なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●日本はダジャレ文化!

平均点 81.707点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,604 962 23 4,194
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚うまこくカレーらーめん+パリパリチキン=1171円」@CoCo壱番屋 水道橋外堀通り店の写真ココ壱のカレーラーメンが恋しくて訪問。

2年前までは秋葉原にココ壱のカレー
ラーメン専門店が在りよく通っていたし、
お客も入っていたのにいきなりの撤退!

あれから恋しくて調べると、
都内でカレーラーメンを食べられる店舗
を探すも、此方と虎ノ門と吉祥寺くらい
しか無くて寂しい状態なのであった。。。

此方では「濃厚うまこく」しか選択肢は
無く、麺も「太麺」のみしか提供しない。

自分は此方のカレーラーメンの場合、
中太麺の方が合っていると思っている…。

それと、「濃厚」と付いている割には、
以前秋葉原店で食べた「濃厚」より全然
濃厚じゃなかったのも何だか残念である。

「1辛」を選択して単品の「小ライス」
も一緒に注文!ココ壱のカレーを延ばし
たカレースープ。もやし&豚しゃぶ肉が
少々。普通に安定的な美味さである!

パスタのような太麺が少しわざとらしい。

卓上のとび辛スパイスがラーメンスープ
の時は液状なので効果が瞬時に出て良い。
1辛とか頼まなくてもコレで十分行ける!

パリパリチキンのトッピングは大正解!!
排骨よりもトンカツよりもこのラーメン
には相性が良いかも。ライスも合う。。。

最後はスープにライスを投入してカレー
おじやでフィニッシュ!カレーライスと
は又違った味わいが好きなのである。

しかし、此方のは以前の秋葉原店のよう
なガツンとしたカレー感が薄く感じた!
何だか「ついで」に販売している感じだ。

メニュー表にも全く力が入ってなかった。

それと、やっぱりココ壱!
値段の割高感はどうしても付きまとう。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「桜えびかき揚げカレー 1200円」@たいざん桜SAKURA ムスリム フレンドリーの写真約1年振りの再訪。

暫く来ないうちに新しいメニューが
増えていたので試してみることに。。。

店外観は和風で看板も「たいざん桜」。
店内もお琴のBGMが流れ和の雰囲気だが
奥にはスパイスの瓶等がありインド風。

ハラール認証の収得章も飾ってあり、
コックはネパール人である。カレーの
メニューも増えかなりチグハグな印象。

如何にも中国人観光客が喜びそうな金
の丼!期待した桜海老のかき揚げは全
然かき揚がっておらず天かすの寄集め。

少ない桜エビと玉葱のポロポロ天ぷら。
こりゃ~酷い!揚げの技術が無いなら
金型でも使えば良いのに。。。

デフォルトのカレーラーメンが900円で
コレが1200円だから、かき揚げ単品が
300円という内訳である。やっぱ酷い!

全く辛くないカレースープはルウその
ものでスープではない。ドロドロだ!
魚介節の風味がするので工夫は見える。

麺は平太のピロピロ麺。
スープはよく拾うし悪くはない。。。

しかしカレーは辛くないし魅力に欠け
肝心なかき揚げはボロボロ。コレで
1200円という低いコスパならもう2度
と客は来ない。一見客向けの店である。

味だけなら75点以上はつけたいが、
全体のクオリティは72点でも良い方だ。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「スープカレーそば+マヨ=880円」@麺家ぶんすけの写真ひと月ぶりの訪問。

やっとドタバタ仕事も一段落したので
これからは常連店への巡回である。。。

今日のカレー麺はマヨトッピングで!
擦り胡麻や一味等もガッツリ入れて
「2・5・6」のジャンクな絵面に…。

今日は濃厚なカレースープを少し辛め
で頂きたかった。又その上、暑い日だ
ったから少しあっさりめも欲しくなり、
マヨの酸味に頼った訳である。。。

狙いはバッチリ!!
徐々にマヨがスープに溶け込み、辛味
と酸味と濃厚カレーが混ざりマイルド。

ニンニクの風味もマヨに隠れて旨い!
ほのかな酸味が良い感じにカレー感と
辛味を調整してくれる。太麺も極旨い。

マヨに付く味玉。一味とカレー汁に塗
れたあっさり豚叉焼。美味~い!!!

自分は全然マヨラーではないが、
今回のマヨはバッチリはまった感じだ。

飲んではいけないと思いながらスープ
もスイスイ入ってしまった。自己嫌悪。

今回もジャンクの極み的ラーメン!
またしてもパワーがチャージされた…。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 133件

「冷たいカレーらーめん(限定)+追い飯=1250円」@らーめん 三極志の写真この限定は8月25日で終了しています。

ギリ間に合って食べられたラーメン!
キンキンに冷えたスープはヨーグルト
の酸味を活かした爽やか路線で、想像
以上にスパイシーで香り高かった。。。

茄子・ズッキーニ・プチトマト等の夏
野菜も満載で、特に三陸産ワカメが中
央に鎮座し、その若芽っぽくない旨さ
が又新鮮!鶏叉焼もサッパリと美味い。

選択した平打ち太麺も確りと冷やされ、
カレースープと絡み、固めの食感が
美味しかった。。。

自分の好みとしては、
酸味推しのスープが少しのパクチーと
も融合して変にエスニカンな風味にな
ってしまったのが少し想像と違った…。

最後に炙りチーズの追い飯をもらい、
残った冷たいスープに投入。全部混ぜ
て食べた。より酸味が強調された。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

「スープカレーそば+バター=930円」@麺家ぶんすけの写真今日はカレー気分で久々のカレーそば!

今回は珍しくニンニクを抜いたので
トッピングしたバターの風味も分かり
やすかった。オーダーは「2・4・6」。

毎度濃厚でスパイシーなカレースープ。
個人的には、都内のカレーラーメンの中
でも屈指のスープだと思う。旨し…!!

少なめのもやし野菜・豚叉焼2枚、
ランチサービスのみの味玉も夜行っても
黙って付けてくれる店主の心遣いが憎い。

ハードなカレースープにバター2切れ
程度ではなんてことないが、サービスの
背脂増しよりも確実に風味が出てる。。。

暗黙で堅麺仕様で出してくれる開化楼麺
の旨さも毎度毎度言うまでもない位旨い。

今日は自分以外にお客さんが居なかった
ので久々に店主と雑談やラーメン談義も。

すると10分程して4名の若者客が入店。
いいタイミングで話を止めて店を出た…。

今日も旨いラーメンにパワーを貰えた。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 133件

「サプコタカレー麺 1050円」@中国手打拉麺 馬賊 日暮里店の写真超久々、数年振りの日暮里店である。

此方でしか販売してない表題麺を頂きに!

場所柄なのか、浅草本店よりも賑わってる
此方であるが、要の麺打ちを任されている
のがネパール人店員のサプコタさんである。

そのサプコタ・マンディさんが麺を打ち、
その父親で元カレー店シェフのサプコタ・
ナライさんが作ったカレーソース。。。

ネパール人親子による此方の1日限定30食
メニューということだ。馬賊からの信頼も
熱いネパール人親子店員というのも面白い。

さて、
その限定カレー麺だが、汁なしの麺に挽肉
によるキーマカレーを掛けた仕様である。
要するにカレー版の「ジャージャー麺」!

これが期待外れに辛くないしスパイシー
じゃないのである。多分店長が此方の客層
に合わせて無難な味に決めたのかも。。。

そんな刺激的でなくても、せっかんなんだ
からスパイシーにピリッと辛い本格的な
カレー麺にしたら良かったのに誠に残念!

麺は浅草店のよりも若干太く、もちもち感
やコシも有って良かったが、カレーソース
は少し置いとくと水っぽくなって薄くなる。

上手くヘルプする卓上調味料も置いてなく、
黙ってどんどん不味になって行くカレー麺
を食べ進むしかないのであった。。。

超久しぶりの日暮里店にて、麺の出来の
良さだけは分かった!麺打ちのサプコタ
さんの仕事は流石である。次回は此方の
「冷やし」メニュー・他を食べたくなった。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「カオソーイ 1500円」@ソンポーンの写真浅草は千束通りの奥に在るタイ料理店。

この地に約1年前に移転。その前は
近所のもっとマニアックな路地に在った。
名物ママさんが居たが今は居ない。。。

夜しかやってない此方は結構な人気店で
気軽に来れない感じがするが、店内の
雰囲気は一人客でもウエルカム状態だ…。

タイ料理店には珍しい座敷席・小上がり
席がテーブル席よりも多いという店内。
多分コレは以前の居抜き店舗の名残か?

デフォでパクチー大盛のカオソーイ!
スープの色味から濃厚&濃密なのが解る。

カリカリの揚げ麺は細めで食べ易い食感。
下に沈む柔らかい生麺も同じ細麺を使用!
結構な細麺で意外とコレが美味しい。。。

濃厚まろやかで旨いイエローチキンカレー
のスープ。辛味も結構あってスパイシー!

所々、生の野菜の食感と新鮮さ、香辛料
の香りとフレッシュな刺激がアクセント
で非常に丁寧に作られたカオソーイである。

全体のイメージはお気に入りの『JIM JUM』
にも近い手作り感と細部に拘ったスパイス
の配合等、お店の料理に対するスタンスが
分かる貴重な一杯だと思った。。。

確実に又食べたい「カオソーイ」だった!
あと、タイ人のオネエちゃん2人の接客も
中々好印象だった。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スープカレーそば 830円」@麺家ぶんすけの写真定期的に無性に食べたくなるカレー麺!

今日はオーソドックスに「2・5・6」。

夜の訪問なのにランチサービスの味玉を
黙って乗せてくれたり、何も言わずとも
絶妙な固麺仕上げで提供してくれる店主。

無口で変わり者だけど情のある人である。

今年の2月でオープン10周年だった事を
告げても、まだ10年ですよ!という反応。

又、よく開店1周年や2周年でお祝いし
てる店があるが滑稽だ…と笑う。。。
そういう変わり者の主人である。

でも、自分のような開店当時から通う客
をとても大切にしてくれる。そういう人。

そんな頑固で誤解されやすい店主の造る
ラーメンは毎度毎度本当にブレない。。。

ここ最近は普通に外待ちが出来る人気店
になった此方だが、まだまだ大した事
ないと謙遜するがラーメンのクオリティ
には自信を持っている。流石である…!

サラッと出て来るいつものラーメンだが、
前回食べた時よりも「旨い」と感じさせる
説得力が有る。今日もパワーを貰った!

つい3日前より風邪気味で体調も悪い…。
なので此方でニンニク補給してスタミナ
をつけるのである。食欲あるだけマシだが。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 133件

「ツナマヨそばカレー味+スープ=680円」@油そば 炙ら家の写真1年振りの訪問。

知らぬ間に「ツナマヨそば」なんかが
出ており、しかもリニューアルのカレー。

生のキャベツの千切りにツナマヨ!
それだけの具材なので価格を安く抑えて
いる。丼底にはカレーダレと刻み海苔…。

カレーダレは結構スパイシーで美味い!
変に尖ってない味が油そばに合っている。

キャベツとツナマヨをよく混ぜる。
ツナマヨの味とカレーの味が混ざり合い
馴染みのある旨さが全体を包み込む。。。

自分はここで敢えて卓上のマヨを追加!
めっちゃ美味しい~!!
卓上調味料の充実度がハンパない。
ちょっとずつ色々楽しめるって事である。

スープは頼んで正解!
こってり風味のタレに中々の太麺だ。
口内がリセットされて箸が進む。。。

後客さん達が次々と「定食」頼んでいる。
「麻婆豆腐定食」や「豚生姜焼き定食」!

店主は普通に生姜焼きをフライパンで炒め
ライスと共にハーフサイズの油そばを作る。
これじゃ~中華料理屋じゃないかい。。。

「油そば」はオマケ的な存在で気の毒だ!
まるで、宝島社の付録鞄付き雑誌のよう。

今度喰ってみっかな。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「カレーつけ麺(大盛)  1000円」@麺や 希 御徒町店の写真久々の此方。

流石に16時にも近くなるとこの辺でも
ランチ難民と化してくる。今日は祝日の
為に此方は17時迄通し営業で助かった!

此方で初の「つけ麺」。麺大盛は300ℊだ。

サービストッピングはニンニクのみ。
極太麺なので茹で時間もそれ相応掛かる。

ニンニクも含め具材のトッピングが全て
麺器側にあるので汁への移動が面倒臭い!

租借し甲斐がある極太麺は美味しい。
切り落としの豚肉片も此方らしい旨さだ。
だが、カレー汁が意外に優し過ぎである。

濃度も辛味もカレー感も大人しい。。。
コレなら「濃いめ・背脂・一味」等の
サービストッピングが必要であった…!

「カレーラーメン」の時はそう感じない
状態だったのに「つけ麺」となるとカレー
感が弱くなるのはいけませんなぁ~。。。

ま、それでも此方らしい個性あるカレー
つけ麺だったので、コレはこれでアリだ。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件