なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

10年以上のごぶさたで訪問。あの当時から1000円以上の価格設定があり、バランスってなにという肉肉しい品物をご提供していた。今は移転してこちらに。いや懐かしい。10年前にトナリの客が「なんつう量だ」とすて台詞はいて席をたったのを思い出す。
で、私も10年以上歳をとったわけで、当時ほどがっつりくえなくなったけど、なつかしさからがっつり肉のっかったチャーシューざるを選択させていただきました。
店内は待ち椅子どころか食券機の前まで行列。移転しても人気は変わらず。カウンター一番奥に通されたので、調理風景をながめっつ待つ。テキパキした動き。移動はほとんどかけあし。動線はクロスしているのに、全然ぶつからない。スーパーオペレーション。すごい。手抜きなんて一切なしな勢いが伝わってくる。
で、品物とうちゃく。うーんすごい量。ちょと後悔。麺は後半には盛大にからまってしまい、つけダレは肉でうまっているのを片付けているけど、もうひえひえ。美味しく食べる、とは程遠いバランス。けど不満は一切出て来ないのはなんでだろう。そういうもんだと思わせるだけの何かを出しているんだろう。やっぱり本気というのはすぐつたわるんだなぁ、と思い、年齢でほそくなったため最後の一切れ食べきれなかった肉にあやまりつつ席を立ちました。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

初訪問。このあたりはラーメン屋さん以外にも魅力的なお店が多く、悩んでしまうのだが、なかなかくるところではないので、目にとまったこちらに訪問。
入口入って右に食券機。つけ麺メインのメニュー構成で、中や大などのサイズ選択できるが、グラム表記が見当たらないので店員さんに確認し選択。調理風景をみていたら、キッチンタイマーが5分と2分半にセットしてあった。つけ麺はゆで時間5分らしい。品物到着。
入る前からわかっていたことだが、豚骨魚介濃厚太麺。特筆する特徴はないが、悪いところもどこにもない。ちゃんと美味しく作っています。店員さんのオペレーションははきはきしているし、味も減点するような要素はありませんでした。けど点数低いのは、食傷な豚骨魚介濃厚太麺という、ありきたりなものだったためです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
68

錦糸町でお気に入りのお店。今回は未食のつけ麺を選択。つけダレはラーメン同様のラインナップがあり、まずは醤油を選択。カウンターがないのが単独行動者にはいづらい。
東京スカイツリーのマップなど見つつ待つ。品物到着。
細長い容器に麺と具、つけダレは真っ黒で具は入ってない。一緒にスープ割り用の容器と、魚粉が提供される。つけダレは醤油押しの味。油での風味付けはさしてない。魚粉入れたらありきたりな味になってしまったので、以降は魚粉足さずにいただいた。つけ麺といえば麺のボリューム勝負な時があるが、標準で満足できた。具はチャーシューが秀逸で麺の量ともバランス良かった。つけダレに対してスープの提供量が少ないのだが、塩を足していないスープを飲める機会はあまりないのでレンゲに注いでたのしませてもらいました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

白濁博多系のお店なのに太麺+醤油つけダレのメニューがあったので訪問。好物のネギがあるのを選択。メニューラインナップみてもなぜ太麺がここに?と思う不思議な感じ。調理風景が見れるカウンター席のみなので一人で入ってもおちつける。トンコツ臭が苦手な人にはちょっといずらいかも。
品物到着。つけダレはネギいっぱい。麺は極太という訳ではないが、かみごたえは十分にある。つけダレは醤油がメインで大勝軒の甘辛酸のバランスではなく醤油の濃さで食べる感じ。辛味がほしいなあとテーブル見渡したら、辛子高菜あり。つけだれにすこし入れる。一気に攻撃的な味に。一味よりつけダレによくとけるので刺激的。うまい。卓上に高菜があって太麺のつけ麺が食べられるお店なんて他にないから、貴重な体験でした。
このお店は単純においしいものを出している感じがいい。難しく考えていろいろ試行錯誤してオリジナリティ出す方法もあるけど、単純においしいものをシンプルに食べれます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

上野近辺で辛いラーメンが食べたくなった。おもいついたのは一蘭で辛いの近することだったので、そっち方面に歩いていったら、このお店が目にとまったので訪問。武蔵は上野と御徒町の中間の武骨がこのあたりでは知っていたが、こんな場所にも出店していたんですね。
食券は初訪問だったので左上選択。全部載せ的なのを大ボタンで全面押ししてくるのは正直好きではないのだが、コストパフォーマンスよさそうだったので選択。
店内は武蔵らしいステンレス+黒で統一されている。通された席が肉のロースター前だったのでうまそうに肉汁たらしている。このあたりの演出は見事。
品物到着。にくでか。つけダレは武蔵らしい魚粉風味するけど粒子が細かくて一体感のある味。麺はかなりふとめ。何より目をひくのが麺の上に乗せられてくる肉。ちょっとぱさつき気味な個所があったのが残念かなぁ、と思ったのだが、バラ肉のように脂身のジューシーさを出す部位を選んでいないから、肉の味を味わえるようにしているんだろうと推測し納得。コストパフォーマンスの良さで高評価です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

初訪問。つけ麺主体のメニュー構成で食券機左上はしょうゆつけ麺だったが、パンチがほしい気分だったので、こく豚というメニューを選択。店内はお金惜しまない感じがする。木製の椅子は分厚い木材を使っており重い。食券を渡すとあつもり可ということだったので、あつもりで頼む。麺の大盛りも無料だったのでお願いした。
品物到着。麺はスープに浸かっている。麺が入っている器が分厚く重い。つけダレは、あきれるぐらいの油分。背脂と液化した油で表面1cm以上ある。具はメンマと細かい豚が入っているが、その豚も脂身主体。麺は最近はやりの極太ではなく中華麺の太いのと言う感じ。つけダレを通しても油しかついてこない。つけダレの表面に刻みのりが浮いているが、脂にくるまれてしまい効果なく乗せている意味なし。どうしたいのだか全く判らないメニューに困惑。おいしいと思う要素はなかったので低い採点です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

土曜日に仕事があり、こちらに訪問。競馬開催日だったが、お客さんにWins行く人はいなさそう。
初訪問だったので、食券機右上の煮魚出汁つけめんを選択。
待っている間店内見渡したら、とても座りにくそうなボックス席があった。飲み屋かなにかを改装して使ったのかも。
まもなくして品物到着。具はチャーシュー小さめ2つ、硬いメンマ。煮魚はサバっぽい。濃厚つけダレなので、サバの味噌煮っぽくなる。麺は短くて汁がはねなくて食べやすい。スープ割りは小さなポットで提供される。豚骨メインと思われる風味。つけダレが多かったので、麺を食べ終わった器につけダレすてていただく。
よくある濃厚つけ麺で、特筆するところなかったので、点数低めです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

メディアアップであっという間に行列店。平日11時半の到着で待ち4。食券は並ぶ前購入。回転率悪い店だから、席まで20分待ち。すでに終了した浜松町の大つけ麺博のポスターなど眺めつつ待つ。
店内入っても10席のうち8人が提供待ち。BGMは倖田來未。結局提供まで35分待ち。麺茹でロットの少なさと、茹で時間の長さのせいか?と思ったら、5つまとめて提供された。一時だが店内全員が提供待ちになったのは、いただけない。
今回は大盛りにしたので、満足感はあり。ネギが辛いのがアクセントになって旨かった。スープは高温にすると焦げ付くのを避けるためか、低い温度での提供だった。角ふじ系が電子レンジ使ってつけダレ暖める理由はこれか、と妙な発見をしながらすぐに冷めてしまったつけダレで食べ進めていく。つけダレの暖めも対応しているらしいが、カレ変に5分待たされている隣の人を見ると頼む気なくなる。
納得感のない待ち時間で低評価です。せめて調理場が見えたらいいのに。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

昼過ぎに有楽町で買い物があったので、近辺を歩いてお店さがし。新橋方面に歩いていてガード下に資本系らしき店舗があったので訪問。商品ラインナップが多い。ゼンショー系のようです。暑かったので、つけ麺を選択。肉を入れても値段があまり変わらなかったので、肉入りを選択。店内はカウンターのみコの字型の配置。奥の厨房からカウンターの中までウォークスルーな吉野家方式。調理風景は見れないが、視界が広いので待っている間の窮屈さはあまりない。
品物到着。ネギいっぱいのつけダレ。ネギは好物なので歓迎。肉は豚バラ肉のゆでたものが入っている。武蔵野うどんのようなつけダレです。麺は黄色い中華麺。肉の甘さが出ていて中々うまい。テーブル上の辛味調味料(一味を油炒めしたようなもの)との相性もよい。この場所で800円以下でこのクオリティなら文句なし。予想外においしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

初訪問。四ツ目通りをバスで移動中に目に入っていたので、歩いてきてみた。
店内はカウンターメインで奥に4人掛けの小さなテーブル。後払い方式。席についてカウンターの段差と同じ幅に収まるように作られたメニューを出される。暑かったのでつけ麺を選択。麺の標準のグラム数が書いてあったので2玉で何グラムというのがすぐにわかりやすかった。
調理風景は見えなかったが、麺をしめるのに最後に氷水つかっていた。写真で見たときから弁慶@堀切のような麺だなぁと思っていたが、そのとおりの麺が提供されてきた。つけダレは甘辛酸。最近濃厚系ばかりだから、久々のつけ麺らしいつけダレがうれしくなる。具はメンマ、細かいチャーシュー、ネギ、海苔1枚。つけダレの底には黒コショウが大量に沈んでおり、一口目は単なる甘辛酸だったが、底からすくいあげるように麺を通すと胡椒のビリビリが来る。最近、つけ麺といえば太麺という風潮が強いが、店のポリシー持ってこういうつけ麺が提供されていることはうれしいことです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件