なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

たっくん

男性 - 埼玉県 (1973年生まれ)

     http://photozou.jp/diary/show/300634/117724   

平均点 76.441点
最終レビュー日 2011年5月12日
901 541 0 6,990
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーつけめん+チーズ」@KUMAGAYA 100万★馬力の写真 2011.04.14 retry
 「こんちゃ。カレーつけ麺食べに来ました」
 と挨拶すると店長さんが笑っているw
 2日連続のKUMAGAYA 100万★馬力

 昨日と同じカウンター席へ座る
 すると早速店長さんが「生ですか?」と尋ねてくれたww

 生ビールを注文すると同時にカレーつけめんをオーダー。

 一杯目の生ビールが空くと同時にサーブ。

カレーつけめん+チーズ 800円+50円


麺は昨日のつけ麺と同じ印象
http://ramendb.supleks.jp/score/332625

黄色味がかったつけダレは温度が温め。
スパイシーでホット。
ベースはつけ麺と同じく甘みがある豚骨魚介。
油はスープに同化していて、粘度はトロリ。
粉チーズを入れると濃厚な香りがプラスされ、さらに好みになった。

具材もつけ麺と全く同じようだ。

麺を半分食べたあたりでIHヒーターにて再加熱。
やっぱりこのサービスはうれしい。

今回も最後まで熱々のつけダレを楽しむことができた。
最後にリゾットができなかったのが心残り。
こちらにはご飯や生卵などのつく「リゾットセット」というセットもあるようなので次回はこれも併せてリピートしてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

「また近いうちにラーメン食べに来ます」

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「カレーごじ麺 (ニンニク)」@中華そば・特製もりそば 己勝軒 満帆の写真 2011.02.28 retry
 前回当選したイオン太田の敷地内にある天然温泉「安眠の湯」の無料ご招待券の期限が今日までw
 http://photozou.jp/photo/show/300634/59689970
 http://ramendb.supleks.jp/score/305241
 というわけで同じイオンモール太田の敷地内にあるこちら!w
 入店して券売機でごじ麺の食券を買い、スタッフに手渡す際に「カレーで。ニンニク入れてください」と告げる。
 50人は入りそうな大きな店内に客は今日も4人ほど。ここもハコが大きすぎるように感じる。。。
 奥まったところにある厨房はフロアの女性スタッフと楽しそう♪

 カレーごじ麺 750円

まずは天地返し
 http://photozou.jp/photo/show/300634/70067032

黄色味がかったスープは温めの温度。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/70066932
油はスープと同化していてキラキラしている。
背脂も浮遊していて、トロリとした粘度。
カレーはブラックペッパー強く、スパイシーさは感じるがホットさはあまり感じない。
卓上の一味唐辛子を振ると好みの辛さになった。
ニンニクはさほど強くない。
ベースは満帆スープ(豚・鶏・野菜)だろうか?
塩気は程よい。
ピンクの挽肉(ダシガラ?)がスープの底に沈殿していて、これがいい動物系の旨みを出している。

麺は4mmほどの太さの激しく縮れた太ちぢれ麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/70066977
低加水で麺の中間にかなり粉っぽさの残るワシワシとした食感。
もう少し茹でた方が好みかもしれない。

チャーシューは5㎜程の厚さのバラ。軟らかくて旨い。
茹で卵が半玉、
ヤサイはモヤシ:キャベツ=3:7くらいの割合。
シャキシャキした食感で旨い。
「の」の字のなるとも山頂に鎮座していた。


カレー味のごじ麺は初めて食べたが、スープは好印象。
大勝軒満帆 行田店のグレーの麺と合わせても面白そうw

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 この後もちろん天然温泉「安眠の湯」へ。
 とても混んでいたがしっかり風呂全種類コンプリートして帰ったw

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「黄鬼(こってり)」@きくちひろきの写真 2011.02.27 retry

 今日は同士が集まり鬼退治。

 17:00 討ち入り 券売機と対峙。

 大将に挑戦状(食券)を渡し、カウンターで鬼の出現を待つ。

 調理が始まるとカレーのいい匂いに一同士気が上がるw

 程なく黄鬼が登場。

 黄鬼(こってり) 650円

鬼の角と髭は海苔
眼はほぐしチャーシューを固めたもの
眉間のしわはメンマ
口は揚げネギ
鼻は長ネギ

さて、「成敗いたす!」

背脂が大量に浮いている黄色味がかったブラウンのスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/70056180
カレーの風味はしっかり。背脂効果でマイルド。
背脂が甘く、カレーのスパイシーさは少し大人しくなっている。
ハバネロを少量振ると好みになった。
油は玉状になって表面に敷き詰められている。
粘度は背脂も加わりドロリとした粘度。
揚げネギの香りが香ばしく、「目」の部分のほぐしチャーシューが解れて旨みがプラス。
カレー風味を引き立ててくれている。

麺は3×2mmくらいの太さ。白丸・黒丸と同じ麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/70056155
軽くウェーブした中太麺。黒い粒状の練り込みが確認できる。
トロミのあるスープがよく絡む。
モチッとした食感。歯応えに弾力がある。
比較的伸びやすく膨れやすい麺。

メンマはコリコリ。
今回も海苔は崩れなかった。


「こってり」指定で背脂が増えたことにより甘みが上がり、より好みになった印象。
前回と同じくらいハバネロを振ったが、辛さは程よいレベルだった。


近々、今週で終わってしまう未トライの「赤丸」を頂きに来たい。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 11件
84

「黄鬼 + 味玉」@きくちひろきの写真 2011.01.29 鬼退治
 『3月一杯まで土日の夜の部は「黄鬼」(鬼の顔したカレー味のラーメン。出現率が低い)が現れる。』
 と、鬼の生みの親である大将から情報を得て、節分には少し早いんですが鬼退治です。
 17:05 討ち入り 券売機と対峙。
 開店間もない時間帯なので客は私一人。いつものように大将と身の上話などしながらサーブを待ちます。
 入店時からカレーのいい匂いが店内に立ち込めていて、士気が上がりますw
 程なく登場です。

 黄鬼 + 味玉 650円+100円

鬼の角と髭は海苔
眼はほぐしチャーシューを固めたもの
眉間のしわはメンマ
口は揚げたネギ
鼻は長ネギ
コブは味玉(トッピング)

さて、いい面構えなので崩すのもったいないけど
「成敗いたす!」

ブラウンのスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/66247421
塩気は強め。いい意味で「らしい」スープ。
油は玉状になって表面に敷き詰められている。
粘度はトロリとした粘度。
カレーの風味はしっかり。辛さはさほど強くない。
背脂が少量入っており、甘みも感じる。あえて言うならポーク風味。
揚げネギの香りが香ばしく、カレー風味を引き立ててくれている印象。

麺は3×2mmくらいの太さ。白丸・黒丸と同じ麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/66247474
どうやら前回食べた黄鬼の細麺と麺は違うようだ。
軽くウェーブした中太麺。黒い粒状の練り込みが確認できる。
トロミのあるスープがよく絡む。
モチッとした食感。歯応えに弾力がある。
比較的伸びやすく膨れやすい麺。
いつも大将が話しかけてくれるのでついつい膨れて量が増えるが、カレースープには膨れた麺もマッチするw

目の部分はテリーヌのようなほぐしチャーシューを固めたもの。
すぐに崩れてスープに溶けて分散する。
コブの部分は味玉。黄身はトロトロのレア状態で、カレースープに円やかさをくれた。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/66247524
メンマはコリコリ。
今回海苔は崩れなかった。

初めからハバネロを少量入れているとの事だが、辛さが物足りない方は入れるとホットさが上がる。
ただし極少量にしないと強烈に辛い調味料なので注意が必要。

相変わらずバランスの取れた一杯。
寒い季節にもってこいの心も体も暖まる一杯だった。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 黄鬼は土・日の夜の部のみの提供で、10~15杯ほどとの事です。
 あまり遅い時間だと売り切れになってしまうかも

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 11件

「グリーンメン(茄子抜き) 太麺」@入船食堂の写真 2011.01.21 1st try
 ブラボーラーメンからすぐ近くのこちらへ。
 ここ入船食堂は私が大好きだった中洲ラーメン 藤家でも腕を振るっておられた横浜出身の店主さんが営んでいるお店です。
 引き戸を開けて暖簾を潜り、テーブル席に陣取りました。
 まずは瓶ビールで乾杯。そして・・・迷わず
 ずっと楽しみにしていた「グリーンメン」をオーダー (o^∇^o)ノ
 残念ながら材料が足りず今夜はできないとの事 (・_・`*)
 「関東から楽しみに来たんで残念です。」とポツリとこぼすと「茄子抜きなら!」とファンキーな店主さん。ホントすか!? あざーす!(´▽`)
 店内のPOPなんかを見てもお店のスピリットが感じられて好印象です。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/65332983

グリーンメン(茄子抜き) 太麺 ???円
茄子分は値引きしてくれたとの事です。

一見パスタのようなヴィジュアルの麺は2.5㎜ほどの太さのストレート多加水太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/65324147
冷水でしっかりと〆られており、キンキンに冷えている。
麺肌がツルツルしていてつけダレとの絡みはイマイチだが、弾力のある歯応えが心地いい。
麺の上に振りかけられたナッツの食感と香ばしい風味もマッチする。
バジルの香りも好み。

緑がかったつけダレは熱々。
さらりとした粘度。
黄色い油は玉状になって表面を漂っている。
喉にくる辛みがある。
ココナッツミルク由来の甘みも強い。
まさにタイ風のグリーンカレーに似た味わい。

具材は鶏肉、パプリカ。
いずれもつけダレとのマッチングは良好。


本日2杯目のタイ風テイストだったが、似たアプローチに見えてそれぞれに個性があり、どちらも楽しめた。
次回は茄子の入った完全な一杯はもちろん油そばやらーめんも食べてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

ここで麺友さんと別れ、一人で駅方面に歩き出しました。
時計を見ると23:00。まだ寝るには時間が早いなー。。。
中洲に出陣するか・・・でも一人じゃ寂しいなー。。。

というわけで連れに連絡を取りながら夜の博多を彷徨います。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌カレーラーメン」@らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店の写真 2010.12.25 1st try ≪都内クリスマスの夜景めぐり≫
 クリスマスの夜景やイルミネーションが大好きな私。突然思い立ちました。
∑(゚∇゚)「そうだ!都内の夜景スポットを回りながらラーメンを食べ歩くツアーをしてみよう!」
 ・・・というワケのわからない企画に賛同してくれた連れと都内の夜景巡り&ラーメン食べ歩き(+酒)ツアーです。
 まずは第一のスポットは『アーバンドック ららぽーと豊洲』。そしてツアー一軒目はこちら。銀座一丁目で途中下車してど・みそです。こちらは有名店の味噌スープを作っているとの事で以前から気になっていたお店です。
 扉を開けて券売機で食券を購入し、照明の明るそうな席をチョイスw
 カウンターのみの落ち着いた雰囲気の店内です。
 先客・後客ゼロ。さすがにクリスマスは空いてるみたいですね。
 歪で個性的な丼に盛られてサーブです。

味噌カレーラーメン 1000円

黄土色のスープは温めの温度。
http://photozou.jp/photo/show/300634/61969421
細かい背脂が浮遊していて、油はスープ表面に膜を成している。
ドロリとした粘度の濃厚なスープ。
ピリッとスパイシー。子供には少し辛いかもしれない。
カレーの風味は粉系に感じた。味噌との相性は好み。
「カレー風味の味噌ラーメン」という感じ。
甘みも程よい。
薬味に糸唐辛子とゴマ。
ニラの香りが食欲をかき立ててくれる。

麺は浅草開化楼製のようだ。
http://photozou.jp/photo/show/300634/61969398
3.0×1.5mm程の太さで、ツイストした形状の平打ち麺。
少しボソッとした食感。芯を残した茹で加減でスープとの相性も良好。
スープの粘度が高いので、たっぷりの挽肉が麺に絡みついてくれる。
麺量は150gと少なめ。

味玉は黄身にレアさを残した濃厚な味わい。
http://photozou.jp/photo/show/300634/61969451
もやしはシャキシャキと食感がいい。このもやしは旨い。



CPはあまりいいとはいえませんが、個性的で旨いカレー味噌ラーメンでした。
温度はあまり高くありませんでしたが、カレーと味噌の効果で暖まりました。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 味噌カレーラーメンで暖まったホカホカの体で再び極寒の銀座を歩ます。それにしても今年のクリスマスは寒いっ!
 再度有楽町線に乗り豊洲で下車して本日最初の夜景スポット『アーバンドック ららぽーと豊洲』へ。
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/61969469?size=800
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/61969351?size=800
 ライトアップされたドックのクレーンがたまらなく好きなんですよねー♪

 さて、この後はゆりかもめに揺られてレインボーブリッジや♡型にライトアップされた東京タワーを見ながら次の夜景スポットへ向かいます。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「かれつけ」@狼煙 〜NOROSHI〜の写真 2010.12.22 retry
 夜になり、クリスマスを間近に控えて色めく大宮の街に出てきました。
 駅前で連れと待ち合わせ、上尾駅東口行きのバスに揺られて狼煙へ。
 何度も早仕舞でフラれているこちら。前回は定休日なのを忘れて店前まで来てしまい、道を渡っただけでバスでとんぼ返りでしたw
 今日は事前に電話して、20:30頃まで開いているとの事なので安心してバスに乗ることができました。
 19:00頃に店に到着すると、空席もあります。めずらしいですね。待ちなしで食券を買ってL字カウンターの席に座りました。
 スタッフはかっこいい若い男性が3人。これは女性も喜ぶでしょうね!w
 カウンター越しにサーブです。

かれつけ200g 800円
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/61552865?size=800
以前にも増してつけめん・らあめん 福は内のかれつけと似てきたような。。。
http://ramendb.supleks.jp/score/239363

艶のある麺は3㎜強くらいの太さで、ウェーブした太麺。
麺肌は粗く、程よく芯が残った茹で加減
キンキンに〆られていて、しっかりとしたコシがある。
つけダレとの絡みは良好。

黄土色のつけダレは温度が温め。
油はスープと同化していて、ドロッとした粘度。
動物系と魚介系のバランスは好み。
カレーの風味もしっかり。和風な味わい。
口当たりはスパイシーで、後味はホット。
子供には少し辛いかもしれない。
魚粉は多めに入っていて、少しザラッとした後味。
タマネギも刻まれていいて、シャキシャキと食感にアクセント。
つけダレは麺を食べ終わるとほとんど残らなかった。

メンマは太い材木メンマ。ザクザクとした食感。
チャーシューは軟らかく脂身が多いもの。
海苔と鷹の爪も入っていた。

今回は初めてトッピングを全て抜いてみた。
やはり狼煙のつけ麺は半肉をトッピングした方がバランスがいいように感じる。

次回は久し振りにつけ麺+半肉が食べたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

さて、再びバスに揺られて大宮駅に戻り、「かしら屋」でプチ宴ですw

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 7件

「カレーチーズまぜそば」@つけめん 蕾の写真 2010.12.18 1st try
 今夜は大宮で忘年会。思ったより早く大宮に着いたので酒宴の前に悪酔い防止に腹ごしらえをすることにしました。
 さいたまブロックの麺友さん達にオススメを聞くと、「蕾にカレー系のまぜそばがあるよ」との情報を頂きこちらへ。
 18:20店前に到着、待ちゼロ。店内に入り食券を買ってスタッフに手渡しカウンター席に座ります。それにしてもほぼ満席状態にも関わらず店内は異様に静まり返っています。
 そんな中、私のまぜそばがサーブされたので、いつもの調子で「写真いいすか!?」とスタッフに尋ねると周りの目線が・・・気持イィ~w
 その直後「お疲れ様ですっ!」との声に振りかえると、見慣れた姿が!「またかよ!」www というわけで麺友さんと並んで座って頂きますw

 カレーチーズまぜそば 880円
・・・福神漬とラッキョウが初めから隔離困難な状態で盛りつけられている・・・
 http://photozou.jp/photo/show/300634/61226738

若干抵抗は感じながらいつものように箸とレンゲで丼の底から麺を掴んで持ち上げては落とし、持ち上げては落としを繰りして満遍なくかき混ぜる。
 http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/61226762?size=800

ベージュの麺は3×2㎜くらいの太さの軽くウェーブした中太麺。
程よく芯を残した茹で加減。
温度は熱々。

タレはかなり円やかで味が薄め。
カレーの辛さはほとんど感じない。
「お好みでお使いください」と一緒にサーブされたラー油・カエシ・マヨネーズを添加すると好みの味になった。
ひき肉たっぷりのカレーと粉チーズ、そして卵黄は相性が良い。
それにしてもラッキョウと福神漬の風味が強い。できれば別皿でのサーブを望む。

薬味にタマネギと長ネギ。
タマネギとラッキョウは鼻を突く辛さが強い。

チャーシューは解れやすく、混ぜていると原型がなくなった。
その他にほうれん草、濃い目に味付けされたザクザクした食感のメンマ。

スパイシーさ、ホットさを抑えた食べ易いカレーまぜそばだった。
ラッキョウと福神漬の風味と、そしてタマネギの辛さが強かったのが嗜好と外れた点。
特盛りまで同料金のため、並盛りだとCPについても少々不満が残る。


希少なカレーのまぜそばを食べられたという満足感はありました。
次回はつけ麺を頂いてみたいです。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「カレーつけめん大盛り」@つけ麺 らーめん 研究所の写真 2010.12.17 retry 
 カレーつけめん890円 + 大盛り(無料)

麺は3mm弱くらいの太さの軽くウェーブした太麺。
http://photozou.jp/photo/show/300634/60988502
麺肌はツルツル。程よく芯を残した茹で加減。

山吹色のスープは熱々。
http://photozou.jp/photo/show/300634/60988473
ベースはまろ味つけめんと同じ豚骨スープ。
油はスープと同化していて、粘度は高めでドロッとしている。
辛さはさほど強くない。後味に少しホットさが残る。
若干酢由来の酸味も感じた。
カエシは強めに利いている。
薬味にネギが刻まれている。
麺の上には糸唐辛子。
つけダレの上にカイワレも乗せられている。
つけダレの中に玉ねぎのみじん切りが多めに入っていて、食感にアクセントをくれる。

つけダレの粘度が高く、麺によく絡む。
量が若干少なめなので、麺を大盛りにするとつけダレがギリギリの量だった。

つけダレの中に角煮のような少し濃いめに味付けされたチャーシュー。少しカレーベースのつけダレには違和感があった。
煮玉子は黄身にレアさが残った好みの茹で加減。
海苔も添えられていた。

総じてカレー南蛮のような味わいのカレーつけ麺だった。
粉チーズなどが卓上にあればもっと好みにカスタマイズできたかも。

このメニューもリピーターがついてきたようだ。確かに嗜好に合う人はハマるかも。

※常連認定のお店のため、若干盛りつけが標準と異なることがありますので予めご了承願います。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 7件

「ほん田君に教わったカリーつけ麺」@麺屋 一燈の写真 2010.12.12 retry
 一度ほん田で食べて以来、頭を離れないあのカレー
  http://ramendb.supleks.jp/score/263111

 今日は楽しみにしていた松戸遠征です。
 その前に朝食を頂きに来ましたw
 駅前で連れと合流して開店30分前に店前に到着すると、先客4人の最後尾に松戸遠征の誘いをスルーした麺友が座っていたwww
 開店時間になり、店主さん自ら暖簾を出します。
 券売機でもちろん「ほん田君に教わったカリーつけ麺」を購入してカウンターへ。 サーブまでの間も麺友さん、お店含め楽しい時間でした。

ほん田君に教わったカリーつけ麺 + とろけるチーズ×2
http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/60471595?size=800

艶のある黄色味がかった麺は3㎜くらいの太さのストレート太麺。
麺肌がツルツルしていてモチモチした食感でコシがある旨い麺。
しっかりと水〆、水切りがされている。

たっぷりと注がれた赤味のあるつけダレはトマトを強く感じる。
温度は熱々。後味はかなりホット。
油はスープと同化していて、粘度は高くドロドロしている。
当たり前だがほん田で食べたカレーと似ている。

途中でチーズを添加すると濃厚さが上がりさらに好みに。
ココイチでも必ずチーズをトッピングする私。
やはりカレーにチーズは好み。
さらにもう一皿添加するとより一層好みになったw

薬味にわけぎと玉ねぎが刻まれている。
タマネギはシャキシャキとした歯ごたえで清涼感がある。

つけダレ丼の中には小さめに切られたチャーシューやひき肉がたっぷりと入っている。
ひき肉は粘度の高いつけダレと共に麺に良く絡む。


大満足の一杯でした。
やっぱりこのお店は遠くても何度でも足を運びたくなるお店です。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 カレー大盛り以上をオーダーしたお客さんにスタッフが「つけダレはおかわりできませんのでお気を付け下さい」とアナウンスをしていました。
 店主さんの人柄もさることながら顧客の不満や要望を真摯に受け止めるお店の姿勢がこの人気を生んでいるんでしょうね。

 Thanks a lot!! 坂本さん 麺屋 一燈

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 3件