なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

たっくん

男性 - 埼玉県 (1973年生まれ)

     http://photozou.jp/diary/show/300634/117724   

平均点 76.441点
最終レビュー日 2011年5月12日
901 541 0 6,990
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン」@ラーメン二郎 三田本店の写真  2011.05.11 1st try
 連れを誘ってずっと課題だった二郎の本店へ。
 雨の降る中、三田駅から歩いて昼過ぎに到着。
 外待ち20人。女性のみの客も見受けられる。
 約40分ほどで券売機の前まで列が進んだ。
 食券を買うとすぐに案内され着席。
 スタッフは3人。和気藹々と会話を交わしながら調理をしている。
 緊張感のある二郎独特の雰囲気を予想していたが、意外と明るい雰囲気。
 コールは「塊り脂」をお願いしようと思っていたが、丼にスープを注ぐ際に既に背脂が大量に入ったため、「ニンニク」のみのコール。
 カウンター越しにサーブ。

 ラーメン 600円

 スープはベージュとブラウンの中間位の色。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/79753377
 塩気は大人しい。
 表面を背脂が浮遊していて、ニンニクは少なめ。
 脂はキラキラと光りながら玉状になって表面を覆っている。
 カエシが控えめで背脂が甘く、予想よりもマイルドな印象。

 麺は5.0×2.5㎜ほどの太さの平打ち太麺。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/79753308
 少し軟らかめでモチモチした食感。
 麺肌がザラザラしている。
 「ラーメン」でも麺量が多い。

 豚はとても分厚い脂身の多いものが一枚と7㎜ほどの厚さのものが1枚。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/79753342
 塩気は薄め。
 とても軟らかく、瑞々しくジューシーで、食べ応えがある。

 麺をかき込み、豚に喰らいつき、ヤサイを頬張る。
 夢中で食べているうちに丼は空になっていた。

 初めて食べたときは全く旨さがわからなかった「二郎」。
 今では完全に「二郎」という食べ物にハマってしまっている。

 そして初めて本店で食べる原点の二郎は、各店舗の個性も改めて感じさせてくれた。

 これからも少しずつ他の店舗も足を運んでそれぞれの個性を楽しんでみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 3年間本当にありがとうございました。(o^∇^o)ノ

 See Ya!

  http://photozou.jp/diary/show/300634/117724

投稿(更新) | コメント (39) | このお店へのレビュー: 1件

「みどりぃぃぃぃ」@鶏の穴の写真 2011.05 retry
 夜になり池袋で友人と合流して西口の居酒屋を回ったがどこも満員。
 残念な半面、時節柄少し安心した。時間をずらすために酒宴の前に一杯頂くことに。

 店前に到着。店内を見ると空席がある。
 券売機で限定の食券を購入してカウンターへ。

 マイ箸を取り出し、特典の味玉をお願いした。
 程なくサーブ。

 みどりぃぃぃぃ 800円
「抹茶風味で後味さっぱり!」
「ホウレン草のペーストと抹茶を使用しています。新緑の季節をイメージした緑色のつけめんです。ぜひ一度ご賞味下さい。」

麺もつけダレも「みどりぃぃぃぃ」。

緑の麺は3~4mm程の太さ。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/79019738
塩気を感じる麺。
麺肌はツルツルで弾力がある。
麺の上にはフライドオニオンと粉チーズ。

泡立った緑のつけダレは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/79019679
油はこってり。
塩気は強め。
ピリッとした。辛さがある。
抹茶の風味が強い。
薬味にネギが刻まれている。

つけダレの中には鶏肉とアスパラが沈んでいる。
サービスの味玉はきれいな焼き印がされている。黄身に少しレアさが残った旨い味玉。


個性的で印象深い一杯。
こちらの限定は2度目だが引き出しの多さを感じた。

チャンスがあればまた限定を狙ってみたい。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 2件

「にぼやん一号」@麺屋 一燈の写真 2011.05 retry

 今日も突然予定が空いたので都内へ。

 新小岩駅。このお店がなければまず降り立たない駅w

 もうすぐ提供が終了してしまう限定狙い。

 食券を購入して店内へ。

 程なくサーブ

 にぼやん一号 500円
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/78743557?size=800

表面のキラキラしたブラウンのスープは熱めの温度。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78743483
油はスープと同化していてさらに表面にも玉状になって漂っている。
トロリとした粘度。
煮干しの風味が強いがエグミは感じず、動物系の旨みとの相性は抜群。
塩気は若干強めだが、煮干しのスープとしては好みのレベル。
薬味に玉ねぎ。食感にアクセント。煮干しスープとマッチ。

麺は2mm程の太さのストレート麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78743515
芯を残した茹で加減で、潔い歯切れ。
スープとの絡み・相性は良好。

チャーシューは程よい歯応え。
メンマ
水菜
海苔
全て調和が取れていながらそれぞれの個性を楽しめる。


500円。すばらしいコストパフォーマンス。
全てにおいて満足度が高かった。
さすがの一杯。
他店であっても間違いなくレギュラー看板メニューとして集客ができる一杯だと思う。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 駅前の新店、楽しみにしときます。

 Thanks a lot!! 坂本さん 麺屋 一燈

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 3件
89

「つけ麺」@つけ麺 道の写真 2011.05 1st try
 10:30店前に到着。先客は4人。親切に並び方を教えてくれた。
 道を挟んだところに椅子が置かれており、その先頭に着席。冷たいお茶のサーバーが用意されている。スタッフが「早くからありがとうございます」と声をかけてくれた。
 11:10 元気な朝礼が聞こえてきた。体育会系。緊張感がある。
 11:30 暖簾がかかり、入店する頃には行列は30人を超えた。
 厨房の出口にはマスターの「参った」札。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78703802
 麺は4食で1ロットのようだ。
 魅せるオペレーション。迫力ある湯切りに見とれている間にサーブ。

 つけ麺 750円

日替わりの桜海老パウダーが添えられている。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78704888
「麺にかけ、味に変化をつけてお召し上がりください。スープ割お申し付けください」とのアナウンス。

板ざるの上に丁寧に盛りつけられた麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78704916
艶のある麺は6×3mmほどの太さで、ストレート。
麺肌はツルツルしていてのど越しが良く、食感はモチモチ。
コシが強い。

泡立ったブラウンのつけダレは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78704952
油はスープと同化していて、トロリとした粘度。
塩気は程よい。
動物系の旨みに魚介の後味。ざらつき等は気にならない。
特に豚骨が濃く感じた。
甘みは野菜由来だろうか?
具材は入っていない。
ありそうでない。個性的なつけダレ。
別皿に刻まれているネギはみずみずしく、とても香りが良かった。

別皿で提供された具材。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78704847
味玉は茹でたてを切っていた。黄身がレアで濃厚な味わい。旨い。
軟らかいチャーシューは薄めの味付けで、つけダレを邪魔しない。
穂先メンマはサクサクと好みの食感。

海老パウダーを麺に振りかけて頂いた。劇的な変化はないものの、香ばしさが若干上がり、食感が若干下がった印象。

どうしても東十条のお店と比較してしまうが、遜色ない印象。
嗜好にハマったつけ麺を楽しめた。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 両さんの銅像の写メを撮りつつ下町の商店街を歩き、店前に到着。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/78703712
 下町の一角にあるこちらのお店。とても懐かしい感じのする路地。
  http://photozou.jp/photo/show/300634/78703750
 数件隣の八百屋のお姉さんが近所の方とあいさつしながら元気な声でキャベツを売っている。
 下町の雰囲気はとてもくたびれた心を和ませてくれた。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油)」@麺処 ほん田 東京駅一番街店の写真 2011.05.02 1st try
 夜の秋葉原を堪能した後、ちょっと早めのアガリを頂きに八重地下のラーメンストリートへ。
 同行者と意見が一致し、ほん田へ。
 閉店間際の21:50 店前には10人ほどの列。
 濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油)とラーメンの食券を購入。
 15分ほどで入店。
 本店とコンセプトの似た店内。女子用の髪止めゴムが用意されているなどの配慮はさすが。
活気のある店内。スタッフの声も良く出ている。
程なくサーブ。

濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油) 750円

麺は4.0×2.5㍉程の太さのストレート太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78070381
キンキンに冷たく〆られている。
麺肌がツルツルした喉越しのいい麺。
歯ごたえはモッチモチ。

ブラウンのつけダレは超熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78070293
塩気は強く甘みが強い。酸味も若干。
油はスープと同化していて粘度はトロリ
豚骨が濃い。後味の魚介もしっかり。
薬味に青ネギ

ピンク色のチャーシューは小さいサイコロ状に切られていて、ローストのような食感。
「低温調理」という調理法らしい。やっぱりほん田のチャーシューは旨い。
細く切られたメンマはコリコリの食感。
白髪ネギも刻まれている。


本店程の満足度は得られなかったもののほん田らしさを楽しめるつけめんだった。

限定等が提供されるなら再訪したい。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 並 200g」@天神屋 秋葉原本店の写真 2011.05.02 1st try
 秋葉原での待ち合わせの前に腹ごしらえをすることにした。
 「亭」師匠のレヴューを参考に到着。

 店に入って左斜め後方の券売機で食券を購入。
 つけ麺の食券を買ってカウンター席へ。

 ホームページで拝見した店主さんが腕を奮っておられる。
 麺量を選べるとの事だが、後に備えて普通盛りで指定。

 程なくサーブ

 つけ麺 並 200g

2~3㎜ほどの太さの麺は温い温度。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/78070144
多加水太麺。
麺肌がツルツルでモチモチした食感。
喉越しはいいが、温度が温いのが残念。
つけダレとの絡みはあまり良くない。

ブラウンのつけダレ。これも温度が温め。
 
油はスープと同化しているが、粘度が低い。これも麺と絡みづらい原因の一つ。
動物・魚介のバランスは好みだが、つけダレの全体的な印象は「甘・辛・酸」

チャーシューは3㎜ほどの厚さ。味付けは塩気が強い。
メンマは若干酸味を感じた。
卵は黄身に若干のレアさを残した茹で加減。
薬味にネギが刻まれている。


所謂「甘・辛・酸」が苦手な私の嗜好には合わなかったのが率直な印象。

次回はラーメンを頂いてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'

 さて、秋葉原で酒タイム♪

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめんアラビアータ」@池麺 KINGKONGの写真 2011.04.18 1st try
 高田馬場から池袋へ移動して酒タイム。
 そのインターバルに一杯食べることにした。
 色々迷ったが、検討の結果「トロフルつけ麺」が気になりこちらへ。
 ここは東池袋大勝軒の新ブランドとの事。
 店前に着くと限定の張り紙を発見。
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/76690186?size=800
 なんとも魅力的なのでトロフルは連れに任せて私はこちらに決定。
 券売機で食券を買いスタッフに手渡すと「中辛と激辛が選べます」との事なのでもちろん中辛指定。
 つけ麺→ライスの順でサーブ。

 つけめんアラビアータ 900円

「トロフルをベースに特製トマトソース、ハバネロを隠し味にピリッと刺激的な限定味」

麺は3×2mmほどの太さの軽くウェーブした形状の太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76690294
麺肌が粗く、少し芯を残した茹で加減。
温度は少し温め。
食感は少しやわ目。
麺を硬めで指定すればもう少し嗜好にハマったかもしれない。

真っ赤なつけダレは温度が温め。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76690239
粘度は高く、ドロリ。
トマトの風味が強い。
オニオンのみじん切り。
ベースがトロフルなので口あたりに甘みを感じる。
粉チーズはトマトやオニオンの風味とマッチ。
まさにパスタソースの味。
そしてタバスコに似た痺れるような強い辛み。
激辛をオーダーしていたら全部食べられなかったかもしれない。

麺の上にはベーコン、水菜そしてレモン。
ベーコンは軽くソテーしてある。

つけダレが冷えたので温め直しをお願いすると、つけダレを足す方法になるとの事なのでチーズ等の風味が薄まるのを恐れて遠慮した。

後半、レモンを麺に絞ってみたが、いつもは邪魔に思える酸味が不思議と違和感を全く感じなかった。

最後は半ライスでリゾット風に。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76690338
と言うより、まんまリゾットw


初めて食べるアラビアータ風つけ麺。
刺激の強いイタリアンテイストで個性的なつけ麺だった。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン」@中華そば べんてんの写真 2011.04.18 retry
 会議が明けたので高田馬場駅で連れと待ち合わせて久々のべんてん。
 「麺 太 濃 多 美味 い べんてん」の暖簾は健在。
 到着すると外待ちはゼロ。戸を開けると中待ち2名。
 外に出てガードレールに沿って並ぶと後続の列ができていった。
 店内から「どうぞー」とスタッフの大きな声がしたので店内へ。
 入るとすぐにスタッフにオーダーを聞かれるので「塩ラーメン」と告げてさらに待つ。
 入店から5分ほどで席が空き、奥のカウンター席に案内され着席。
 カウンターのみの狭い店内。独特のどこか懐かしい雰囲気。
 カウンター越しにサーブ。

 塩ラーメン 850円
  http://photozou.jp/photo/photo_only/300634/76492593?size=800

上に辛味が乗っている。
まずは溶かさずに頂く。

白濁したスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76492637
油はスープと同化していて、さらに表面に膜を成している。
粘度は低くさらり。
野菜と豚骨の甘み。
特に豚骨は濃い。
生姜の風味。
薬味にネギ。

麺は3.0×2.5mmほどの太さのストレート中太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76492527
麺肌はツルツルしていて、つけ麺の麺同様のど越しがいい。
モチモチの食感。
スープとの相性もいい。麺量は300gと食べ応え十分。

具材は6mmほどの厚さの大きなチャーシュー。瑞々しくて旨い。
小さな海苔が2枚。
コリコリした食感のメンマも多めにトッピング。

食べ進めるうちに海老系の辛味がスープに溶け出し、オレンジ色のスープになる。
効果としては一蘭の辛味と同じ印象。
ホットさが徐々に上がり、最後まで飽きさせない憎い演出。


前回はつけ麺を頂いたが印象は全く違った。
べんてんでこの塩ラーメンが出てきたのは意外だった。
リピート必至の一杯だが、つけ麺のチャーシュートッピングも魅力的なので次回はオーダーに悩みそうw

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨魚介らー麺」@東京駅 斑鳩の写真 2011.04.18 1st try
 会議の前に八重地下でランチ。
 ラーメンストリートに新しくオープンしたこちらへ。
 14:00到着。外待ち8名。
 食券を買うと、タイミング良くすぐに入店。
 4人がけの席にカップルと相席。
 オシャレなグラスに白熱灯
 少し暗めの落ち着いた雰囲気
 微妙にトーンを変えたガラス
 まさに洋食屋のような店内。九段とコンセプトは似ている。
 長めの待ち時間の後、サーブ。

 豚骨魚介らー麺 750円

ベージュのスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/76391943
粘度は若干トロリ。
油は玉状になって表面を覆っている。
塩気はやさしく、上品な豚骨魚介味。
薬味にネギ。

麺は1.5×2.5mmほどの太さのストレート麺。
麺肌は粗く、芯を残した茹で加減。
スープと絡むがのび易い。

チャーシューは3mmほどの厚さ。トロトロの食感で解れ易い。
メンマは穂先が一本。サクサクとやわらかくて旨い。
なるとはとても小さくてかわいい。
水菜と海苔もトッピング。


本店で味わったラーメンと印象は似ている。
ただ、本店の方が具材一つ一つにしっかりと味がついていて、上品なスープを飽きさせない印象があった。

九段同様、限定メニューにも期待をしたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

 本店にあった「ガーリック油そば」の提供を期待したが、券売機にボタンはなし。いつになったら食べられるのだろうw
  http://ramendb.supleks.jp/score/224907

 本店もそうだったが、写真の撮影許可の際のスタッフの対応が好印象だった。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干しラーメン」@すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館の写真 2011.04.08 1st(?) try
 今宵は新宿で酒宴。
 その後で〆の一杯。
 私のごり押しで迷わずゴールデン街へ。
 こちらは前回、店外・着席後共に非常に待ち時間が長く、終電の関係諦めて仲間に食券を譲ってダッシュで帰った思い出のあるお店。
 今回は待ちもなく入店。券売機で煮干しラーメンとビールの食券を買い、カウンター越しにスタッフに手渡す。
 相変わらずの照明の落ちた落ち着いた雰囲気の店内。
 煮干しのいい香りにテンションが上がる。
 前回ほど着席後の待ち時間も長くなく、10分ほどでサーブ。

 煮干しラーメン

ブラウンのスープは熱々。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74997014
カエシが強く、塩気も強い。
煮干しはしっかりと香る。煮干しの濃度は好み。
薬味にネギが刻まれている。

麺は4×3㎜ほどの太麺。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74997045
そして一反もめん。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74996985
太麺はプリッとしたコシの強い麺。
モチモチの食感でスープとの相性も良好。
一反もめんは厚めのワンタンを食べているような食感。
来集軒の川幅麺よりも少し軟らかい印象。
2種類の麺の食感が味わえるというのがうれしい。

チャーシューは7㎜ほどの厚さのバラロール。
 http://photozou.jp/photo/show/300634/74997075
歯応えがあり、食べ応えもある。

海苔もトッピングされていた。


以前から食べたい一杯だったので、念願叶った。
予想通り好みの一杯だった。
次回はつけ麺にもチャレンジしてみたい。

.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜。.:*'・'゜:*'・'゜☆・・'゜★。*'・'.:*'・.:*'・'゜:*

http://photozou.jp/diary/show/300634/114541

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件