なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

五寸釘なめ達磨坊主

男性 - 埼玉県

まぁ点数なんてもんは嗜好により基準が変わりますのでどうでもいい派です美味しい物は素直に美味しいと!評価点は味です。接客、店の「客あしらい」等は腹立たしい時以外は記しません※「並んでまで~」「この手の味に飽きた~」とレポする輩を見る度に怒りがこみ上げますw95点以上・・・・スペル星人90点以上・・・・ゴジラ85点以上・・・・ガメラ80点以上・・・・メカゴジラ75点以上・・・・大魔神

平均点 82.939点
最終レビュー日 2017年1月21日
907 485 0 246
レビュー 店舗 スキ いいね

平日ン昼 満席
「ちゃぶ屋」時代のレイアウトを思い起こさせる店内でございます

まさしく潮汁の世界ですね 包丁人・味平の影響過多w
クロスオーバーな創作感な一杯 価格もプチ贅沢です
いろいろと考えて創意工夫して作ったのだろうけど、チョッちやり過ぎた感もアリアリ
おもしろいかも?みたいな表面的な取って付けたような・・・・・・
このグループの創作系はこんな感じの多いですね・その意味合いでは総帥的な店ではある
食べ手を納得させる、突き抜ける為の熟成感にはもっと時間が必要

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

月曜日 4番目 待ち20人以上
休日はサイタマンで燻ぶってるのだけれどw都内へ出るのは久しぶりだ 秋葉訪問した
こちらの店も久方ぶり あいかわらず繁盛してますね
あの味噌が喰いたくなったので限定には目もくれずポチッとな

所謂、創作系味噌ラーメン ドロ系味噌の始祖的存在 オンリーワンな個性を感じる 
創作系味噌として異彩を放つスタイル、後に続く味噌スープの可能性に火をつけた一杯だと思う

濃度高くても異様なカロリー高は感じさせない 奇跡なバランス感健在
具財の野菜がシャキとした炒め方が功を奏してるのかもしれないぞ
ナッツ、海老も出汁に絡んでる香ばしさと味が重厚感を醸し出してま~す
最初に喰ったときは汁少ねぇ~な。と、思うが全体を混ぜると丁度良い
すなわち→これは「まぜそば」的な味噌ラーメンと言うたち位置か
個人的に創作麺はあまり好きではないが 
ブッチギリのパワーを持つ一杯にはそんなものはどうでも良くなるようなオーラがある
美味いですよ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

平日 昼 PP オープン前並び多数
久しぶりね!の訪問である 月曜に限定に遭遇する確立は極めて低いのだが・・・・
ア・リ・マ・シ・タ♪前から張り紙は何度か目にした事があります
まぁ創作系な感じだったので回避してたんですけど→喰ってみなきゃわかりませんよね

はっきり言いますが 美味いです!
スパ系にありがちな合わせバター系のメンタイスパをイメージしたらダメです
カルピスバターとカエシで麺を合わせ、トッピングでバラメンタイを乗せてます
まぜまぜしても美味いが、麺に明太子乗せて喰ってもいいのだな
つまり味の相乗効果があるのだよ 味変でレモンを途中で絞ると爽やかに!
一辺倒な味で終わらぬ工夫があり、それが明確に一杯に反映してます

難点もあります→麺とバターが絡まりすぎて結着して麺がほぐれ難いですね
なのでメンタイコが絡まり難いです
何かしら汁でも添えてあれば改善できるような・・・余計な戯言ですw

「鰹のにぎり」は切り身も厚く初夏には最高でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 28件

平日 満席」初訪問
タンメンですね
太麺が印象に残ります あっさり鶏スープに野菜の味が加わるみたいな
タンメンはタンメンなり

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

春なのでバイクで遠出しました
房総ツーリングと、言うか本場の「勝浦タンタンメン」喰いたくて遠征
覚悟はしてましたが・・・・・
ラー油の海なタンタンメンです。
辛さも咳ごむ位にキテマス が、玉ねぎの甘みが印象に残ります
もうこれで充分満足できましたw
・・・・・・麺はぐにゃグニャでした・・・・・
訪問できた満足感はあります

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

平日 夜
春らしい「浅利」な「和えそば」です 「油そばタイプな汁なし」ではなく「和えそば」 
汁もそれなりに充分。出汁の旨みも満喫出来る仕上がり
和出汁に加わった浅利の味が印象的。
美味いですよ。浅利、かつお、秋刀魚主体の出汁も出過ぎず、引き過ぎず、
全体が旨く纏まりバランスが良いですね。
太めのモッチリモチモチ麺も汁を旨く絡めます

具財は またおまチャーシューw、鶏胸肉、かつお節
たまねぎの粗切りと三つ葉が良いアクセントになり味が引き締められます

「チーズトッピング」は初めにお願いしました。
「追い飯」は温められ提供され汁の中に残っていたチーズもうまい具合にとろけてマイウ~状態で大満足

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

偕楽園で梅を見た帰りに逝ってみた
ご当地ラーメンの類なので、何時かは本場で喰ってみたいと!念願叶いました

所謂、あんかけ麺ですね、で、冷たい麺は情報で得た通りでした
餡の具材のかぼちゃとレバーが特徴的
味にも反映していて、かぼちゃの甘み、ピリ辛味の餡が功を奏す
中華料理のあんかけとは毛色がチト違うので、やけに印象に残る味でございます
「スタミナ」喰った満足感を得られた一杯でした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

以前、用心棒系「冷やし中華」発祥の店「千里眼」で食べた事があるが、今回も同印象な一杯だった
所謂「冷やしサラダうどん」
「用心棒」に来て、ブタァ~が入らんで鶏モモ肉なのは食べ応えがないな
それなりに完成された味、スタイルではあるが・・・・・
二郎インスパ系での「冷やし中華」は何かしらムリ(ブタァ~の醍醐味)があるように感じました

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

三周年だそうだ。まぁよくもこのスタイルで3年もったな!と。
運営も都内ナンバーワンな我が道を逝く「臨休王」な店でもあるw
ナンバーワンは「煮干」だけにしとけ!

10時22分着で整理番号70番台 
食券は「あかんなぁ」とか記されてたな・・・・・
毒脳華麗とは・・・・・煮干、干物の濃厚な出汁に、エイヤァタァッとカレーがドサっとてんこ盛り
カレーはあの「やまの」のスーさんが作ったらしい 所謂コラボなのだよ
で、追い飯は「いか干ご飯」です。イカぁ臭ぃ雑炊みたいになる
大盛みたけどアレ遊んでますねw
下品の賜物的な味わいで或る意味大満足
まぁこんなん提供するのは「伊吹」ぐらいなもんだ
煮干の伊吹が好きな人にはたまらんでしょうね

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 17件

日曜 夜 辛酸っぱ系の限定が提供されてるので逝ってみた

「酸辣湯麺」て出汁が旨いと!こんなにも味の様相が変るんだね
町場の中華料理屋とは一線を画すスタイルと味だ
赤いぞ!まっ赤っかだぞ
醤油ベースのスープにプラス要素で酸味と辛味、麻辣山椒の刺激が加わり心地良い刺激がある
こちらお得意のタンタン麺の味の片鱗も何気に感じるのはラー油か?
極細ながら存在感のある歯ごたえが印象的な自家製麺もスープとの絡み良く秀逸
具材は黄ニラ、ニラ、長ネギ、チャーシューとザーザイ、糸唐辛子

丁寧に作られた「酸辣湯麺」で既存のスタイルを見据えながらも
この店ならではの味のインパクトがある。「らしさ」に溢れ、分解、再構築され熟考された一杯です
また喰いたいと思わせる一杯だ 限定で終わってはもったいないです

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件