なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

fxxkman

男性
平均点 82.107点
最終レビュー日 2019年10月19日
75 61 10 26
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】蟹白湯そば」@麺屋BISQの写真毎週恒例の土日限定メニュー、今週は渡り蟹。

大量の渡り蟹を使い白湯に仕上げているとのこと。非常に味も香りも強く、蟹が前面に出ている。ちょっと塩辛い気もするが、大量の渡り蟹を使っているのであまり気にならない。白湯に仕上げているので粘度はあるが、そこまでドロっとはしていない。

麺は小麦感の強いストレートの細麺で加水率はそんなに高くない。この濃厚なスープにはぴったり。

具材はローストに仕上げた薄切りチャーシュー、青菜と海苔。チャーシューは相変わらず美味しい。青菜と海苔もこの渡り蟹のスープに合っている。

毎度レベルの高い限定を出してくれるので、また来たいと思わされる一杯。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件
80

「中華そば」@麺や食堂の写真レトロな雰囲気の厚木で人気のラーメン屋さん。

見た目は麺も整えられており、非常にきれいにまとめられている。
スープは動物系のスープでまったく雑味はない。油もちょうどよく、あっさりとした印象。

麺はストレートの細麺。自家製麺で加水率は低めでボソッとしている。

具材は鶏と豚のチャーシューが1枚ずつ、太めのメンマ、青ネギ、海苔。鶏チャーシューは味付けはとても薄い。豚チャーシューはしっかり味が付いているので鶏の方は少し残念。太めのメンマは歯ごたえがしっかりしていて味付けも良い。

全体的にバランスの良い王道の中華そば。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鮮魚出汁麺」@鮮魚鶏出汁麺 沢むらの写真以前来た時の味が非常に印象的だったので、また足を伸ばしてしまった。

未食だった鮮魚出汁麺は、鮮魚の出汁が非常に強くいい意味で鮮魚の生臭さも残している。この鮮魚出汁は他になかなかない特筆したスープで、生臭さに関しては焦がしネギと千切りのネギでうまく緩和されている。

麺は中太の平打ち麺でモチモチの食感。

具材は前述した2種類のネギ、鷄チャーシュー、鷄つくね、メンマ。鷄チャーシューは照り焼きになっていてスープと関係なくうまい。この鷄つくねはさっぱりしていてとてもこのスープにマッチしている。メンマは太めのもので食感は若干残していて味もしっかり染みている。

お寿司屋さんならではの鮮魚出汁は独特で、スープも軽く飲み干せる至極の一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「味噌バターミルク」@札幌ラーメン めんくらの写真店の外観は隠れ家イタリアンのようなお洒落さ。移転はあったようだが、20年以上やっている老舗。

THE王道札幌味噌ラーメンといった味噌のスープは七味が効いていてピリッとしている。味噌のコクはあるものの、ミルクはそんなに感じない。バターが溶け込むとコクがさらに増してくる。しかし、パンチに欠けるスープ。

麺は札幌といったらの黄色い中太縮れ麺。この麺が非常にコシが強く美味しい。

具材は茹でた野菜にネギ、チャーシュー、メンマ。野菜は特に味付けはされていない。チャーシューが厚く、食感を残すもので、肉肉しくて食べ応えもあり美味しい。メンマもコリコリで食感がいい。

麺、チャーシュー、メンマが美味しいだけに、もう少しパンチがあればと感じた。そして、一杯1000円は場所の割に少し割高かな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん しいたけ出汁」@創作麺処 スタ★アトの写真なかなか独創的なメニューが多く、注文に迷う。

フォルムはしいたけからは予想のつかない真っ黒さ。しいたけ出汁とうたっている通り香りはしいたけのいい香り。スープは見た目の通り濃いめの塩気で油も多め。だが、香りの強さからも感じられるくらいしいたけの旨味も存分に味わえる。

麺はつけ麺と同じのものかな?加水率は高めで柔らかめにゆで上げられている。かためが好みなので少し残念。

具材が特徴的で、チャーシューは3枚で炙られているもの、ネギに大根の酢漬け。チャーシューは肉肉し方美味しい。好みが分かれそうだが大根の酢漬けの食感と酸っぱさが絶妙。そこの方にはしいたけかけらや溶け込んだチャーシューも見受けられる。

独創的で面白いが、個人的にはしょっぱすぎるのと、麺が柔らかい点が残念。
定期的に限定もやっているのでこれからが楽しみ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「塩らーめん 味付玉子入り」@G麺7の写真上大岡界隈で人気のG麺7グループの総本家。

フォルムはありきたりの塩ラーメンだが、スープは動物系のありそうでない、独特なスープ。鶏皮を揚げたカリカリのアクセントも非常にいい。

麺は自家製の中太ストレート。ツルツルの食感で美味しい。

具材は豚と鶏の2種類のチャーシュー、ナルト、カイワレ、ネギ、メンマ、トッピングで追加した味付玉子。
チャーシューはローストされていて香りも強く肉肉しい。メンマは食感強め。味玉は箸で切ると中から黄身がとろけ出す半熟で味もしっかり染みている。

卓上の特製の酢も非常に合うので、最後まで美味しくいただける。
上大岡を代表する一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「淡麗つけ麺」@麺屋BISQの写真何度も来ているが初のつけ麺を注文。

フォルムは非常に整っていて麺がダシに浸かっていて、最後スープ割りをダシでできるタイプ。
スープは若干酸味?のあるスープで塩気も強いが、淡麗と謳っている通り、粘度は弱めでサラッとしている。油の具合もちょうどよく非常に箸が進む感じ。

麺は平打ちストレートでこの淡麗スープにはぴったり。

具材もローストポーク、のり、穂先メンマなどが麺の器に乗っており、スープには刻みタマネギ、エビの入った肉ワンタンが入っている。
ローストポークは薄切りながらも、そのままで食べてもスープに浸してもうまい。穂先メンマもコリコリの食感が残っていて非常に好みのタイプ。

ダシで最後にスープ割りをして、最後まで楽しめる一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「特製らぁめん(醤油)」@支那蕎麦屋 藤花の写真10時開店となっているが、10時半開店に変更のよう。
さすがの人気で開店時にはもう満席、駐車場も満車。

見た目は正統派の綺麗な支那そば。しかし、スープはとても奥深い味わいで動物系ベース?の醤油の旨味がガツンとくる。油は強くもなく、弱くもなく最高のバランス。

麺は中細ストレート麺で固めにゆであげられている。小麦感が強く感じられるものでとても好みのタイプ。

具材は特製トッピングで鶏チャーシュー、豚チャーシューが2枚ずつ、味玉、穂先メンマ、白髪ねぎ、青ネギ、刻み紫タマネギ、青菜と豊富なラインナップ。
この具材が非常にレベルが高いと感じた。鶏チャーシューはハーブ鶏で香りが非常に強い。燻製の豚チャーシューは燻製の香りと深い味わい。味玉は火がしっかりめに通っているタイプでしっかり味が染みているが優しい味わい。穂先メンマは柔らかめ。青菜もこのラーメンにはぴったり。他の刻まれたネギ等は、白髪ねぎはしっかり細く均等に、青ネギと紫タマネギはかなり細かめに刻まれており、店主さんの仕事の細かさが伺える。

非常に店主さんのこだわりが存分に感じられ、洗練された一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】味噌とあさり」@創作麺処 スタ★アトの写真創作系ラーメンのメニューが豊富でずっと気になっていたお店。
限定メニューに目を引かれ味噌とあさりを注文。
スープはあさりの味噌汁のような感じを想像していたが、全く違う。コクのあるまろやかな粘度のある味噌スープの中にあさりのダシがしっかりと感じられる。
食べ進めていくうちにスライスレモンから出るレモン果汁が口当たりをさっぱりとさせてくれるのでしつこくならない。
麺は細めで黒い粉末が練りこんであるようで黒胡椒なのかな?
具材は歯ごたえもあり肉肉しさをかんじられる鳥と豚のチャーシューが2枚ずつ、きのこ、ネギとカイワレ。個人的にきのこがダメなのでメンマが良かったとは思うが、そこはあくまで個人的感想。
あさりと味噌はやはり裏切らないと感じさせられる一杯。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌ラーメン 並」@味の味噌一の写真朝から開店してる平塚の老舗の味噌ラーメン屋さん。券売機が新しくなり、麺の硬さや味の濃さを調節可能。
スープは甘めな合わせ味噌?のような味わい。油分も弱くサラッとしていて飲みやすい。濃さは普通で注文したが、自分はこのくらいの濃さでちょうどいい。
麺は中太縮れ麺。コシがとても強く、固めで注文したのでさらに食べ応えもUP。ただ、このスープだと、麺の方が強く主張してしまう気も。
具材は角煮チャーシュー、わかめ、ネギ、メンマ。角煮チャーシューは角煮としてそのまま美味しい。わかめとネギも味噌汁と同じで、このスープには合う。メンマは太めで歯ごたえもしっかり残している。
地元で長年愛されている一杯。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件