なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

五寸釘なめ達磨坊主

男性 - 埼玉県

まぁ点数なんてもんは嗜好により基準が変わりますのでどうでもいい派です美味しい物は素直に美味しいと!評価点は味です。接客、店の「客あしらい」等は腹立たしい時以外は記しません※「並んでまで~」「この手の味に飽きた~」とレポする輩を見る度に怒りがこみ上げますw95点以上・・・・スペル星人90点以上・・・・ゴジラ85点以上・・・・ガメラ80点以上・・・・メカゴジラ75点以上・・・・大魔神

平均点 82.939点
最終レビュー日 2017年1月21日
907 485 0 243
レビュー 店舗 スキ いいね

平日 11時 20人以上待ち
久方ぶりの訪問 内装が変わりましたね まるで高級割烹店
69ロールワンをさらに昇華させるとこうなるのだろう とにかく系譜を色濃く感じるスタイルです
芳醇な醤油の香り 鶏の香り、旨味に満ちてる出汁感
ラーメンとしては良い意味で異様に上品に磨き上げたスープ 完成度高し! 
間違っても汁とは言えないwスープでございます
自家製麺はおいしいとは思いますが自分の嗜好にはあいません
これは「ちゃぶ屋」でも感じた事がある感覚なのだが・・・・ 
しなやか過ぎて、なめらか過ぎてまるで上等な素麺喰ってる感じなんだな 
美味いですよ!満足すると思います でも→ラーメンで納まらない一杯だと思いました

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

平日 5番目 
ラーメン本で知りました ちゃぶ屋残党組み
堂々とした塩ラーメンです 変な小細工してない 奇を衒ってない
ネオクラシックタイプ しっかり仕事して味につなげてます。
旨み、ミネラル感たっぷりな塩 塩分濃度はメリハリがあり出汁感を生かした仕上がりだ
スープは旨みの洪水!
素材の結びつきを生かし上手く纏めています ちぐはぐした中途半端な感じがしません
複雑な構成なのだろうけど難しい味になってないので美味しさが素直に伝わります
味の染み入ったチャーシュー、味玉の具合最高、
鶏胸肉はスープの熱で良い塩梅になる火の通り具合でサクっとした美味しさを味わえる一品
白髪ねぎ、かいわれ、味のアクセントのエシャロット揚げがちゃぶ屋を彷彿させる
しなやかなで終わらない存在感を感じる自家製麺も秀逸
ハッキリ言って→出来すぎです!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

久々の店内連食
実際に喰ってみると感動モンな一杯だ
良く考え練られた構成、すべての要素が合致した時の味のハーモニーは至福そのもの
この一杯を喰うために湯河原まで逝った方が良い!

麺がツヤツヤと輝くテカテカは何?謎掛けで始まるつけ麺 塩をつけて喰う意味が判る
デフォのラーメン以上に鶏の出汁感は濃く、醤油の活きた濃さを感じます
麺コーティングパワー炸裂!つけ汁との絡みは活きてます!これに尽きるな
ワンタンみたいな麺、生海苔、柑橘 味の要素も多く最後まで楽しめる

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

平日 3番目 
満を持しての初訪問!
スタイルとしては「69系」なんだけど、それ以上にラーメン感を感じる
たぶん油脂が効能してるんだな 
芳醇な鶏出汁と活きた醤油のシンフォニー、三つ葉が絡み和味を強調
シンプルな構成だが味は深い 感動できるラーメンだ
「関東3傑鶏出汁な一杯」に間違いなく入る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

日曜 20時 

クラブチッタの帰りに寄ってみた 「麺屋 一燈」の2号店、フードコートの店でアル
味的にはフードコート内で喰えるラーメンとしては頑張ってると思うが

「麺屋 一燈」の出店である事を考えると⇒目指して逝く店ではない
まぁ・・・・ソレナリニな一杯のラーメン
様相も本店に何となく似てるかなぁ~的な一杯であり
味的にはソレナリニ本店風かな~ 具材も同様
集合施設店でソレナリニの喰えるのだから良いのかもしれないなぁ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

祝日 10時30分 4番目 オープン前25人位
営業日の関係で訪問出来るチャンスを伺い本日突撃。W650起動して逝ってきた

ライト系二郎なのだろうか?スープは微乳化と言うかこの時間帯は殆んど乳化してませんでしゅ
カエシがキリッと決まっていて味にメリハリがありますね。久々にカネシ入れると美味いなぁ
脂も程ほどなのでスンナリと喰える。
ワシワシ麺も喰い応えあり、スープとの絡みよく満足できますね
まぁ本来の二郎系に近い二郎インスパ系なのであろう。

二郎系は体に毒がw溜まる感じがするので最近は好んで喰わんけど・・・偶にはいいね

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

祝日 10時50分 PP 退店時に行列アリ
店内は煮干の香りに満ちています
つけ汁は3層構造で濃厚な鶏白湯、煮干の出汁の2つに別れ
上層部には煮干あぶら、見た目斬新で面白いですね
別々に麺を浸し食しましたが
鶏白湯の支配率が高く、そこに煮干が被さり、煮干あぶらで煮干感増強という感じです
混ぜ合わせると濃度、粘度も一気に高まり
全体が煮干よりも鶏出汁の煮詰まった味がしますが濃厚を謳う宿命なのでしょう
個人的にはもっと煮干を生かした煮干濃縮感期待しましたが
若者向け鶏白湯煮干風味という感じかw

麺は茶褐色で秀逸なモノです
全粒粉みたいな香りと味、香ばしさを感じました
つけ汁との相性、持ち上げも良いですが
この手の麺に在り得る比重の重さを感じます
後からつけ汁との重たさも加わりヘヴィーな一杯となりました

スープ割で煮干風味が増し楽しめます

美味しくいただきました

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜 11時 待ちなし

気合を入れて未訪の川崎の大物へ!
今やオーソドックスなスタイルとなりつつある濃厚豚骨魚介が
どんな容で表現されているのか気になりました
最近は「勢天」でお取り寄せも出来るのですが
逝かなければ判らんこともあるのです

濃厚な動物系の出汁に節系のダシが加わり、野菜をそのまま裏ごした
高濃度、高粘度のスープです。
似た感じのスタイルとしてはつけ麺 道狼煙 〜NOROSHI〜
煮出した野菜も裏ごしてスープとしていますね
裏ごしたスープの肌理は細かく
スープの状態はドロドロ系を超えて、もはやポタージュ状態です
太平打ちの麺との持ち上げ、絡みは凄まじく、
大盛りでもつけ汁が足りなくなります(笑
こうなってくると・・・つけ汁というよりソースの類のような感じかな
濃厚豚骨魚介として進化は感じますが
あとは食べての嗜好で左右される感じですね
個人的にはここまでポタージュ状態だと味の一体感が出すぎてる感じです
美味しいし、味のインパクトもあるが、シャバ系つけ汁で感じる事が出来る
フワッと抜ける味と香りのハーモニーは感じる事が出来ないのはしょうがないですね

重厚であり味も確立された一つのスタイルも感じますし
麺、具材も拘りを感じるモノがある
濃厚豚骨魚介もココまできたか!と感じるお店だと思います

美味しく頂きました

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件