なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

たっくん

男性 - 埼玉県 (1973年生まれ)

     http://photozou.jp/diary/show/300634/117724   

平均点 76.441点
最終レビュー日 2011年5月12日
901 541 0 6,990
レビュー 店舗 スキ いいね

「にぼやん一号」@麺屋 一燈の写真 2011.05 retry

 今日も突然予定が空いたので都内へ。

 新小岩駅。このお店がなければまず降り立たない駅w

 もうすぐ提供が終了してしまう限定狙い。

 食券を購入して店内へ。

 程なくサーブ

 にぼやん一号 500円
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/78743557?size=800

表面のキラキラしたブラウンのスープは熱めの温度。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78743483
油はスープと同化していてさらに表面にも玉状になって漂っている。
トロリとした粘度。
煮干しの風味が強いがエグミは感じず、動物系の旨みとの相性は抜群。
塩気は若干強めだが、煮干しのスープとしては好みのレベル。
薬味に玉ねぎ。食感にアクセント。煮干しスープとマッチ。

麺は2mm程の太さのストレート麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78743515
芯を残した茹で加減で、潔い歯切れ。
スープとの絡み・相性は良好。

チャーシューは程よい歯応え。
メンマ
水菜
海苔
全て調和が取れていながらそれぞれの個性を楽しめる。


500円。すばらしいコストパフォーマンス。
全てにおいて満足度が高かった。
さすがの一杯。
他店であっても間違いなくレギュラー看板メニューとして集客ができる一杯だと思う。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 駅前の新店、楽しみにしときます。

 Thanks a lot!! 坂本さん 麺屋 一燈

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 3件

「とんくろラーメン」@カポネの写真 2011.04.28 retry
 自転車で熊谷へ向かうも突風と呼んでも過言ではない程の強い向かい風に阻まれて繁華街まで辿り着けそうにない。。。そんな時に目に飛び込んできた「麺道・べらぼう」の文字。今日はここで一杯食べて帰ることにした。
 ここはべらぼうラーメンや風邪麺のお店。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/38095212
 入店して椅子に腰かけながら「いやー。風が強い。涙が出たよー」とこぼすと、「目が奇麗になるからいいんだよ! しょ○○○出るよりいいだろー」とおやっさんからいつもの調子でデタラメな洗礼を受けたwww
 以前から気になっていたとんくろラーメンをオーダー。
 程なくサーブ。

 とんくろラーメン 700円

 「とんくろ」とは黒豚の事らしい。

 醤油色のスープは熱めの温度。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/77173163
 油は玉状になって表面を漂っている。
 カエシ・塩気は程よい。
 動物系は豚。あとは粉系昆布の旨みだと思う。ある意味潔い味。
 薬味にネギ。

 麺は3.0×1.5㎜ほどの太さの平打ちちぢれ麺。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/77173182
 麺肌はツルツルしていてモチモチしたコシの強い食感。

 「とんくろ」の名前の由来でもある黒豚は見かけよりもたっぷり入っている。
 小ぶりながら5㎜ほどの厚さのものが7枚ほど。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/77173200
 ホロホロと解れるが適度に歯応えがあり、ジューシーで旨い。

 メンマは細くコリコリした食感。ブラックペッパーで下味がついている。
 なると、わかめ、ウズラの卵もトッピング。

 相変わらずの飾りっけないラーメンだが、今回も楽しませてもらった。
 カポネにはリピートしたくなる「何か」がある気がするw

 また体調を壊したら風邪麺を頂きに来たい。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 4件
70

「モヤシソバ」@慶楽飯店の写真 2011.04.24 登録・採点
 サイクリングの際にいつも気になっていたお店「慶楽飯店」

 開店時刻丁度に到着。

 暖簾をくぐるとノスタルジックな店内。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/76875357

 女将さんにオススメを聞いてオーダー。

 「味シュランちよだ」を見ている間にサーブ。

 モヤシソバ 600円

所謂 餡かけもやしラーメン。

醤油色のスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76875385
塩気は程よい。
油は玉状になって表面を漂っている。
鶏ガラのいい香り。

上からかけられている餡は若干の甘みと酸味がある。
スープとのマッチングは良好。

麺は若干不揃いな平打ち麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76875413
麺肌はツルツルしていてモチモチの直感。
餡かけスープと絡む。

もやしは太めのものがたっぷり入っていてシャキシャキと歯応えがいい。
タケノコ、にんじん、青菜、キクラゲも入っていた。


ほっとする味。
次回は五目そばを頂いてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

「味シュランちよだ」のスタンプラリーへの参戦を決意したw
http://photozou.jp/diary/show/300634/116041

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「もやしラーメン 大盛り」@居酒屋 一将 本店の写真 2011.04.14 retry

 今日は外回り。

 ランチに一将。

 「一期一会」の暖簾をくぐり、大将と女将さんに挨拶してカウンター席へ。

 前回好印象だったもやしラーメンを大盛りでオーダー。

 程なくサーブ

 もやしラーメン 大盛り 550円

丼が大きい!
一将の大盛りは迫力がある。

透明感のある醤油色のスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76143585
油は多めで、スープ表面に薄い膜を成している。
相変わらず香ばしいスープ。
鶏、豚、少し鰹のスープがベース。
炒めたひき肉と醤油スープ。ブラックペッパー。


麺は1.5㎜角くらいの太さの細ちぢれ麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76143619
ツルモチの食感。
今日の麺は少しヤワ目。
麺量が恐らく二玉くらいあるので、後半になるとさらに膨張してくる。
大盛りでのオーダーは硬め指定がいいかもしれない。

相変わらずもやしは太めで瑞々しく、シャキシャキした心地いい歯ごたえ。
ひき肉の味付けともマッチ。
ワカメもトッピング


もやしラーメンは大盛りにすると少しバランスが崩れる印象。
逆に普通盛りのもやしラーメンが非常にバランス良くできていることもわかった。
大盛りは太麺のメニュー(味噌・カレー等)か麺を硬めでオーダーする方がいいかもしれない。

CP的には非常に満足。この麺量・ボリュームで550円は安いと思う。

こちらはランチタイムのメニューも充実しているので、次回は生姜焼き定食などを頂いてみたい。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 7件

「うさぎらーめん 並 こってり」@うさぎやの写真 2011.04.15 1st try
 天気も良く絶好の花見日和なので秩父方面へ花見ドライブへ行くことにした。

 熊谷から西へ。そのコース上にあるのがこの「うさぎや」

 店内に入るとスタッフ全員で笑顔で迎え入れてくれた。
 壁には石神氏や石山氏のサインが飾られている。

 調理は女性店主さんのリズミカルなテボの湯切りが印象的。
 店内の「うさぎグッズ」に癒されている間にサーブ。

うさぎらーめん 並 こってり 850円

ブラウンのスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76043922
塩気は優しめだが、カエシのコクはしっかり。
背脂が多めにかけられているが背脂由来の甘みはあまり感じられない。
油は表面に膜を成している。
サラリとした粘度。
煮干しが強めに香る。エグミは感じない。
薬味にネギ

麺は2.5mm程の太さの中太ストレート麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76043895
麺肌はツルツル。
芯を残した茹で加減。

チャーシューは3mmほどの厚さ。
スモーク系の香り。
柔らかく程よい歯ごたえがある。
味玉は黄身がレアでトロリ。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76043937
メンマは穂先と茎の部分の2種類。
海苔もトッピングされている。


とても優しい印象のラーメン。
前半は物足りなく感じるが、最後までしつこさを感じることなく頂けた。

次回は埼玉の地ラーメン「焦がし醤油」を頂いてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

http://photozou.jp/diary/show/300634/115356?c=0

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉中華そば」@中華そば 螢の写真 2011.04.11 retry
 連れと大宮公園で花見の予定だったが予想外の大きな地震で電車が大幅に遅れたのに追い撃ちをかけるように雨に降られてしまった。
 そんな雨の中、大和田駅から傘をさして歩き、辿りついたのはこちら。
 久し振りの「蛍」
 店内は空席が目立つ。蛍には珍しい光景だ。
 そして以前にも増して煮干しのいい香りがする。
 食券を購入してカウンター坪へ。
 ビールで一息つきたかったが、こちらはアルコールを提供していないようだ。。。
 少し長めの待ち時間の後サーブ。

 味玉中華そば

スープを一口啜った時に「旨い」とため息が出た。

表面がキラキラ光るブラウンのスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75254728
油は玉状になって表面を漂っている。
店内に入った時から煮干しの香りは強かったが、ラーメン自体も記憶以上に煮干しが強い。
カエシは濃い目。煮干しの濃度からすると好み。
柚子の皮のみじん切りが刻まれている。
薬味にネギ。

麺は3mm程の太さの軽くウェーブした形状の太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75254759
麺肌はツルツルしていて、歯応えはモチモチ。とても食感がいい。
スープとの相性も良好。
煮干し系に併せるのは低加水の細麺が好みだが、この加水多めの麺も旨い。

脂の乗ったチャーシューは軟らかく、解れる。
メンマはコリコリ。
味玉は黄身にレアさが残った濃厚な味わい。


 蛍では、中華そば→つけ麺→とりそば→味噌→辛味噌という感じで食べてきていたので中華そばの記憶は曖昧だったが、記憶以上に旨く感じた。
 つけ麺のつけ汁に「重厚タイプ」が登場し、従来「白」と重厚「赤」の2種類から選べるようになったようだ。
 次回は「赤」を大盛りで食べてみたい。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 3件

「煮干しラーメン」@すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館の写真 2011.04.08 1st(?) try
 今宵は新宿で酒宴。
 その後で〆の一杯。
 私のごり押しで迷わずゴールデン街へ。
 こちらは前回、店外・着席後共に非常に待ち時間が長く、終電の関係諦めて仲間に食券を譲ってダッシュで帰った思い出のあるお店。
 今回は待ちもなく入店。券売機で煮干しラーメンとビールの食券を買い、カウンター越しにスタッフに手渡す。
 相変わらずの照明の落ちた落ち着いた雰囲気の店内。
 煮干しのいい香りにテンションが上がる。
 前回ほど着席後の待ち時間も長くなく、10分ほどでサーブ。

 煮干しラーメン

ブラウンのスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74997014
カエシが強く、塩気も強い。
煮干しはしっかりと香る。煮干しの濃度は好み。
薬味にネギが刻まれている。

麺は4×3㎜ほどの太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74997045
そして一反もめん。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74996985
太麺はプリッとしたコシの強い麺。
モチモチの食感でスープとの相性も良好。
一反もめんは厚めのワンタンを食べているような食感。
来集軒の川幅麺よりも少し軟らかい印象。
2種類の麺の食感が味わえるというのがうれしい。

チャーシューは7㎜ほどの厚さのバラロール。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74997075
歯応えがあり、食べ応えもある。

海苔もトッピングされていた。


以前から食べたい一杯だったので、念願叶った。
予想通り好みの一杯だった。
次回はつけ麺にもチャレンジしてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

http://photozou.jp/diary/show/300634/114541

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(小) + メンマ」@もちもちの木 白岡店の写真 2011.04.04 retry

 春日部から白岡へ移動。

 まだ寒さが残っているうちに食べたかったもちもち本店。

 入店してベンチ待ち5番手

 程なくカウンターへ。

 相変わらずの暗い店内で写真のシミュレーションをしているとサーブ。

 中華そば(小)650円 メンマ160円

ブラウンのスープは超熱々。
油の層があり、湯気が立たないので、火傷に注意しながら木製レンゲで慎重に頂く。
相変わらず鰹系の魚介の強烈な香り。
今回は甘みも多少感じることができた。
とても粘度の低いスープ。
白髪ねぎの香りがスープとマッチする。

黄色味がかった麺は2㎜ほどの太さのストレート麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74150655
麺肌はツルツルしていて、歯応えはモチモチ。

チャーシューはバラロール。食べていると解れる軟らかさ。

そして、トッピングした穂先メンマ!
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74150680
これがたまらなく好み。
軟らかく適度にサクサクと歯応えがある。
このスープに浸った穂先メンマと丼底の魚粉たっぷりのスープでライスが食べたくなるw


やはりここの超熱々ラーメンは中毒性がある。
また寒い季節になったら恋しくなると思う。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 ここでの写真撮影は僕の腕では難しい。。。
 http://photozou.jp/diary/show/300634/113893

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 2件

「鳳凰麺満帆Ver.(中辛)」@大勝軒満帆 行田店の写真 2011.03.31 retry 
 朝、満帆から携帯メルマガが届いた。
 『店舗限定メニュー。“鷹の爪ラーメン満帆Ver.”に鶏の唐揚げを乗せたボリューミーな一品です。』

・・・乗せましたか。。。
    '・'゜☆・・'゜★。*'・'

 今日もメルマガに釣られる形になった。
 食券→店長さんに挨拶→カウンター10番席。
 2本目のビールを追加すると程なくサーブ。

 鳳凰麺満帆Ver.(中辛)950円→750円
「鷹の爪ラーメン同様、辛さが3段階選べます」との事なので、前回同様中辛をチョイス。

 感想は前回の。“鷹の爪ラーメン満帆Ver.”とカブる。
  http://ramendb.supleks.jp/score/328331

 彩りはこちらの方が好み。
  http://www.zorg.com/pub/photod?pid=ikkikiqmrnup

ブラウンのスープは熱々。
 http://www.zorg.com/pub/photod?pid=ikkikiqnintr
(今回は清湯の画像)

透明感のあるスープと餡が分離しているタイプ。
前回の“鷹の爪ラーメン満帆Ver.”と同じ。
ただ、餡にしいたけのみじん切りがプラスされている。

麺は2.0×1.5㎜ほどの太さのストレート麺。
こちらも“鷹の爪ラーメン満帆Ver.”と同じ。

今回は大きな鶏の唐揚げが乗っている。

とても大きい唐揚げ。
 http://www.zorg.com/pub/photod?pid=ikkikiqnkntt
 http://www.zorg.com/pub/photod?pid=ikkikiqnjnts
熱々ジューシーで衣はサクサク。
辛めの餡とのマッチングも良好。
中華料理のような味わい。
この唐揚げを食べ始めてからは麺が多少ミスマッチに感じてしまった。

ボリュームも多く、満腹感も大きかった。

ビールを飲みながら頂くにはもってこいの一杯。

正直、期待していたよりも満足度は高かった。

また提供があればリピートしてしまいそうな一杯だった。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 18件

「野菜麺 (チャーハンのランチセット)」@チャイナレストラン 珉珉の写真 2011.03.26 retry
 今日も被災地へ物資を届けるための肉体労働。
 ランチブレイクに珉珉。
 珉珉のランチは安価でボリュームたっぷりなのがうれしい。
 前回のランチも豪華だった。
  http://ramendb.supleks.jp/score/256088
 カウンターに座り、メニューを吟味。
 野菜麺は野菜炒めの乗った醤油ラーメンとの事。
 セットはカレーと炒飯がチョイスできる。
 前回はカレーだったので、今回は炒飯のセットを注文。
 程なくサーブ。

 野菜麺(チャーハンのランチセット) 750円

相変わらず豪華!

ラーメンに半炒飯。
さらに餃子とポテトサラダ。
デザートに杏仁豆腐も付いている。

醤油色のスープは熱々。
塩気は程よく、油は玉状になって表面を漂っている。
前回ほど昆布は強く感じなかった。
炒めた野菜の香りが醤油スープと混ざって香ばしい。

緑色の麺は1.5㎜程の太さの細ちぢれ麺。
ほうれん草を練り込んだ麺。
http://photozou.jp/photo/show/300634/73048452
翡翠麺。
以前食べたタンメンよりもずいぶん細い。
麺は平ざるで上げていた。
麺肌はツルツルしていてモチモチの食感。
スープと良く絡む。

具材は炒めてある。
ニラ
キャベツ
もやし
豚肉
キクラゲ
玉ねぎ
歯応えのいいタケノコのスライス


麺量・具材共に多めなのに加えて付け合わせも豪華なのでかなり満腹になった。
デザートの杏仁豆腐もキンキンに冷えていて旨かった。
何より750円というコストパフォーマンスがうれしい。

このお店のサービス精神は素晴らしいと思う。
ランチタイムにお客さんが多いのも頷ける。

これからも珉珉のランチにはお世話になりそうだ。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件