なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

初訪問。以前のみ屋さんだったらしい店内。変形L字型の変なカウンター席。食券ではなくオーダー方式。店名からしてわかりやすい一番押しの油そばを選択。調理風景は見れない。
品物到着。スープがあらかじめついてくる。特徴は、と言われるとよくある味です。めずらしいと思われるのは、メンマのはごたえぐらいです。どこにでもある味なのがなんかなぁ、という感想でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

前知識なく初訪問。昼営業終了間際に入店したが、いやな顔されることなく接客いただいた。
通常のラーメンもうまそうだったが、汗かいていたので温かいスープは敬遠して油そばを注文。お手洗いの空くのを待って入って出てきたら、品物到着していた。麺のゆで時間短く感じたが、最近の太麺風潮に慣れてしまったせいだろう。この麺の太さならこんなもん。
魚粉が一部かかっているビジュアルに、よくある濃厚トンコツ魚介系の味を予想していたが、アミノ酸系のうまみが前面に出た、たまり醤油っぽう味で予想外。しかもうまい。汁なしでこれだけアミノ酸系の味が出せるということは発酵調味料使っているのだろうけど、無化調推進派ではないのでうまければ歓迎。
具のチャーシュー、細切りメンマ、細切り海苔、ネギなどがあったが、どれも少量。だけど麺主体の構成なので、全然不満なし。食べ終わってから標準メニューのラーメンが竹岡式インスパイアと知って、機会があればぜひとも訪問したいと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

神田駅近辺の3店密集ラーメン店舗の一つに訪問。おとなりは二郎系、もうひとつは家系、となればこちらのお店は濃厚豚骨魚介系かとおもいきや、それもあるけど油そばもあり、トマトを使ったメニューなどもあり、メニュー構成がんばっている感じで好感もてたので訪問。
気分的に汁なしたべたかったのでこちらを選択。最初から温泉卵がのっている写真に惹かれました。店員さんのうち2名の方が中国出身っぽかったのだが、いかにもラーメン屋という大きな声でバリバリ動く感じがまた好感がもてる。この日は同行者がいたので、汁なしとはなんぞやか説明しつつ待つ。品物到着。うん、観た目のバランスがよい。けど、まぜそばだから混ぜちゃうんですが。1/3ほどいただいてから、ラー油投入。締めは食べ終わった器にポットからスープそそいできれいにいただきました。
満腹感がちょうど期待したぐらいだったのもあり、おいしくいただいた感があり高評価となっております。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

亀戸と錦糸町を集中的に訪問中。未訪問だったこちらに。
初訪問だが油そばが売りらしく、シンプルな油そばだとさみしいから、鳥豚油そばを選択。カウンターのみの店内は満席だったがすぐに空いた。
食券をわたし、着席し、店内を見渡すと早稲田店がどうとかいう文字が。そういえば早稲田というか江戸川橋のあたりに油というでかい文字をかかげているお店があって、5年以上前に訪問したことがあた。昔の記憶でやたらとシンプルな油そばだたことだけ記憶している。同じ思いをせずにすんだ選択のよさに安堵しつつ品物到着。
もやし、豚のバラ肉、メンマ、麺といういたってシンプルなビジュアル。はじめから一味がすこしかけてある。麺は記憶にある早稲田のお店より太いと思ったのだが適当な記憶なのであてにはならない。定番のラー油と酢をかけて完食し、スープ割りをもらい退店。
すごく評価できる箇所はないけど、コストパフォーマンスとしては満足でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

前知識なくふらっと訪問。
油そばが売りらしいので、選択。さらに食券機にスープとうのがあったので、それも選択。店内には製麺機室もあり、ちょっと期待高まる。
調理風景をみていたら、たれはあらかじめ麺にあえている。提供されて判ったのだが、麺が長いせいか持ち上げるのも困難なぐらいからみついており、客でまぜるのはちと辛いためらしい。油そばは食べ始めのまばら感と最後の渾然一体感の両方を楽しみたいのでちと残念。
脂そばとしては特筆するような箇所はなし。というかスープのまずさが際立っていた。多分スープ自体が不味いのではなく、つけ麺でつくられた口腔内とスープの相性がとても悪いのだろう。すごくカルキ臭を口の中で感じる。お冷飲んでも同じ感じがした。食べ合わせによって酸味を苦く感じてしまうのと状況が似ていた。
料理が不味い訳ではないけど、一緒に選択したくなるような商品がここまで相性の悪いものはちょっとひどいんではないかと思う。
久々に食べたことを後悔するぐらいの後味だったので、点数低いです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

別おお店を狙っていたのだが、10月末で閉店の張り紙があり、ぶらついてこちらを発見。なので前知識なしで訪問。もともと狙っていたのが油そば系を売りにしていたので、気分が油そばだったので、食券機で油そばをみつけ選択。
店内オペレーションを見ていたら、スープの仕込み中。もみじを鍋からあげて、手作業で砕いていた。厨房ですよの未来の巨匠でよく見かける単純重労働。手抜きしていない感じがよく伝わってくる。
ほどなくして品物到着。うまそうなビジュアル。三つ葉を乗せるのは結構めずらしいかも。太いメンマが目を引く。豚はほぐしブタ。デフォルトで卵あり。最初は混ぜた時の鰹節が箸にからみついていてその風味で支配されてしまうが、中盤は麺のうまさ、後半はたれのうまさでおいしく食べれる。初訪問だったので麺の量を標準でオーダーしたのだが、食べ終わってかなり後悔。量ましておけばよかった。
食べ終わりの器にスープ注いで飲めるのもうれしい。
多分再訪することでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

昼食時の浜松町から大門にかけてはオフィス街なせいでどこも行列。なので夕方に訪問。以前訪問したときにきになっていたあえ麺を選択。同時タイミングで個人タクシーの運転手さんが入ってきたので、固定ファンかラーメン好きな様子。そういうお客さんがついていることで期待度Upって二度目の訪問だけど。
厨房から運ばれてきたどんぶりが通常のラーメンと同じ柄だったので、間違えられたかと思ったのですが、ちゃんと和え麺でした。うれしかったのが、麺があつあつだったこと。これのおかげで温泉卵との相性もあがるし、つけ麺でもラーメンでもない新しい料理としていただけました。
具はネギ、魚粉、細切れチャーシュー、きざみ海苔。麺は通常のラーメンと同程度の太さの様子。だけど麺の熱さのおかげかあえ麺としておいしくいただけました。今回はおなかの具合にあわせて麺の増量をしなかったのですが、次回は麺の増量をしてしっかりと楽しみたいと思わせるだけの味と内容でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
70

オープンして2ヶ月後ぐらいに一度訪問して以来。おひさしぶりの訪問。食後に唇がくっつくぐらいのコラーゲン粘度を思い出しつつお店の前までいくと昼休み前なのにウエイティング席に待ち3名。人気を得ている様子。メニューにも油そばが加わっていた。たべてみたくなったので、行列の最後尾に加わり、待つ。オーダーはウエイティング列まで聞きに来てくれる。店内に入ると、厨房に向けて横2列の席。前からこの席配置だったか記憶をたどろうとしたが、前回訪問時は店内に2名ぐらいしかいなく、横2列で同じ方向向いて食べているという一種異様な風景ではなかったので、今のインパクトの方が大きくはっきりと思い出すことができなかった。厨房のオペレーションを眺めていると、かつおぶしを乗せる商品がよく出ているようで油そばが人気の様子。
しばらくして品物到着。店内POPにもあったが、メンマがでかい。おもわずメンマからいただいてしまった。味はつけていなく、全体の味が濃いのの中和剤的な役割らしい。麺を一口いれたときのイメージはベビースターラーメンの味。ジャンクガレッッジのように、トッピングとして入れる店もあるが、麺そのものがジャンクな味つけ。コンセプトどおりなので、満足できる味。一緒についてくるスープはつけ麺同様に濃厚で、5分もおいていたら牛乳あたためたときのように表面に膜が張った。一緒に提供されるラー油かけたり、スープにつけたりと楽しみながら完食。トッピングで温泉卵があるようなので、次回はきっと追加することでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

センター北行脚中。汁なしは未食だったので再度訪問。13時すぎの訪問で先客1。人気店と聞いていたが、平日昼間だしなと思っていたら後客12と急に込んだ。混む前に入れてラッキー。
汁なしは野菜のマシは追加料金のみ。バランスが悪くなることを気にして標準でオーダー。二郎系なのにキティちゃんのエプロンにピンクの三角巾の店員さんがかわいらしくて面白い。
品物到着。まず目についたのが脂身。角ふじ系で杏仁豆腐のような脂身が入っていた経験があるが、ここのは茶濁した脂身がワンタンのように入っている。結構な量。まずは混ぜ混ぜ。どんぶりは淵が高いので汁はねしなくていいが、ちょっと混ぜにくい。まずは麺からいただくと、ボキボキの麺だが前回訪問のような茹でが足りないという感じはしない。たれは胡椒辛いこともなくラーメンのかえしそのままのような味わい。豚は2切れ入っているが、混ざるほど柔らかくないので 別にほうばって楽しむ。脂身ははしで崩せるので麺とよくまざってくれてうまい。しかし、なぜか満足感がいまひとつ。野菜はしゃきしゃきして好きなゆで加減なのだが、これだと汁なしには合わないのかも。混ぜているのに、渾然一体感とジャンクさがたりなかったせいかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

仕事でセンター北近辺に行く機会があり訪問。地元には、新松戸店と流山店があり、なじみのある揚州商人。多店舗展開しているが、安定した味と選択できるメニューの多さから悪いイメージは持っていない。
多いメニューの中からタンタン油めんを選択。つい油そばと言いたくなってしまう。また選べる太麺の刀切麺も刀削麺と言いたくなってしまう。よくあるメニュー名そのままでなかったり、流行の太麺をアレンジして取り入れたりと独自性出しているのでしょう。店内は中国風に統一されており、お冷もジャスミンティーっぽい風味があっていい。麺が太いのでゆで時間それなりにかかって品物到着。まずはひとくち。うーん、坦々麺と言っていいのだろうか。辛さはさして感じず麺の太さと固さだけが目立ってしまう。卓上のラー油と酢を投入。食べ方は完全に油そば。食べ飽きない味にはなったが、やはり麺の太さと固さが目立つ。具もさしてある訳ではなく、評価Upに繋がる様子がみつけられませんでした。このメニュー単体としてこの採点。お店としてはファミリーでも使えるいいお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件