なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

たっくん

男性 - 埼玉県 (1973年生まれ)

     http://photozou.jp/diary/show/300634/117724   

平均点 76.441点
最終レビュー日 2011年5月12日
901 541 0 6,990
レビュー 店舗 スキ いいね

「和のモツちゃんぽん」@山花の写真 2011.01.20 retry
 久山温泉に来ました。
 「湯の瑚」の愛称で親しまれているレイクサイドホテル久山内にある天然温泉です。
 いつものように露天風呂を満喫した後、ホテル内のお食事処 山花での宴が始まりました。
 風呂上りの生ビールかが始まり、馬刺しやゴマさば。そして本格焼酎で盛ります。

 さて、〆の時間になったので、みなさんは評判のちゃんぽんを注文。
 私は前回から気になっていたこちらを注文です。


 和のモツちゃんぽん 950円
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/64947042?size=800

 スープは透明感のある醤油色で熱々。
 塩気はさほど強くないが、砂糖とモツ由来の甘みが強い。
 油は玉状になって表面を漂っている。
 このスープは・・・モツ鍋(醤油)のスープそのものw

 麺はちゃんぽんの醍醐味でもある直径3ミリほどのストレート麺。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/64947097
 スープがスープだけに、あまり絡まない。
 この麺はモツ鍋の〆に鍋で煮込むと旨いかもしれない。

 モツはさすが福岡といった感じのクニクニした食感の甘みのあるもの。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/64947072
 部位はテッポウだろうか?小ぶりなものが多いが、数がたくさん入っている。
 きくらげはコリコリした食感で旨い。
 モヤシとキャベツも歯ごたえがある程よい茹で加減。
 ニラはもっと欲しい。
 海老と細く切ったかまぼこも入っていた。

 
 やはりスタンダードなちゃんぽんの方が好みだった。
 次回こそ限定に釣られずに普通のちゃんぽんを頂きたい。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 6件

「長崎ちゃんぽん(麺量2倍 400g)」@長崎ちゃんぽん リンガーハット イオンモール羽生店の写真 2011.01.08 retry 
 長崎に住んでいたことのある私はちゃんぽんが大好きです。長崎時代もリンガーハットにはよく通っていました。
 それは安心して安定したちゃんぽんが食べられるからです。
 とんかつの「浜勝」もライス・キャベツ・味噌汁がおかわり無料で学生時代はとてもお世話になっていました。
 トクトクCLUBにも入っていて、メルマガも楽しみにしています。

 というわけで今日も子供たちと羽生のイオン。
 花月嵐と迷いましたが、今日はリンガーハット。
 いつもよりかなり長めの待ち時間の末にサーブです。

 長崎ちゃんぽん(麺量2倍 400g)

 麺がノビノビ。空いていたにも関わらずサーブに時間がかかっていたのが頷ける。

 具材・スープの印象は前回とほぼ同じ。
  http://ramendb.supleks.jp/score/267459

 ブレだとは思いますが、他の店舗はともかく、こちらの店舗からは足が遠のきそうです。。。

 少し時間を置いてからまた食べに来たいと思います。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌ちゃんぽん」@風車 石原店の写真 2010.12.14 retry
 今夜も夜の熊谷パトロール。もうすぐ食堂高久の跡地に豚骨ラーメン屋がオープンするようですね。
 駅前からR17へ。星川通りに行く前に、すっかり行きつけになった風車に来ました。
 扉を開けてお店に入ると先客なし。カウンターに座り、
 「寒いっすね!チューハイください!」
  http://photozou.jp/photo/show/300634/60664428
 おやっさん、女将さんとテレビを見ながら世間話。
 今日の話題はノーベル賞について。
 今日は味噌ちゃんぽんをオーダーしました。
 カウンター越しに勢いよく湯気を立てながらサーブです。

味噌ちゃんぽん 850円
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/60664422?size=800

ブラウン・ベージュのスープは超熱々。
表面に油が薄い膜を成していて少しこってりしたスープがだ、粘度はさらりとしている。
塩気は若干強め。
味噌は3種類をブレンド、
その他に、ニンニク、ゴボウとニンジンを擂ったものを入れているとの事。
とても味わい深く、野菜由来の甘み・旨みがある。
特にニンニクが強く、ニラの香りと共に食欲をかき立ててくれる。

麺は4㎜くらいの太さのストレート極太麺。
http://photozou.jp/photo/show/300634/60664435
麺肌はツルツルしていて、今回は程よく芯を残した茹で加減で好み。
スープとの相性もいい。

具材は他のちゃんぽん同様、多種で
ちくわ
イカ
海老
にんじん
かまぼこ
さつま揚げ
キクラゲ
脂身の多い豚肉の短冊切り
牡蠣
キャベツ
モヤシ
ウズラの卵
など。

具材は絶妙の炒め具合で、素材の旨みが出ている。
特に豚肉との旨みがスープに溶け出してちゃんぽんらしい旨味を出してくれている。

具材を食べ終えてもレンゲが止まらず、スープも全てたいらげた。


味噌のちゃんぽんはあまり食べた記憶がありませんが、不思議とどこか懐かしさを感じる一杯でした。
とても体が温まる熱々の一杯。冬にはもってこいですね。

次回はスタミナラーメンを食べてみたいです。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 4件

「豚骨白湯らーめん鍋 (浅草開化楼麺)」@サムライバール Gachiの写真 2010.12.06 登録・採点
 今夜も酒をあおりに大宮へ来ました。
 珍しくラーメンモードじゃなかったので、「夕飯何にする?」と連れに聞くと目を丸くされました。そりゃそうだ。いつも有無を言わさずラーメン食べてるからw
 東口付近を歩いていると、前から気になっていたこちらのお店が目に入りました。ここは焼き鳥や鍋なども充実しているお店です。店内を覗くと、壁にはプロジェクターで映像が映し出されていて、照明の落ちた大人の雰囲気です。たまには鍋もいいな。。。今日はここにしよう!
 テーブル席に座り、生ビールと鍋をオーダー。枝豆で生ビールを飲んでいる間にサーブです。

元祖!!豚骨白湯らーめん鍋
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/59786102?size=800
http://photozou.jp/photo/show/300634/59786123

1人前 1,180円をオーダーしたつもりだったが、後にレシートを見ると2人前と書いてあった。道理で量が多いと思った。。。
というわけで値段は1,180円×2。

沸騰して湯気が立ってきたので、まずは具から頂くことにした。
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/59786150?size=800
具材は
白菜(固い芯の部分が多く、煮えるのに時間がかかる。もう少し葉の部分が欲しい)
油揚(厚めでスープを吸って旨い)
豚バラ肉(脂身が多めでスープと合う)
水菜(くせがなく清涼感)
椎茸
もみじ型をしたカラフルな麩
上にトロリとかけられているのは白湯スープのコラーゲンとの事。

やっぱり豚骨スープで煮込んだ具材は旨い。
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/59786207?size=800
豚骨ベースで、具材の旨みが溶け出して甘みのある味わい深いスープになった。
油もコラーゲン質のものがたっぷり浮いている。

つついているうちに具材が少なくなったので、そろそろ麺を!と思ったところに、追加スープがサーブされた。
http://photozou.jp/photo/show/300634/59786182
スープが減っていたので、これはうれしいサービスだ。
スープを足して、再度煮たったところで麺を入れる。
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/59790911?size=800

麺はプリッとした浅草開化楼の太麺。
http://photozou.jp/photo/show/300634/59786268
麺の固さは自分の好みで茹で時間により調整可能。
基本は開化楼らしいワシワシした食感の強い麺。
個人的にはよく煮込んだ方がモチモチ感が出て好み。
麺の上に紅ショウガが乗せられている。
この紅ショウガの味わいが非常に邪魔に感じた。
できれば別皿でのサーブを望む。


博多のラーメン鍋も大好きですが、こちらも色々な意味で楽しめる一杯でした。
麺も浅草開化楼製のものを満喫できたし。
たまにはこういうのもいいものですね。

チェックポイントとして
・二人連れの場合、「ひとつ」と頼んでも鍋は自動的に二人前で出てくるので注意。
・紅ショウガは別皿でお願いしないと紅ショウガの味が麺に移ってしまう。また、紅ショウガを入れると紅ショウガ一色の味になる。
この点に注意すればもっと満足できるかもしれません。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

さて、居酒屋を梯子しますw

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「もぐ俺流焼きラーメン」@土竜が俺を呼んでいるの写真 2010.11.26 1st モグラ  イカすぜごんちゃん! 
 (o^∇^o)ノ お久しぶりでーす!
 福岡の麺友さん3人と合流し、韓国焼肉屋で再開を祝して乾杯した後、タクシーでこちらへ移動してきました。
 店前に着くと・・・!!個性的で大好きな外観です!
  http://photozou.jp/photo/show/300634/58779841
  http://photozou.jp/photo/show/300634/58779800
 カウンターに陣取り、店主さんや女性スタッフも巻き込んで楽しい居酒屋タイムです。内装もとても凝っていて飽きません。
 焼酎をあおりながら、まずはおつまみを頂くことにしました。
 香ばしい香りと共にサーブです。

もぐ俺流焼きラーメン 600円

炒められた麺は1mm強くらいの太さの透明感のある黄色いストレート麺。
ラーメンと同じ麺との事。
歯ごたえがよく、関東の中華麺と博多麺を足して2で割ったような食感。
表面はツルツルしていて、少しコシがある。
鉄板皿に乗っているイメージが強い焼きラーメンだが、こちらの麺は鉄板皿に乗せると固くなりそう。

塩コショウの味付けと、挽肉から出る肉の旨味がマッチする。
薬味にネギが刻まれている。

ニンジンとキャベツが一緒に炒められていて、甘みがあり旨い。

シンプルで炒めの香ばしさが印象的な好みの焼きラーメンだった。
酒のツマミとしてはさらにおススメの一皿。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'

ここはとてもノスタルジックで落ち着く空間です。
焼酎を飲みながら、○風堂の話などで盛り上がります。
さて、そろそろ楽しみにしていたラーメンを頂きます!

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「牛煮込みのお米ヌードル」@山花の写真 2010.11.25 retry
 久山温泉に来ました。「湯の瑚」の愛称で親しまれているレイクサイドホテル久山内にある天然温泉です。
 まずは西日本でも最大級という露天風呂を満喫した後、ホテル内のお食事処 山花での宴が始まりました。
 
 この食事処のちゃんぽんは地元の方々にも評判のようです。

 福岡ならではの料理や本格焼酎・日本酒(男山)を楽しんで、閉店時間が近くなったので、〆にこちらをオーダーしました。
 仲間たちが頼んだちゃんぽんに少し送れてサーブです。

牛煮込みのお米ヌードル 650円

透明感のあるスープは熱々。
すき焼きの割り下のような甘めの味。
スープに油自体は少ないが、牛肉の脂身からいいダシが出ている。
ニンニクも強めに利いている。
薬味にネギが刻まれている。

麺はAVE 7×2mmほどの太さの透明な麺。
http://photozou.jp/photo/show/300634/58305118
米を使用しているらしい。
ツルモチの食感でスープとの絡みはあまり良くない。
レンゲにスープと一緒に掬って食べるのがいいかもしれない。

具材は脂身の多い牛肉。まさにすき焼き風の味付け。
わかめが多め
かまぼこ3枚。

所謂お米ラーメンといった感じ。
初めて食べる食感だったが、最近関西風のすき焼きを食べていないので、懐かしさも感じる一杯だった。。


今回も山花を堪能できました。
新メニューに「もつちゃんぽん」も加わっていたので、次回まで続いていればそれを食べてみたいです。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'

さて、明日は名島経由で博多入りします。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 6件

「熊本名物 太平燕(タイピーエン) 大盛り(無料)」@日高屋 JR熊谷駅店の写真 2010.11.05 1st try 
海外遠征を目論んでいるため熊谷ティアラのパスポートセンターへ。
同じ建物に山岸マスターの看板のお店があるが、どうも食指が動かず。。。
というわけで、登録して放置していたこちらへ。
店内に入ると客は7割ほど入っていて活気がある。
カウンターに座り、魅力的なPOPが飾られているこちらをオーダー。
麺大盛りのクーポンを持っていたのでそちらもお願いした。
『麺はヘルシーな「はるさめ麺」
「野菜の旨味」がたっぷり入った「とんこつ」スープです。』
オーダーした後に気付いた。
「これ、ひょっとしてHSDBかなぁ?」w

熊本名物 太平燕(タイピーエン) 560円 大盛り無料

白濁したスープは熱々で塩気は強い。
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/55707743?size=800
油は小さな玉状のものが浮遊している。
粘度が低くシャバ。
野菜を炒めた香ばしい香りが強い。
豚骨の香りは大人しく、ミルキーな口当たりのスープ。
ニラが刻まれているので香りが食欲を増進してくれる。

麺は1㍉角くらいのストレートはるさめ麺。
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/55707716?size=800
ツルツルした食感で喉越しがいい。
スープとの絡みは良くないが、レンゲに乗せてスープと一緒に啜ると旨い。

具材は
海老(意外とたくさん入っていた)
味玉(黄身にレアさが残ったもの)
キャベツ(しゃきしゃき。芯の部分も甘みがあって旨かった)
にんじん
豚肉(小さなものが気持ち程度)
キクラゲ(コリコリの食感で旨い)
玉葱)細かく切られたもの)

食べ終わる頃には汗だくだった。
大盛りはヴォリュームもあり、量的にも満足だった。

POPに「復活」と書いてあったので、リクエストがあったのかもしれない。

個性的な食感を楽しめる一杯。たまにはこういうのもいいかも。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーちゃんぽん」@風車 石原店の写真 2010.10.07 retry
久し振りの夜の熊谷パトロールです。予定通り熊谷温泉でくつろいだ後、熊谷の博多に少し顔を出し、〆にこちらへ来ました。
先客なし。開けっぱなしの扉を抜けて挨拶してカウンターに座りました。
(o^∇^o)ノ「ご無沙汰してます!チューハイください!」
おやっさん、女将さんとテレビを見てしばし談笑。相変わらず落ち着く空間です。
しばらくするとお腹が空いたので、久しぶりにちゃんぽんを頼むことにしました。味噌とカレーと迷いましたが、気分がカレーだったのでこちらをオーダーしました。
厨房からカレーのいい匂いがしてきて間もなくサーブです。

カレーちゃんぽん 850円

上アングル
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/52270660?size=800

黄色味がかったブラウンのスープはサラサラの粘度で熱々でスパイシー。
http://photozou.jp/photo/show/300634/52270614
油はたっぷり浮いています。
カレーの風味とふんだんに使われた魚介の香りで『シーフードカレー』のような風味になっています。
ニラの風味が食欲をかきたててくれます。

麺は前回頂いたちゃんぽんと同じだと思いますが、若干食感の違いを感じました。
直径4~5mmほどの丸四角い麺です。低加水太ストレート。
ちゃんぽんにしてはかなり太い麺。
ツルシコの食感で旨い麺ですが、前回頂いた時よりもコシが弱いように感じました。
麺量は少なめです。

具材 は多種です。
牡蠣
海老
いか
さつま揚げ
かまぼこ
キクラゲ
豚バラ肉
もやし
キャベツ
鶉の卵
野菜類はシャキシャキした歯ごたえで好みの茹で加減です。

カレー味のちゃんぽんは初めて食べましたが、好印象です。
特にこちらの低加水太麺とのマッチングはかなり好みでした。

具沢山なのは嬉しいですね。
欲を言えばもう少し麺量が欲しいところでした。

アットホームな雰囲気の中、他愛もない世間話に花を咲かせつつ飲むお酒。
そして個性的なちゃんぽん。
こちらも大好きなお店です。

次回は寒くなってきた頃に味噌ちゃんぽんを頂きたいです。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 4件

「四川風冷やし中華そば」@李家 中華料理の写真 2010.09.05 retry
炎天下を自転車で走り回り、腹が減りました。
そうだ!一心亭の四川ラーメンが食べたい!
と、店を覗くと行列が。。。 |||Orz|||
もう少し西へ移動するか!と西に移動していると、アズ熊谷に着きました。
何かに引き寄せられるように3Fに上がると新店(優勝軒 アズ熊谷店)を発見し、500円でもりそばが食べられるとの事ですがパス!
気分が四川だったので、アズから歩いてすぐの“熊谷の中国”に来ました。
カウンターに座り、前から気になっていた“四川風冷やし中華そば”を注文しました。相変わらず店内は中国語が飛び交ってます。
程なくサーブです。。。 (@_@;) あれ!?

四川風冷やし中華そば 680円

うーん。イメージしてたのとだいぶ違うの出てきたなー。。。
でもここまで違いすぎると逆に気持ちいいなw

さて、頂きます。スープをかけるのかなぁ?・・・まさか。溢れそうだし。。。
結果、そうめんみたいな感じで麺を浸けて食べることにしました。

ベージュ色のスープは冷え冷えで、砂糖、みりん系の甘みがあります。
酢の酸味がありますね。
炒りゴマの風味と生姜も感じます。後味が辛いです。
一言で言うなら「棒々鶏(バンバンジー)のタレ」味。
薬味にネギとゴマが多めに入っています。

涼しげな皿に盛りつけられた麺は2.5㎜×1.0㎜くらいの太さの多加水ちぢれ麺。
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/48686867?size=800
茹で加減は軟らかい麺です。麺がくっついていますね。。。

麺の皿に盛り付けられているのはきゅうりの千切りとささみの裂いたもの。
はい。「棒々鶏(バンバンジー)」ですね! トマトが欲しいですww

きゅうりは新鮮なのかパリパリととても歯ごたえが良く、ささみもゴマだれとマッチします。

つけダレは半分も減りませんでした。

清涼感あふれるサラダのような一杯でした。
腹の膨れる棒々鶏って感じです。

このメニューは通年提供されるらしいですが、
やっぱり夏にもってこいの一杯かもしれません。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「夏の冷やし麺 ピリ エビ」@麺処 慶の写真2010.07.31 retry
こちらに来る前に麺友さんが「限定の冷やしがあるよ」と教えてくれたのでオーダーしました。
女性店員がサーブのときに、「生玉子が必要でしたら言ってください」との事なので
「ください! あとおろしニンニクも!」とお願いしました。
別皿で、卵黄とおろしニンニクがサーブです。
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/44563204?size=800
というわけで、セルフトッピングしました。
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/44563233?size=800
見た目はまぜそばですね。いただきまーす!

夏の冷やし麺 ピリ エビ 750円

まずはいつものように親の敵のようにカキマゼマス!
http://photozou.jp/photo/show/300634/44563166
見た目はまぜそばのようですが、タレが結構多めです。
http://photozou.jp/photo/show/300634/44563125

タレはよく冷えていて、粘度は低くサラリとしています。
ブラウンの醤油ベースのタレは甘みがあり、唐辛子系のホットな後味が追いかけてきます。
海老の風味が強いですね。
油は少なめです。
薬味に長ネギと玉ねぎ。魚粉、辛味が振りかけられています。
玉ねぎはシャキシャキと食感にアクセントです。
ニンニクと卵黄の添加は個人的には当たりでした。

麺は4.0mm×2.5mmくらいの太さのストレート麺。
モチシコでコシがとても強いです。
そう感じるのは温度が低いからかもしれません。
ワシワシと喰らう「まぜそば」のような醍醐味が味わえます。
のど越しもいいですね。
つけ麺と同じ麺かもしれませんが、印象がかなり違います。

バラロールチャーシューは温度が低いので解れません。かじるような感じですね。
辛味と相性がいいです。

材木メンマは柔らかい食感。
モヤシもシャキシャキの食感。
辛味と合わさり、一風○のピリ辛もやしのようです。

食べ易く、スルスルと胃に入ってしまいました。
正直、冷製って敬遠してしまってあまり食べた事がなかったんですが、見直しました。
「店主さん! 冷製も旨かったすよ!!」と挨拶してお店を出ました。

また新しいメニューが出たら、是非食べてみたいです!

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 4件