なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

ラーメン店ではないのだがRDBに登録されていたのでレビュー登録。
昼過ぎのピークタイムをはずして訪問したのだが、フロアオペレーションの悪さで下げ膳されていなく、食後の器がカウンターに2つ、テーブル席満杯状態。厨房1名、フロア1名体制で席数が15程度なので充分回せると思うのだが、うまくいっていない。さっそく印象ダウン。
選択メニューはトムヤムラーメン。このメニューだとティーヌンのそれと比較したくなってしまう。で、比較すると残念な結果に。まず、写真にあるパクチーがない。具も袋茸などのひねったものはなく、どこでも手にはいるようなものばかり。スープはしっかりトムヤムしているが、麺が米麺なので相性いまひとつ。タイ料理なので、遠慮なく卓上の定番調味料4種類を投入させていただき、それなりに楽しめたが、内容考えると低い評価となります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

上野近辺で辛いラーメンが食べたくなった。おもいついたのは一蘭で辛いの近することだったので、そっち方面に歩いていったら、このお店が目にとまったので訪問。武蔵は上野と御徒町の中間の武骨がこのあたりでは知っていたが、こんな場所にも出店していたんですね。
食券は初訪問だったので左上選択。全部載せ的なのを大ボタンで全面押ししてくるのは正直好きではないのだが、コストパフォーマンスよさそうだったので選択。
店内は武蔵らしいステンレス+黒で統一されている。通された席が肉のロースター前だったのでうまそうに肉汁たらしている。このあたりの演出は見事。
品物到着。にくでか。つけダレは武蔵らしい魚粉風味するけど粒子が細かくて一体感のある味。麺はかなりふとめ。何より目をひくのが麺の上に乗せられてくる肉。ちょっとぱさつき気味な個所があったのが残念かなぁ、と思ったのだが、バラ肉のように脂身のジューシーさを出す部位を選んでいないから、肉の味を味わえるようにしているんだろうと推測し納得。コストパフォーマンスの良さで高評価です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

5年以上前に池袋で食べて依頼。13時すぎの訪問だが、ウェイティングは店内4名のみ。しかし食後は階段上まであったので人気店です。以前はすごい辛いイメージがあったので、まずは混ざる前にスープをいただく。味噌っぽいような感じ。野菜は以前のイメージ同様でゆで過ぎ感あり。辛さが強かったせいか前回はそれでいいと思ったのだが、今回は辛さがあまり感じられず、野菜のゆで過ぎ感が目立ってしまい残念な感じだった。このゆで加減の野菜も含めて中本なのだろうけど、嫌いな調理法なのでこの採点です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

これまで、5回程度訪問しているお店。線路はさんで反対側の別店舗に行ったのだが、閉まっていたのでこちらへ。
前回訪問時にはなかった辛味調味料がカウンター上に置いてある。名前はラオウだそうです。トマト系に辛味はとてもよくあうので、いいサービスだと思います。テフロン加工のフライパンとIHヒーターでスープを作るいつもの調理工程。調理おわったらい厨房から出てきて、私の背中を通り過ぎて左側から提供された。後客0だったので、手間かけられる状態だったからなのだろうが、丁寧さが伝わってきます。
トマト主体だが、ベースのスープがいいのがこのお店最大の特徴だと思う。辛味調味料は片口のような容器に入っているのだが、スプーンですくったらスプーンがでかくて深い。1さじいれたら辛くて食べらんないだろうな。様子見ながらいれたら、かなり辛いものでした。辛さで汗かきつつ、ネギめしで中和しつつおいしくいただけました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

球体をカットしたようなどんぶり、巨大なレンゲなど、これまで各方面のブログなどで前知識があったが初訪問。初訪問らしく海老そばを選択。
カウンターのみのウナギの寝床のようなお店なので、入口で食券を先に出してから着席するオペレーションであった。時間は測っていなかったが、自分のだと思わないタイミングで品物到着。もしかして食券機で釣銭とるのにもたついていた間に調理初めていたのか?
まずはスープを一口。一番最初に浮かんだ二言は「鍋、辛い」。鍋というのはワタリガニとアサリを大量に突っ込んだ鍋を以前食べたことがあり、その味を思い出させる味だったから。甲殻類の風味がガツンである。そして辛い。お子様は無理な辛さかも。このスープで薄切りにした白菜をしゃぶしゃぶしたらうまいだろうなぁ、と思いながらいただく。なので最初はラーメンとして完成していないのでは?と思ったのだけど、食べ進むと十分ラーメン。ゆずの皮がごく薄で入っているので、他の具と一緒に噛んだときにはじめて気がついたりと変化球も入っているので食べ飽きない。変な形状のどんぶりは食べにくいのでは、と思っていたが、全然そんなことはない。汁が飛び散らないのでかえっていいかも。巨大なレンゲも持ち上げないどんぶりなのでスープをぐびっといきたいときに役に立つ。
しょっぱなのスープでガツンとやられ、その後の変化球でラーメンとしての完成度を思い知らされた。器だけだとどこぞのカフェ飯で出していそうな感じだが、研究された野心的なラーメンであった。いい意味で裏切られたので高評価。また行きます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

約10年前に早稲田で食べて、とても衝撃を受けたお店である。トムヤムクンに麺を入れている。それでちゃんと成立している。衝撃の出会いでした。
それ以来、銀座などで店舗をみかける都度トムヤムラーメンをいただいてきた。麺が中華麺と米麺から選べ、米麺は太さが3種類と選択肢も多いのと、酸っぱ辛い味がたまにやたらと食べたくなるので、飽きることなくいただいている。通常のトムヤムラーメンは具はさみしいので、デラトムという卵、チャーシュー、ふくろだけ、すり身団子の入ったメニューを選択。生姜や香辛料が効いたスープが独特なので、苦手な人はダメだと思うので万人にはお勧めしませんが、ラーメンとしてもちゃんと成立しており、満足感は充分に得られます。
こちらのお店はカウンター席もあり一人でも入りやすいが、お昼時は混雑するのでゆっくり食べたいのであれば時間をはずしての訪問がお勧め。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
65

東陽町にて用事があり訪問。店の外で待っている間にラーメンデータベースで店舗情報を調べたら、大崎で開業とあった。店員さんのユニフォームをみたら、六厘舎系であることを思い出した。そういえばそうだった。気がつくの遅い。
タンメンといえば中華の定番で、幼少のころからなれ親しんだ地元中華屋のタンメンを思い出すのだが、六厘舎系なのでアレンジ入りまくり。まず浅草開化楼の極太麺。そして濃いスープ。コーンの味もあり、これがベジポタ系というやつなのか?と思いながらいただく。生姜ありにしたのだが、これが正解。なかったら味が濃いし、片栗粉のとろみもついているので、後半はきつかっただろう。
採点は私のタンメンの基準である今はなき中華屋には遠く及ばなかったから。
同行者が的確な表現をしてくれました。「ぶっといシーフードヌードル」。お見事!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

3回目の訪問。
牛乳か生クリームかを使ったスープの「白」を選択。食券機で出てくる券にも「白」のみ。他のメニューの名前と違ってすごい短さがいさぎいい。出てきたラーメンはシンプルなビジュアル。具は、他のメニューでもつかっているさらし葱のみじんぎりっぽいのの、生ハム、ほうれんそう。スープはヌーベルシノアっぽい中華屋さんなんかである牛乳や生クリームを使った麺料理をたべたことがあるのだが、それと良く似ている。牛乳なんだけど洋風な感じは最初だけで、だんだん中華っぽくかんじるんだけど、完全に中華にはならないみたいな感じ。なんだか表現でいていません。店のスタイルがおしゃれなラーメン店なので違和感なくいただける。生ハムはその塩気がスープのクリーミーさと逆の役割をしているのだが、サイズが薄くてでかい1枚なので、ちょっと食べづらい。細かくするとスープに沈んでしまうからこうしているのかもしれないが、半分ぐらいのサイズのと細かくきざんだのを入れたりとかできないんだろうか。麺は他のメニューと同じ様子。
たまたまこういったタイプのスープの経験があったので、びっくり感がなかったのでこのような採点にさせていただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件