なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●日本はダジャレ文化!

平均点 81.705点
最終レビュー日 2019年10月16日
2,603 962 23 4,189
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚骨魚介つけ麺(濃厚) 850円」@麺屋 いまむら 浅草橋店の写真14時過ぎ、『くろ喜』の季節限定を狙うも
結構な行列だったので断念。此方へ非難!

此方はこの前店頭を通りがかった時に店内
の工事をしていたので、店が入れ替わるの
かと思っていたが違っていたようだ。。。

4年前に頂いたモノと同じつけ麺を選択!
『冷やしつけ麺』なんてのも発売してたが
汁があまり旨そうじゃなかったので止めた。

若干のボイルオーバーなのか、麺の仕様が
変わったのか、以前食べた麺と少し食感が
違う感じだ。太くムチっとした印象。。。

以前の方がコシがあって艶っぽかった様な。
大盛りの300gは流石にたっぷり有った!

濃厚豚骨魚介味の汁も以前より少し癖が
無くなったようだが、若干のリニューアル
が成されたのかどうかは不明である。。。

麺側に乗った叉焼よりも、汁側に居る短冊
叉焼の方が美味く、この汁はニンニクを
入れない方が最後まで美味しく食べられる。

自分は沢山入れてしまったので後悔した…。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「こく煮節ラーメン(限定)+味玉= 950円」@中華そば 七麺鳥の写真2度目の限定ラーメン!

いつの間にか細麺・太麺を選べるように
なっていたが、前回の印象では細麺が
ベターな印象。今回は敢えて太麺を選択。

それが、結果正解&成程と納得した。。。

前回頂いた同品よりも、今回は如何にも
七麺鳥らしいまったり感のとんこつ風味
が前に出て、各種節系の出汁は少し後ろ
のサポート役に回っている印象だった…。

それにより太麺が好い塩梅でスープに絡
んでメチャ旨い!シャクシャクのみじん
玉ネギと2種の叉焼も豚骨&煮干を見事
にフォローした素晴らしいトッピング!

特に、いつもの豚バラ叉焼のこってり感
とピンク叉焼の肉々しい食感も爽やかで、
満足度の高いラーメンであった。。。

『七麺鳥(御神本)』独特のクリーミーで
円やかな豚骨スープに煮干&魚節が旨味
の後追いするという此方のファンには堪
らない限定となっている。味玉も超良好!

ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 56件

「こく煮節ラーメン(限定)  850円」@中華そば 七麺鳥の写真4月から発売予定の新作限定を、
店主のはからいで一足早く頂けた…!

魚介節と豚骨のダブルスープ。
今更目新しさは無いが、逆に我々の脳裏に
確りと1ジャンルとして認知された味だ!

そんな「豚骨魚介」を何周も廻って造った
『七麺鳥』独自の味の構成が満を持してる。

煮干し・鰹節・鯖節・むろ鯵・昆布・椎茸
等をブレンドした、まさに「コク煮節」な
深い味の出汁に豚骨を合わせた贅沢スープ。

その旨味は本当に七麺鳥らしい印象である。

いつもの七麺鳥炙り叉焼に低温調理叉焼も
ペアリングされ、刻み白玉葱と紫玉葱の
辛味と食感のハーモニー!万能葱の捕捉が
風味の下支えしていて中々楽しい。。。

いつもの美味い細麺!
確りと香り・風味・食感を味えるのである。

甘ったるくないスッキリした節味&豚骨の
旨味が最後まで続き、満足感は高い。。。

「限定」とは言えども、前回の「背脂生姜」
や今回の「豚骨魚介」という新作・創作に
走らないのも『七麺鳥』らしいと思えた…。

既存の平成スタンダードなラーメンを、
敢えて七麺鳥らしく更に美味しくさせて
世に問うた地味ぃ~な主張も此方らしい!?

ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 56件

「味玉つけ麺(300g) 910円」@つけめんTETSU 御徒町ラーメン横丁店の写真寒い日は「つけ麺」が美味い!!
…ってんで、久し振りに此方へ伺った。

『TETSU』でデフォのつけ麺を頂くのは
5年振り以上だと思う。懐かしい。。。

お、まだ健在なんだね!と思わせた此方
の「焼き石」。自分はつけ麺のあつもり
も汁の温め直しも邪道だと思う方なので、
こうした小細工は要らない・・・!

艶やかでコシの強いカネジン食品の太麺。
再会は久々だが、やはり『六厘舎』の麺
とは違う。ライトな豚骨魚介感もである。

今の時期は水道水で〆た麺でもパツンと
していて旨い!甘めの汁と冷えた麺の
温度差が楽しい。この味のコントラスト
が『六厘舎』と此方とで双璧を成した…。

此方は全盛期にスパッとオーナーが変更
し一時クオリティは下がったが、今は
安定して旨さのアベレージを死守してる。

汁側に沈む豚バラ叉焼は肉厚。メンマや
ナルト・味玉の感じも凄く懐かしい。。。

あの一世を風靡したつけ麺ブームの開拓
者である『六厘舎』と『TETSU』!

今や『とみ田』辺りが最終完成形として
認知され落ち着いてしまったようだが、
この少し野暮ったい感じも既に「味」だ。

こうして久し振りに頂くと、唯懐かしい
だけでなく「豚骨魚介つけ麺」の奥は深い。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件
86

「魚介豚骨(改)(限定) 900円」@さんじの写真リニューアル前の懐かしい『さんじ』の
好きだったメニューがこの「魚介豚骨」!

『六厘舎』とか『葵』『青葉』等とは
一味違うパンチ有る味が好きだった。。。

今回の「魚介豚骨(改)」は、
勿論あの頃のダイレクトに美味い出汁感
だけでなく、全体に凄く洗練された今の
『さんじ』のスタイリッシュさが出てた。

懐かしさ半分!新鮮さ半分である!!

いつも大サービスしてくれる海苔が
相変わらずこのスープには合うのだが、
現在定番のレアチャーやウズラ・玉葱が
新鮮な美味しさを演出するのに一役買う。

歯応えある浅草開化楼の細パツン麺。
いつまでも飲んでられるスープの旨味と
安定の魚介豚骨感。昔のような押して
来るパワーだけでなく、引算も美学も!

中々テクニカルなラーメンであった。。。

敢えて分析すればそういう所感になるが、
普通に食べて凄く美味しいのが『さんじ』
である。そのに本当は理屈は要らない…。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 88件

「つけそば 960円」@中華蕎麦 とみ田の写真言わずと知れた『とみ田』。
此方のつけ麺とはおよそ10年振りの対麺!

此方はご存知の通り、店は松戸に在るし、
言っても長蛇の行列覚悟なので中々訪問
するモチベーションが沸かない。。。

そんな時に便利なのが「宅麺」である。
又『とみ田』の商品はいつも安定して
在庫が有るので頼みやすいのである…。

注文後に気付いたが「麺大盛」も別に
販売されているようであった。若干後悔。

しかし、
この(多分並盛)の極太麺は25gも有って、
茹で前の冷凍状態だと少なく見えたが、
茹で後の量はかなりガッツリ有った。。。

説明書には6~8分の麺茹で時間だが、
実際家庭の弱い火力だと10分位は掛かる。
それでも水道水で〆ればシャキッと旨い!

写真は、野菜類と海苔が自前で、麺側に
乗せた豚は鶯谷『七麺鳥』の叉焼である。
汁側の青ネギも自前だった。。。

15分以上湯煎が必要な超濃厚豚骨スープ。
今更ながらの食べ慣れた「豚骨魚介」汁
だが、何だろうこの雑味の無い口当りは。

星の数ほど存在する豚骨魚介スープの中
でも本当に丁寧な仕事で造られている事
が解る。汁中の豚叉焼・メンマも旨い!!

甘口でコク旨。豚と魚介の芳醇な旨味も
さることながら、飽きずにスイスイ食べ
れる風味に研ぎ澄まされた仕事が浮かぶ。

「まろやか」という一言では言い表せな
い深味。後半に一味や刻みニンニク等を
入れても全く芯がブレない強さは凄い!

店のように美しく盛付けする事が出来な
かった全粒粉入り極太麺だが、そのコシ
の強さと小麦の風味も今更ながら旨過ぎ。

もはや完璧に近いこの麺と汁のバランス。
この辺の微妙なころ合いが『六厘舎』や
『TETSU』『風雲児』等と違ってて楽しい。

直ぐに汁が冷めるが、ソレも「つけ麺」
の美味い所であり魅力なのである。。。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「ワンタンラーメン(並)+味玉=850円」@梶原製麺所 三ノ輪橋店の写真此方も初訪の宿題店!

今年1月のオープンみたいだが、
今日店内の券売機を見たところ最初にこの
サイトに登録されたメニューとは全然違う。

なので今回メニュー項目を全て書き換えた。

此方は「ラーメン」と「つけ麺」のみで、
スープも「濃厚魚介豚骨」1本でやっている!

注文したのはラーメン!少々不思議な印象だ。
パッと見は「家系」にも見えるが違うし、
いわゆる「またおま系」の豚骨魚介とも違う。

こってりとトロミのある豚骨醤油スープに、
強い煮干しの風味と香り。一般的な豚骨魚介
の様にニンニクが先ず合いそうにない味だ…。

そしてこの魚介感(煮干し感)は、何と言って
いいのか分からないが、一般的な豚骨スープ
と魚介出汁スープを合わせたWスープ的な一
体感ではなく、後から煮干風味を加えた様な
少し違和感のある味のスープなのである…。

あくまでも自分の主観的な感想であり、
全く自分の勘違いなら申し訳ないけど。。。

麺はストレートの中太麺!弾力ある硬派な麺。
粗切りの白ネギとワカメはそれなりだけど、
此方の叉焼は中々美味い!! 味玉は普通…。

ワンタンは、水餃子っぽいのが4~5個程
入っていた。この100円増しは安いと思える。

全体的には普通に美味しく頂けるラーメン
ではあるが、食べ進むにつれて前記した様な
違和感というか不自然な感じが箸を止める。

やはり煮干風味が強いと、豚骨醤油スープ
にはマッチしないのかも。好き嫌いの問題も
あるかもしれないが、難しい味のスープだ…。

自宅近所の『独眼竜政宗』で食べた「家系+
煮干」のスープは煮干感が差ほど立ってない
事もあってか割と美味しく頂けたのにな。。。

やはり「豚骨&煮干」のバランスの問題か!?

ご馳走様。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「一風堂太つけ麺(大盛)+カレー玉=1070円」@博多一風堂 浅草ROX・3G店の写真久し振りの『一風堂』。
世間がお盆休みに入った中、安心して開店
しているのはこうしたチェーン店である…。

此方では定番の夏季限定つけ麺らしいが、
自分は初めて食べる。一応此方の豚骨汁に
魚介出汁を合わせたスープみたいだ。。。

背脂が入ってこってりしたスープだが、
酸味も効かせてアッサリ感も演出している。

逆に、ココが豚骨魚介のつけ麺としては
少し中途半端な印象を受けた。濃厚そうで
そうでもなく、他店との差別化も目指した
感は伝わるが満足度が低い風味である…!

麺は大盛の400gにしたが流石に腹一杯だ!
此方では珍しい太麺。もちもち感もあるが
正直あまり美味しい麺でもない。。。

バラエティ感が有るのは具材である。
バラ叉焼・ロース叉焼・茹で玉子・青ネギ
・揚玉・海苔。汁の底にも粗切り玉ネギの
シャキシャキ感がある。卓上調味料も豊富。

最初はデフォルトスープで楽しみ、後半は
別注文の「カレー玉」を溶き入れる!
挽肉カレーの練り味噌系トッピングである。

辛くない香り重視のカレー玉だけど、
このつけ汁にはカレー玉を入れた方が旨い!
もっと有っても好いくらいである。。。

辛味が足りないので卓上の辛し高菜を入れ
たり、コク足しに胡麻とかも投入するも、
此方独特のコクアッサリ感で満足度は低し。

やはり此方では普通に豚骨スープの「赤・
白」ラーメンを頂いた方が無難であろう…。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件
82

「つけ麺(300g)  880円」@独眼竜政宗の写真デフォルトの「つけ麺」(麺300g)を頂く…。

煮干し風味の汁かと思えば、オーソドックス
な鶏豚骨魚介スープのつけ麺だった!
濃厚なタイプで鶏白湯のバランスが強めだ。

甘めで中々旨味ある汁。ギリギリ甘ったるく
ないので安定した食べ易さである。
汁側に具は入っていない。。。

300gの麺は中々のボリューム!満腹になった。
此方統一の中太麺は、水で締めるとプニュン
とした感覚が前に出る。具材は刻み海苔・葱・
叉焼・メンマ・ホウレン草という布陣。

刻まれた海苔がありがたく、ホウレン草の
トッピングが意外にも合ってて美味しかった!

この「つけ麺」にも此方得意の「海老辛」が
凄く合いそうだと思った。一般的な豚骨魚介
つけ麺に添える辛味調味料よりも旨いと思う。

ただ「海老辛」トッピング単品で200円もする
ので購入するモチベーションが中々難しい…。

此方は「汁なし煮干」「ラーメン」「つけ麺」
と3種ともテイストが違うのに驚いた。。。

だが、3種共通して調味料である「海老辛」
がバッチリ合うだろう味なのが面白い!
100円だったら必須で付けたいトッピングである。

ご馳走様!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件
87

「魚介豚骨(限定)  850円」@さんじの写真約1年半振りの「魚介豚骨」ラーメン!

リニューアル前の『旧さんじ』のメニュー
では、自分はこの「魚介豚骨」と「スペ」が
気に入っていてよく食べていたものである…。

リニューアル後の『新生さんじ』になってから
飛躍的にスープのクォリティを上げてみせた
店主きんちゃんのノスタルジックな1杯である。

スープは今の『さんじ』の「魚介豚骨」であり、
磨かれて洗練された「魚介豚骨」である。。。

上品で旨味豊かなスープは、良くも悪くも昔の
ような下世話さが無くなり今の『さんじ』の
自信と権威が現れている。特にオイルの使い方
は絶品でありハイクォリティ!文句なく美味い。

昔だったら、後半必ず頼んでいた刻みニンニク
を投入して更に下世話&ジャンクに食べていた
ものだが、このスープにニンニク等は要らない!

それくらいこのままで完成されたスープである。

昔のようにライスが欲しくなったりしないし、
逆に言えば後を引く「クセ」も減少した。。。
ある意味完璧なスープであるが故の弱点かも…。

ウズラ味玉や低温ピンク叉焼・海苔・刻み玉葱
等のいつものトッピング達も違和感無しである。
浅草開化楼の細麺も相変わらずの旨過ぎ加減。

「海苔」はきんちゃんの御好意であろう…。
自分が魚介豚骨を頂く時はいつも海苔が合う!
と言っていたのを覚えていてくれたと思われる。


この「魚介豚骨」により、
「またおま系豚骨魚介」と言われるスープの枠
をまた1歩更新したような清々しい印象である。

今度は逆に、がっつり煮干&豚骨のスープを
味わってみたい気になった。。。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 88件