なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

錦糸町からちょいと離れた場所。国道14号ぞいには、このお店にたどりつく前にいくつもラーメン店があるので、そこに吸い込まれて、営業きびしそうとか思ってしまった。かなり広い店内。オープンしてまだ間もない感じ。店頭にははんつさんのさげ幕が。
メニューにまぜそば系もあるが、初訪問だったのと、寒かったので、定番メニューを選択。まっている間メニューなどをチェック。深夜営業しているらしい。つまみうまそう。
品物到着。まず目をひいたのがメンマ。微妙にピンク。悪化している訳ではなく、そういう処理方法なのだろう。チャーシューが写真だと四角いあぶりだったのが、ロールバラ肉になっていたのがちょい残念。スープはコンソメっぽいが、粘度がありしっかりラーメンっぽい。よくあるタイプではなくいろいろ工夫しているのがうかがえる。しかもそこそこ旨い。しかもお安い。気に入りました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

知識なく初訪問。おもいっきりの背油。ビジュアルからして腹こわしそうなぐらい油。けど、食べてみたら、全然しつこくなかった。具の構成は弁慶のようだが、しょうゆの濃さは全然ちがう。麺も太い。単純、けどうまい。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
68

錦糸町でお気に入りのお店。今回は未食のつけ麺を選択。つけダレはラーメン同様のラインナップがあり、まずは醤油を選択。カウンターがないのが単独行動者にはいづらい。
東京スカイツリーのマップなど見つつ待つ。品物到着。
細長い容器に麺と具、つけダレは真っ黒で具は入ってない。一緒にスープ割り用の容器と、魚粉が提供される。つけダレは醤油押しの味。油での風味付けはさしてない。魚粉入れたらありきたりな味になってしまったので、以降は魚粉足さずにいただいた。つけ麺といえば麺のボリューム勝負な時があるが、標準で満足できた。具はチャーシューが秀逸で麺の量ともバランス良かった。つけダレに対してスープの提供量が少ないのだが、塩を足していないスープを飲める機会はあまりないのでレンゲに注いでたのしませてもらいました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

数年ぶりの訪問。店内は相変わらずのレトロ調。この界隈はラーメン店が多いので、店の看板が控えめなこのお店はちょと目立たない。けど千葉のお店で高い評価を得てから錦糸町出店したことは知っており、千葉のお店も行ったことがあるので個人的には応援したいお店。
メニューでさっぱりした感じのがあったので選択。昼時だったが先客1。ちょっとさみしい。厨房は化がうことができないので、ホーロー看板などみつつ待つ。品物到着。
すんだきれいないスープに低加水率っぽい細麺。最近こういったベクトルのメニューを出すお店が少ないのでうらしい。麺がぼそぼそした食感なのがおもしろい。あっさりしている分あらが出やすいだろうけど、完成度高い。しんぷるだけど最後までおいしくいただけました。スープ完飲でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

1年ぶりぐらいの訪問。前回は店内がもうすこしちゃかついていたイメージがあったが、統一感が出ている。壁紙の色のせいか?
好物の玉ねぎオプションがあったので、それにあうメニューを選択。オペレーションは以前と変わらずチャーシューを炭火であぶったり、スープは都度行平で温めていた。
品物到着。麺をひとくち。前は麺がうまくなったイメージなかったが、今回はあ、うまいと思える麺でした。好物の玉ねぎパワーでチャーシューの小ささは気にならない。とがった三角錐型のどんぶりにスープを少し残す程度までおいしくいただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

初訪問。つけ麺主体のメニュー構成で食券機左上はしょうゆつけ麺だったが、パンチがほしい気分だったので、こく豚というメニューを選択。店内はお金惜しまない感じがする。木製の椅子は分厚い木材を使っており重い。食券を渡すとあつもり可ということだったので、あつもりで頼む。麺の大盛りも無料だったのでお願いした。
品物到着。麺はスープに浸かっている。麺が入っている器が分厚く重い。つけダレは、あきれるぐらいの油分。背脂と液化した油で表面1cm以上ある。具はメンマと細かい豚が入っているが、その豚も脂身主体。麺は最近はやりの極太ではなく中華麺の太いのと言う感じ。つけダレを通しても油しかついてこない。つけダレの表面に刻みのりが浮いているが、脂にくるまれてしまい効果なく乗せている意味なし。どうしたいのだか全く判らないメニューに困惑。おいしいと思う要素はなかったので低い採点です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

前知識なくふらっと訪問。
油そばが売りらしいので、選択。さらに食券機にスープとうのがあったので、それも選択。店内には製麺機室もあり、ちょっと期待高まる。
調理風景をみていたら、たれはあらかじめ麺にあえている。提供されて判ったのだが、麺が長いせいか持ち上げるのも困難なぐらいからみついており、客でまぜるのはちと辛いためらしい。油そばは食べ始めのまばら感と最後の渾然一体感の両方を楽しみたいのでちと残念。
脂そばとしては特筆するような箇所はなし。というかスープのまずさが際立っていた。多分スープ自体が不味いのではなく、つけ麺でつくられた口腔内とスープの相性がとても悪いのだろう。すごくカルキ臭を口の中で感じる。お冷飲んでも同じ感じがした。食べ合わせによって酸味を苦く感じてしまうのと状況が似ていた。
料理が不味い訳ではないけど、一緒に選択したくなるような商品がここまで相性の悪いものはちょっとひどいんではないかと思う。
久々に食べたことを後悔するぐらいの後味だったので、点数低いです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

別おお店を狙っていたのだが、10月末で閉店の張り紙があり、ぶらついてこちらを発見。なので前知識なしで訪問。もともと狙っていたのが油そば系を売りにしていたので、気分が油そばだったので、食券機で油そばをみつけ選択。
店内オペレーションを見ていたら、スープの仕込み中。もみじを鍋からあげて、手作業で砕いていた。厨房ですよの未来の巨匠でよく見かける単純重労働。手抜きしていない感じがよく伝わってくる。
ほどなくして品物到着。うまそうなビジュアル。三つ葉を乗せるのは結構めずらしいかも。太いメンマが目を引く。豚はほぐしブタ。デフォルトで卵あり。最初は混ぜた時の鰹節が箸にからみついていてその風味で支配されてしまうが、中盤は麺のうまさ、後半はたれのうまさでおいしく食べれる。初訪問だったので麺の量を標準でオーダーしたのだが、食べ終わってかなり後悔。量ましておけばよかった。
食べ終わりの器にスープ注いで飲めるのもうれしい。
多分再訪することでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

乗り換え駅で訪問。食券ではなく後払い方式。初訪問なのでメニュー表最初の焼き豚ラーメン(正油)を選択。店内のポップでつけ麺が11月末頃と案外提供期間が長いなぁ、などと思いつつ待つ。
品物到着。焼き豚メインのビジュアル。具は焼き豚4枚、市販のメンマなど。焼き豚は焼き目がついている。スープは煮出しが薄いと感じてしまった。一昔前なら普通の濃さなのに。けど、東京ラーメンなら生姜の風味などが付いて薄さを感じないので、風味不足なんでしょう。麺はすこしちりっとした感じ。焼き豚がなければ途中であきそうな味だったので、低めの採点です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

勤務場所近辺であちこち訪問中。初訪問なので、標準メニューを選択。食券機のメニューの少なさが潔い。店の外にはメディアアップしたときの切り抜きや表紙が飾ってある。
店内にあったスポーツ新聞など眺めつつ、さして待たずに品物到着。標準でワンタンが乗ってきたのがちょいと驚き。スープは案外煮出しがしっかりしており飽きることはない。けど最後の一滴までおいしく飲み干せた。麺は中太で軽いウェーブがかかっている。ワンタン以外の具は硬く戻したメンマ、チャーシュー。スープがしっかりしているから、最後までおいしくいただけました。つけ麺や限定メニューもあるようなので、再訪することでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件