なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●日本はダジャレ文化!

平均点 81.705点
最終レビュー日 2019年10月16日
2,603 962 23 4,188
レビュー 店舗 スキ いいね

「新辛麺 820円」@桂花ラーメン 東口駅前店の写真新宿3丁目での打ち合わせの後、
帰宅する途中に此方を発見!もう10年
以上は入ってない懐かしの店舗である。

腹も減ってないのに急に此方の味が恋
しくなって入店。でも自分が一番好き
な旧「DiDi麺」である「五香肉麺」、
いわゆる排骨麺が売ってなかった!!

自分は此方の「太肉」にはあまり興味
が無いので、此方の店舗限定だという
表題を頂いてみることにした。。。

豚骨とニンニク臭い店内がそそる…。

此方独特の熊本豚骨スープにマー油の
風味。そしてデフォでも極固だった超
低加水のストレート中太麺!旨し!!

このスープと麺のコンビに、茎ワカメ
・メンマ・等の此方定番具材は懐かし
く美味しかったが、後は少々残念。。。

担々麺の炸醤肉風の粗く切った豚肉に
辛味噌と生キャベツ。ピリ辛の桂花
ラーメンなのだが普通の方が美味い!

やっぱ排骨肉を此方のスープに浸して
喰いたかったなぁ~~~!!!!

生キャベツ&黒マー油の組合せは、
浅草『うりんぼ』の「あばれんぼ」に
近い感じだが、あっちの方が激美味い。

コレなら普通に750円のラーメンを食べ
た方が良かった。後悔先に立たず。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚豚骨つけ麺 1080円」@無鉄砲 つけ麺 無極の写真「宅麺.com」からのお取り寄せ麺!

何年も前からずっと宿題店にしていたが、
全く此方へ訪問出来るチャンスが出来な
いので仕方なくお取り寄せを利用した。

スープと具材の湯煎に15分、麺茹でも
15分。自分家のようなボロマンションの
キッチンで作るには非常に時間が掛かる。

噂に違わぬ超濃厚な豚骨スープ!
袋を切った途端に豚骨の動物臭がする…。
久々に嗅いだ白濁豚骨とは違う臭味。。。

別に柚子皮だけが入った袋が有ったので、
何故こんなに柚子皮が要る?と思ったが
このスープの臭味を消すには足りない位。

ドロっとした年度のスープに追い打ちを
掛けるが如くの油分の多さ。実は関西人
はこってり好き…という真実に納得する。

超臭くて超ドロ濃厚スープに特太麺!
強いコシの麺に分厚く短冊状に切られた
豚叉焼と絡んで期待通りの旨さだ。。。

自前で用意したのは、刻み玉葱と一味。
どちらも多めに入れても強烈なスープの
海に沈めば無かった事になる位に無意味。

スープの出汁感や風味は意外に薄めだ!
この加減が後味のさっぱり感に繋がって
いるのだろうか?凄く関西風とも言える。

この「つけ麺」は宅麺よりも絶対に店内
で食べた方が一層のインパクトがあろう。

年齢的にもうこんなドロドロ濃厚つけ麺
なんて食べられなくなってきたので、
今のうちに味わえて良かったかもしれない。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「野菜たっぷりちゃんぽん+バター+とり天=1231円」@長崎ちゃんぽん リンガーハット 浅草駅前店の写真5年振りの訪問。

店員は全員外国人。
でもきちんと教育されていて、この企業
の教育システムが生きていると感じる…。

自分の身体が野菜を欲していたもので、
ついつい此方へ誘導された。。。

毎度、明らかに麺量の倍以上ある国産野菜。
ぎりぎりまで半生に近いキャベツの感じは
あの自動開店炒め鍋から繰り出されたのか。

付属の2種のドレッシング。
特に「生姜風味ドレッシング」を掛けると
サッパリした味で食欲が増進される!

いつも濃いラーメンを食べているので、
此方のライト豚骨のスープは物足りない。
バター50円を足すがショボい量で変化無し。

「とり天」は中々美味しかった!
そのままおろしポン酢で食べるも良し、
ちゃんぽんにトッピングしても良しである。

流石に480ℊも炒め野菜を頂くと満腹になる。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「素ラーメン+青ネギ(小)=550円」@本格とんこつラーメン 丸久の写真店頭の看板を見ると、
最近またメニュー等の注文システムが
変わったようだ。…で、2年振りの訪問!

今回は外看板の「とんこつラーメン屋の
ポークカレー」が食べたくて、そっちが
メインで表題がサイドメニューである…。

『一蘭』宜しく、カスタムオーダーシート
にトッピングや麺の固さ、スープの濃さ等
を書き込んで店員に渡すシステムである。

自分は表題の通り、素ラーメンを麺固め・
スープの濃さはデフォ・青ネギ(小)だけを
トッピングした。それでも十分楽しめた…。

卓上の辛子高菜・紅生姜・胡麻・ニンニク
等を入れればコレでも結構楽しめる。。。

濃いめの豚骨スープに少しのマー油。
此方のスープは以前から基本的に美味しい
スープなんである。タレも濃いめだし…!

ミルキーに白濁した豚骨スープではなく、
若干褐色の黄色っぽいスープの色味。
少し「家系」の旨さも取り入れた絶妙な味。

こういうスープには様々なトッピングを
しても負けないスープで最後まで美味しく
頂ける筈である。次回はそうしてみっか!?

ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「嵐げんこつらぁめんBLACK×BLACK(限定) 780円」@らあめん花月嵐 浅草雷門店の写真1月29日放送の有吉弘行の「ダレトク!?」
という番組の没企画メニューで採用された
期間限定の超ジャンクラーメン!

豚骨スープにマー油というパターンは此方
の「BLACK」シリーズの基礎であり、
そこに黒い細麺・海苔・黒胡麻&黒胡椒の
MIXスパイスを大量に入れたバージョン!

自分は、唐辛子やワサビ等の辛味よりも
黒胡椒の辛味が一番好きで身体に合う為、
こういうラーメンは基本的に好きである…。

見た目物凄い黒胡椒の量だが、意外と味の
バランスは良く、咽るような辛さではない。

むしろスープの塩味は抑えられ、黒胡椒の
スッキリした辛味だけがガツンと来るので
中々美味しいのである。海苔も意外に合う。

自分的にはもっと本来の「富山ブラック」
並みに塩辛くても良かった気がするが、
このスープと香辛料のバランスも好きだ。

塩味が強くない分、「富山ブラック」や
「家系」の様に白飯必須という味ではない。

黒胡麻&胡椒の下には、確り味玉半個と
叉焼・メンマ等も居る。麺は黒いが、
いまいちコシは弱めだ。。。

正直に言ってしまえば、
此方は下手に中途半端なコラボ企画なんか
やらずに、こういったメーターを振り切る
何処もやらないジャンクな限定が似合う!

自分のような『花月嵐』のヘヴィユーザー
からしても、いつも採用される企画麺より
こうした没になったインパクト有る麺の方
が魅力的なのが本音である。。。

もはや『花月嵐』には美味しいラーメンは
期待しておらず、凄いラーメン、激しい
ラーメン、馬鹿なラーメンを期待している。

ご馳走様!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 35件

「あばれんぼラーメン+味玉+半替玉=1000円」@博多らあめん うりんぼの写真浅草の老舗博多豚骨の名店『いのうえ』が
いつの間にか閉店してしまい、今は比較的
新参店の『一風堂』『一蘭』『丸久』等が
台頭し浅草らしくない景色になってしまった。

3年振りの『うりんぼ』は相変わらず新しい
メニューも出なければ、接客も雑だ。。。

此方で一番好きな「あばれんぼラーメン」!
黒マー油が混ざった香り高いスープに、
生キャベツと茎ワカメの食感が堪らない…。

卓上の胡麻を大量に摺り下ろして頂くのが
自分流であり、後半は辛し高菜で辛味を足す。

デフォ少なめの麺は普通でも固めの茹で加減。
足りないので「半替玉 100円」をバリカタで
お願いしたが、自分には普通の方が食べ易い。

でも、通常の替玉が150円で、2口位で終わる
半替玉が100円というのはコスパが低い。。。
此方って基本が中々高い値段設定なのである。

だから、普段使いには滅多にしないのだ。
『一蘭』よりはマシだけど。。。

それでも、別注の味玉やそれぞれのクオリティ
が高いので自分はたまに訪れたくなるのだが。

あ~、懐かしの『いのうえ』と、師匠の店の
『いのうえ』は今は何処へ行ってしまったのか。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「豚骨つけ麺 800円」@東京焼きそばの写真東京スカイツリーのソラマチタウン4階!
此方のお店、基本は「焼きそば」専門店である。

コの字型のカウンター席の中央に鉄板が有り、
トゥオーダーで焼きそばを炒めるシステムだ…。

表題の「豚骨つけ麺」は、
鉄板で「家系」の様な平太麺を玉葱・もやし・
豚肉と共にを炒めて皿に乗せ、白濁の豚骨出汁
に浸けて食べるというシロモノである。。。

「焼きそば」とも言えるし、「つけ麺」とも
言える、両者の垣根を取っ払ったものである。

麺の方は若干の塩味が付いているので、
そのままでも食べられる。豚バラ肉から出る油
等も香ばしく、食感も良くて中々美味しい…!

ただ、麺量は少なく150~180g位で寂しい。。。

白濁した豚骨出汁にも軽い塩味位しか付いて
おらず「コムタン」スープの様な軽い味わい。
麺の油分に対しあっさりと頂けるバランスだ!

豚骨スープにはタレが入ってないようなので、
本当に豚骨出汁だけを付けている感覚なのだ。

この商品、50%は焼きそばである訳なので、
もしかするとレビューがノーカウントになる
可能性もあるが、つけ麺として食べたので載せた。

単なる「焼きそば」としてはイマイチだったが、
「焼きつけ麺」としては中々美味しかった!!

ご馳走様。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「黒博多ラーメン 650円」@博多ラーメン 長浜や 鶯谷店の写真5月6日にオープンした此方!
鶯谷駅南口駅前の『日高屋』と『富士そば』
の間に参戦した。元焼き肉屋だった場所だ。

過去、『長浜や』へは上野店と日暮里店へ
訪問した事があるが、どちらも味はイマイチ
だった印象。如何にもチェーン店の味である。

なので、此方も全く期待していなかった。。。

扉を開けると、
発音も微妙な「いらっしゃいませ~!」の声。
此方も外国人ばかりのスタッフのようである。

申し訳ないが、もう既にこの時点でクォリティ
への期待感はグッと下がる。仕方あるまい…。

種類の多い券売機。
今回はデフォルトを外して表題のラーメンを!

いわゆるマー油が混ざったスープの「黒博多」
だが、自分の好きな浅草『うりんぼ』にある
「あばれんぼ」とはかなり違うテイストである。

味のバランスは悪くないが、薄めで豚骨感の
少ない豚骨スープに香りも風味も弱いマー油!
不味くはないけど誠に残念なスープである…。

「かため」でバシっとコシがある極細麺。
この麺は中々美味しいし質も好い!!

量は少なめで、替玉を頼むと丁度大人の胃袋が
満足するようなシステムになっている。。。

臭味も無いし、ライトで軽めな豚骨なので、
呑んだ後の〆ラーメンには良いかもしれない。

だが、食事としてガッツリと豚骨感のある味を
期待すると肩透かしだ。手頃でまあまあだが、
味や価格は『博多風龍』の方が上だと思う…。

卓上アイテムは凄く充実していたのに、
爪楊枝が置いてなくて哀しかった。。。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「味玉金豚骨ら~麺(GW限定)  900円」@麺屋 江武里の写真静岡県のブランド豚「金豚王」を使った
豚骨出汁スープのゴールデンウイーク限定麺。

この「金豚王」は勿論食べたことは無いが、
中々まったり&まろやかなスープである。

スープを一口飲んだ瞬間、骨太で重厚な、
それでいて円やかで優しい旨味が広がる…。

濃いめのタレで甘味と塩味も若干強めだが、
自分には好みの風味である。パンチ有る旨味!

少しとろみの有るスープに薄っすらと背脂も
見える。厚めに切られた豚バラ叉焼は2枚。
これが中々旨くて食べ応えがあった。。。

この「金豚王」の叉焼なのかもしれないが、
やはりブランド豚は脂身も甘いし肉質も良い。
別トッピングの味玉もメンマも美味かった!

麺はいつもの中太麺。
この芳醇こってりスープとも相性は悪くない。
むしろ、海苔や豚叉焼とは好いコンビかも…。

こういうラーメンを頂くと「豚骨スープ」と
いうジャンルもまだまだ未知数なんだという
ことを思い知らされる。。。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 15件

「五香肉麺 980円」@桂花ラーメン 渋谷センター街店の写真およそ7~8年振りの『桂花』である。

今日は渋谷へ出る用事が有ったので、
現場へ行く前より数多在る渋谷のラーメン店の中で
敢えて此方を狙っていた。懐かしい味だからである。

昔は「ディーディー麺」言われていたこの排骨肉の
乗ったラーメン。今では「五香肉麺」と言うらしい。

だけど、食券渡したら店員は「ディーディー1丁!」
ってオーダー通してたけど。。。笑えた!

懐かしいこの味、この香り。
ほんのりマー油の効いた熊本豚骨の味が懐かし旨い!

生キャベツや茎わかめの太茎の堅い食感がアクセント
であり、排骨肉の柔らかさと香ばしさが交差する…。
薄衣の排骨は以前よりも弱くなったイメージだが旨い。

麺は中太のストレート麺。昔から変わらない。
少し一味を掛けてスープの風味をキュッとさせて完食!

今どきのラーメンと比べると、どうしても古めかしい
印象は否めないが、普遍的に美味しいし此方のラーメン
が後世の豚骨ブームに与えた影響は計り知れない。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件