なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

五寸釘なめ達磨坊主

男性 - 埼玉県

まぁ点数なんてもんは嗜好により基準が変わりますのでどうでもいい派です美味しい物は素直に美味しいと!評価点は味です。接客、店の「客あしらい」等は腹立たしい時以外は記しません※「並んでまで~」「この手の味に飽きた~」とレポする輩を見る度に怒りがこみ上げますw95点以上・・・・スペル星人90点以上・・・・ゴジラ85点以上・・・・ガメラ80点以上・・・・メカゴジラ75点以上・・・・大魔神

平均点 82.939点
最終レビュー日 2017年1月21日
907 485 0 243
レビュー 店舗 スキ いいね

鴻巣で免許更新したので、ついで逝ってみた
遥かなり!実に6年ぶりの訪問である。あの当時は六厘舎を筆頭とする豚骨魚介の嵐
つけ麺旋風の真っ只中だったんだね
当然、スタイルや印象も現在とは違ってきてますね
味の片鱗は変わらねど、
つけ汁は以前は濃度、濃さを前面に押し出してる感じでしたが→シャバくても味のバランス系に変身
麺は自家製でしたが→よくできてるが六厘舎工場製品に変わっています
自家製麺の粗々しさがなくなりましたが、その分、上手く纏まってると思いますよ

久しぶりに豚骨魚介のつけ麺喰ったけど美味いね
安心感があるし、またおま系つけ麺の創始者DNAは確実に繋がっているのだなぁ~と
ただし、以前の様な荒粗しさ見たいなものは引っ込んじゃいました

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

平日 11時 続々来店で満席
TRY本で知りました 
店主の出身店である六厘舎タイプのつけ麺 或る意味今風つけ麺の王道
つけ汁の粘度はソレナリに抑えてあるが、動物系と干物系の味の出方は強いです
この類のつけ汁にありがちな煮詰めた味も感じます
味の結着感が強いので一辺倒になりがち。パワーで押し切るタイプですね
味の中に何かしらこのお店でしか味わえないモノがあればもっと印象に残ると思います
美味いけどアリガチな味という感じでもある
麺は開花桜のつけ麺用の王道タイプ
具財は鶏のほぐし身が乗っていましたが・・・・・
コンセプトは判りますが、これなら豚ほぐしの方がアリガタイな
スープ割りは柚子をその場ですりおろしてくれます

美味いつけ麺だと思いますが、想定内以上の味を期待してたので・・・・こんな感じかな

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

祝日 9時40分前後 6番目
話題の親店なので逝ってみた。店名が「煮干つけ麺」なので、売りであるつけ麺を注文!
「一燈」時代の「宮元名義」でのニボシと味的には同じ傾向だとおもいます
所謂、濃厚煮干系。
動物出汁をグわっと利かせてコテッときて、煮干をギュイ~ンと被せて同化させるみたいな感じ
出汁が濃く濃度が濃いんでね・・・・・美味いですよ・・・・でも味が合体し過ぎて一辺倒な味だよね
力でグイグイ押し捲る濃厚動物系魚介煮干しバージョンですな
あっさり系もあるみたいなので喰ってみて濃度の度合いを食べ比べてみたいと。
フワッと香る煮干しの濃さがどこまで出てるか?楽しみではある

麺は「一燈」の太めストレートな自家製麺 シコモチッ感あるけどチョット硬いな
チャーシューはバラ肉のローストタイプと肩ロースの煮込んだ2種
ローストはイマイチで豚の臭みを感じました。
味玉は燻製タイプで素直に美味しいです

「一燈」が系列系量販店になりつつあるので、
コチラは店主の顔の見える味と個性をどこまで出せるか?
勢いは感じるので今後は楽しみだと思うけど・・・・・

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

16日 日曜 昼 PP 満席
小春日和なので東北道をひとっ走りして宇都宮へ逝ってきた
東京から約2時間、宇都宮インターから15分弱で到着
ど田舎ロケーションですね。懐かしい香ばしいかほりもしますよ!
東京でもコチラのお店をリスペクトするというか?なんたらラーメンコミューンが「味噌」やら「小麦ヌーヴォー」を使って季節の節目にお祭りやってますよね なんで気になっていたんです

突き出しと言うか、まず大根の浅漬けが出てきました→まさに「自然派」を謡う店ですね
ラーメンのスタイルは一言で言ってしまえば「ライト系豚骨魚介」でございます
節系も利いてるのでwスープ系の和風豚骨魚介という感じかな
煮詰まった味ではないのでスルスルと体に染み入るタイプですね
煮玉子はまさに ニ・タ・マ・ゴ しっかり味が入り込んだ固ゆで煮玉子でございます
チャーシューはスープ温度で溶けてくホロホロと崩れるスタイルですね

際立った個性的なスープではないけれど優しさに溢れたスープだと思いました
この風景にあってるかな 余計な力が入りすぎてない自然派ラーメン

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜 14時 満席
大雪の翌日、ワンフェス2014冬の帰りに寄ってみた
何度か訪問したんだけど、まぁブクロは地元みたいなもんなんで
並んでまで喰いたくないと思っていたので今更ながらの初訪問となりました


かなり濃厚ですよ♪ドロドロで麺が沈みませんね。
やっぱ煮詰めた味に締められてますね。
乾物、節、動物系出汁の一体感が強く個々の素材の持ち味が浮いてきません。
まぁこれが濃厚豚骨魚貝な訳で、そういった意味では王道逝ってて良いんじゃない!
魚粉もコチラの傾向として大量にはいってますよ!
この系統の味が好きな人には良いお店だと思います
濃厚は若者向けつけ麺という事でナイスミドルwにはチト重しw

麺は頑者らしいツヤツヤした平打ち極太麺で美味いです
まったく文句ございません。完璧です

メニュー選択ミスです。
「頑者」と言えばライトな豚骨魚貝の代表店だった・・・・・のです
と、言うか「頑者」にしかできないつけ麺喰うべきだった・・・・・

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜 12時
逝こうと思ってて完全に忘れていたお店。突然!思い出したので逝って見た
シャレた店内でまるでカフェじゃな ラーメン屋とは思えんワイ
久々に豚骨魚貝を喰うと事となった
出汁感、旨み、コクがしっかり出てるのに重たさを感じないスープ
油脂のべたつきとか腹にドシーンとくるヘビィな豚骨魚貝とは対極に位置する魚貝豚骨じゃな
節の旨みと香り先行型でブワァ~ンとキマスね
濃度があるのに重たくない豚骨魚貝なんでね・・良い意味でちょっと変った印象が残りますね
次世代豚骨魚貝スープみたいな感じだろうか?
味の片鱗は修行先の、あの「渡なべ」に似てますがもっと味がクリアーに浮かび上がる感じです
大判の燻製チャーシューが印象に残る良い仕事してまっせ!
他のメニューも気になったので忘れないうちに再訪しよう

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜 21時 
何時の間にか?店主が変ったと言う噂は本当だった・・・・・
なんとなく以前の「きん」の味に似てるが何処かが違う感じだ
味の片鱗とかソレナリに「きん」ぽいのだが・・・・・

豚骨魚介ブタブタ濃いバージョンみたいな感じだろうか

まぁでもこのスタイルでもソレナリに個性が出ている一杯だとおもいます
ただ・・・・全盛期の「キン」を知ってると肩透かしされます

店主変れば味変わる それでも「きん」を引き継ぎ名乗る意味があるのだろうな

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

日曜 20時30分
最近は豚骨魚介系のラーメンはめっきり喰う機会が減った
で、久々に喰ったろか!と意気込み訪問
と、は言ってもコチラの豚骨魚介は「程々に濃く旨みバッチリ」なのでスンナリ喰える
動物形、節魚介系が程よくブレンドされたバランスの良いスープ。
濃すぎて一本調子の他店の豚骨魚介とは一線を画す出来だ
辛味は途中から投入して2段仕立ての一杯に出来て楽しみが増えますよ。
辛味が加わった美味さもイイモンです。
毎月1回は来る様にしてるが最近の自家製麺は少し仕様は変更され加水率が減った感じかな?
「程ほどに強すぎず、されど旨みはバッチリ」みたいで相変らず美味い!
また喰いたいと思える豚骨魚介の店は少ない そんな貴重なお店です

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 12件

日曜 11時30分 PP
5月の連休中が休業だったのでリベンジ。実家に帰ったので逝ってみた
所謂、粘度、濃度程々、味濃い目の豚骨魚介
良い店のいいとこ取りを上手く自分のスタイルに当て嵌めてる感じな一杯だ
まぁちと優等生すぎるかな。そつなく出来上がった濃厚豚骨魚介つけ麺で完成された味だ

麺は茶色で全粒粉の配合が多いタイプ。粉の香りが麺にいきてます
チャーシューは2種、黒胡椒をまぶした「ほん田」タイプのレアポークチャーシューと
煮豚の燻製風味。紅茶たまごは黄身がゼリー状で秀逸

具材に工夫を凝らし演出してるが、スープの味に決め手となる個性が足りないのも事実。何かしら?この店ならではの味がスープに表現されればもっと印象に残ると思う
世の中豚骨魚介が有触れ過ぎた感がある

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

祝日 PP オープン前25人位
4年ぶり。久々の訪問です。豚骨魚介の美味しい一杯を求めて!
実は祝日に2度程訪問したのですが出遅れて10人とか20人以上並んでたので断念したのです
相変わらず人気あるのですね

豚骨魚介も街に溢れていますが、こちらのお店は別格です
ガツンとかインパクトとか男味、ガサツとかそんな感じの豚骨魚介とは一線を画す一杯です
優しい、丸い、まろやかな、きめの細かい、丁寧なと言う言葉が良く似合うスープです
最初の一口目にこちらの店の特徴である、他店の豚骨魚介とは違う味と言うか、特徴のある味を感じます。凝縮感の中にある或る味のコクとアクセントがありますが
食べ進めると自然と一体感の中に納まる感じですね
何かが突出してるのは最初だけで、濃度の濃さ、濃い味を同居させながらも
ストレスを感じない優しい食べやすいスープとなってます。
自家製麺は都内屈指の出来。文句言う人いないでしょw
チャーシューも柔らかさの中にも肉の存在感があり美味しいですね
お店の営業日の関係でなかなか逝けないが再訪の機会があればまた逝きたい。と思わせる店ですね

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件