なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

五寸釘なめ達磨坊主

男性 - 埼玉県

まぁ点数なんてもんは嗜好により基準が変わりますのでどうでもいい派です美味しい物は素直に美味しいと!評価点は味です。接客、店の「客あしらい」等は腹立たしい時以外は記しません※「並んでまで~」「この手の味に飽きた~」とレポする輩を見る度に怒りがこみ上げますw95点以上・・・・スペル星人90点以上・・・・ゴジラ85点以上・・・・ガメラ80点以上・・・・メカゴジラ75点以上・・・・大魔神

平均点 82.939点
最終レビュー日 2017年1月21日
907 485 0 243
レビュー 店舗 スキ いいね

平日 11時 すぐに満席
いやぁ~美味くて久しぶりにドキッとしました
ド田舎の古河でも人気ある新店みたいですが、この店がもし?東京にあったなら間違いなく繁盛店です
佐野ラーメンの流れを汲むお店みたいですが、東京では出会えない味であり個性派ですね

黄金色に輝くクリアーな透明度の高いスープ 幾層にも重なり合ったブ厚い旨味に満ちた出汁感
醤油感と言うか、淡口かな?まぁなんだかわかりませんが良い風味です 変に流行りの生醤油では
演出できない深みのあるカエシ感もあるのです 美味い!
手打ち麺は佐野ラーメンスタイル 乱切り多加水チヂレ白色のフルフル麺でございます
味付けされた千切生姜が大量にトッピング
少しづつスープに投入していくと徐々に生姜の風味がスープに移り込み味変となります
全部いっぺんに入れると生姜ラーメンに大変身する位の量です
バラ巻チャーシューもしっかり仕事してますね。ラーメンらしいチャーシュー感アリアリ

ご当地ラーメンでは終わらぬ味の深さを感じるお店
餃子の出来もハイレベル!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

祝日 PP オープン前20人以上
東京では大型コラボがありましたが敢えて回避
地元に帰ろう♪してるんで、オイラの田舎に近いし、
何よりも忘れていたけど思い出したんでwまた忘れないうちに逝ったッタ

王道の鶏白湯でございます
揺らいだ部分が微塵も無い完璧な一杯 鶏の旨味タップンたっぷん
鶏白湯にありがちな変に「鶏ポタ」してないんです
味の密度高し!
濃度、味は濃ゅいが変に煮詰まり過ぎてないのがいいですね
なんつうか力技だけで押し切らずバランスも追求してるのが良く分かる
「全まし」は
細めのパッツン麺との相性よし 味変でたまねぎの役割大 味たま、穂先めんま
低音調理のかしわ美味し 豚バラチャーシューは油のヤケた味がしたんで残念賞

都内でお店展開してたら間違いなくトップ近くに君臨するお店
・・・・・・・・BGMはあの・・・・・・Bzでございますw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

偕楽園で梅を見た帰りに逝ってみた
ご当地ラーメンの類なので、何時かは本場で喰ってみたいと!念願叶いました

所謂、あんかけ麺ですね、で、冷たい麺は情報で得た通りでした
餡の具材のかぼちゃとレバーが特徴的
味にも反映していて、かぼちゃの甘み、ピリ辛味の餡が功を奏す
中華料理のあんかけとは毛色がチト違うので、やけに印象に残る味でございます
「スタミナ」喰った満足感を得られた一杯でした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

祝日 9時30分 待ち10人 オープン前 30人以上
リベンジなのです!前回、トクノウ喰えませんでしたからね
今日は「純煮干」なる限定もあったが・・・トクノウ喰わねばならぬのです

最近、ニボシで群れてますぅ~の「煮干狂會」 首領wの店である

動物系トロミ程ほどに煮干ドバッみたいな一杯
濃度は確かに濃いのだが鶏白湯としても極端な煮詰めた味にならず
鶏の程良い旨味を感じることができる具合だ
で、煮干が被さってくるのだが・・・・超濃コク旨バリニボッてる
これだけ煮干の味が濃いと普通なら雑味も感じ煮詰まった味で占められヘタすると下品な味となるのだが・・・・これが・・・凄みのある「煮干」だった!
煮干の丸ごと感があり、それなのに澄んだ味が濃縮されてる
ニボシが濁ってないのだ。
エグミも個性となり見事に凄みのある煮干味に昇華されてます
いやぁ~まいったな~!前回の煮干がオレにはこんなもんか?で終っちゃったからね・・・

個人的に「煮干狂會練馬支部」の動物系とニボシのバランス感が秀でてると思っていたがw
ハッキリ言ってそれ以上だとオモタヨ
あの下品な中に活きるバランス感を超える「煮干」に出会えるとは思っていなかったので
・・・・・また喰いたいよ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

祝日 11時10分 待ち30人以上 しかし辺鄙な場所にありますね・・・・
こんなトコにホントあるんか?と心配になるぐらいの寂れた立地条件で良く成り立ってるな?と・・

何時かは?逝ってみたいと思ってた。煮干の名声では全国区レベルまで上昇してるし
まぁRDBでの一部チバ・ラギ系ユーザーのアゲアゲもあるんだろうが チバ・ラギ系ウザイよねw

最近では若手煮干キモイグループwを形成してるお店でもあるし
どんな煮干を提供してくれるのか?楽しみだったのです・・・・が・・・・・
到着時点で「特濃=30杯」売り切れ・・・・・・なのでデフォの一杯を注文する事となりました

一言で言ってしまえばシャバ系バランス型の煮干スープ
エグミとか強烈な香りが突出するとか・・そんな煮干感は感じる事ができないが
ナチュラルな程良い煮干の旨みは楽しめるスープだ
動物系のシンプルな旨みとのバランスも良く
どちらかといえば上品な部類に属す煮干スープでスッキリ型だ
纏め方は上手いが「煮干鰮らーめん 圓」のような三角形の頂点に向かうような
澄んだ煮干の凄みは感じられない

「和え玉」はこのシャバさのスープだと単なる味付け替え玉的な感じで終わってしまうが
単純に煮干風味の油ソバ的な部分では楽しめます

「特濃」を謳う豪腕的煮干の片鱗はこの一杯からは想像できないので
「特濃」になった時の力技がどこまで突出した煮干感を演出するのか楽しみでもある

煮干に特化し目指して逝く店ではあるが現代型煮干の濃さはデフォでは感じる事が出来ないので
ソレを目指すとある意味肩透かし。やはり「特濃」を体験してみないと煮干での強烈な印象は薄い感じか?まぁ再度チバラギ目指す必要性を感じるお店ではある

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件