なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

至高の旅

レベル2
男性 - 北海道

主に麺の旅人。時に飯の旅人。

平均点 92.167点
最終レビュー日 2019年5月1日
6 6 0 4
レビュー 店舗 スキ いいね

「担々麺1000円(辛口)・半ライス100円」@赤坂飯店 パレスサイドビル店の写真麺の旅 竹橋編
赤坂飯店 パレスサイドビル店

東西線竹橋駅直結。
この界隈のサラリーマンにとってソウルフードである担々麺を食しに訪麺。
昔は良く同僚と食べたっけ。
担々麺1000円に小ライス100円をオーダー。
コールは辛口で。
中華料理屋の本格的担々麺。
あっさり目の牛骨スープに芝麻醤(ゴマだれ)が合わさり、ラー油で締めている。
麺は平打ちの中華麺でモチモチした食感。
太めだがスープを良く拾う。
絶妙なバランス。
最後はライスインで完食!
やはり旨し!
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺1000円・半ライス100円」@赤坂飯店 本店の写真麺の旅 赤坂編
赤坂飯店 本店

東京メトロ銀座線赤坂見附駅から徒歩1分。
安部総理が会食等で使っているとかで評判だが、サラリーマンも御用達の中華料理店に仕事帰りの訪麺。
駅チカのビルに2フロアの人気店。
夜は皆で宴会の客が多いが、私はいつものヤツを。
担々麺1000円に半ライス100円。
この夕陽のような色のスープがたまらない。
牛骨ベースのスープにゴマだれとラー油、挽き肉の旨味が絶妙なハーモニーを奏でる。
麺は八幡製麺所の平打ち中太麺。
濃厚スープにはこのくらいの太さが丁度よい❗
そしていつも通りライス投入で完食。
私の中ではここのが担々麺部門では一、二を争いますです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン」@けやき すすきの本店の写真麺の旅 札幌-すすきの 南6西3編
にとりのけやき すすきの本店

先日の深酒後に〆の訪麺は、ちょうど創業20年を迎える名店へ。
札幌市内にある経営母体が異なるけやきを名乗る店との差別化を図るため、親戚が「ニトリ」の経営者ということもあり、数年前から「にとりのけやき」に改名している。
深夜1:30、行列が無いため中を覗くと先客3名。券売機にて味噌ラーメン870円、ライス160円をチョイス。
5分程で着麺す。
豚骨と放し飼いにこだわった新潟地鶏、野菜を寸胴で10時間煮込むというスープは、見るからにラード層が厚く濃厚な味噌ラーメン。
さがみ屋製麺の中太玉子ちぢれ麺はツルツルの麺で程よくこのスープを拾う。
チャーシューはないが、ひき肉としゃきしゃきした野菜が鍋で味噌と和えられており、十分な満足感をもたらす。
煮込みすぎず丁寧に灰汁を取っているというスープは、濃厚かつ鮮烈な風味を纏い、ライスと合わさることにより、一層の至福を得ることができる。
http://www.sapporo-keyaki.jp/about.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン(醤油)」@蒲田ラーメン K家 蒲田本店の写真麺の旅 蒲田西口編
蒲田ラーメン K家 蒲田本店

週末の明け方に〆ラーメンを求めて行って来ました!
8月オープンの地域最安値を掲げるお店。
カウンターのみだが、14人以上のキャパがある。
券売機にて味玉ラーメン590円、瓶ビール560円をチョイス。
塩か醤油を選べるが、今回は醤油。
デフォルトラーメンは490円!
無化調にこだわった健康に考慮したというラーメンは、野菜、昆布、豚骨の出汁を丁寧に抽出したスープに、丸山製麺の中太麺がマッチする。
豚トロチャーシューはまたいい仕上がり!
味玉は味付け薄めだが、スープがいいのでちょうどいいかもしれない!
総じて旨いし、高コスパである!
気になったのは、券売機にドン・ペリニヨン30000円、モエシャン12000円など、シャンパンがあったこと(笑)
せい家などコスパが高い店に勝負を挑む姿勢や天晴れ。
ご馳走様です(^o^)

K家
https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13224299/dtlmenu/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「櫻島ラーメン」@ラーメン櫻島 本店の写真麺の旅 札幌-西野編
鹿児島ラーメン 櫻島本店

市営地下鉄東西線発寒南駅から徒歩10分ほど。
札幌ラーメンの本場に鹿児島ラーメンで勝負し続ける老舗。
西区福井に創業1994年。後に現在の場所へ移転。
豚骨ベースだが野菜と節系をふんだんに煮込んだスープは博多系とは非なる淡麗な要素も入った、進化系九州ラーメンである。
今は札幌に三店舗を構える。
櫻島ラーメン 880円
煮豚カレーライス(小) 350円
2点チョイス。
迫力ある三種の豚が食欲をそそる。
ひとつは焦がし角煮。
パリパリの表面に肉汁滴る食感は至福。
カレーも角煮が入っており、350円はコスパ良し。
マスターは60代だが、明らかにここ数年でレベルアップしている。
ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 醤油」@横浜家系ラーメン 精一杯の写真横浜市営地下鉄ブルーライン 阪東橋か伊勢佐木長者町から徒歩3分程の名店へ先日の訪麺は深夜2時。
基本的に朝まで営業している。
入れ替わりが激しいエリアで開業6年目は立派。
券売機にてラーメン醤油650円をチョイス。
にぎわう店内は1席のみ空きありで待ち無し。
3分程で着麺す。
看板には家系とあるが、壱系っぽさはあるものの全くのオリジナル。
家系と九州系のミックスとも言うべきか?
家系が持つ脂とアクの強さと九州とんこつのクリーミーなスープの融合。
丸山製麺の中太縮れ麺は程よくスープを拾い、良い相性だ。
650円のデフォルトでウズラと玉子入りも嬉しい。
コスパよし。
最強とんこつラーメンと謳うだけあり、創意工夫とサービス精神があるお店。
11:00~6:00迄の営業、大変かもしれませんが引き続き頑張って下さい!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件