なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

じゃい(停滞中)

男性 - 千葉県

主に東葛エリア中心に食べに行きます。今回の大震災に対し、犠牲者の方には心よりご冥福を申し上げます。被災者の方々にもお見舞い申し上げます。しばらくの間更新ならびにコメント返信が遅くなることがありますのでご了承ください。

平均点 77.164点
最終レビュー日 2019年10月14日
2,520 1,230 7 12,233
レビュー 店舗 スキ いいね

「ネギチャーシューメン(5枚)(1030円)」@家系ラーメン 王道家の写真(備忘録でかつだいぶ前のものにつきあしからず)

2018/2/2、夜訪問。
ひょんなことから職場の上司がこちらに連れていって下さるとのことで一緒に行くことに~。
場所が変わっても人気は健在のようで、外待ちはないが、中待ちが絶えず続く状況~。回転もスムーズで、さほど待つことなく券売機までたどり着いた~。
今回はあまりやったことのないものにしてみようと思って表題に餃子セット(150円)を購入~。案内されたテーブル席に腰おろしした後にやってきたスタッフに食券を渡して全て普通にと願い出るm(__)m。
上司と歓談しながら待っていたところに厨房側より続々とお届け~。

[券売機] http://photozou.jp/photo/show/1771915/254076101
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/254076121
[餃子] https://gyouzadb.supleks.jp/review/1123691.html

細かいことは沢山の方々が書かれているのでそちらで~。
トッピングはネギだけ別皿で、三種から選べるとのことだったので、和風を選択。上司が胡麻油で合えた感じという言葉が当てはまるもので、これだけでもいいつまみになる感じで頂ける。のりは5枚くらいあって海苔巻き~。ほうれん草はいいくたりかたで、量もあっていい。お肉は5枚で程よい柔らかさで、ここらしいうまさ健在。

スープは家系らしさのあるスープ。豚骨醤油なのは言うまでもないが、しょっぱさは抑えられ旨味が結構出ていたのには驚き!油の効果もいいもの!

麺は家系らしく長さ短めの卵麺?自家製麺のものはコシはちょうどよい。のど越しはスムーズ。絡み吸いつきはうまく拾っている。麺量は150gくらいか。適量である。しっかりスープに合わせているものという印象。

移転して初めてきたが、なんだかうまくなっているなあと実感した。日々の研究によるものか。さすがに店主はお店にいることはあまりいないようだが、弟子たちがしっかり守っているという感じ。これからもうまくやっていってほしいものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚そば(750円)」@茨城豚そば 特龍本店の写真8/26、2杯目!
本店オープンの報を受けこちらへ!
やはりファンの方が押し寄せて来ているのに加え、近くには今年の高校野球茨城県代表の霞ヶ浦高校高校があり、その学生が男女問わずもの珍しさに来ていた!ちょっと並んでいたところにスタッフがやって来て先に食券を買うに促され店内へ。入って左手にある券売機に向かい、メニューを閲覧(*・ω・)
まだオープンしたてということで制限されていたので、表題を購入。その後列に舞い戻り~。途中で女史の方がチケット回収に。その際無料コールの確認があったが、全て普通でお願いした。退く時は退くもので、準備が整ったところで店内昇格。案内された席に腰おろし~。そうすると…。この時は浅野総帥自らがほぼワンオペの状態でせわしく調理などと格闘していた。
折を見ては話しかけていただける総帥と歓談しながら待っていたところに女史よりお届け~

[御祝①] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262912060
[御祝②] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262912072
[御祝③] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262912074
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262912078

細かいことはもうたくさんの方々が書かれているのでそちらで~
トッピングは卵は完熟である意味落ち着く。鶉も同様。野菜はいいくたり具合で個人的には適量。にんにくは普通にしたが、ちょっと少なめにしておけばよかったかなという量。がっつし効いて・・・。脂は背徳のうまさ~。お肉は脂ものっていて、たれのしみ込みもうまくてこちらも背徳のうまさ~

スープはこの時は水戸よりはだいぶ落ち着いた感じの、意外にしつこくないものだった。この時は試行錯誤の時で、方向性を決めかねていたときだったのでこうなったんだとか。ヘビーでなかった分いただきやすかったのは助かった。とはいえ、一般の方からすればこれでもヘビーか。

麺はいい感じのデロ具合。こしはちょうどよい感じで、のど越しはスムーズなのがよい。絡み吸いつきもいい乗り具合。麺量は適量。いいマッチングの物という感じだった。

総帥が作った分納得のものだったかなと。前述したようにこの時はまだ試行錯誤だった分迷いがあるかなというのはどうしても感じた。この辺は今はある程度固まっただろうか。場所が場所だけにターゲットは限られるが、しっかり根付いていろいろ軌道に乗ってほしいものだ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「【夏季限定】冷やし鶏中華そば 750円」@水戸中華そば むじゃき食堂の写真6/15、2杯目。
せっかく水戸まで来たのだからもうちょっと行きたいなあということで、お邪魔出来ていなかったこちらに行ってみた~
古風な感じのまさしく昭和を感じさせる造り。以前は券売機があったようだが、今はレジでの後会計になっている。店員のお姉ちゃんに案内されたカウンター席に腰おろしした後にメニューを閲覧( ・ω・)
何か色々気になってしまったので、冷えるけど表題とからあげセット(200円)をご飯抜きでお願いして、その代わり味玉がつけられるとのことだったので、それはありがたくお願いした。そしてむじゃき餃子(五個)(320円)も注文~
あっという間にお客が押し寄せ満席になり、外待ちまで発生する盛況ぶりなどを眺めていたところにお届け(^^)

[案内①] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262015739
[案内②] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262015745
[から揚げ] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262015769
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262015748
[餃子] https://gyouzadb.supleks.jp/review/1242212.html

細かいことは先人の方が書かれている通り~
トッピングは中央に鎮座するなるとはらしさがあってよし!メンマは昔懐かしの良さ?ほうれん草は彩と懐かしさ演出?散りばめられたネギと白胡麻は風味など効果的。お肉はしつこすぎず、薄めカットではあるが程よい味わいで悪くない。味玉は味の染み込みに黄身のトロリ具合などよい。

スープは文字通りキンキンに冷えた鶏の醤油。これだけ冷えていながらもしっかり鶏の旨味や醤油の感じを演出しているのはさすが!それでもって油も固まらずにあるのは融点が低いものを使用しているから?香ばしさもあり、なかなかいいもの。

麺はストレートの中細麺?〆られている分こしはしっかりしていてよし!のど越しはスムーズ。絡み吸い付きはイイのり~。麺量は適量。風味は小麦の感じがしっかり出ていてよいかなと。

食べるにはこの時の環境は暑くなかった分あれだったが、冷やしを緩めることなくしっかり冷やしを満悦できたのはよかったかなと。また、変にしつこすぎなかった分頂きやすさもあってよかった。色々ご配慮もいただけたのはありがたいこと。夏真っ盛りの今いただいておくべきものだろう!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「海老油そば 750円」@四代目むじゃきの写真7/12、2杯目!
海老塩をいただいた後、もう海老に口は侵食されているからもう一ちょいってしまえと表題を注文。
ひっきりなしにやってくるお客に改めてこちらのブランドの人気の高さを実感していたところにお届け~

[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262336000

トッピングは先ほどとだいたい一緒。中央のなるとは愛嬌。メンマは大量。ちょっと多いかな?ネギはまあこれくらいはほしい。薬味として効果的。桜海老?も同様にいい量で風味を演出。チャーシューは一枚でんと乗っている。柔らかいから切りやすくていいが、ちょっと細かくしてくれていた方がありがたい。なお、注文時ににんにくの有無を聞かれたが、今回は無しでと回答。問題ない方はニンニクやった方がイイかも?

たれは取説によると醤油ダレに大量の甘エビからとった海老油を加えられている模様。醤油はもしかすると卓上にあったことから黒沢醤油のもの?だから変に醤油感が出てなくて甘味もある感じになっているのかなと。もちろん甘エビの影響もあるのだろうけど。あっさり系と謳っているだけあって変なしつこさはあまりないが、それでも油だけにちょっとあっさりではないかなと((^_^;))

麺は多加水の太麺250gとのこと。ちょっと丸みを帯びた白っぽい麺はコシは適度なもの。のど越しは良好。絡み吸い付きはしっかり湯切りをしているからかたれの染み込みが良い。風味はあまり目立ちすぎないようにしている感じ。

一通り確認した後にお前なんか滅茶苦茶にしてやる!的グリリーチョを敢行~。ちょいと油の重たさがのしかかってくるのは仕方なし。ペッパーの感じがして食欲はそそられる。これもシンプルながらもわかりやすいものに仕上げている感じ。やはりエビを強調していて、そこはまあ納得かなと。なお、追い飯付となっていたが、やはりオープンしたての混乱故に最後まで気づかれることなく提供なし。その前にご飯食べていたからいいとはいえ、やはり有無の確認を怠ったのはいけないということで減点。

これも奇を狙わずに無難にいって万人受けにしているかなと。ちょっと飽きれば卓上アイテムを駆使して自分でジャンク風にしてもいいわけだし。実際マヨネーズはあるわけだからやれなくはない!量はあるので、そこは注意は必要だが~。
まだ開店したてでいろいろ課題はあるが、とりあえずはしっかり日立でも根を張れるように頑張っていってほしいものだ。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「海老塩ラーメン(780円)+釜揚げしらす丼(300円)」@四代目むじゃきの写真7/12、シャッターズ!
オープンしたてのこちらに突撃ゞ(`')、
わかりやすい外観に開店前から人だかりが~。途中からウエイティングボードに記載開始。これで待ちも気楽?
定刻になり店主が登場して暖簾掛け。そして開店となり、順番に案内される。こちらも御呼ばれされてから案内された席に腰おろし~。その後に傍らに置かれてあったメニューをとって閲覧(@_@;)
ここまで来たのだから簡単にはいけないので色々いただいておくことに。注文制なので卓上の呼び出しボタンを押してスタッフにお願いする。
大箱な故にまだまだいろんなことが追い付いていない感じは出てしまっているなあと思っていたところに表題のお届け~

[御祝] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262335979
[御飯] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262336016

トッピングはシンプル。メンマは平たいのが適度な長さでカットされているのと平べったく厚すぎないもので適度なこりこり感に味わいは楽しめる。ネギは白中心でいい量があって程よい効果。海老は桜海老っぽい物が中央に鎮座していて、海老の風味を演出している。チャーシューはでかでかと一枚丼の半分くらいを覆っている。程よい柔らかさにたれの染み込みなどあって適度にいただける。

スープは取説によると清湯スープに数種類の塩や貝などの旨味をプラスした塩だれを合わせ大量の甘エビから作った海老油を回しかけ、香りを移したものだとか。派手なものではなく、あっさりの中にもしっかり海老を演出しているもの。海老は強調されている感じ。無難どころといった感じのうまさで納得。

麺は手もみ麺180gとのこと。不揃いの厚みのある麺はコシはしっかりしていてよし!のど越しはするりといけて良好。絡み吸い付きは程よく乗っている感じ。風味は多加水っぽくしている分、またエビを演出させるために控え目にしているか。

奇を狙わない、万人にもうけるものに仕上げているかなと。この辺の土地柄やターゲットを考えての仕上げ方かなと思う。ちょっと見た目の寂しさはあるが、味わいはある程度は納得かなと。
早々に食べ終えてから呼び出しボタンを押して次なるものを願い出るのであった!(続く?)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「豚そば(ミニ780円)」@茨城豚そば 特龍 水戸堀町店の写真6/15、シャッターズ!
特級鶏蕎麦 龍介が奏でるセカンドブランドのお店に突撃ゞ(`')、。
気合いを入れたので…。雨が強くちょっと冷えたということもあってちょっと早開け(^-^)v。まずは入って右手にある券売機に向かい、メニューを閲覧( ・ω・)
メニューからわかる通り二郎系。人によっては富士丸っぽいといわれている。今回はオペレーションの都合上豚そばのみの提供となり、ミニ(780円)と餃子(300円)を購入。
この日はかわゆい地元の学生っぽい女性店員が色々盛りつけなど教えを請いながら制作。で、その子からお届け\(^o^)/

[御祝] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262015940
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/262015945
[餃子] https://gyouzadb.supleks.jp/review/1242211.html

細かいことは先人の方々が書かれている通り~
トッピングはデフォでも肉などの盛りはいい!ただ、野菜は茹でたままを乗せているのでくたりすぎ。これは狙ってのことか。これで濃い味を和らげている感じ。完熟卵はまあおまけ程度。肉はトロ肉もあって背徳の味!油もまあまあ添えられてらしさとうまさなどを演出。なお、にんにくは少なめでお願いしていたが、まあ効いているわね~

スープはやはり豚満載といったところか。かえしも濃いめ。油もまあまあ効いている。やっぱパワフルなものでガツンとくる~。それを先ほどもふれた通り野菜が濃さを和らげてくれてちょうどよい濃さにしてくれているかなと。旨さは良いもの!

麺はデロ麺でコシはちょうど食べやすい感じにされている。盛りつけで時間がかかっている分ちょうど良くなっている感じもあるが~。ミニでも200gある分ボリューム感はある。自家製麺ということでこれは最近製麺所を造った龍介から送られているのだろう。なのでその辺は間違いはないものを出しているか。

好きな方にはいいかなと言うもの。学生が多いところなので、そこ受けに仕上げている印象。二郎系が好きな方はお試しあれ?

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「海藻ざるつけ麺 880円+α」@龍のひげ 一義の写真4/26、しゃったーず!
平成も終わろうとしている時にこちらが待望のオープン!
ということで職場の上司を拉致して突撃ヽ(^o^)丿
この日は季節外れの寒さでさすがに早くからお客は来ていなかったが、開店前には並びが~
定刻になり開店。まずは入って右手にあるハイテク券売機に向かいメニューを閲覧(@_@;)
なんとなくこれいってみよう!ということで、海藻ざるつけ麺(880円)と焼ギョウザ(5ケ)(480円)(これは二人でシェア)と牛すじ飯(280円)を購入~。スタッフの方に食券をお渡ししてテーブル席に腰おろし~
久方に拝見する店主のお姿が凛々しいなあと思っていたところに配膳~

[御祝①] http://photozou.jp/photo/show/1771915/261240548
[御祝②] http://photozou.jp/photo/show/1771915/261240566
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/261240579
[こだわり] http://photozou.jp/photo/show/1771915/261240582
[牛すじ飯] http://photozou.jp/photo/show/1771915/261240610 
[餃子] https://gyouzadb.supleks.jp/review/1228893.html

詳しいことはこだわりをご覧あれ~
トッピングは海苔は海苔巻?メンマは味付きでいいこりこり感と風味といった様子。主役であろう海藻はわかめ中心に構成されているか?落ち着いた感じで、単体ではあれでも合わせれば効果的といった感じ。鶉味玉は小さくても味わい深くいい存在!チャーシューは広々とした豚さんが鎮座している。柔らかでいながらも旨味などしっかりしている!

汁は優しい味わいの醤油。個人的にこのバランスの良さは過激さがなくてもじんわり来ていい!ネギなどが効果的で、かつ香味油がいいアクセントとなっているか。醤油などから来る甘味が今回の特徴といえるかも?淡麗派にはうってつけのものといえるかもしれない。逆に言えば濃い味が好きな人には物足りなさはある。そこは卓上アイテムを駆使すればいいか。あと、仕方ないことではあるが、冷えが早いのが欠点でもある。汁の温度管理は難しいかも?なお、途中で別皿にある白ごま、ショウガなどを投入することで味変となる。これは最初にいれず、あとからいただくことをお勧めする。

麺は自家製の手もみ麺。コシはしっかりと〆られていることもあってよい!のど越しがするりといけて良し!絡み吸い付きは手もみしていることもあってイイのり!麺量は200gくらいか。適量といえよう。風味はこだわったことだけのものではあるかなと。ただ、残念なのは水切りのためにざるが敷かれてあるのはいいとして、ちょっと水が多いかなということと、麺がこま切れとなってしまい、最後細々とした麺が残りすぎてしまっているのが気になった。

最後スープ割できるか確認したところできるということだったのでお願いした。ブーメラン方式でしっかり暖かくなって帰ってきたものは出汁の効果が良く、ほっこりするもの!これはやっておいた方がイイかも?

まだ始まったばかりなのでいろいろ課題はあるとは思うが、味わいに関しては地元のものも取り入れて突き抜けるものではないが、じんわり優しく響いてくるものでなかなか良かった!思わずこのあと黒沢醤油店が近いということでいってしまったほど!しっかり問題はクリアしていくと思うので、海浜公園に立ち寄る前の昼食としていってみては?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒どろまぜそば」@麺や 虎徹の写真3/17、2杯目。
一杯目の感動の余韻に浸っていたところに超有名店主とドっ金庫でさらにテンションアゲアゲになっていたところにお届け(^o^)


[専用アイテム] http://photozou.jp/photo/show/1771915/254581299
[追い飯] http://photozou.jp/photo/show/1771915/254581455

これももう沢山の方々が書かれているのでそっちで!!
トッピングはどれもいい量で効果的!特にナッツと魚粉の効果は然り!ねぎの彩りやお肉の旨み、野菜の食感はまぜには良いもの!

麺はブットイのがしっくりくるもので、ここの他のメニューにはあまりないものだけに余計に印象に残る。コシはちょうど良い按配。喉越しはするりといけて良し!絡み吸いつき良い乗り方で良し!麺量は適量。風味も良いもので納得。

汁はもちろん濃厚。ここではある意味唯一濃いもので、だからといってくどすぎず、卵黄の効果でまろやかになる。これもなかなかウマシング!

一通り楽しんだ後に常連のあの方のやり方に従ってお前なんか滅茶苦茶にしてやる!!的グリリーチョを敢行~。魚粉の効果もあってしっかり合わさるもので、ガッツリいきたい時には良い背徳の味というべきか。うまく刻まれていて合わせやすいのと、旨味を逃さないように配慮しているのが良い!

こちらもさすがのもので満足であった!どれを食べてもハイレベルで改めて店主達の凄さを思い知らされるものであった!これで一応一通りは頂いた。後はバリエーション違いでまた頂いてみたいし、限定も気になるところ。簡単にはいけないが、ここは必ず再訪したいと思わせるところ!うまくタイミングを見計らってお邪魔したい!

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 6件

「地鶏中華そば」@麺や 虎徹の写真3/17、1杯目。
脳内指令でこちらに行くべし!!とお告げがあったので、久方ぶりにこちらへ~
開店時間を過ぎての訪問だったが、この時はまだ混雑する前で、運良くカウンター席に空きがあったので、スタッフの皆様を拝める席に腰おろし~
店主に久方ぶりの訪問になってしまったことをお詫びし、注文を願い出るm(_ _)m。なお、こちらに来たら一杯では帰りたくないので連食敢行~。
いつものように挙動不審のごとく色々見回していたところにお届け)^o^(

[出迎え] http://photozou.jp/photo/show/1771915/254581277

細かいことはもう沢山の方々が書かれているからそっちで!
トッピングはネギは適量で適度に散りばめられていて、見せ方も含めて効果的!中央に鎮座した三つ葉は彩りよく効果的!追加したワンタンは超ウマー!肉の旨みがハンパない!同様にチャーシューも香ばしさと旨味がハンパない!そして柔らかさでジューシーなのがこれまたいい!

スープは塩を選択したが、個人的にはこれがどはまり!鶏などの旨味が染み入るもので超ウマー!!!鶏油の効果も然り!強さもあるが、しっかり間違いないものを合わせたものだからこそ奏でられる旨さかなというものでウマシング!!!

麺は細麺ストレートを選択。これがまた見事にハマるもので、コシはちょうど良いもので、喉越しの滑らかさが実にいい!絡み吸いつきも良い乗り方をしていてばっちし!麺量は適量。風味の良さも納得。

毎回来てはハイレベルで驚かされるが、今回も凄いもので素晴らしかった!!日々研鑽しながら探求をやめないものだからこそ超絶なものが出来上がるのだなと改めて感心!!
感動して食べ終えたところにタイミング良く次の一杯がお届けされるのであった!!(続く!!)

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 6件

「淡麗琥珀そば(塩)730円」@麺や 燦虎の写真5/13、2件目!
3代目を堪能した後にあの方とランデブ~~~
以前から気になっていたこちらにやっと行けた~~~
店内は雨にもかかわらずたくさんのお客でにぎわっていた!
スタッフは店主を含めて2名体制の模様。そのためかなり忙しくされており、いろいろままならない状況。とりあえず入って右手にある券売機に向かい、メニューを閲覧。
落ち着いたものをと考えて表題と、餃子もあったのでそちらを購入~。チケットを取ってしばし待機。先客退散後にスタッフに確認のうえ、カウンター席に腰おろし~
いつものように挙動不審のごとくいろいろ見回していたところにお届け~

[券売機] http://photozou.jp/photo/show/1771915/247775063
[お知らせ] http://photozou.jp/photo/show/1771915/247775073
[卓上] http://photozou.jp/photo/show/1771915/247775080
[餃子] https://gyouzadb.supleks.jp/review/1066268.html

細かいことはあの方のを参照ということで~
トッピングは海苔は高く聳え立つ!白く放つねぎは適量で効果的。メンマは形などさまざまで、個人的には業務用という印象を持ってしまう。チャーシューは私も炭を選択。一枚ながらでっかく鎮座されたお肉はしっかり炭火で焼かれたという香ばしさが感じられ、しっかり火の通った脂のほとんどないお肉は昔ながらのザ・チャーシューといったところか。

スープは淡麗という言葉が指し示す通りあっさりした塩。そして琥珀とあるようにその色は透明ではない感じ。鶏油の効果で良さは出ているかなと。最近も思ったが、鶏をダイレクトに感じるなら塩がいいかなと。もちろんこれには鶏だけではないものが入っているとは思うが~。ただ、濃いのが好きな方には不足感は否めないかも?

麺は平打ちぴろぴろできていたのはちょっと意外~。こしは適度。のど越しは独特感があって面白い。絡み吸い付きは良好。麺量は適切。風味は程よい感じ。淡麗でこの麺で挑むのは勇気が必要だったかも?悪くはないが、個人的にはちょっとフィットしていない印象を持ってしまった。

落ち着いたもので、あっさり好きな方には納得できそうな感じ。ただ、個人的にはもうちょっとうまくできるのではないかなと思うところもあった。その分満足度は落ちたが。とはいえ、この地で人気のあるものは伊達ではなかったかなと。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件