

この店も間違いなく『浅草大勝軒』と
同じ道筋を辿るだろうし、自分ももう流石
に2度と再訪することはないだろう。。。

本当にサヨウナラ。入谷大勝軒!

ご馳走様。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「海老吟醸つけ麺 850円」@海老吟醸 じぱんぐ(ZIPANG) 上野駅前店の写真久し振りの此方。

ここ最近自分はつけ麺気分なので、
フッと此方の海老味つけ麺を思い出した。

「つけ麺」は850円で麺量が多くても一律
料金。なので大盛(300g)を選択した。。。

相変わらずの海老感満載の風味と香りの
スープ。此方オープン時から変わらない
のだろうが、流石にもう5年も経つと、
あの頃の新鮮さが薄まった気がする。。。

現在では「海老出汁」の名店も多く、
より濃厚でパンチのある甲殻類スープの
店も体験しているから、此方の出汁感も
若干チープに思えてしまうのも仕方なし。

そこへ重ねて、
この「海老吟醸つけ麺」はやはり専門店
のつけ麺とは違い、ラーメンの麺と汁を
分けただけな印象が否めないのである…。

麺側に塗された海老オイルは良いのに、
海老出汁スープにつけ麺独自の工夫が
あまり見られないのが少~し残念である。

とはいえ、サラっとサクっと食べられる
海老味の旨さをずっと同じクオリティで
提供してくれるこの界隈では貴重な店だ。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「カレーつけ麺(大盛)  1000円」@麺や 希 御徒町店の写真久々の此方。

流石に16時にも近くなるとこの辺でも
ランチ難民と化してくる。今日は祝日の
為に此方は17時迄通し営業で助かった!

此方で初の「つけ麺」。麺大盛は300ℊだ。

サービストッピングはニンニクのみ。
極太麺なので茹で時間もそれ相応掛かる。

ニンニクも含め具材のトッピングが全て
麺器側にあるので汁への移動が面倒臭い!

租借し甲斐がある極太麺は美味しい。
切り落としの豚肉片も此方らしい旨さだ。
だが、カレー汁が意外に優し過ぎである。

濃度も辛味もカレー感も大人しい。。。
コレなら「濃いめ・背脂・一味」等の
サービストッピングが必要であった…!

「カレーラーメン」の時はそう感じない
状態だったのに「つけ麺」となるとカレー
感が弱くなるのはいけませんなぁ~。。。

ま、それでも此方らしい個性あるカレー
つけ麺だったので、コレはこれでアリだ。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件