なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●日本はダジャレ文化!

平均点 81.703点
最終レビュー日 2019年10月15日
2,602 962 23 4,188
レビュー 店舗 スキ いいね

「甘縁坊(9/16~29限定)  830円」@蒙古タンメン 中本 御徒町店の写真蒙古タンメンファンではない自分だが、
年に何回か興味をそそられる限定が出る
時がある。それが今回の表題だった…!

いつもは月替わりの限定なのに今回は
9月の後半のみの限定なので、よりハー
ドルが高いが何とか食べに間に合った。

そして、食べて正解!!!
個人的には此方では屈指の旨さだった。

先ず見た目がジャンクで訳分からん。
刻んだニラ・モヤシ・コーン等の上に
山椒や胡椒等スパイス粉が散乱している。

一瞬溶き卵に見えた黄白いモヤモヤは
卵ではなく生クリームである!ドロっと
したスープは背脂も入ってるのか超濃厚。

先ず最初に甘味が来る。この甘味は蜂蜜
由来らしく、その後にガツンと刺激的な
辛味が追いつく。此方比では辛さレベル
「6」らしいので自分には中々辛い!

此方のスープって、味噌や出汁による
コク味というものがほぼ皆無だと思って
いる自分だが、この甘味がコクと紙一重
なので中本らしくない旨味を感じた。。。

『上等カレー』『日乃屋』の大阪カレー
のような最初に甘く後から辛い…という
あからさま感に近いが、ほぼその構成だ。

この甘辛、中本史上初ではないか!?

豚肉片・ニンニクスライス・コーン・韮
等を包み込む各種スパイスが又中本的な
唐辛子一辺倒の辛さを一味違う物にする。

別途「半ライス 120円」は必須だ!!
穴開きレンゲで濃厚なバラ具材をすくい、
白飯に乗せて喰えば最高に美味かった!

辛味と甘味が台湾ミンチのようでもある。

各スパイスと生クリームも凄く不思議!
山椒の香りは飛んでしまうが、全体に
爽やかな感覚は残り、『鬼金棒』や
『卍力』等に対する此方の答えなのか?

とも思ったが、このラーメンって既に
2015年に本店で販売された商品らしい。

自分的に、酸味のある爽快なスパイス感
の『卍力』のラーメンと、この甘味・辛
味・塩味・マー油・濃厚さ・コクが一体
になったこのジャンクラーメンはハマる。

『蒙古タンメン中本』のレギュラー麺に
してくれたら絶対に又リピートするのに。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「味噌つけ麺(中)+味玉=900円」@らーめん つけ麺 たか虎の写真しょーもな過ぎた『大勝軒 甲』が撤退し、
やっと後釜に出来たのが此方である。。。

店内も改装され、カウンター5席程と
ボックス型のテーブル席が3つという配置。

ホールスタッフは中国人のオネエチャンだ。

メニュー告知ポスターの商品順からすると
「つけ麺」が一番推している様に思えて、
「魚介つけ麺」じゃマタオマなので表題を!

つけ汁は味噌感は強くなく甘酸っぱい…。
資本系のどっかが造りそうなコクの薄い汁。
下には薄いメンマとネギが隠れている。。。

チープ感漂うスープなので卓上のニンニク
と辣油を足して味を誤魔化す。不味い汁
ではないのだけど決して美味くもない…!

麺は中盛にしたので300ℊ。太麺でコシある
食感だったが、やはりコレもどっかの資本
系が大量生産で作ったような麺であった。

半熟の味玉、褐色のタレが付いた厚い叉焼。
いずれもそこそこ美味しいが、やっぱり
専門店のソレとは違うクオリティだ。。。

何だろう? 店主が毎日丹精込めて仕込んで
いる雰囲気が全く感じられない素材達だ…。

…って、よくよく調べてみれば、此方は
千葉の『大古洞』系列のチェーン店!?
屋号は違えど商品ラインは同じようである。

なるほど。納得!ご馳走様。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし白味噌ボンゴレジェノベーゼ(限定) 900円」@麺屋 紅の写真週刊現代の冷やし麺特集に載ってから
販売数も増えているという表題…。
自分も今回やっと食べる事が出来た!

店主が「最近の若者は日本が誇る健康
食品味噌を全然食べなくなった」と嘆
いていた。そんな味噌が入った冷やし。

白味噌なので甘めのスープかと思えば、
甘味はコクとして残し、酸味が入り爽
やかさの方が勝っているバランスだ。

そこに此方得意のジェノベタレが混ざ
り合い不思議にマッチする味わいに!
とても爽快でコクと旨味が有る汁に…。

予想外だったのはアサリの数!
剥き身が終始無くならない入っている。

店主によればアサリの剥き身を100ℊ近
くは入れたかった…と。それで900円!
採算度外視のコスパ高である。。。

麺は細めの平型。多加水でモチむにゅ。
水菜のシャキシャキ感とアサリの食感。
独特のジェノベ味噌のスープが面白い。

此方ならではのアプローチが間違いの
無い味とクオリティに反映していた!

自分の所感では、酸味は抑えて味噌の
濃厚さとバジルの融合を密かに期待し
ていたが、コレはこれで旨いのでOK。

ご馳走様!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 71件

「味噌タンメン+背脂=840円」@蒙古タンメン 中本 御徒町店の写真御徒町店ではやってなかった「背脂」の
トッピングがここ最近出来るようになった!

自分は基本的に此方のラーメンは好きに
なれないが、以前から『五目味噌タンメン』
に背脂を入れて食べてみたかった。。。

で、ソレを実現すべく空いた時間に入ったが、
此方の常連じゃないからトッピング背脂の
券売機ボタンばかり気になってしまって、
間違って「味噌タンメン」を買ってしまった!

やってもうた!着丼するまで気付かなかった。

「五目味噌タンメン」は8辛だが、ただの
「味噌タンメン」は3辛であり、殆ど辛味は
無い!此方で辛味の無い麺は無意味である…。

普通の味噌ラーメンに白い背脂のトッピング。

辛さが無く、普通のラーメンになった時、
此方のスープが如何に旨味が少ないかが露呈。

背脂のコクで味噌スープに少しはパンチが
出たものの、『花田』や『弁慶』等の味噌に
比べたら全然美味いとは思えなかった。。。

食べ易い普通の「野菜味噌ラーメン」!
あっという間に完食。やはり此方って辛い
ラーメン食べないととことん意味が無いな…。

当り前の事を心身で確認して店を出た。。。

隣の若い女性客は「北極2倍の納豆ワカメ」
なんていうカスタマイズ麺を喰っている…!

彼女に何度か自分の食べてる麺を見下すよう
に見られた。チョッと恥ずかしかった。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 8件

「札幌味噌らーめん 780円」@北海道らーめん ひむろ 浅草店の写真コチラのサイトでは6月30日オープンと
なっていたが、今日店の前を通ったら
開店したたので早速入ってみた。。。

この場所は、以前は短命なバルだったし、
その前の『ラーメン女子博…』とかいう
店で直ぐお亡くなりになった。その前は
確か「富山ブラック」の店!

とにかく、この場所は鬼門と言われる所
だったのだが、今回『ひむろ』が来た事
でやっと鬼門説解消となるかもしれない。

自分にとって『ひむろ』は、上野店も
秋葉原店も何度も訪れているので慌てて
訪問する必要も無かった。。。

メニューを観ても他の店舗と一緒だし、
浅草店独自の限定メニュー等も無い…!

だけど、場所柄なのかほぼ満席である。

数年振りの此方の「味噌」と御対麺!!
相変わらず白い味噌スープが此方っぽい。

此方の仕様は炒め野菜や挽肉等は入って
おらず、茹でモヤシ・葱・若芽・メンマ
・叉焼等を後乗せしたスタイルである。

柔かい味噌スープは、今の時代からは
若干物足りなく感じるが、卓上ニンニク
を匙一杯入れた瞬間にグッと旨くなる!

この、ニンニク入れるのと入れないのと
でこれ程味の迫り方が違う味噌スープも
珍しいと思う。絶対に入れた方がお勧め。

あと、後半は「一味」も是非入れたい!

黄色い中太縮れ麺。
何気に美味しいメンマ。
存在感ある豚叉焼。。。

此方の「味噌らーめん」、上野で食べた
時よりもスープが美味しく感じたなぁ~。

改めて此方の「味噌」を食べてみて、
『えぞ菊』や『すみれ』『弥生亭』等
と違うアプローチの札幌風も良いもんだ。

…そう思わせてくれた一杯である。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌らーめん 880円」@麺’s 菜ヶ蔵 初夏の北海道物産展 松坂屋上野店の写真「北海道物産展」を知ったので、
またかぁ~…と思いながらもフラッと訪問。

御徒町松坂屋の6階催事場のこの場所、
毎回ここで食べるので席状況もすっかり把握。

此方『菜ヶ蔵』の前知識は全く無し!

初対麺の印象は、量が少なッ!ってこと。

ネギ・メンマ・叉焼のみのビジュアルは
流石に寂しい。麺は黄色い多加水のコシの
強い縮れ中太麺。西山製麺の麺らしい。。。

麺の固さとスープの優しさと若干バランスが
合わない。だが叉焼は肉々しくて美味しい…。

量が少ないのであっという間に固形物は完食。
後はスープだけ飲んでいると、やはりスープ
ははコク深くて旨いねぇ~~!!

如何にもバターが合いそうなスープである。

決して濃厚じゃないのに旨味が深いのである。
スープはついつい飲んでしまう旨さで完飲…。

コスパは良くないが、久々に北海道の味噌
ラーメンらしい「味噌ラーメン」を頂けて納得。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌バターラーメン 900円」@えぞ菊 御徒町店の写真久し振りの『えぞ菊』。
金曜日の深夜は行列が出来ていた!

今日は「味噌ラーメン」が好き!という
仕事仲間を引率しての入店。彼が言う
には『花田』のような濃厚味噌よりも、
此方のような優しい味噌が良いらしい!

さて、久々に再開した「味噌バター」、
ビジュアルから叉焼が消えている。。。

値上げしない代わりのコストダウンなのか
この日だけ入れ忘れたのかは不明だが、
仲間の丼にも叉焼は入ってなかった。。。

相変わらずホッとする日本人の味噌味!!
優しくて柔らかくて食べ慣れた味・・・。

たっぷりのシャキシャキもやしの食感も
他のラーメンとは違って伝わるのも不思議。
バターはコク増し。

安心&安定の一杯。
ご馳走様!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「味噌ラーメン+半熟玉子=950円」@麺処 花田 上野店の写真8ヶ月振りの訪問。
此方のこってり味噌が恋しくなった。

久し振りに頂くと、やっぱり濃厚な
旨味と共に強い塩味や身体に悪そうな
感じが肌で感じたり出来る。。。

ニンニク増しのサービス。
いつも小皿にチョびっとのショボい量。
「二郎系」でこんなニンニク出されたら
常連客全員に袋叩きにあうだろう…。

追加した「半熟玉子」も味付けではなく
ただの茹で玉子。黄身とろんちょで旨し。

コレが味の付いた玉子でも、この濃厚な
スープにはほぼ無意味だと思われる。

相変わらずの極太麺と野菜・叉焼との
相性は文句無し!隣の中国人も超旨そう
に喰ってて笑う。分かり易い味だからか。

そろそろ我年齢的にこういう「味噌」は
厳しくなってきたが、どうしてもたまに
食べたくなってくる中毒性があるな。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

「みそチャーシューメン(バリ)  1080円」@らーめん弁慶 浅草本店の写真深夜1時過ぎ、
仕事が一段落したので夕食を食べに外へ。
自宅ワークなので近所の此方で済ました。

久々の『弁慶』だが、
ここ1ヶ月以上自分はアマニ油やえごま
油等のいわゆる「オメガ3」を毎日飲んで
いるからか、最近背脂補給の欲求が無い…。

これがマジで無くなっていて自己ビックリ!

なので今回の「味噌」は、麺固以外は普通
にデフォルトで大満足、いや、十分に
こってり感で満たされた。。。

極薄の此方の叉焼は、こうして複数枚
有ってやっと一般的なラーメン叉焼の存在
感となる。多めのザク切りネギもワイルド。

ここ最近は年度末で忙しい…。
今日の体調は微妙に風邪を引きそうなので
卓上のおろしニンニクをカレースプーンで
2杯程入れてもうた!スタミナアップ!?

豆板醤や辣油も追加してかなりジャンクに。
油分はデフォだけど味は強烈。。。

お陰で、何だか元気が出た感じになった!
勿論気のせいだけど。。。


今夜も店内は日本人スタッフ2名に
外国人1名体制で、下ブレを心配する事の
無い営業状態であった。結局、旨し…!!

ご馳走様。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 15件

「欧風海老味噌つけそば(LINE限定)  950円」@神田らぁめん 悠 HARUKAの写真今日から3日間の「LINE友達」限定麺!

自家製味噌に甘エビから取った出汁と
鶏ガラスープ・トマト・バター等を合わ
せた、まさに欧風フォンドボーの様な汁。

マイルドな味噌の甘味と海老の香ばしさ
のマリアージュ的な味は、洋風で和風!
此方らしい丁寧な仕事の足跡が伺える…。

スープ内には大きな海老身が1尾。
たっぷりのネギ・メンマ・干し桜エビ。

麺の方にも干し桜エビが掛かり、海老の
香ばしさの追い打ちが美味しい。。。

「麺大盛不可」と告知されていたが、
デフォルトでも十分大盛りな麺量!
おかげで食後は腹いっぱいになったし…。

決して濃い味・強い塩味でもないのに、
此方のスープは後を引く旨さがある。。。

今回も例に漏れずズンズン箸が進む旨さ。
味噌も海老も欧風のどれもが前に出ず、
全体が三位一体となった美味しさが流石!

得した気分の「LINE友達限定」であった。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件