なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

м。

男性
平均点 83.905点
最終レビュー日 2019年8月30日
21 20 0 44
レビュー 店舗 スキ いいね
80

「特製平子煮干そば」@新橋 纏の写真■特製平子煮干そば1000円

行列店とのことで勇んで開店10分前に着くとまさかのポールポジション。でしたが、開店17時半には満席&待ちありに。やはり人気店。

スープは塩味の加減が適度でえぐみなし。煮干しのパンチはそれほどなく、にぼラーには物足りないかもしれない。中細ストレート麺は気持ち固めの茹で具合。量はデフォ150gで、大盛は+150円と割高感。
具材で最も印象に残ったのは煮卵で激旨。またロースの焼豚はででんと5枚、柔らかく、味付けもしっかりとしていて◎。焼豚の下に隠れた穂先メンマのシャキシャキ感や、三つ葉のアクセントもよろし。

と、、総じてバランスのとれた一杯ですが、トータル値段相応といった感じ。つけ麺や、烏賊干鶏白湯そばなるものも食さないと百名店たるゆえんの最終ジャッジは難しそうです。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「東京駅ラーメン」@東京駅 斑鳩の写真■東京駅らー麺 1000円

東京ラーメンストリートの一角。平日14時頃の訪問で待ちなし、店内ほぼ満席。
デフォ780円に足されているのは味玉、穂先メンマ大、薄めの焼豚1枚。麺量は140gとやや少なめでトータルの割高感は否めない。豚骨と魚介がマイルドブレンドされたスープはとろとろ系。素材の旨味が感じられる一杯でよろし。
ただ本店と比べてしまうとどうしても。この手の店の宿命ですね。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「ラーメン(辛)」@麺屋 味方の写真■ラーメン(辛) 800円・普通200g

真冬平日夜、外待ち6人に接続。回転遅く入店までは25分。20時過ぎ、後続5人並んだところで麺切れのためクローズ。

着席2分後コール申請、カラメ以外全部で。花椒・唐辛子の辛さや、ベースの醤油たれを飲み込む超オイリーな辣油汁は見た目に反して辛さ控えめ。動物系のコクも弱めだが、かすかな酸味が食を進める。
豚はさすがの存在感と神クオリティ。足したかったけど、豚増しのボタンがない。前は増せたと思うのだけども無念。

トータル美味しくいただきましたが、ノーマル、汁なし、辛味、と試してきた結論。ここはやはり汁なしが◎。2019年より100円の値上がりも、もとが安すぎたので無問題。また行きます、ごちそう様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「すごい煮干しラーメン」@すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館の写真■すごい煮干しラーメン890円
極寒の冬、平日16時頃待ち人1人。

ニボニボ界では随一の凪。スープ1杯に使う煮干しは50gとのこと。濃厚甘めで煮干しの旨みが強烈だがエグみはなし。油たっぷりこってりな仕上がりなので中毒性は高め。

もちもちでコシの強い麺、ざく切りネギと脂身が少ないレアチャーも力強いスープと相性抜群。中太麺と幅広平打ち麺の2種類を同時に楽しめる点や辛味調整できるのも◎。

体に悪いと知りつつも美味しくて一滴残さず完飲完食。凪はたくさん店舗があるけどやっぱり本店がベストです。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉塩そば(細麺)+焼売」@饗 くろ㐂の写真■味玉塩そば(細麺)1100円+焼売
開店20分前で11名待ち、期待値up。

煮干し・昆布・鯖節に貝出汁の厳選和出汁無化調スープは素材の旨味がふわっと漂う上品な味わい。ただスープが麺量に比べて少ない。麺は小麦強めでそばっぽいぼそぼそ食感。つるしこ好きにはいまいち。
サイドの焼売も噂通りとても美味でお酒とともにいただきたいが、個人的にラーメン屋に求めるものではないかな。

前情報でハードルがあがりすぎたのか、感想は一杯1000円相当それなり。具材へのこだわりも納得の品質と味だが、そもラーメンに上品さや高級感を求めてないのでトータルは…うーむ。

ただ、冷やしカレーなどの変則メニューはとても美味しそうだったのでもう一度挑戦したい。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「和風柚子柳麺」@麺屋ひょっとこの写真■和風柚子柳麺730円

平日16時半、4人待ちに連結したところすぐに後続5人という人気ぶり。

味付け濃いめの太角シナチクと厚めの焼豚とが、洗練されたスープにベストマッチ。柚子の存在感は控えめで、その分、三つ葉の風味がいいアクセントに。デフォで半味玉入りなのもうれしい。
ただ見た目の割には塩分が強く、噂ほどのさっぱり感やあっさり感は正直ない。が、美味しさと見た目のライトさからついつい一滴も残さずfin.ごちそうさまでた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「ラーメン」@麺屋 味方の写真◼️ラーメン 700円 (麺量普通200g)
コール【ヤサイ・アブラ・ニンニク】
平日1810着、行列9名、入店着丼1900。回転の悪さは店主の人柄でカバー。

焦がし風味が漂う非乳化スープは、黒醤油の主張が強く動物系のコクは弱い。油膜が厚く張るため最後までアツアツだけど、その分途中から飲むのがキツくなる。

歯ごたえのある太固ワシ麺はコール次第で上限なしとのこと。厚切2枚(1枚は炙り)の焼豚は秀逸。味・食感・量パーフェクトです。次は豚増し確定。

いわゆる標準のJ系とは別物の印象でしたが、まぜそばがとてもキニナル。空腹時にまた来ましょう。ごちそうさまでさた!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
76

「ポン酢」@のスた 凛本店の写真◼️ポン酢 900円
コール制度なし(にんにくのみ聞かれる)

大井町の二郎インスパイア。平日18時半訪問、先客2名のみ。期間限定細麺塩は今回はずれ。メニューは醤油・ポン酢・カレーの3択。

ポン酢×二郎系は酸味が新鮮でおもしろい味に。美味しいが、ポン酢の主張が強烈&ベースの醤油も強めでしょっぱさかなり。途中から飽きがきてしまった。
豚は埋まってる2枚+くずれ。ヤサイはキャベツが結構入ってて○。

この手の店でデフォ(コール不可)900円は高めな印象。いろいろ店の独自ルールが書かれた貼り紙もあり、加えて接客オペ面は某二郎レベルの微妙さ。なお食べてる途中19時前にさくっと閉店。

噂の細麺塩を食べないと真価は分からず。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺」@ラーメン盛太郎の写真◼️チャーシュー麺(普通盛) 780円
コール【ヤサイ・アブラ・ニンニク】

神田の二郎インスパイア系。平日20時訪問、空席2。

名前の通りなかなかの盛り具合。麺(普通285g)は少し平ための太麺、半分で味玉がサービスになるらしい。豚は量・味付けともに◎。

スープは微乳化でJ系にしてはとてもライト。美味しいけれど、コク・パンチともにどこか物足りなさを感じる。途中からは卓上の唐辛子、カエシで要調整。
無料の刻み玉ねぎや、水ではなく黒烏龍(ただのお茶に感じたけども)などの細かなサービスは嬉しいポイント。トータルCPは最上クラスです。

席間隔が非常に狭く窮屈なので、混んでないときを狙って麺半分でまた訪問します。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「青島チャーシュー」@青島食堂 秋葉原店の写真◼️青島チャーシュー950円+茹でホウレン草50円

二月冷たい小雨降る夕方5時頃。超人気行列店とのことですが、待ち人店内に2名…これは神タイミングと迷わず初訪問。

生姜の風味が香るコク旨しょう油スープに、ツルシコ感が際立つ中太麺と脂の甘味たっぷり柔らかバラ切り焼豚が、シナチク・ホウレン草の名脇役ととともにトータルベストマッチ。
トッピングは基本50円で、気軽にちょい足しできるのも◎。

少ししょっぱいかな~、と思いつつも気づけばあっさり完飲。グレートですよ~こいつわぁ。

行列納得。リピ確率120%。ごちそうさます。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件