なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●日本はダジャレ文化!

平均点 81.705点
最終レビュー日 2019年10月16日
2,603 962 23 4,189
レビュー 店舗 スキ いいね

「一七五郎まぜそば(限定)  1000円」@175°DENO担担麺 神田駅北口店の写真2度目の訪問。
ジャンクな限定が出たと聞き入店した。

先月から期間限定で発売された表題は、
まぎれもない二郎系汁なし担々麺だ!

本家「二郎」よりも細いが此方としては
かなり極太の平打ち麺。茹で時間が結構
掛かると先にアナウンスされる。。。

辛さは「増し」、痺れは「普通」を選択。

見た目からジャンクでボリューミー!!

カツオ節・ニンニク・背脂・もやし野菜
・辣油マヨ・辣油・豚叉焼・炸醤肉末・
花椒・ベビースターラーメンが乗ってる。

見事な盛付けで、『ジャンクガレッジ』
のまぜそばと『野郎ラーメン』の担々野
郎と『ほうきぼし』の担々まぜそばを
合体させて3で割ったような商品である。

だが、全部混ぜると意外にもまとまりが
良く下品になり切らない旨いテイストだ!
ベビースターと油類が効いている。。。

辛味も結構あってパンチがあり、タレに
使った豚叉焼が良い加減にほぐれて、麺
やトッピングに上手く絡んでくれて旨い。

ただトッピング類を並べただけではなく
ちゃんと考えられているジャンクさだ…。

此方のメニューの中では間違いなく一番
個性的で存在感のある商品であろう。。。

完食後は満腹中枢がフル!
後味にしても最終的にはそんなに下品な
味に終ってないところが此方らしいか?

もうちょっと担々麺の胡麻感を強くして
もらったら更に上品になった可能性も…。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「まぜそば+味玉=850円」@中華そば 七麺鳥の写真久々に「まぜそば」が食べたくて訪問。

何年も変わらないシンプルなビジュアル
の中に中々奥深い味わいの構成が潜んで
いる此方の混ぜそば。見た目既に旨そう!

先ずは浅草開化楼の旨過ぎる太麺を下部
から引っ張り出して頂く。シャバくて
少しショッパーな醤油ダレの味が美味い!

そしてシャキ&クタな丁度良いモヤシ。
豆板醤とおろしニンニクを貰って徐々に
入れ込み混ぜていく。風味が断然アップ!

様相が少し変わった豚バラ叉焼。旨い!
今日の味玉は黄身が固め。でも美味い!
絶妙に少し固めの麺。食感が最高過ぎる。

この味、この香り、この食感…。
だるかった全身のエネルギーがシャキ
っと正されていくのが分かる。。。

今のご時世からすれば、
全然上品でジャンクではないこの商品。
でも自分には魂を揺さぶられる程の何か
が有ってそれがヤミツキの原因なのだ。

ふと脳裏をよぎった此方の「まぜそば」
の感覚。ソレを頂きに来て、想像通りか
それ以上の旨さにに触れた時の鳥肌加減。

今日は久し振りにソレを味わった!
あっさりと濃い味の他店には無い混ぜ麺。
美味かったぁ~~~。。。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 56件

「黒胡麻つゆなし担々麺 890円」@四川担担麺 阿吽 湯島店の写真此方へは約5年振りの訪問である。

流石に自分の知っているスタッフは
居らず3人全て新顔である。以前使っ
たなかったテーブル席も復活して、
行列があるものの進みは良くなった…。

表題を「3辛・2痺」で注文!

炸醤肉末の仕様が若干変わったか?
挽肉が以前よりも細かくなっており、
麺とタレは混ざり易くなっている。

麺も微妙に細くなって気がする。。。

小蝦・ヤーツァイ・水菜は変わらず。

黒胡麻のタレの方が幾分円やかで甘い
のがこの商品の角を取り除き美味しい!

やっぱり此方は汁無しも汁有も本当に
旨いな。担々麺の日本代表的な存在だ。

今あばた在る担々麺の店舗は殆どが
此方の影響を受けているのではないか
と思ってしまうし、多分間違いない。

この味と仕様でもう10年以上前から
変わらず存在しているのだから…!

初代オーナーと四川山椒の話で盛り上
がった昔が懐かしい。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「担々台湾まぜそば+ど肉=1320円」@麺屋 はるか 秋葉原店の写真コイツとは同じ仕様で1年振りの対麺。
昨日に続きジャンクな一品をチョイス。

それにしても、此方の客席を詰め詰め
で案内するシステムは嫌いだ…!
店都合の押し売りが過ぎる。。。

秋葉原店独自メニューの表題。
濃厚クリーミーな胡麻ダレに、辣油の
掛かった玉ネギみじん切りのコラボ!

全体には辛味肉味噌・魚粉・海苔等の
台湾まぜそば味に上記の担々仕様の
調味料が見事にマリアージュしている。

ジャンクなタレ、モチモチ&ニチャ
ニチャの極太麺、先記した濃厚な風味、
水菜の食感等がぐちゃぐちゃに混ざる。

350円もする「ど肉」トッピング!
外側をカリっとするまで焼いた豚バラ
ブロック肉。高いけど美味い。。。

最初は生卵の黄身を潰して海苔と魚粉
が混ざり込んだ独特のこってり味に
「台湾まぜそば」の魅力を再確認する。

中盤少し担々味と花椒の香りがして、
また直ぐ台湾まぜそば味に戻る。。。
それくらいこの台湾味は強いのだ…!

今回は追い飯もせずにフィニッシュ!
それでもお腹はいっぱいになった。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「熟成醤油油そば(ローストビーフ120g)  1260円」@ローストビーフ油そば ビーストの写真初訪。
此方って以前は秋葉原にも在ったし、
色んな場所に在ったのに今は撤退中!?

知人から「中々美味いよ!」と聞いて
いたのを思い出し思い切って入店した。

先にカスタマイズ注文し会計を済ます。

注文後にローストビーフを焼くらしく、
着丼まで結構待たされた。。。

そんな甲斐もあって、ローストビーフ
が超美味い!店として当たり前の事な
筈だが、過去入った店で一番旨かった。

肉質は柔らかく臭味は皆無。
外側が香ばしく炙られ肉の厚さも絶妙
で食感も最高。大蒜醤油ダレも旨し!

肉はもっともっと増しても良かったと
後悔した程である。大蒜醤油と少しの
山葵マヨが混ざり太麺・玉葱が躍る!

ローストビーフと油そばって合うのだ
…と初めて思ったかもしれない。。。

卓上の胡椒・辣油・スパイス粉等で
味変しながらあっという間に完食!
麺が少し負けてたが総合的に旨かった。

麻婆豆腐が美味いのに下のラーメンが
イマイチな「麻婆麺」に近い印象かも。
タレは旨いので麺を変えたら良いのに。

次回は肉増し増しでリピートしたい。

ご馳走様!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「紅妖担々麺(限定) 1000円」@チャンドゥ・ハウスの写真新宿大久保公園にて23日~28日まで
此方が出店している「激辛グルメ祭り」。

その為に開発された激辛の汁なし担々麺。

「紅妖(ホンヤウ)」とは「赤鬼」の事で、
鬼辛の炸醤肉末に鷹の爪が鬼の角の様に
生えているビジュアルが面白い。。。

麺は唐辛子練り込みの特注麺で中細。
この麺だけ食べても舌がピリッとする。

炸醤肉末は少し塩気が立った激辛仕様で
多種のスパイスの風味と肉の味がする。

タレも激辛の中に花椒の香りや独特の
本場成都感を感じる辣油の風味と香り。
ちゃんと辛い中に美味さを感じる。。。

ただ、やっぱり自分には辛いので完食
するのにかなり苦労した!このイベント
は自分には合わないな。そう結論した!

聞けば、この商品は9月より東上野の
実店舗で期間限定販売の予定だという。
担々麺好きで激辛好きの方は是非。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「冷やし白味噌ボンゴレジェノベーゼ(限定) 900円」@麺屋 紅の写真週刊現代の冷やし麺特集に載ってから
販売数も増えているという表題…。
自分も今回やっと食べる事が出来た!

店主が「最近の若者は日本が誇る健康
食品味噌を全然食べなくなった」と嘆
いていた。そんな味噌が入った冷やし。

白味噌なので甘めのスープかと思えば、
甘味はコクとして残し、酸味が入り爽
やかさの方が勝っているバランスだ。

そこに此方得意のジェノベタレが混ざ
り合い不思議にマッチする味わいに!
とても爽快でコクと旨味が有る汁に…。

予想外だったのはアサリの数!
剥き身が終始無くならない入っている。

店主によればアサリの剥き身を100ℊ近
くは入れたかった…と。それで900円!
採算度外視のコスパ高である。。。

麺は細めの平型。多加水でモチむにゅ。
水菜のシャキシャキ感とアサリの食感。
独特のジェノベ味噌のスープが面白い。

此方ならではのアプローチが間違いの
無い味とクオリティに反映していた!

自分の所感では、酸味は抑えて味噌の
濃厚さとバジルの融合を密かに期待し
ていたが、コレはこれで旨いのでOK。

ご馳走様!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 71件

「汁なし担々麺 980円」@SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋の写真1年振り3度目の訪問。
14時過ぎ、外待ち客6名の後に接続。
休日の為か回転が悪く暑中30分並んだ。

店主とのウワサが高い眼鏡のドアマン
が紙コップに冷たい水をくれる!
ありがたいサービスである。。。

自分だけなら平日遅くに来てスンナリ
入るのだが、今日は知人を引率なので
仕方なく一緒に仲良く並ぶしかない…。

この「汁なし担々麺」は余計に追加
して頼み、知人とシェアして食べた!

辛さは「普通」でお願いしたが、実食
すると結構甘くて驚いた!香ばしくて
良い甘さだが見た目のギャップに困惑。

全体をよく混ぜると、痺れや辛味より
甘味が来るのは珍しい。だが、黒酢を
掛けるとグッと本場成都っぽい味に…。

コシのある固めの中太麺も成都で出会
った「涼麺」に近い味わいであった!

乾いたポロポロの炸醤肉末。パクチー、
細かいナッツ片も本場っぽい仕様だが、
白葱・糸唐辛子等は如何にも日本的だ。

香り高い「ぶどう山椒オイル」の風味
もオシャレで如何にも日本的であるが、
微妙に本場の味とクロスしていて苦笑。

デフォで甘味~黒酢で成都の味~山椒
油で日本的に変わるグラデーションは
中々面白い演出効果だと思った。。。

ただ所感では、リピートしたい味の
担々麺ではなかった。今回で十分…!

ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件
77

「炸醤麺 800円」@十八番の写真長年此方へ通っているが、表題の
「炸醤(ザージャン)麺」が食べられる
ことを知らなかった。超悔しい。。。

いつもは、そそくさとカウンター席で、
江戸っ子らしパパッと食べてサッと出て
行く…というのを信条としている!!

なので、カウンターにある小さな品書表
くらいしか見ていなかったのだが、後の
壁にいくつか後発のメニューが貼ってある。

その中の一つが先日食べた「韭菜香菇麺」
であり今回のメニューである。。。
この商品はいったいいつ頃から有るのか?

こうした後発メニューは改めてグランド
メニューの表には入れた足さないという
のも下町の町中華の商売下手な所である!

さて、
昭和遺産のメニュー「ジャージャー麺」。
如何にも此方らしい優しい味で、この麺
のお手本的な和性中華な逸品であった…!

たっぷりの挽肉餡は基本甘めだがしつこく
ない味。子供の頃から食べているコレの
代表的な懐かしめる風味に感動した。。。

麺は勿論汁麺からの流用で柔めな茹上り。
ムニュ~ンと伸びる食感も昭和そのもの!
コレぞ昭和に出てたジャージャー麺だな。

片栗粉の入れ方が上手く、後半も直ぐに
水っぽくならない仕上り。食感役の胡瓜。
自分はコレが食べたくて来たので大満足!

しかも、此方は中華スープが付いてくる。
甘ピリ辛の餡を頬張りながらスープも飲む。

コレを改めてグランドメニュー表に足した
ところで、コレのオーダー数が増えるとは
考えにくいが、少なくとも自分は何度か
喰っていたことは間違いないだろう。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 13件
86

「油そば 700円」@麺屋 紅の写真このところ此方では「限定」をお休み
しているようなのでレギュラー陣を再攻!

暫く此方の「油そば」を忘れていたが、
食べればやっぱり激旨なのである。。。

シンプルにして王道の「油そば」!
逆に今コレくらい元祖的な味とクオリティ
の油そばを探す方が大変だと言えまいか?

前回食べた時は「揚げ葱」が乗っていたが
今回は「海苔」であり、この方がより本来
の「油そば」のクオリティに近くなった。

香ばしく旨い醤油ダレ。
油分はそれほどキツくはなく非常に温和。
卵黄が混ざる事も相まって超マイルドな味。

極太メンマと大判ピンク叉焼は混ざらない
ものの別格に美味く、その他の魚粉・水菜
・木耳・浅草開化楼の細麺が渾然一体に!

リーズナブル且つ「汁なし」の旨さと
シンプルな醤油味を楽しめる醍醐味は、
ご近所の『万人力』より遥かに高好感度。
麺のボリュームも結構あるし。。。

味変アイテムは少ないが、
そもそもそんなに味変することもない麺。
辣油を少し足すくらいでフィニッシュ!!

普通にして飛び切り旨い「油そばである。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 71件