なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

м。

男性
平均点 84.100点
最終レビュー日 2019年2月17日
20 19 0 42
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製極濃煮干しつけ麺」@煮干しつけ麺 宮元の写真■特製極濃煮干しつけ麺1100円+中盛り60円 300g

平日18時すぎ、運よく待ちなしで入店。
どろどろ系の濃厚つけ汁。がっつりと煮干しが口に広がる中、動物系の深みと甘みがずしりと響く。塩分・中毒性ともに高めで、にぼラーにはたまらない極強の味。
もちもち中太ストレート麺は小麦の風味と味わいが適度に感じられて、喉越しもよく麺だけで食べても美味。

豚は炙りバラとロースの2種。ともに噛み切るのが大変だった。ほろ肉トロ肉好きからするといまいちだが、ここは好みが別れると思われる。
ややお高いですが値段に見合う一杯に満足。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉増しまぜそば醤油」@麺処 MAZERUの写真■肉増しまぜそば並(200g) 950円
コール【ヤサイ・アブラ・ニンニク・チーズ】

平日14時半、待ち列4人に接続。
肉4.5枚&アブラによりいかつい仕上がりになってるが、食すと見た目ほどのパンチはなく、かるめの味つけ。コクも弱めで、卵黄とチーズが絡まるとマイルドさが際立ち、J系ならではのジャンク感や中毒性への期待はいい意味で裏切られる。
ガシガシの極太麺はほどよいコシがあり、小麦の風味を楽しめて◎。脂身が多めのやわらか豚も美味。+200円でこの増量はコスパ優良と思う。

難点は窮屈すぎる店内とわちゃわちゃしたBGM。左右と音を気にせずもう少しゆったり食べたい。在店中は塩の方がよく出ていました。また食べにきます。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「東京駅ラーメン」@東京駅 斑鳩の写真■東京駅らー麺 1000円

東京ラーメンストリートの一角。平日14時頃の訪問で待ちなし、店内ほぼ満席。
デフォ780円に足されているのは味玉、穂先メンマ大、薄めの焼豚1枚。麺量は140gとやや少なめでトータルの割高感は否めない。豚骨と魚介がマイルドブレンドされたスープはとろとろ系。素材の旨味が感じられる一杯でよろし。
ただ本店と比べてしまうとどうしても。この手の店の宿命ですね。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「ラーメン(辛)」@麺屋 味方の写真■ラーメン(辛) 800円・普通200g

真冬平日夜、外待ち6人に接続。回転遅く入店までは25分。20時過ぎ、後続5人並んだところで麺切れのためクローズ。

着席2分後コール申請、カラメ以外全部で。花椒・唐辛子の辛さや、ベースの醤油たれを飲み込む超オイリーな辣油汁は見た目に反して辛さ控えめ。動物系のコクも弱めだが、かすかな酸味が食を進める。
豚はさすがの存在感と神クオリティ。足したかったけど、豚増しのボタンがない。前は増せたと思うのだけども無念。

トータル美味しくいただきましたが、ノーマル、汁なし、辛味、と試してきた結論。ここはやはり汁なしが◎。2019年より100円の値上がりも、もとが安すぎたので無問題。また行きます、ごちそう様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「すごい煮干しラーメン」@すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館の写真■すごい煮干しラーメン890円
極寒の冬、平日16時頃待ち人1人。

ニボニボ界では随一の凪。スープ1杯に使う煮干しは50gとのこと。濃厚甘めで煮干しの旨みが強烈だがエグみはなし。油たっぷりこってりな仕上がりなので中毒性は高め。

もちもちでコシの強い麺、ざく切りネギと脂身が少ないレアチャーも力強いスープと相性抜群。中太麺と幅広平打ち麺の2種類を同時に楽しめる点や辛味調整できるのも◎。

体に悪いと知りつつも美味しくて一滴残さず完飲完食。凪はたくさん店舗があるけどやっぱり本店がベストです。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉塩そば(細麺)+焼売」@饗 くろ㐂の写真■味玉塩そば(細麺)1100円+焼売
開店20分前で11名待ち、期待値up。

煮干し・昆布・鯖節に貝出汁の厳選和出汁無化調スープは素材の旨味がふわっと漂う上品な味わい。ただスープが麺量に比べて少ない。麺は小麦強めでそばっぽいぼそぼそ食感。つるしこ好きにはいまいち。
サイドの焼売も噂通りとても美味でお酒とともにいただきたいが、個人的にラーメン屋に求めるものではないかな。

前情報でハードルがあがりすぎたのか、感想は一杯1000円相当それなり。具材へのこだわりも納得の品質と味だが、そもラーメンに上品さや高級感を求めてないのでトータルは…うーむ。

ただ、冷やしカレーなどの変則メニューはとても美味しそうだったのでもう一度挑戦したい。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏と魚介の特製つけ麺」@つけ麺 たけもとの写真■鶏と魚介の特製つけ麺 1100円

土曜日13時頃訪問。待ち人6人。

鶏白湯と魚介のWスープはとろとろ濃厚。
甘味を感じるもくどさはなく、つるつる中太ストレート麺とよく合い美味。低温調理された豚・鶏ローストビーフ風のお肉はこの手のダシとマッチング◎。

卓上の黒胡椒・カレー塩・野菜酢らはいいアクセントに。途中焼き石でつけ汁を温められたり、割りスープに薬味を入れてたりするのはとても嬉しい。
総じて味は満足。唯一の弱点はコスパかな。

軍鶏そばや煮干しそばも評判がよさそうです。次はそちらを食べにこよう。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉つけ麺(鶏ベース)」@麺屋 和利道 waritoの写真■味玉つけ麺(鶏ベース)900円+辛味50円

土曜14時頃訪問、店内6名待ちなし。

少し甘めのつけだれは濃厚さの中にある動物系と魚介系のバランスが絶妙。コシが強い中太ストレート麺は、200g・250g・300gから同料金で選べて◎。
途中、別皿注文の辛味や卓上の揚げネギを絡めて味変を楽しみつつ、TETSU系列ならではの焼石も入れ、温かいつけ汁のままラストは割スープで完飲完食。

個人的に濃厚動物魚介系の中でも1・2を争うお気に入り店。オペも丁寧です。豚ベースやまぜそばを食べにまた行きます。ごちそうさまでしあ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
89

「味玉朝つけ麺」@六厘舎の写真■味玉朝つけ麺 730円

平日9時頃、並び2名。朝タイムは7時半~9時半。

濃厚魚介豚骨といえばやはりここ。グンバツの安定感。
朝は魚介を強めにあっさりと仕上げてるとのことですが、個人的にはむしろこちらのバランスの方が好み。小麦香るもちもち太麺も極旨で、朝のため控えめな量も調度よい。
途中、黒七見とゆず粉をふりつついただき、最後は割りスープで完飲。納得の一杯。

並びも少ないようだし、今後六里は朝を狙うことになりそうです。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華せいろ」@銀座 いし井 五反田店の写真■せいろ880円+大盛120円=1000円
平日19時半、待ちなし。

トロトロつけ汁はよく麺とからみ、魚介系の出汁が控えめな分、鶏のうまみが濃厚に感じられて美味。途中添えられたスダチと黒七見でサッパリ味変、飽きずに食べられる。
具材も含め高クオリティのつけ汁に対して、残念なのはもちもち感よりもベチャっと感が強い麺。ヌルヌルしていてコシもない。つけ麺で大盛が有料というのもコスパの悪さが際立ちます。
次は中華そばかな。。ごちそうさまてした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件