なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

u25623

女性 - 埼玉県 (1970年生まれ)

20071107
まいど。
ヘラ師です。

20090118
初めて気づいた。。。www。。。

平均点 76.782点
最終レビュー日 2008年5月21日
87 70 0 12
レビュー 店舗 スキ いいね

「本日のサービス品 わかめ麺と3色餃子2ヶ付」@なにやの写真900円。
初訪問。JCOMに出てたので小平方面営業帰りに寄ってみる。駐車場もあり。
かなり食材にこだわりがあるようだ。各材料仕入れ産地の日本地図を店内壁に掲示。また、店の片隅がそんな食材の販売コーナーとなっている。

具が多い。12種類・・・。麺もわかめ混入(?)で緑色。スープも醤油ベースなのだがかなり複雑な奥深い味。油少なめヘルシー系、だがコクはある。野菜のエキスなのかかなり甘みが出ている。

正直初めて食う味であり、なんともコメントし難い。
戸惑い。
美味いっちゃ〜美味い。が、こだわり具が12種類も入っていると、全体的な丼の小宇宙空間が異様にも見える。途中から何を食っているのか分からなくなってきた。贅沢な悩みなんだけどね。
途中口直しに、デカ餃子で調整。

少々個性が強すぎたか・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「辣酢麺(ら〜す〜めん) 大盛」@こだわりラーメン びっくりの写真750円+100円。
初訪問。そこは東京を越境し、埼玉西部ライオンズの本拠地を通過、所沢の奥深いエリアから更に市をまたいだ入間市。周りは茶畑が広がる。新茶と思われる緑鮮やかな葉が眩しい。ひなびた街道沿いにその店はある。特にひっそりしてる訳ではないが、小さい店の為注意が必要。取引先が宮寺にあるという事情さえなければ絶対に行かない店である。

年季の入った狭い店内・(こんな田舎的立地なのに)数人の背広を着た先客・そして豊富な中華的メニューを見れば、この店が既に安定領域に達している店である事が容易に想像できた。
外れは無いだろうと確信すると、変わったものを久々に食べたくなった。で、「激辛ラーメン」に分類されているこのラーメンをオーダーする事に相成った。

まず餡のかかってないギリギリのところの醤油スープから。ん〜〜〜オーソドックスな薄味だが出汁はしっかりしている。美味い。麺は普通の中太。
そしてポイントであるもやしのあんかけ。・・・酸っぱさ・辛さ共予想以上に強烈であった。好きな人は好き!の領域に達している程のインパクト。ボリュームもかなりある。そしてむせた・・・。しかし食べ進めながら醤油スープと混ぜ合わせていくと、いい感じ!。

次回宮寺に行くのは未定ではあるが、次は何を食うかを考える楽しみがひとつ増えた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

「ジャージャーメン」@十番の写真660円。
約20年振り、約100回目の訪問。
mtpさんに釣られた責任を感じつつ、また、午後から新宿で結婚式に出席というグッドタイミング事情も重なり、訪問が実現しました。

あまりタンメンには飢えていない状況もあり、オーダーは行く前から決めてました。
正直、懐かしさが先行しての感情論となってしまう事をお許しください。

かなり味噌ラーメン寄りです・・・しかも、もやし・ニラだけのトッピングと、挽き肉入り特製味噌ダレスープの・・・かなりのB級・単純だが奥の深さを彷彿させる逸品です。

昔と変わってないっす!!、涙・・・。
あまり人に教えたくない地元商店街の店といった風情。

好みでラー油投入してください。
もし腹減ってたら、・・・先入観無しに、純粋な気持ちで、是非、できれば・・・餃子orチャーハンor中華丼と併せてご賞味ください。絶対に満足します!!



4月7日誤字修正

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
66

「油そば(大盛)」@珍々亭の写真700円。
初訪問。11時半前ですんなり入店。壁のメニューを一読してからオーダー。おばちゃん達の愛想・接客共良し。店内9割以上の入りだが、殆ど誰もまだ食してない待ちの状態中。実はあぶら〜を食するのは他店ではあるが、約5年ぶり2度目である。そう、あの忌まわしい事件のせいである・・・。よって、入店時にどんなもんか、人が食している丼を覗き見たかったのだが・・・。まあしょうがない。この店の近所に集金があったのでそのついでの決断であった・・・。
隣の学生さんのあぶら〜が先に出てきた。ん!大量に振りかかっているネギが美味そう!期待大!次に逆隣の学生さんのあぶら〜・・・へ?あの美味そうなネギが乗ってない・・・。何故?・・・。そして自分のもネギは乗ってなかった!涙・・・。そしてネギ学生さんにはスープも出てきたぞ!
・・・予習不足を恥じた。にしてもトッピング情報は壁のメニュー表には書いてないじゃ〜ん!その後、ぞくぞく来店するお客さんのオーダー方法、というかトッピング種類の多さがある事を初めて知ることになったのであった・・・。

で、味。太目の麺はもっちり系で非常に好みであった。丼下からひっくり返して油を麺に絡ませる。茹で上げのホカホカ湯気が立ち昇りホクホクと一気に食せた。そしてお情け程度のネギがチョロリ・・・とご愛嬌・・・。
味はOKである。あの過去の忌まわしい事件も忘れよう!そして次回はネギをトッピングする事を固く誓って、ごちそうさま、清算。

ところが駐車場まで歩いている時、なんだ〜か腹に満足感がない事に気付く・・・。ん〜〜〜やはりのやはり、汁が無かったのである。なんなんだろうな〜。味の満足感はあるのに、この腹6分目感・・・。急激に寂寥感・切なさに襲われた・・・。
次こそは特盛のネギトッピングにしよう!!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 塩 あつもり」@喜奴屋 福生店の写真800円。
福生店は初訪問。400gもちもち麺・脂身側の炙りチャーシュー・デフォ卵・焦がしネギ・梅干し・・・、完璧である。
初めての塩スープであったが、まろやかな若干の甘みと魚介が、それぞれでしゃばらないで融合されている。
仕上げのスープはチャーシュー片が5個追加投入・・・。久々の飲み干し。
ご馳走様でした。

*食券機が自動扉の前にある為、そこで時間的に悩むと扉が開いたり閉まったり・・・。
*本日はバイト君が休みだったらしく、店主(?)一人で切り盛り・・・。あの店の造りじゃ相当きついな・・・。
*一番客だった為、勿論ファーストロットの一番仕上げ・・・ってその後、お客さんが3〜4人入ってきたけど、ありゃ〜何人分の麺を茹でてたんだ?・・・。かなりの量を水洗いしてたな・・・。

以上、*印情報は得点に加味しておりません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
92

「味噌ラーメン」@仁楽の写真680円。
22時半の遅夕食です。二郎小金井に行く気満々でしたが、晩酌してしまい・・・運転不可でこちらへ。
・・・で結果的には、ん〜〜〜かなり良いな〜〜〜、豚骨味噌・・・。
約1年数か月ぶりの仁楽「味噌ラー」をいただきました。濃厚豚骨にコクと甘みを併せ持った味噌、そして引き締め役の一味。またトッピングも大量のアサツキとシャキもやしに海藻、と、見事に対局バランスにて調和の取れたシーソーゲーム状態で完成しています・・・。
写真では味噌である事が正直分らないが、こっちも正直分らないぐらい初めての味、「豚骨味噌」である・・・。
・・・でもうひとつびっくりが麺。なんと記憶とは違う鈴○○製麺の中平じゃな〜〜〜い!!いつ変わったの?・・・完ぺきである。この麺はスープとめちゃ絡むのである・・・。
前にもここのレビューで書いた記憶があるが、「たま○う」よりも好みである事が確定した。

「味」を追求する店の姿勢は評価する。あとは店舗のパフォーマンス次第である。めくれ上がった床、男同士の不器用な接客術は改良点が大幅にある。

ぐるなびのクーポン券使うの忘れた!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

750円。

I酒造でしこたま地ビールを飲んだ後、夜10時前に訪問。本日は昼の東久留米方面に続いて2食目のラーメン。
酔った勢いもあるが、細かいことは気にせず美味い!!。
冷凍餃子は美味・・・くない!!。
独特の魚介系甘味を一味で調整。
250グラム麺も、飲酒後には少々多めであったが、太さ硬さともドストライクでチュルリとたいらげ、スープも割って全部飲み干してしまいました。

これが値段650円だったら94点付ける・・・。
また行く!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒白酢ラーメン」@ラーメンショップ 府中分梅町店の写真650円。
2〜3年ほど前からのメニューです。
おそらく・・・、デフォの豚骨醤油になんらかこだわりの酢と一味を多めにトッピングしたスープである。「酸っぱさ」「辛味」、を刻んだ生たまねぎをふりかける事によって、更に味を生々しくワイルドに仕上げてます。
正直、まとまってない!・・・が、それぞれ尖った特徴の中で、何故か、違ったレベルで「完成」している。不思議に食える・・・。おそらく、これを考えたラーショ関係者もここまで考えていなかったのではないか・・・。

はまると美味い。
但し、初心者はむせます。注意。
面は中細なので、「麺固」を推奨します。この黒白酢は麺よりも、スープをお勧めします。

但し、時間帯による調理師別の腕・タイミング・・・は保証しません・・・、。クルリンパ!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件