なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

u25623

女性 - 埼玉県 (1970年生まれ)

20071107
まいど。
ヘラ師です。

20090118
初めて気づいた。。。www。。。

平均点 76.782点
最終レビュー日 2008年5月21日
87 70 0 12
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン 野菜・たまねぎ」@ら〜めん ぽっぽっ屋 本店の写真730円。
約1年半振りの訪問。やはりここも値上げしてたか・・・。

こってり豚骨は汁少な目。野菜コールといってもシャキ感の無いもやしだけなんだけど、汁のギトギト感を抑制してくれている。たまねぎもグッド。太ちぢれ麺も噛み応えがあります。腹持ちはそれなりに良さそう。

しかしながら、今日の再訪問までの空白の1年半、多摩方面で鍛えた我が舌・胃袋は完全に肥えてしまった様である。肝心な量的内容も近辺のビジネス街、客層を見ればこんなもんで充分なのか・・・。ロケーションを考えればしょうがない事だが、コストパフォーマンス含め、もはやインスパイア系と呼ぶには無理がある。

ここはここ・・・で、いいんじゃない?。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン(中)+コーン」@とんとんラーメンの写真600円+100円+クーポン。
久しぶりの訪問です。知っている限りでは、豚骨スープを提供するラーメン屋の中では一番綺麗な店。しかも地元ではかなりの老舗である事を考えれば、常に努力を怠らずに真面目真剣勝負で店を運営しているであろう雰囲気が感じられる。女将の存在が大きいか・・・?。どっしり構えた大将も存在感はある。

スープはラーショをあっさりした感じ。生姜の風味が強い。昨今の濃い目に慣れている舌には物足りなく感じるかもしれないが、決して薄い訳でなく、ベースはしっかりしている。
麺はストレート細麺。ちょい柔らかめ。
またトッピングは値段相応、不満点は特に無し。ボリューム含め全体的にコストパフォーマンスは合格である。コーン用にざるレンゲを付けてくれるのも親切。

あっさりスープだからか後味が良かった。
券売機には各メニューの写真が貼ってある。チャーシューメンも美味そうだったな〜。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
60
このレビューは移転前のものです。

「温野菜ラーメン」@江川亭の写真800円。
約7〜8年振りの訪問。前の東八を運転中、「たまには〜・・・」の精神が偶然にも芽生えてしまった・・・。
約20年前、「小金井ラーメン街道」なる呼び名はなかった。そう、東八もまだ府中途中までだが開通したばかりだった頃、江川亭は近隣では「美味いラーメンを食わせてくれる」評判の店であった。
そう、当時このあぶら〜豚骨は確かに近隣では珍しく、よく行ったのを覚えている。ところが時代の流れは変わり、健康指向・無化調指向、また近隣に、「ラーメン街道」を形成すべく、競合店が乱立し始めるのはおよそ10数年前からか・・・。
そして徐々に足は遠のき始める・・・。

で、今回久々・・・。
ん〜〜〜成長の跡、感じられず。つ〜か、周りは時代に合わせて進化してるのに、なんでこんなに工夫が無いのか・・・。
あぶらっこいだけで変な甘さを感じるスープ、一口飲んで当時を悪い意味で思い出すー・・・。

し・か・も、ラーメン550円だったら69点を付けてたかもしれないが、「温野菜」って、萎びたもやし・ちっこいキャベツ片、お情け程度のニンジン・たまねぎ・木耳の業務用野菜ミックス?(・・・確かに茹でてはいたが・・・)、乗っけて+250円の800円。
「油には野菜!」の期待は見事に裏切られました。残念。

客の目の前でレジの札束を延々と勘定している店員!、集計は閉店後にしろ!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん にんにく野菜」@ラーメン二郎 府中店の写真600円。
食うたびに進化してるな。
たまたま当たりだったのか、はたまた、店主日々精進の成果なのかは・・・?。

シャキテカ野菜のキャベツ比率約6割。
そんな山の南壁と北壁(斜めアングルの写真では片一方側しか見えない)、両側にべったりと張り付いたくずホロぶたの密集地帯・・・。柔らか!。これじゃわざわざ「ぶた入り」は頼まなくても十分。

よくよく見てたら麺の量はそんなに多くはない。しかし何故か食後約1〜2時間後にくる至福の満足感と満腹感。

ん〜〜〜府中二郎は今後どこまで進化していくのか・・・、末恐ろしい・・・が、楽しみである。


重複報告になってしまう為、本日は上程を遠慮しようと思ってたが、上記理由により再報告させていただきます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「ブタ玉子入りザルラーメン にんにく野菜」@ラーメン二郎 府中店の写真900円。
閉店間際の分倍河原QBハウスで3人待ちでまずはスッキリ。その後は本RamenDB未登録店が多々ある中河原方面の調査へ行く予定であった。しかし腹減った・・・。気分変わりマイチャリ号は方向を真逆に向け、府中繁華街方面へ・・・。
国際通りから眺めて並び0。店内待ち6人でした。

夜の客層は昼と違う。時期もあるのだろうが学生が少ない。明らかにオーダーを失敗したかのようにチンタラ食ってる酔客・カップル・マンガ本片手リーマン・・・、昼より回転は遅いか・・・。
一日の激闘疲れを店主の麺粉で汚れた上着が象徴している。もうひと踏ん張りだ!!マスター!!
そんな中、店主娘さんの明るい掛け声の接客は印象良い。両替も店主の対応は相変わらずだが、娘さんは積極的に仕事をこなしてました。今後も是非是非、各方面からの批評・色目に負けず、店の看板娘として頑張っていただきたい。

さてさて、スープは小金井に軍配を上げるが、麺はこっちの太の方が好みである。冷水でキリッと締めてあり、歯ごたえも充分である。また残り3分の1で崩した温泉卵は全体をまろやかに包め込み絶品。ぶたは敢えてのコメント必要無し・・・だが、強いて言えば金額的に考えればもう少し豪快な盛りを望む。

カロリー的にも年齢的にもまず行く事の無い夜の府ジロウに、今夜は好条件諸要因が重なり、久々に訪問を実現する事ができました。グルエースが身体を蝕んでいるような全身のシビレ感を感じながら(???)、本レビューを書いております・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「小つけ麺 麺少なめ」@ラーメン二郎 新小金井街道店の写真800円。
駐車場閉鎖情報に即反応、と思ったが今月末期限だと勘違いしてました。正確には4月末まででした・・・。それにしても行く機会減るな・・・。野猿が増えるな・・・。

「つけ」のトッピング仕上げはロット最後となる為、野菜が無くなってしまったみたい。店主自ら侘び。そしてちょい待ちで茹でたて熱々の野菜特盛が別途運ばれてきました(写真は提供直後の野菜少量時)。

スープ・カネシ・野菜・豚・脂・麺・・・全てのバランスがほぼ完璧である。
本日は深夜会議の為、にんにくも自重。しかし柚子風味が際立ち、全くこれもよろしい。
「麺少なめ」「ノーコール」・・・でさえ、未体験ゾーンに達しているボディーブローの威力は相変わらずハンパではない。。。

歳取ったな〜〜〜トホホ・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 野菜マシ」@ラーメン麺徳 東上野店の写真600円。
本日は恒例の日暮里仕入の日。朝から桃天花のカレーつけモードでありました・・・が、運転を2時間もしてると思いは変わってしまうもんである。新店開拓気分もあり、前々から存在は知っていたこの店に寄る事にしました。

大雨だった事もあり、昼過ぎすんなり座れました。感想は前の方のレビューとほぼ同じです。
このてはどうしても多摩二郎と比較してしまいます。ごめんなさい。麺量はいわゆる多摩〜の「少なめ」「プチ」よりも更に若干少なめ・・・といったところか。断面四角のまあ、これでも太麺の部類に入るとは思うんだけど・・・。一般成人男性にとっては、充分な量ではあります。
一口目、カエシと豚骨の風味が非常に好みであり、期待を持たせてくれるものでした。しかし、5口目ぐらい、野菜の山が崩れ始める頃になると、なんだかシャキもやしだけを食ってるようなウスさ・・・というか、インパクト不足というか、あれっ?、と感じるのです。後は卓上のカエシと一味、残り半分からは粗刻みにんにくで調整させてもらいました。
チャーシューは柔らかいが、縦に裂ける少々筋張ったものでした。これは1枚だけで充分です。

次回行く事があれば「濃いめ・脂少なめ」コールかな・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

「辰醤油らーめん」@らーめん 辰屋の写真700円。
たま〜に行く弦巻のお得意さん。勿論、接客は昼前にアポ取り。自家製中華そば 勢得らーめん陸らーめん 辰屋、どこ行くか直前まで悩む。車は11時20分過ぎ自家製中華そば 勢得前通過、並びなし。続いてらーめん陸、こっちは開店直前、並びは学生風4人のみ。接客終了、11時45分。ん〜〜〜、天気は雨が降ったり止んだり。これから夕方にかけて雨足は強くなる・・・ラジオ情報。慎重なる状況判断・・・、結論、「天気が悪けりゃ、今日はもう仕事は終わりだ!(強引に)」、「・・・ってことはにんにく食うぞ!(すげ〜強引・・・)」。

この店の特徴は男気ある職人はちまき店主である。客の細かな注文取りから調理、後片付け・集金まで、全く無駄のない動きが気持ちいい。
あまり掃除が行き届いてない店内壁床の脂っこさも、良く言えば、男の城の雰囲気。
そんな特徴ある店内とはまるっきり逆に、らーめん陸でも感じた事だが、ラーメンには洗練された格式高いセレブ世田谷のオーラが何故か感じられる。
全てにエグい多摩二郎に慣れ過ぎているせいなのだが、ここの特徴でもあるかつお節のポイントはかなりいいと思う。
多少パサついた豚やあまり特徴無い半卵など、ここのラーメンを評価する要因にはならない。そんな事はどうでもいいのである。

以下憶測含みだが、店主には、らーめん陸の様にお店を掃除してくれる伴侶が必要なのではないか。早く見つかる事を祈る。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「くろ つけ麺 ネギ増し」@まっこうやの写真900円。
23時過ぎ遅夕食。入った瞬間、タバコ煙もうもうのラーメン居酒屋状態。ビールやサワーやおつまみ系のメニューが目立つ。店員の威勢の良い掛け声も、完璧居酒屋である。国立に夜遅く帰り着いた独身サラリーマンの一服場(カウンター)、若しくは3次会の場+ついでに〆(テーブル)・・・といった気配の客層が多い。後ろのテーブル兄ちゃん達は食い終わって煙草一本吸うのに5分以上かけてる・・・。

失敗。

しかしながら登場したつけ麺は見た目、かなりのインパクトがあった。麺はラーメン二郎 府中店に引けを取らない、というか以上である。太い。ついでにメンマもぶっとい。
スープは魚介風味強い超こってり豚骨。ドロドロ。濃い。そしてマー油だか何だか分らないが、大量に浮いている黒油。これがちょっと苦め。さすがのわたくしも、3口目にして嫌悪感が生まれ始める・・・。
なんだか流行りの物は全部混ぜちゃえ!、で出来上がったような逆インパクト、全てのパーツにこだわりの物を使っているのだろうが、出来上がりの一品として見ると、バランス感覚が全く無い。
調理台が一段高くなっており、調理風景が全く見えないのも気になりました。

しかしながら、うどんのような太麺は好みです。麺のみ評価90点。
煙もうもう状態、コストパフォーマンスまで考慮したトータル評価、30点・・・でお願いします。




添付写真忘れの為、修正にて再投稿。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「きゃべつもやしラーメン大盛」@神田ラーメン わいずの写真850円。全てを普通で。
まず麺から。太ストレートで噛み応えも充分。かなり好みの麺である。
スープはこってり濃厚・・・なのだが、かなりしょっぱいか・・・。野菜の上から掛かってるタレは個人的には不要である。
で、その野菜なのだが、このようなスープには必要不可欠!と思えるほど合っていたと感じる。この濃さはライスにもかなり合うラーメンであると直感。

座席は一番奥の寸胴まん前席。しょっちゅうスープが飛んできたよ〜〜〜!店主!。夏だと最悪である。また調理中、ロット内の注文を忘れぬよう呪文のように唱える店員・・・。最初は気にもしなかったが、ガックリ、それでも注文とは違うものを供されちゃいました。トッピングや好みの多さにより、全てを覚えるのも難しいところではあるが、そんなやりとりがあったからこそ、その後ちゃんとやってきたマイラーメンが本当に大盛なのかまでも勘ぐっちゃうんです・・・。家系の大盛ってこんなもんだったっけな〜。量的には不満足。
そしてそれに連動し、多摩地方のコストパフォーマンスに慣れてる者としては、「この内容でこの値段」・・・は、分かっちゃいるのだが・・・、ん〜〜〜・・・???、なのである。

気が向いたらまた行く。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件