なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

たっくん

男性 - 埼玉県 (1973年生まれ)

     http://photozou.jp/diary/show/300634/117724   

平均点 76.441点
最終レビュー日 2011年5月12日
901 541 0 6,990
レビュー 店舗 スキ いいね

「みどりぃぃぃぃ」@鶏の穴の写真 2011.05 retry
 夜になり池袋で友人と合流して西口の居酒屋を回ったがどこも満員。
 残念な半面、時節柄少し安心した。時間をずらすために酒宴の前に一杯頂くことに。

 店前に到着。店内を見ると空席がある。
 券売機で限定の食券を購入してカウンターへ。

 マイ箸を取り出し、特典の味玉をお願いした。
 程なくサーブ。

 みどりぃぃぃぃ 800円
「抹茶風味で後味さっぱり!」
「ホウレン草のペーストと抹茶を使用しています。新緑の季節をイメージした緑色のつけめんです。ぜひ一度ご賞味下さい。」

麺もつけダレも「みどりぃぃぃぃ」。

緑の麺は3~4mm程の太さ。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/79019738
塩気を感じる麺。
麺肌はツルツルで弾力がある。
麺の上にはフライドオニオンと粉チーズ。

泡立った緑のつけダレは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/79019679
油はこってり。
塩気は強め。
ピリッとした。辛さがある。
抹茶の風味が強い。
薬味にネギが刻まれている。

つけダレの中には鶏肉とアスパラが沈んでいる。
サービスの味玉はきれいな焼き印がされている。黄身に少しレアさが残った旨い味玉。


個性的で印象深い一杯。
こちらの限定は2度目だが引き出しの多さを感じた。

チャンスがあればまた限定を狙ってみたい。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 2件
89

「つけ麺」@つけ麺 道の写真 2011.05 1st try
 10:30店前に到着。先客は4人。親切に並び方を教えてくれた。
 道を挟んだところに椅子が置かれており、その先頭に着席。冷たいお茶のサーバーが用意されている。スタッフが「早くからありがとうございます」と声をかけてくれた。
 11:10 元気な朝礼が聞こえてきた。体育会系。緊張感がある。
 11:30 暖簾がかかり、入店する頃には行列は30人を超えた。
 厨房の出口にはマスターの「参った」札。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78703802
 麺は4食で1ロットのようだ。
 魅せるオペレーション。迫力ある湯切りに見とれている間にサーブ。

 つけ麺 750円

日替わりの桜海老パウダーが添えられている。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78704888
「麺にかけ、味に変化をつけてお召し上がりください。スープ割お申し付けください」とのアナウンス。

板ざるの上に丁寧に盛りつけられた麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78704916
艶のある麺は6×3mmほどの太さで、ストレート。
麺肌はツルツルしていてのど越しが良く、食感はモチモチ。
コシが強い。

泡立ったブラウンのつけダレは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78704952
油はスープと同化していて、トロリとした粘度。
塩気は程よい。
動物系の旨みに魚介の後味。ざらつき等は気にならない。
特に豚骨が濃く感じた。
甘みは野菜由来だろうか?
具材は入っていない。
ありそうでない。個性的なつけダレ。
別皿に刻まれているネギはみずみずしく、とても香りが良かった。

別皿で提供された具材。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78704847
味玉は茹でたてを切っていた。黄身がレアで濃厚な味わい。旨い。
軟らかいチャーシューは薄めの味付けで、つけダレを邪魔しない。
穂先メンマはサクサクと好みの食感。

海老パウダーを麺に振りかけて頂いた。劇的な変化はないものの、香ばしさが若干上がり、食感が若干下がった印象。

どうしても東十条のお店と比較してしまうが、遜色ない印象。
嗜好にハマったつけ麺を楽しめた。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 両さんの銅像の写メを撮りつつ下町の商店街を歩き、店前に到着。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/78703712
 下町の一角にあるこちらのお店。とても懐かしい感じのする路地。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/78703750
 数件隣の八百屋のお姉さんが近所の方とあいさつしながら元気な声でキャベツを売っている。
 下町の雰囲気はとてもくたびれた心を和ませてくれた。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油)」@麺処 ほん田 東京駅一番街店の写真 2011.05.02 1st try
 夜の秋葉原を堪能した後、ちょっと早めのアガリを頂きに八重地下のラーメンストリートへ。
 同行者と意見が一致し、ほん田へ。
 閉店間際の21:50 店前には10人ほどの列。
 濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油)とラーメンの食券を購入。
 15分ほどで入店。
 本店とコンセプトの似た店内。女子用の髪止めゴムが用意されているなどの配慮はさすが。
活気のある店内。スタッフの声も良く出ている。
程なくサーブ。

濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油) 750円

麺は4.0×2.5㍉程の太さのストレート太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78070381
キンキンに冷たく〆られている。
麺肌がツルツルした喉越しのいい麺。
歯ごたえはモッチモチ。

ブラウンのつけダレは超熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78070293
塩気は強く甘みが強い。酸味も若干。
油はスープと同化していて粘度はトロリ
豚骨が濃い。後味の魚介もしっかり。
薬味に青ネギ

ピンク色のチャーシューは小さいサイコロ状に切られていて、ローストのような食感。
「低温調理」という調理法らしい。やっぱりほん田のチャーシューは旨い。
細く切られたメンマはコリコリの食感。
白髪ネギも刻まれている。


本店程の満足度は得られなかったもののほん田らしさを楽しめるつけめんだった。

限定等が提供されるなら再訪したい。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 並 200g」@天神屋 秋葉原本店の写真 2011.05.02 1st try
 秋葉原での待ち合わせの前に腹ごしらえをすることにした。
 「亭」師匠のレヴューを参考に到着。

 店に入って左斜め後方の券売機で食券を購入。
 つけ麺の食券を買ってカウンター席へ。

 ホームページで拝見した店主さんが腕を奮っておられる。
 麺量を選べるとの事だが、後に備えて普通盛りで指定。

 程なくサーブ

 つけ麺 並 200g

2~3㎜ほどの太さの麺は温い温度。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78070144
多加水太麺。
麺肌がツルツルでモチモチした食感。
喉越しはいいが、温度が温いのが残念。
つけダレとの絡みはあまり良くない。

ブラウンのつけダレ。これも温度が温め。
 
油はスープと同化しているが、粘度が低い。これも麺と絡みづらい原因の一つ。
動物・魚介のバランスは好みだが、つけダレの全体的な印象は「甘・辛・酸」

チャーシューは3㎜ほどの厚さ。味付けは塩気が強い。
メンマは若干酸味を感じた。
卵は黄身に若干のレアさを残した茹で加減。
薬味にネギが刻まれている。


所謂「甘・辛・酸」が苦手な私の嗜好には合わなかったのが率直な印象。

次回はラーメンを頂いてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'

 さて、秋葉原で酒タイム♪

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめんアラビアータ」@池麺 KINGKONGの写真 2011.04.18 1st try
 高田馬場から池袋へ移動して酒タイム。
 そのインターバルに一杯食べることにした。
 色々迷ったが、検討の結果「トロフルつけ麺」が気になりこちらへ。
 ここは東池袋大勝軒の新ブランドとの事。
 店前に着くと限定の張り紙を発見。
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/76690186?size=800
 なんとも魅力的なのでトロフルは連れに任せて私はこちらに決定。
 券売機で食券を買いスタッフに手渡すと「中辛と激辛が選べます」との事なのでもちろん中辛指定。
 つけ麺→ライスの順でサーブ。

 つけめんアラビアータ 900円

「トロフルをベースに特製トマトソース、ハバネロを隠し味にピリッと刺激的な限定味」

麺は3×2mmほどの太さの軽くウェーブした形状の太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76690294
麺肌が粗く、少し芯を残した茹で加減。
温度は少し温め。
食感は少しやわ目。
麺を硬めで指定すればもう少し嗜好にハマったかもしれない。

真っ赤なつけダレは温度が温め。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76690239
粘度は高く、ドロリ。
トマトの風味が強い。
オニオンのみじん切り。
ベースがトロフルなので口あたりに甘みを感じる。
粉チーズはトマトやオニオンの風味とマッチ。
まさにパスタソースの味。
そしてタバスコに似た痺れるような強い辛み。
激辛をオーダーしていたら全部食べられなかったかもしれない。

麺の上にはベーコン、水菜そしてレモン。
ベーコンは軽くソテーしてある。

つけダレが冷えたので温め直しをお願いすると、つけダレを足す方法になるとの事なのでチーズ等の風味が薄まるのを恐れて遠慮した。

後半、レモンを麺に絞ってみたが、いつもは邪魔に思える酸味が不思議と違和感を全く感じなかった。

最後は半ライスでリゾット風に。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76690338
と言うより、まんまリゾットw


初めて食べるアラビアータ風つけ麺。
刺激の強いイタリアンテイストで個性的なつけ麺だった。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん(並)」@らーめん・つけめん 虎心の写真 2011.04.17 retry

 「虎心」に数年ぶりに念願の再訪。

 数年前は寒空の下1時間ほど並んだ後にラーメンとつけめんを頂いた。

 今回は一番乗りで虎二郎とつけめんをオーダー。

 虎二郎を食べていると後客が少しずつ増えてきた。

 程なくつけめんがサーブ。

 つけめん 800円
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/76265798?size=800

麺のヴィジュアルは虎二郎と同じ。
ボイル時間の関係か、虎二郎よりもモチモチ感を感じる。
良く〆られていて冷え冷えで滑りはなし。
麺だけ食べても味わいが深く、旨い。

ブラウンで泡立ったつけダレの温度は最初から低め。
油はスープと同化していてドロリとした粘度。
塩気は強い。
動物系よりも魚介の主張が強い印象。
薬味にネギと玉ねぎ。

つけダレの中にチャーシューと太いメンマ。
チャーシューは部位の関係かとても塩気が強め。つけダレの塩気が強いのと相まって塩辛く感じた。
麺の上には海苔とカイワレがトッピング。

数年前に食べた時よりも動物系が大人しくなり、魚介が強くなった印象。
唇のペタペタ感も以前よりも少なく感じた。
塩気が強いのとつけダレの温度が低いのも少し残念だった。
前回つけめんとラーメンを頂いた時はつけめんに軍配だったが、今回は虎二郎の方が好みだった。

この強い麺を次回はあつもりで頂いてみたい。


店を出る頃には店内は満席に近い状態だった。
人気があるのが頷ける「虎心」
私の活動エリアからは遠い立地だが、定期的に足を運びたいお店だ。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「辛つけめん+全部乗せ」@麺屋 加藤の写真 2011.04.15 retry

 大里で花見と温泉を満喫。そして以前から気になっていた花園バスラーメンで焼肉を楽しんだ後、熊谷まで帰ってくると陽が傾いていた。
 気がつくと夕食の時間w

 連れの強いプッシュで「麺屋 加藤」へ。
 店横のスペースに車を滑り込ませて暖簾を潜り、カウンター端の席へ。
 未トライの辛つけめんを辛味別皿でお願いした。

 つけめん→辛味→トッピングの順でサーブ

辛つけめん+全部乗せ 700円+250円

麺は4.0×2.5mm程の太さのストレート太麺。
もちもちの食感。

小さめで超熱々の器に注がれたダークブラウンのつけダレは高めの温度。
油はスープと同化していて、表面にも膜を成している。
粘度は低くサラリ。
塩気は若干強め。甘みもある。
魚介が強く、煮干しがしっかりと香る。魚粉のザラツキは気にならない。
以前に比べて物足りなさを感じないつけダレ。
薬味にネギが刻まれている。

辛味は海老系。
途中から添加したが海老の風味と唐辛子系のホットな辛さが増して最後まで飽きずに頂けた。

チャーシューは6㍉程の厚さでバーナーで炙りが施されている。
味玉は黄身がレアで濃厚な味わい。
メンマはコリコリの食感。味付けは薄め。
海苔は大判のものが麺の丼に一枚。別皿に一枚。

スープ割をお願いすると一杯一杯煮干しを煮て割りスープを作る為、煮干しのいい香りが店内に広がる。
丁寧に作られた熱々の割りスープはつけダレに温度と風味をプラスしてくれる。


開店当時から楽しませてくれているこちらのお店。
これからもマイナーチェンジを定点観測していきたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

ときたま気まぐれに限定も提供するこちら。
「ツイッターとかで限定情報が欲しいなー」と大きな独り言を言うと「パソコンは〜…」と店主さんも独り言。
頻繁に足を運ぶしかないようだww

http://photozou.jp/diary/show/300634/115356?c=0

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 3件

「カレーつけめん+チーズ」@KUMAGAYA 100万★馬力の写真 2011.04.14 retry
 「こんちゃ。カレーつけ麺食べに来ました」
 と挨拶すると店長さんが笑っているw
 2日連続のKUMAGAYA 100万★馬力

 昨日と同じカウンター席へ座る
 すると早速店長さんが「生ですか?」と尋ねてくれたww

 生ビールを注文すると同時にカレーつけめんをオーダー。

 一杯目の生ビールが空くと同時にサーブ。

カレーつけめん+チーズ 800円+50円


麺は昨日のつけ麺と同じ印象
http://ramendb.supleks.jp/score/332625

黄色味がかったつけダレは温度が温め。
スパイシーでホット。
ベースはつけ麺と同じく甘みがある豚骨魚介。
油はスープに同化していて、粘度はトロリ。
粉チーズを入れると濃厚な香りがプラスされ、さらに好みになった。

具材もつけ麺と全く同じようだ。

麺を半分食べたあたりでIHヒーターにて再加熱。
やっぱりこのサービスはうれしい。

今回も最後まで熱々のつけダレを楽しむことができた。
最後にリゾットができなかったのが心残り。
こちらにはご飯や生卵などのつく「リゾットセット」というセットもあるようなので次回はこれも併せてリピートしてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

「また近いうちにラーメン食べに来ます」

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「つけめん +熊谷の豚チャーシュー」@KUMAGAYA 100万★馬力の写真 2011.04.13 登録・採点
 夜になり熊谷の堤防に桜を見に行ったが出店も撤収されていて閑散としている。。。凹みながら行きつけの居酒屋へ向かっている途中にこちらのネオンが見えた。
 ここは昼のみラーメンを提供している居酒屋・・・のはずだった。
 何度か昼に訪れているが、店が開いている様子はなかった。
 店に確認をすると、昼の部はもうやっておらず、夜でもラーメンを提供しているとの事なので迷わず入店してカウンターへ。
 生ビールを注文し、つけ麺をオーダー。
 熊谷の豚チャーシューをトッピングできるか尋ねると可能との事なのでそちらもオーダー。2杯目のビールと同時にサーブ。

つけめん +熊谷の豚チャーシュー 800円+200円

「つけダレが冷めたら卓上のIHヒーターで温めてください」とのアナウンス。
これは面白いサービス。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75455165

麺は花蝶きっぴすの麺と酷似している。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75455135
確認すると、製麺所が同じようだ。行田の吉野製麺。
3.0×1.5mmほどの太さの多加水麺。
軽くウェーブした形状。
麺には練り込みが見られる。
麺肌はツルツルしていて食感はモチモチ。

ブラウンのつけダレは温度が温め。
まずはガツンと柚子が香る。
柚子の強さは私の知っている中ではこれほど強いつけダレは初めて。
甘みがある豚骨魚介。
油はスープに同化していて、粘度はトロリ。

メンマはコリコリ。
もやしは個人的には要らないと思う。
トッピングした「熊谷の豚チャーシュー」はトロトロホロホロと軟らかいすじ肉。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75455177
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75455195
しっかりと味付けもされていて、見た目は悪いが味がいい。
カイワレと大判の海苔もトッピングされている。

麺を半分食べたあたりでつけダレをIHヒーターにて再加熱。
すぐに沸騰して湯気が立ち始める。
その模様を動画でお伝えw
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75455057
温度はサーブされたときよりも熱々になる。
このサービスはうれしい。


最後まで熱々で頂けるこちらの一杯。
柚子の強さが気になったが、リピートするには十分好みの一杯だった。

次回はカレーつけめんを頂いてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

店長さんとレジ付近で少し話をして店を出た。
「また近いうちにカレーつけめん食べに来ます」

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件
このレビューは移転前のものです。

「つけ麺(ニンニク・アブラ)」@ラーメン二郎 歌舞伎町店の写真 2011.04.08 1st try
今宵は新宿で酒宴。

その前に腹ごしらえ。

いろいろと迷ったが二郎で勢いをつけることにした。

券売機の前で迷ったが、経験の薄いつけめんと生ビールの食券を購入。

二郎とは思えない短い待ち時間で着席。
続いて「スープ割をお申し付けください」とのアナウンスと共に即サーブ。

つけ麺(ニンニク・アブラ)

グレーがかった麺はよく〆られていて冷え冷え。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74898029
3㎜ほどの太さのストレート太麺。
二郎にしては細い麺。
麺肌はザラザラしていて、芯を残した茹で加減。
つけ麺としては珍しい麺だが、これはこれで好み。

乳化してキラキラ光るつけダレの温度はとても温め。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74897959
大きめの丼にたっぷりと注がれている。
塩気が強く、酢由来の酸味も強い。
ニンニクが辛く、刺激的。
粘度は低く、さらりとしている。
薬味にネギ。
トッピングしたアブラは固形として確認はできないかった。

豚は柔らかくて旨い。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74898137
量は少ない。写真程の大きさのものが1枚半ほど。
キャベツともやしはつけダレに沈んでいたが、シャキシャキの食感。
二郎で初めてメンマのトッピングを見た。細くてコリコリした食感。
かまぼこも入っていた。

二郎のつけ麺は大宮に続いて2度目のトライだが、印象は悪くなかった。
乳化したつけダレが特に好印象。
酸味が抑えめだともう少し好みだったかもしれない。

機会があれば次回はラーメンを食べてみたい。

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件