なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

u25623

女性 - 埼玉県 (1970年生まれ)

20071107
まいど。
ヘラ師です。

20090118
初めて気づいた。。。www。。。

平均点 76.782点
最終レビュー日 2008年5月21日
87 70 0 12
レビュー 店舗 スキ いいね
82

「燕三条麺」@パワー軒の写真750円。
朝から大雨、こんな日はもしや・・・とラーメン二郎 立川店前まで行くが、約20名の並び・・・で、そのまま通過、パワー軒を目指す事にしました。
店名から想像するイメージ通りのおやっさんと女性のお手伝いが切り盛りしてます。

久々にガツンとくる醤油をいただきました。
スープ表面の大量背脂は確かにウッとくるものがあるが、辛めの醤油ダレ、そして煮干・かつお節風味が濃厚に漂うスープ・・・は力強く強烈であり、単純に脂っぽさを感じるだけではない。一歩間違えれば狂暴的とも感じられるスープだが、辛さ・しょっぱさだけが暴走しないよう多目のタマネギみじん切りがうまく丸めこんでいる。見事にハイレベルな中で完成されたスープでした。
そんなスープにこの太ちぢれ麺も合う!。モッチリ感を無くしたラーメン二郎 府中店の麺固め・・・って感じ。啜ると言うより食う麺である。
チャーシュー3枚・シャキめんま・のり2枚も及第点です。全体的には煮干 丸めの燕三条より好きです。

強いて言えばコストパフォーマンスに不満。しかしこれもご時勢として納得しなければならない問題なのか・・・。悲しい事である。

青梅での仕事を終え、14時半過ぎにラーメン二郎 立川店前を逆から再通過したらやっぱりまだ15人ぐらい並んでた・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「新化中華 普通 野菜ダブル」@東池袋大勝軒 新化勝軒の写真680円。
本日は仕事休み・家族不在の為、チャリで関戸越えです。ここは駐車場が無いため、前回訪問からだいぶブランクが空いてしまいました・・・が、やっぱいいね!。小金井が最近麺量・チャーシュー共、ボリュームダウンしてしまった事を思い出せば、ここの店の存在は嬉しい限りである。

ここ特徴の数種類のパウダーとマヨネーズ、またセルフクラッシュ方式に変わった生にんにく、個人的にはあまり合わないと思うので今回も遠慮。
野菜はキャベツ比率約2割だが、モヤシと併せ熱々シャキシャキ。
肉あんかけは、ちょっと甘めテイスト。
チャーシューはチョイ固め仕立て、肉の旨みを凝縮させたような感じ、歯ごたえもありかなり好き。
そして麺はもっちりつるつる系。

野菜が多い分、テーブルトッピングの醤油ダレ、及び一味で最終スープ調整。
油が若干多く感じたが十分の許容範囲内であった。

まあ、車でもコインPに入れればいいだけなんだけどね・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん 中盛」@らーめんつけめん たつみの写真700円+100円。
若夫婦(?)で切り盛りしてます。旦那の方、麺計量・麺茹で・麺洗い・盛り付け・・・全ての動きが丁寧であり、こだわりがある様。しかし悪く言えば要領が悪く見える。券売機も無い為、カウンター10席のキャパだが、かなり忙しそう。昼時店内満員、皿のストックがあと4〜5枚しかなかったが、その後がどうなったか心配である。
腹減り人はあまり厨房内を観察しないほうが良い。
以上店内感想。

麺は中太平打ちのちじれ麺。腰もあり、卵・小麦の香りはOK。麺だけの採点では80点。

スープ・・・はっきり言って弱いな。
最後に「割り」を頼んだら、残り半分以上を捨て、その上から熱々で割ってくれました。しかしながらその方がインパクトは無くなったが、スープ本来の旨みが余計にうまく引き立った。
要はカエシの醤油ダレになんかしら「弱」くて、奥深くない原因があるように感じられた。
トッピングも値段の割には、これじゃちょっと貧弱かな。特段の工夫は見受けられず。

麺は確かにつけめんには合うが、ん〜〜〜また行く機会があったら次はオーソドックスな汁麺をオーダーしよう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「キノコ入りラーメン」@景信茶屋青木の写真500円。
例えインスタントだろうが、ここまで来ればなんでも美味いっす!
産地不明の名物「なめこ」は結構入ってる。そこに刻み菜の花・柚子のトッピング・・・。

ここまで来ればなんでも美味いっす!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
76

「らーめん 大盛」@榊屋の写真450円+100円
シンプル醤油らーめん。
麺以外のスープ・トッピング、値段以上に満足できます。特にチャーシュー2枚は立派である。
・・・で、その麺・・・値段相応です。細ちぢれですが、食感が今ひとつ悪く安っぽいスナックらーめん(?)風。
大盛は期待以上に量多かった。

・・・にしても、地元のこの老舗がRDB未登録であったとは・・・。
店内・夫婦、いまひとつ雰囲気暗いが、掃除は行き届いているし、店先にかわいい花の鉢なんかを飾ってあるところは奥さんのセンスか・・・?。

今後も末長く値段据置きで頑張ってもらいたい店のひとつである。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「和風ラーメン 並 (正油)」@らーめんらくまるの写真650円。
「Wスープ」「あっさり」のPOPが券売機に貼ってありました。
・・・まさにそのとうりでした・・・。
魚の風味が第一印象、いい感じです。

しかし・・・、

見た目は良いが、冷蔵庫キムコ臭いチャーシューを一口食べた時、悟りました。

麺も一見、手打ち風の中ちぢれ麺、良く魚風味のあっさりスープに絡みます。
それなのに工夫の跡がまるっきり感じられないんです・・・。

所謂、マニュアルで作り上げられたチェーン店の味です。
それにしても良くここまでケミカルを駆使して、味を作り上げるものである。そこは評価する・・・。(悪い意味だけでは無いよ!)。

全てはこのチャーシューがきっかけであった・・・。


店内8席内、5席を陣取って食後もうだうだ居座るどっかの大学のサークルだんじょ・・・、残り3席も埋まっていた為、急きょ、スペースに椅子を用意してくれた店員・・・。
店の評ではないが、まちの評となってしまう。
また、駅近要因もあるのだろうが、商売優先(気持ちは分かるが・・・)、味は二の次、雰囲気・・・が感じられた。


不器用でもいい・・・、プライドを持ってほしい。



4月10日誤字修正

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
69

「ラーメン」@南京亭 国立店の写真514円。
ここに来るのは手作りジャンボ餃子(2個210円)を食う為である。

とはいえ、24時半、店内中華居酒屋状態であったが、酒後の〆のラーメンとしては及第点。あっさり醤油で絶妙の化調加減・・・あれっ、麺、代わったか?。しっかり歯ごたえ、前より良くなったような気がした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
72

「中華そば(大)」@○決の写真700円。
店内、木目調カウンターで清潔感がある。BGMはジャズ。

トリガラスープに若干の煮干し風味、あっさり醤油だがコクがありお上品。
麺は細ちぢれだが食感はしっかりしている。
トッピングはその他、メンマ・なると・ノリ・バラチャーシュー一枚、そしてネギ。
・・・なのだが、ん〜〜〜、全てが及第点といったレベルか・・・。
トータルで充分に旨いのだが、平均的。昨今、ラーメン屋が乱立し、訳の分からないものを提供している店が少なくない中、当たり前の事をしっかりと仕事している「超オーソドックスそば」といったところか。
また前夜のインパクトが強すぎただけに、少々辛口点数とさせてもらいました。

強いて言えば、調理中店主の軽いステップと滑らかな上半身の動き、そして職人的表情が特筆点である。
こういう店が家の近くにあると、安心感つ〜か・・・お気軽感つ〜か・・・、嬉しいもんである。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
91

「つけめん」@三幸の写真新メニューらしいです。750円。
外に5人ほど並んでいる大勝軒を通過して初訪問。

メニューには「最高級小麦を使用しています」のうたい文句。
ツルツルシコシコ・コシの強い自家製細麺、あっさりコク深醤油スープ、ほぼ完璧です。トッピングが単調な分、減点。
女房の食べてた大盛ラーメン(750円)も、途中で奪い取り一口・・・いい!・・・、91点の同点、・・・続けて三口・・・怒り始めた。

「つけ」のスープは汁麺のものより濃い口・たまねぎみじんふりかけ。こっちの方が確かに麺を満喫できるが、スープもかなり良いので軍配では悔しいが両方楽しめる汁麺に上がるか・・・。

正直おかわりして2杯食いたかった。
かなり満足するのでデフォ量じゃ物足りなく感じる。

義経末裔曰く、弁慶ラーメンは小麦高騰の為、封印との事。来月からも30%値上げだと嘆いていた。全般的にメニュー値段は少々高く感じるが、冒頭のうたい文句を思い出せば、十分に納得の一品である。

もっと早く知っとけば・・・、と感じた店である。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ中華麺」@飛田給 大勝軒の写真750円。
初訪問。土曜のお昼、店内ガラガラです・・・!
今日は天気も良く気温も高めですので永福系では初めての「つけ」をいただく事にしました。さすがの大勝軒、券売機にはデフォの中華麺の他に(小)サイズのメニューもあります。また「つけ」の下に「つけざる」のボタンもありましたが、違いは?。

さて麺ですが永福系独特のシコシコ細麺なのですが、水洗いで締める事により、より一層のもっちり感とコシが発生、食感含めなかなかgoo。
スープにはナルト・チャーシュー・メンマが細長く刻まれた状態でトッピング。麺と合わせて非常に食べやすいです。ただし、割合的にはナルトが半分以上です。チャーシュー・メンマは申し訳なさそう程度・・・。ネギもチョロのみ。ちょい不満足。
そしてスープ自体は大してラードは気にならず。かなりSB(?)一味が投入されており、辛め苦手の方にはちょっと辛いか。少々辛味が表立ちすぎており、煮干のいい香りが逆に消されている気がする。
割りは専用ポットで提供。「ちょっとづつ入れてって味見をしながら調整してください」との店主のアドバイスを実行。約3分の2ぐらい足したぐらいが一番良かった。煮干のいい風味が出てきた出てきた!そして飲み干した丼の底には大量の一味が沈殿しておりました・・・。

味的にはまあ80点です。
しかし私はコストパフォーマンスを非常に重要視します。「(小)サイズメニューもあるさすがの大勝軒!」の最初の印象は、食べ終わった時点で見事に崩れ去りました・・・。
こんな少なかったっけ・・・?
飛田給はこれでデフォなのか、それともこのご時勢だからなのか・・・。750円なんだからせめて麺量はこの1.5倍くれ!。
本日の「超腹減ったので大勝軒へ!」作戦は失敗でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件