なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

らくだ

女性

基本的にはとんがったクセのあるラーメンが好きです二郎系は好きですが量が食べられないので辛いです辛いのは食べられません文章が下手なのが悩みです。。。練習も兼ねてレビューしていきます。読みづらくてごめんなさい。

平均点 78.800点
最終レビュー日 2019年8月16日
10 10 2 6
レビュー 店舗 スキ いいね

「とうもろこしの冷たいラーメン」@自家製麺 MENSHO TOKYOの写真日曜日の昼13時過ぎ 外待ちなし
食券を買って中で数分待ち相席テーブルに案内されました

余談ですがここのテーブル、毎回二人でくると何故か横並びに座らされるので目の前が知らない人になってちょっときまずいです...。

さて、こちらのお店は大好きで数回来ているのですが、まだ食べていなかったまぜひつじを食べようと来たところ、こちらの限定が!
ポスターの写真がおいしそうだったので思わずこちらをポチり(数量限定なのかは不明)

数分ほどで着丼

まずはスープ 生クリームがベースで何か油分が結構たっぷり浮いています 名前から、コンポタ風のスープを想像していましたが違うようですね
味は洋風で、麺匠 潮の白いラーメンと雰囲気は似ていますね とろみはなくさらっと しかし大量に振りかけられた粉チーズが溶け込みかなり動物性の油脂を感じるまったり味 謎の酸味も微かにあります
ベースはなんなのでしょうね??鶏?いろんな要素があって不思議な旨味を感じます

そして麺 デフォのラーメンともつけ麺とも違う麺です 限定のための麺ではないでしょうか
やや平たく縮れていて、つるっと&弾力強めもちもち 茶色い粒が見えます メンショーは麺がおいしいんだよな...好きだ

具は、とうもろこし、生の赤い大根とズッキーニを刻んだもの、穂先メンマ、低温調理鶏チャー、クルトンなど
生野菜がサクサクで冷たいスープに合っていていいですね
デフォと同じやわらかく酸味のあるメンマはこのラーメンに合うのか?と思っていましたが食べてみると悪くないですね
そして鶏チャー!レアレアでピンク色です しっとりやわらかで厚みもあるため食べごたえがあります 味付けは控え目で主張しなくてこのラーメンにぴったり!これだけ増したいくらい気に入りました でもデフォメニューにも鶏チャーってありましたっけ??無かったような...

総評 最初はあれ?メンショーぽくない限定だなと思っていたのですが、いい意味で変わった味でやっぱりメンショーだとなるような一杯でした
レギュラー入りして欲しいとまでは思わないですが、食べてみてよかったです 毎年一回は食べたい味

余談その2 点数には関係なし
こちらのお店は、場所柄か客層があまりラーメン屋ぽくなく、カップルや家族連れがファミレスのように使っていることが多いので、食べ終わってもゆっくりしていく人が多いです。
さくっと食べてさくっと出る所謂ラーメン屋を期待しているとイライラしてしまう人もいるかも...
別にお店やお客さんが悪いとかいうことではなく、そういう雰囲気のお店です!ということです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚中華ソバ 850円」@中華ソバ 伊吹の写真平日夜、開店30分ほど前に訪問
外並びは十数名 待っていると、定刻より10分ほど早く開けてくれました 蚊に刺されながら待つこと20分程で2ロットめに入店
何故か2人単位での案内のようです この日は見なかったけど3人連れとかどうするんだろう?

して、食券をポチっとしたのは掲題の濃厚の方
淡麗にしようと思っていたのですが、公式ツイートにて濃厚は背黒ですと仰っていたのが妙にきになりこちらを

余談ですが、このときビールか冷酒が飲みたくてたまらず
RDのメニューには無かったですが一抹の望みをかけて券売機を見るも虚し...そこには硬派に(?)濃淡のラーメンとご飯ものだけでした

さてさて着丼いたしましたのは、見るからに濃厚な所謂"セメント"
まずはスープを...おっとドロドロしていて掬いづらい
なんとかレンゲを沈め一口
!!!!!煮干し!!!!!
ド直球の力強い煮干しです ぶっちゃけ他の要素はほとんど感じられない程に 煮干し
かなりビター&強めの塩分 しかしながらえぐみはほとんど感じません 動物の脂も感じないのに印象としてはジャンキー

さて麺 こんなスープにはもうこの麺しかないでしょう
角のある細四角で低加水のポキポキ麺 ハチャメチャに前述のスープを絡めとります うまい スープ単体より一緒に味わったほうが美味しいですね

具 玉ねぎは正直スープが濃すぎて食感しか感じられない
チャーシュー かなり厚みのあるお肉 ほろほろ系ではなくしっかりした食感を残したもので、美味しいのですが味付けがかなり甘く独特、ビターなスープと大喧嘩 まったく合わないですね

まあそんなこんなで美味しく食べ進めていたのですが、終盤になんだかうっっとなってしまいました あまりの濃厚さと強い塩分のためでしょうか...
しかし、また来たい!次は淡麗かなーー!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ヴィシソワーズそば」@立ち呑み居酒屋 金町製麺の写真"居酒屋"をうたっている珍しいラーメン屋さんです
一人で訪問しましたが常連の方がたくさんいてなごやかないい雰囲気
土曜の夕方でしたが、満席で断られている方もいました

さて、RDですので割愛いたしますが、おつまみと日本酒を何杯かいただいたあとにオーダーしたのが掲題のラーメンです
隣の人の雉のラーメンがすごくいい香りでそそられましたが、前回食べたときにものすごくしょっぱくて論外だったのでやめておきました...レビューもしてないです

着丼 ビジュアルにまずびびりました パンが載っています

スープ...を飲むレンゲはないようなので、とろっとしたスープをベビーリーフに纏わせていただきます
うん ヴィシソワーズだ バターがしっかり効いている 〆なのでちょうどよく感じましたがやや濃い目の味付けかと

麺 平打ちでもちもち 生パスタのような面白い麺 ヴィシソワーズをよく絡めるととても美味しい

生ハム 普通の既製品ですね どぎつい味がするのでのってるそのままを一口で食べるとかなりしょっぱいです

パン 焼いてないフランスパンで湿気たような質感 正直要らない 残ったスープを拭うのにはいいのかも? じゃがいもスープ×麺×パン...炭水化物地獄ですねよく考えたら

なんだかんだ書きましたが、全体的にキンキンに冷えており夏の夜にぴったりでした
洋風のスープにパスタのような麺なのにちゃんと「ラーメンだ」と感じられる不思議な一杯 企画物感はありますが、おもしろかったです 次はノーマルなラーメンを

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
65

「鶏白湯そば 並」@はぐれ雲の写真平日18時過ぎに来店 お客さんは3~4名
入ってすぐの券売機で表題を購入し、カウンター越しに券を渡してから好きな席に着席

着丼
まずはスープ うん さらっとした鶏白湯です なんというか...「THE普通の鶏白湯」感想が難しい まったく臭みはなく、味の濃さもちょうどいい 美味しいけれど丁寧に下処理して作ったというよりは業務用的な素っ気なさと安定感

麺 つるっつるでシコシコしていて乾麺のパスタを想起する麺
ここにも業務用的な素っ気なさを感じました あとで自家製麺と知りびっくり

具は、ハーブのいい香りがする皮付き鶏チャー、水菜、シャキシャキの玉ねぎ

何一つマイナスはないんだけど、プラスもないです
直近の鶏白湯が瑞風だったせいもあると思いますが、全体に物足りない印象

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
78

「煮干しそば」@陽はまたのぼるの写真煮干しごりごりのラーメンに苦手意識があったので、克服しよう(?)ということでこちらへ

土曜の昼過ぎに到着 待ちは15人ほど 思ったよりは回転早く、一時間弱で中へ

まずはスープ レビューには「えぐい」「しょっぱい」「好き嫌いわかれる」との言葉が踊っていたため、びびっていたが杞憂でした
かなり丁寧にとられた上品なスープ 煮干しはガツンと効いているがこれならいけそうと一安心 個人的に特に苦手な魚粉のざらざら感がなかったのもよかったです
油が結構浮いていましたがあれはなんの油なのだろう

そして麺 角のある細ストレート麺だが意外にやわめのもちもち
これがとても美味しく、主張の強い煮干しスープに負けることなく小麦を主張していて驚きました

具は、特徴的な低温調理チャーシュー ちょっとしょっぱいのが気になりましたが生ぽい食感で美味しい
そして玉ねぎ 魚介スープにはドンピシャで合いますね 辛味がなくしゃくしゃくで甘い玉ねぎがうれしい

そんなわけで、煮干しいけるかも!と思った食体験でした。また行ってみたい

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩生姜らー麺」@塩生姜らー麺専門店MANNISHの写真生姜が大好きなので訪問いたしました
結果から言うと全体的にあまり好みではなく...

店名から期待しすぎたのかもしれませんが、まずそれほど生姜は強くありません 常連になると増しができるそうですがもう行くことはないかなぁ

スープは優しく綺麗な鶏清湯 丁寧に作られている
具には大きな鶏 チャーシューという感じではなく、蒸し鶏かな?
かなり大きく食べごたえがあるのですが、あまり質が良くなさそう...臭みとかはないのですが旨味に欠ける印象

具もスープも優しくどこにもパンチがないので食べ進めると飽きがきてします

好みの問題だとは思います あっさり優しいラーメンですので好きな人はかなりはまるかと

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製鶏白湯ラーメン」@麺屋 瑞風の写真土曜日 気合いを入れて開店40分前に到着
一番乗り しかし後から着々とお客さんが増えていった
10分程早く店主さんがお店を開けてくれたので、券売機より表題をポチ
ワンオペでかなり大変そうだが、着席から10分 ちょうど開店時刻くらいに着丼

まずはスープを...特製はどでかいチャーシューなどところ狭しと具が乗っているのでスープだけをすくうのが意外とむずかしい
なんとかかき分け一口 うまい 濃厚な鶏白湯 こういうのは味がボヤけがちだけど、そんなことはなく強い旨みコクに塩味強く効かせてあって、まろやか~というよりは攻めのスープといった印象

麺 一分で茹であげた四角い低加水麺 おもったほどパツっとした硬さはないが、濃厚スープを絡め取ってくれておいしい

具 丼を覆うバラチャーシューに角切りのチャーシュー どちらも味付けは同じかな?ハーブのような風味にしっかりした塩味
二種類とも脂身もしっかりあってかなりどっしりしたチャーシューのためこのラーメンにはかなり重たく感じた 特製にしたことを後悔 おいしいはおいしいのでもっとあっさりしたラーメンの上で出会いたかった ここは鶏白湯の定番、鶏チャー等の方がよかったなぁ スープがかなり強いので具は一歩引いて欲しい
その他青ネギ、玉ねぎ、海苔

とかなんとか言いつつかなりハイレベルな鶏白湯でした
今度は特製にはせずデフォを食べに来ます

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@白河手打中華そば  一番いちばんの写真土曜の13時ちょい前に着 10人弱の外待ちに接続

初来訪なのでとりあえずデフォをポチ
お!青鬼がある いいなぁ 今度飲もう

広々としたカウンターのある店内には会話がなく静か
しかし緊張感があるわけではなくゆったりとした時間が流れている
提供まではやや時間がかかるようなのでラーメンが作られる様子をぼーっと眺める

着丼 シンプルな見た目だ
まずはスープを まず醤油の味が来る 見た目同様かなりシンプルな醤油 そしてあとから鶏 ややエッジが効いていてしょっぱめ
ごくごく飲むようなスープではない
麺 茹でる前に丁寧に手揉みを加えた麺はイメージしてたよりやや加水率高めのつるもちピロピロ 全然スープを吸っていないし纏ってもいないので麺そのものの味 おや?今時流行りの"麺が主役"系ラーメンなのかと思った
...が、食べ進めるうちにピロピロ部分がスープを吸って茶色くなってくる 食感も変化していく 楽しい こんなセルフ味変があったのかと しょっぱめスープも麺と合わさるとちょうどよい
具にも軽く触れておく 鶏チャーはややパサでちょっと残念 豚はかなりうまい 脂身があるタイプでジューシー
シャキッとした青菜の食感と苦味がアクセントになり良い

一口目からうま!!!!となるような感動と驚きはなかったが、食べ終わった後にしみじみ「あ~~~美味しかった...また絶対来よう」と思えるラーメンだった

人に勧められて来たけど、正直来る前は皆さんのレビュー内容と写真見ても、ふーん普通の醤油ラーメンじゃん今さらこんなのいいよ、てな感じで全く食指が動かなかった でも本当に来てよかった
ラーメン観変わった

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件