なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

五寸釘なめ達磨坊主

男性 - 埼玉県

まぁ点数なんてもんは嗜好により基準が変わりますのでどうでもいい派です美味しい物は素直に美味しいと!評価点は味です。接客、店の「客あしらい」等は腹立たしい時以外は記しません※「並んでまで~」「この手の味に飽きた~」とレポする輩を見る度に怒りがこみ上げますw95点以上・・・・スペル星人90点以上・・・・ゴジラ85点以上・・・・ガメラ80点以上・・・・メカゴジラ75点以上・・・・大魔神

平均点 82.939点
最終レビュー日 2017年1月21日
907 485 0 243
レビュー 店舗 スキ いいね

GW 日曜夜 喜多方訪問1件目 夜17時30分 20人以上待ちで閉店 満席
この時間ではすでに閉店と思っていたのですが
店の前を通るとまだ営業してました!最後の待ち列に滑り込みました

喜多方ラーメンと言えばやはりコチラの店が有名ですね 
フランチャイズ展開もしてるんで、知名度は喜多方ラーメンとしてはNo1です
ただし、都内で目にする店名は所謂、名前貸しであって味の修行してる訳ではありません
なので、本家「坂内」を喰らう!が喜多方訪問の第一目的でした

塩ベース 透明度の高い豚清湯 多加水中太ちぢれ麺は柔らかめだがしっかり汁が纏わりつく
丼一面引き詰められた豚バラチャーシュー!これが喰いたくて!確かめたくて!

喜多方訪問の目的が満たされました
日曜の夜は麺切れで営業してる店が少ないので早めに訪問する必要がありますね
朝、6時50分頃、店前を通ると、GWの月曜で待ち40人以上いました
次回は「はせ川」「なまえ」「源来軒」に逝ってみたいなぁ~と!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

GW  朝7時30分  朝ラー2件目 満席
待望の喜多方訪問3件目
のれんが掛かっていませんでしたが営業していて、すでに満席 10分ぐらい待ちました
こちらも朝から地元客がおおいですね
奥の蔵座敷へ通されました!まさに「蔵の中」これは思い出に残りますね!

スープは混濁タイプ 一口で判る豚骨ベースですね 背脂の脂の膜が張ってある
醤油のカエシ、中太多加水麺の柔らかめ 課長多めです
脂感がギトギトしてるんで、これも喜多方なのだろうか?いろんなお店があるんですね
朝から脂多めを注文してる客多数 背油チャチャチャになってる一杯もありました

これにて朝ラー終了

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

GW 朝ラー 朝7時 1件目 満席
待望の喜多方訪問2件目 朝ラーは初めての経験です
民家に毛が生えたような店内です
こんな時間からマジで満席 地元の人も多いです ビクーリしたよ なんかカルチャーショックです
ハッキリ言って喜多方ラーメンの定義は何なのか?
やっぱ蔵の街が売り文句だから醤油なのだろう?と思うのですが
中太、多加水のちぢれ麺が喜多方らしいのは判りましたが、
カエシとスープベースは独自の展開してるんですよね

醤油味で喜多方を感じます
課長はキツメですが「中華そば」らしさを感じました
麺も多加水ちぢれ麺でこれまた自分の思う喜多方を感じました
喜多方を味わうには申し分のない一杯だとおもいます

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜 12時 満席
白河にきたので連食である
以前より白河遠征するならコチラのお店も候補に入れていました
その理由は
数年前に東京進出して店名を覚えていたので
白山と青山の2店舗で運営してたけど突然の閉店で訪問する機会を逃してたので。

濃い目の醤油。カエシがビシッと決まったスープ。
自家製麺がある意味個性的です 加水率低めでザラっとした麺 印象に残りますね
で、チャーシューは燻製風味です 店の売りにもなってますね
そういえば東京進出時もチャーシューが売りだったな
ワンタンは具がないタイプ 皮を喰らうみたいな。

何をもって白河系と言うのだろうか?佐野でも同じような事を思った
土地に生き続けるラーメンなのは変わりない 
こうなってくると
喜多方へも逝きたい気持ちがアゲシオで・・・・・

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜 9時40分着で2番目 オープン前50人以上
ついに訪問!感無量・・・・・で、ある
埼玉から約180キロ 高速で片道3時間掛けて逝って来た 
まぁラオタミシェランで言えば「わざわざ訪問するに値する店」だろうな
ど田舎の田んぼの中にあるお店です

白河ラーメン総帥のお店である 
こちらで修行した方のお店は何件か行った事があるが、
実際に現地に行き食って確かめねば判らない事もあるのだ 
それは
手打ちのちぢれ自家製麺であり、燻製風味のチャーシューであり、香り高く滋味深い醤油のスープであり
すべての要素が「とら」である標となり一杯に集約されたスタイルなのだ

自分の知ってる味の断片を辿ると・・・松戸の「とら食堂分店」が一番近い

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件