なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

たっくん

男性 - 埼玉県 (1973年生まれ)

     http://photozou.jp/diary/show/300634/117724   

平均点 76.441点
最終レビュー日 2011年5月12日
901 541 0 6,990
レビュー 店舗 スキ いいね

「クッパーラーメン」@一富士焼肉飯店の写真 2011.04.30 登録・採点
 久しぶりに一富士へ。ここはJR高崎線吹上駅前の裏路地にひっそりと佇むラーメンも旨いと評判の焼き肉店。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/77746151
 こちらは以前、友人と焼き肉を焼きに来たことがあった。
 店主さんと女将さんで回してらっしゃる老舗。
 ノスタルジックな店内。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/77746203
 まずは瓶ビールを注文し、噂の「クッパーラーメン」をオーダー
  http://photozou.jp/photo/show/300634/77746101
 女将さんとテレビを見ながらほのぼの話している間にサーブ。

 クッパーラーメン 500円

透明感のあるスープは超熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/77746255
鉄製のスプーンだから余計にそう感じるのかもしれない。
塩気は程よく、若干カエシも使っているように思う。
鶏油らしい黄色い油は玉状になって表面を漂っている。
スープは鶏ガラ。旨みが強い。
今まで食べたクッパーとは違い、少し優しさを感じる味わい。
それをペッパーとゴマでバランスを取っているように感じる。

麺は2㎜ほどの太さのちぢれ麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/77746053
麺肌はツルツルしていてモチモチとした歯応え。
スープとの絡みは良好。
ゆっくり食べていても伸びなそうな強そうな麺。

具材はシンプルでほうれん草、ワカメ、もやし、卵とじ。

具を掬っているとスープが無くなっていた。


シンプルだが、噂通り旨いクッパーラーメンだった。
次回はカルビなどを焼きながら「中辛ラーメン」を啜ってみたい。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「ラーメン + 岩塩に変更 + テキサス」@ラーメンアキラの写真 2011.04.27 1st try
 連れを誘って課題店が山積している川越へ。
 暖簾を潜り券売機で「ラーメン」「岩塩に変更」「テキサス」の食券を購入。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/77026122
 店主さんに伺うと別メニューも多数あるようだ。これらは券売機で食券を買わずにカウンターでオーダーするらしい。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/77026101
 カウンターに鎮座している大友克洋監督のAKIRAのフィギュアが目を引く。
 店主さんも加わり和やかな時間をしているとコールタイム。
 「ニンニク・ヤサイ・アブラマシマシ」

 ラーメン + 岩塩に変更 + テキサス 「ニンニク・ヤサイ・アブラマシマシ」 680円+10円+300円

  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/77026071?size=800
 ww
 テキサス!! ナイステキサス!!w

まずはこんがり焼けたテキサスからw
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/77026148?size=800
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/77026171?size=800
テキサスはバーナーで炙られており、ペッパーが多めに降りかけられている。
大きい。厚みも7mmほどある。
まさにステーキ。
適度に脂身があり軟らかい。
炙りとペッパー効果で香ばしい。

 透明感のあるスープは熱々。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/77026225
 尖りのない円やかな塩。
 背脂がたっぷりで甘みがある。店主さんがオススメするだけある。マシマシは正解だった。
 粘度は低くサラリ。
 ニンニクとの相性は良好。

麺は4mm程の太さのストレート低加水麺。カネジンのようだ。
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/77026204?size=800
プリッとしていて歯応えがワシワシ。
麺肌は粗く、スープも絡む。

豚はブロック状のものがごろごろ入っている。
軟らかくジューシー。味付けは薄め。

もやし:キャベツは9:1程。
シャキシャキした食感。

二郎インスパの塩味は3度目だが、今までも含め、こちらもも嗜好に合っていた。
醤油のコクも捨てがたいが、円やかな塩のスープも魅力。

煮干しの味噌つけ麺もあるようなので次回はトライしてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

店主さんありがとうございました。
次回はお酒も頂きに来ますw

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン」@中華そば べんてんの写真 2011.04.18 retry
 会議が明けたので高田馬場駅で連れと待ち合わせて久々のべんてん。
 「麺 太 濃 多 美味 い べんてん」の暖簾は健在。
 到着すると外待ちはゼロ。戸を開けると中待ち2名。
 外に出てガードレールに沿って並ぶと後続の列ができていった。
 店内から「どうぞー」とスタッフの大きな声がしたので店内へ。
 入るとすぐにスタッフにオーダーを聞かれるので「塩ラーメン」と告げてさらに待つ。
 入店から5分ほどで席が空き、奥のカウンター席に案内され着席。
 カウンターのみの狭い店内。独特のどこか懐かしい雰囲気。
 カウンター越しにサーブ。

 塩ラーメン 850円
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/76492593?size=800

上に辛味が乗っている。
まずは溶かさずに頂く。

白濁したスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76492637
油はスープと同化していて、さらに表面に膜を成している。
粘度は低くさらり。
野菜と豚骨の甘み。
特に豚骨は濃い。
生姜の風味。
薬味にネギ。

麺は3.0×2.5mmほどの太さのストレート中太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76492527
麺肌はツルツルしていて、つけ麺の麺同様のど越しがいい。
モチモチの食感。
スープとの相性もいい。麺量は300gと食べ応え十分。

具材は6mmほどの厚さの大きなチャーシュー。瑞々しくて旨い。
小さな海苔が2枚。
コリコリした食感のメンマも多めにトッピング。

食べ進めるうちに海老系の辛味がスープに溶け出し、オレンジ色のスープになる。
効果としては一蘭の辛味と同じ印象。
ホットさが徐々に上がり、最後まで飽きさせない憎い演出。


前回はつけ麺を頂いたが印象は全く違った。
べんてんでこの塩ラーメンが出てきたのは意外だった。
リピート必至の一杯だが、つけ麺のチャーシュートッピングも魅力的なので次回はオーダーに悩みそうw

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「ベジラーメン菜菜「美麺(びいめん)」」@らあめん花月嵐 イオンモール羽生店の写真 2011.04.09 retry
 今日もイオンのフードコートは席を確保しようとする人々の戦場と化していた。休日の昼の風物詩。
 さて、ペッパーランチにしようか、COPINにしようか・・・と迷っていると目に飛び込んできたのがこちら。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/75129777
 花月嵐は相変わらず魅力的なポスターを作る。。。
 私はピンクレディーはケイさんよりもミイさん派だし。。。
 と、結局ポスターの魅力に負けてランチはこれとマックのジューシーチキンに決定。
 「できたよ」のブザーが鳴り、ブースで受けとって席に戻った。

 ベジラーメン菜菜「美麺(びいめん)」 750円
「動物性食材を一切用いずに野菜だけの美味しさで創り上げたベジタブルなラーメン。」

清涼感のあるヴィジュアル

透明感のあるスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75129569
塩気は優しい。
隠し味に薄口しょうゆを使っているとの事。
そして、豚・鶏・魚などは使っていないようだ。
優しい甘みを感じる。
油は玉状になって表面を漂っている。
香りは野菜系の「青い」香り。
そして柚子皮の香り。
胡麻の風味。
いずれも塩スープとマッチする。

緑色の麺は1mm強程の太さの低加水細麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75129624
「スピルリナ麺」というらしい。
スープを吸いやすく膨れやすい分スープを良く持ち上げる。

具材は
三ツ葉
おくら
ナメコおろし
レンコンチップ
ネギ
水菜
糸唐辛子
柚子の皮。
など。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75129670
 http://photozou.jp/photo/show/300634/75129728

とてもヘルシーそうな具材が集まっている。

変わり種が多いが喧嘩している感はない。
糸を引く素材が多いがネバネバの感もなく、塩スープと相性がいい。


想像したよりも爽やかで好みの味だった。
具材も個性的で、最後まで味の変化も楽しめた。
ヘルシーで女性にも人気が出そうな一杯。

今回も楽しませてもらった。
次回の限定も楽しみにしたい。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 9件

「うまにラーメン」@一龍の写真 2011.03.25 登録・採点

 なんとなく羽生へ。

 課題店に向かう途中で見つけたラーメン居酒屋。外観に負けて入店。

 カウンターに座り、まずはビールと餃子。

 寒い時期にもってこいのメニューをオーダー。

 程なくサーブ。

 うまにラーメン 650円

トロミのあるスープは熱々。
http://photozou.jp/photo/show/300634/72681121
餡がかけられていて、ドロリとした粘度。
スープは塩ベース。
動物は豚・鶏ミックス。
胡椒が振りかけられていて少しスパイシー。
溶き卵が円やかな味わい。
炒めた豚肉の香ばしい風味も良い。

麺は不揃いな平打ち麺。
http://photozou.jp/photo/show/300634/72681150
麺肌はツルツルしていて、モチモチした食感。
トロミスープと良く絡む。

具材はたっぷり。
タケノコスライス
かまぼこ細切り
炒めた豚肉
キャベツぶつ切り
にんじん薄切り
溶き卵。
どれも火の通り加減は程よい。


熱々でトロミのあるラーメン。
小さなラーメン居酒屋のアットホームな雰囲気。
心も体も温まる一杯だった。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

http://photozou.jp/diary/show/300634/112828

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「CHANG’S CHICKEN NOODLE SOUP」@P.F.CHANG'S Schaumburg店の写真 2011.03.07 登録・採点
 この日はひたすら超巨大ショッピングモールでショッピング。

 ランチ時にウッドフィールドを歩いていると、一昨日食べたP.F.CHANG'Sをここでも発見。

 しかもとても高級感あふれる外観だ。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/71745570

 仲間を誘って入店。メニューを見るとラーメンっぽいこちらのメニューを発見したのでオーダー。
 
 CHANG’S CHICKEN NOODLE SOUP 7.25ドル + チップ15%

予想通りだった。巨大なボウルでサーブ。
取り皿が人数分付いている。。。

塩ベースのスープは熱々。
ラー油のような赤い油が浮いていて、かなりホット。
酸味も強く感じる。
cilantroという香草も入っている。
パセリのような香りは相変わらずクセがあり、好みが分かれそう。

麺は5mm程の太さで透明感があり、日本の「麺」とは違う。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/71745582
モヤシのような形状。
モチっとしている。
スープは絡まない。(短いから)
スプーンですくって食べるタイプ。
春雨の食感と似ている。

短冊状に切られたチキン
椎茸
プチトマト

アメリカンチャイニーズな一杯。
いつか機会があれば今度こそDAN DAN NOODLEが食べてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

http://photozou.jp/diary/show/300634/112058

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「フライトタンメン」@らーめん与六の写真 2011.03.05 登録・採点
 国際線のフライトの前に空港で朝食。

 あちらでは当分ラーメンにありつけそうもないので、空港のインフォメーションの女性にラーメン屋の有無を尋ねてこちらへ。

 こちらはフードコートの一角にあり、オーダーしてリモートベルを受け取るスタイル。

 様々な言語が飛び交うカウンターでビールを飲みながらまったりしている間にベルが鳴動。ブースで受け取り、再びカウンターへ戻った。

フライトタンメン(鶏唐揚げのせ野菜タンメン)950円

透明感のあるスープには鶏油のような黄色い油が玉状になって表面を覆っている。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/71528280
温度は熱々。
塩気は程よい
甘みのある鶏ガラスープ。
家庭で気軽に味わえる塩ラーメンのスープと似ているように思えた。
唐揚げの衣が崩れだすと期待通り揚げ物の風味が加わり、好みの味わいになった。

麺は2mm程の太さのちぢれ麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/71528305
麺肌はツルツルしていて食感はモチモチ。

唐揚げは衣が崩れ易いもの。サクサクした衣の食感があまりなく、最初からしっとりしている。
コーン、玉葱、もやし、甘いにんじん、キャベツもトッピング。


 空港にあるユニークな名前のラーメン。フライドとフライトをかけたのだろうか?
 CP、味共に大満足とはいかなかったが、印象深い一杯だった。


.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 http://photozou.jp/diary/show/300634/111798

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「タンカラ(生姜)」@トナリ 丸の内店の写真 2010.02.25 1st try
 京都から新幹線で東京に到着。時計を見るともう夕飯の時間w
 夕飯を求めて東京駅から歩いて東京ビルへ。エスカレーターで地下に降りてたどり着いたのはこちら。
 トナリでタンメンを食べてとても印象が良かったのがきっかけ。
 店前は通路待ちが9人。女性店員にオーダーを告げて待つ。
 店内を見ると女性客も多い。「ヘルシー」という印象はやはり女性に人気があるようだ。
 カウンター奥に案内され、厨房を見ると激しく炎を上げながら中華鍋を振っていて、中華鍋の中でヤサイが踊っている。
 「生姜入れますか?」の後にサーブ。

 タンカラ(生姜) 880円

まずは天地返し。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/69924025

ベージュのスープは泡立っていて熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/69923966
塩気は強め。
油スープと同化している。粘度はシャバとトロリの中間くらい。
野菜の甘みと、炒めた野菜の香ばしさも加わる。
ブラックペッパーも効いている。
生姜はあまり辛さを感じなかった。

麺は開化楼製の平打ちストレート麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/69923796
5.0×1.5mmくらいの平べったい断面で芯を残した茹で加減。
麺肌のツルツルした麺は芯を残した茹で加減。ワシワシした固めの食感で旨い。

具材は具だくさんw
でもトナリで食べた時よりも具材の種類が少なく感じた。


トナリのタンメンは個性的で人気があるの頷ける。
自身も初めてトナリで食べた時よりもこの味にハマっているような気がするw
近所にあれば絶対に通うであろうがっつり系のタンメン。
野菜不足にはうれしいヘルシーな一杯。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 地上に上がり東京駅まで歩きましたが、生姜の効果か寒さは感じませんでした。

 これにて今回の関西ツアーはおしまい。



 http://photozou.jp/diary/show/300634/110398
 
 
 

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製タンメン (本日限定)」@大勝軒満帆 行田店の写真 2011.02.22 retry
 朝、満帆から携帯メルマガが届いた。
 「今回は特製タンメン」
 あれ?店長が前の籠原店の店長さんになってる。。。
 これは挨拶に行かないとw
 とういわけで2日連続でタンメンを食べることにw

 到着→食券→カウンター10番w
 まずは店長に挨拶をして、ビール。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/69076589
 程なくサーブ。

『特製タンメン』(本日限定) 500円 (一般価格750円)
『たっぷりの野菜を用い、大勝軒秘伝のスープと合わせて仕立てた『あっさり塩スープ』は深いコクと爽やかな旨味をお楽しみいただけると存じます。目にも鮮やかな野菜で心も身体もリフレッシュを。』

 http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/69076603?size=800
なるほど。盛り付けにも気を配っているのがわかる。

白濁したスープは熱々。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/69076623
塩気は程よい。
油はスープに同化している。
粘度はさほど高くない。サラリとしている。
ベースは満帆スープ(鶏・豚・野菜)
薬味にネギと糸唐辛子。糸唐辛子は少し癖のある香り。
ニラが食欲を増進させてくれる。
ペッパー、ごまが振りかけられている。

麺は2㎜程の太さのストレート中太麺
  http://photozou.jp/photo/show/300634/69076643
モチモチした食感。
塩スープとの相性は良好。

チャーシューは5㎜ほどの厚さ。
味が濃い目についている。

野菜はたっぷり。
もやしの上には青梗菜。
彩りはいいが、どちらかというとキャベツが多い方がうれしい。
海苔が丼に立てるように盛りつけ。
そして満帆の特徴でもある小さな海苔の上に「の」の字のなるとが鎮座。
茹で卵が半玉。


凝っていて個性的なタンメンだが、少し味のコントラストにまとまりがないように感じた。
糸唐辛子のトッピングや香辛料を強めに効かせたものは個人的には好きだが、同じメニューを子供やお年寄りが食べると少しパンチが強すぎるかもしれない。できれば好みで添加できる方がいいと思う。
また、タンメンには豚肉の炒めの香ばしさがある方が好み。そしてチャーシューや茹で卵はこのタンメンにはなくてもいいような気もする。
とはいえ一日限りの限定メニューなのでそうもいかないというのも解る。

とにもかくにも500円でこの一杯を提供して頂けるのはとても有難い。
これからも限定メルマガを楽しみに待ちたいと思う。

行田でもカレーごじ麺の提供を切に願うw

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 永野店長。行田でもがんばってください。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 18件

「タンメン」@池ちゃんラーメンの写真 2011.02.21 retry
 池ちゃんのタンメンが好きで、5年ほど前までよくタンメンを食べに来ていた。
 久し振りに池ちゃんのタンメンが食べたくなり、自転車でこちらへ。

 お店に入ると、常連さんが日本酒と刺身でいい塩梅w こちらは居酒屋メニューも豊富で、夜にはコの字型のカウンターは活気づく。

 カウンター奥に座ってタンメンを「手打ち麺」「硬め」でオーダー。

 激しい湯気を立ててカウンター越しにサーブ。

 タンメン(手打ち麺・固め)600円

透明感のある少し濁ったスープは超熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/68998639
とにかく湯気がすごい。
というのも中華鍋でスープごと調理するのに加えて油が少なく、細かい玉状の油が僅かに認められる程度なので表面にフタがされないのが原因ようだ。
塩気は程よい。
ブラックペッパーが強くきいていて、とてもスパイシー。
動物系の旨みも程よい。
後味に野菜の甘みが残る。
ニラは香りが良く食欲をかき立ててくれる。

麺はAVE 2.5㎜ほどの太さの手打ち麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/68998693
プリッとした弾力のある麺。
麺肌はツルツルしていて程よく芯が残っていて旨い!
硬め指定は正解だった。

キャベツは甘く、塩スープにもその旨みが溶け出している。
豚肉はニンニクの下味が強めに感じた。
もやしとにんじん。なるとも入っている。


食べ終わる頃には汗だくになっていた。
熱々の温度にペッパーのスパイシーさも加わりとても暖まる一杯。
また冬の寒い日に食べたいほっとするタンメン。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件