なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

10年以上のごぶさたで訪問。あの当時から1000円以上の価格設定があり、バランスってなにという肉肉しい品物をご提供していた。今は移転してこちらに。いや懐かしい。10年前にトナリの客が「なんつう量だ」とすて台詞はいて席をたったのを思い出す。
で、私も10年以上歳をとったわけで、当時ほどがっつりくえなくなったけど、なつかしさからがっつり肉のっかったチャーシューざるを選択させていただきました。
店内は待ち椅子どころか食券機の前まで行列。移転しても人気は変わらず。カウンター一番奥に通されたので、調理風景をながめっつ待つ。テキパキした動き。移動はほとんどかけあし。動線はクロスしているのに、全然ぶつからない。スーパーオペレーション。すごい。手抜きなんて一切なしな勢いが伝わってくる。
で、品物とうちゃく。うーんすごい量。ちょと後悔。麺は後半には盛大にからまってしまい、つけダレは肉でうまっているのを片付けているけど、もうひえひえ。美味しく食べる、とは程遠いバランス。けど不満は一切出て来ないのはなんでだろう。そういうもんだと思わせるだけの何かを出しているんだろう。やっぱり本気というのはすぐつたわるんだなぁ、と思い、年齢でほそくなったため最後の一切れ食べきれなかった肉にあやまりつつ席を立ちました。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

なぜこんなところに店をひらこうとしたのかと思う間口と店内のお店。
初訪問だったので、デフォルトメニューらしき味噌を選択。カウンター席だったのだが、後ろがせまく落ち使いない。調理風景を見ていがた、メニューごとの差はほとんど見受けられない。
品物到着。すごいシンプルなビジュアル。気をつかいすぎておかしくなっているラーメンに出合うことが最近多いので、この「私はこうなんです」というわかりやすさは歓迎。しかし、旨いかというと別問題。スープがなぜか微妙に酸っぱい。具もシンプルなのでそのイメージしか残りませんでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

区役所近辺でラーメン店を検索すると、必ず上位に出てくるお店。味噌ラーメンが売りなのだが、中華屋さんという一風変わった人気を取っている。人気の味噌ラーメンを選択。店内は座敷メインなので、ランチより夜の会食メインのテーブル構成。なので、1名だけだととても居づらい。
ラーメンは皆さんレビューと同じ感想なので、省略。点数が低いのは甘さについていけず、うまいと思えなかったため。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ランチタイムにも油そばもあったような気がしていたので訪問。自分の勘違いで、昼はつけ麺とラーメンのみでした。
なので、未食の味噌つけ麺を選択。なにかしらひねってくるだろうと思ったら、具の構成もスープのチューニングもまったく同じ。単に醤油を味噌に変えただけでした。まさか酸味まで同じとは。前回が高評価だったので幻滅も勢いがつきますが、開化楼の麺はうまいのでこの点数でとどまります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

ミーハーなコレクター根性で、別スープのこちらを選択。スープが味噌になっている以外の具や麺は同じ様子。味噌ラーメンはそれほど好きではないのだが、この味噌はコウジカビというか味噌らしたというかが薄く、あっさりと食べられた。だからって、ライトな味噌ではない。表面にはしっかりとラードが浮いており、豚の脂ともあわさって脂度は十分。もとから一味が溶いてありピリリときます。薬味の生姜や玉ねぎも標準味の醤油とおなじく乗ってくるが、玉ねぎはあまり効果はなく生姜おろしが効果ありました。
残りメニューは1つだけで普通の肉そばとは具が違うだけのようで、再訪する楽しみが一気に減ってしまいました。少数メニューで勝負しているのお店は好きなのですが、肉のしつこさがおなかにこたえる年齢になっているせいか、もう一度来たいと思わなくなってしまったので、ちょい低めの採点です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
このレビューは移転前のものです。

荻窪で安定したおいしさを提供してくれるお店なので、何度となく利用させてもらっています。オープン当初から利用させてもらっていますが、毎回麺がおいしくなっているイメージがある。
今回は未食のみそ台湾。ランチ200円のネギチャーシュー丼も選択。ここの麺なら醤油が一番合うだろうと思っていたのだが、味噌の濃度が低いのとで、麺もおいしくいただけた。辛味はスープ表面の油が主体なのだが、スープをすすっていって最後はただの味噌ラーメンになることはなかった。具のひき肉に香辛料を多くつかっているため、スープの湯にも味が十分ついているからだろう。ネギチャーシュー丼は卵が半分のる卵好きにはうれしい構成だが、チャーシューの量がちょいと残念。けど、おなかいっぱいになりました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

価格を考えると、おおいに悩むのだが、大のお気に入りなので、感情に従って評価させてもらいました(私も以前はとても低い評価をしていたのです)。

季節限定のつけ麺や復刻版なども食べていますが、このお店で一番衝撃を受けたのが、みそ中華でした。今年もいただきにきました。中華そばのお店で作る味噌ラーメンでは炒め野菜を中華鍋で作ってスープを張って、という工程ではなく、醤油ダレのかわりに味噌を入れるお店も結構あります。ましてや季節限定であれば、手間のかかることはしないと思われます。しかし、この予想を裏切って、ちゃんと札幌のように中華鍋の製法で作っています。しかも具にパプリカやエリンギなど、彩や食感も工夫しているし、ひき肉だけでなくチャーシューの切れはしを入れてきたりと、中華そばの一面ものこしている。具が一体となった料理なので、味に深みがないとすぐに食べ飽きるのが味噌ラーメンのデメリットなのですが、そういった感じは一切なく最後までおいしくいただけました。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

籠原駅は仕事で何度か降りている駅なのだが、駅の東側は初訪問。おおきな看板なので、どこかの大手資本かチェーン展開店だろうと予測できたが知らなかったので入ってみる。店内はどこかで見たことがある内装。思いだした。古河にある味噌屋せいべえ。もしかしてどちらかの居抜きで使っていたり、関係があったりするんだろうか?
そんなことを思っていたら品物到着。ビジュアルはきれい。赤いスープにしろいモヤシ。味噌ラーメンだが中華鍋で野菜をいためるのではなく、ゆで野菜を使っている。辛味は油に溶かしているらしく、具や麺とのからみもいい。麺は柔らかめのゆで加減で、味噌系でよくつかわれる札幌の大手製麺所ではないが、味噌のぬるぬるっとした感じとゆるめのゆで加減の麺のぬるぬるっとした感じがちょうどマッチしており、下手したら嫌なかんじなのだがそういったのがない。期待していなかっただけに高評価。
会計時にレジ横に名刺状の案内があったのでもらったら、群馬に30店舗近く展開しているお店だった。もしかしたら、群馬は味噌の文化なのかも。うーん。遠征してみるかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

仕事の関係で大宮に行くことがあり、大宮の店舗におうかがい。今回はこちら。通し営業なのがうれしい。アーケード街の中にあるので、ちいさなお見せなのだろうと予想していたが、厨房をとりかこむかたちで40席近く椅子があり、ちょっとびっくり。先客1、後客1。入口わきに食券機があるのだが、ななめにおいてあって、ふたがあいているのではと思った。初訪問なので左上を選択。厨房が見渡せるのだが、麺箱は知らない製麺所のだった。私が知っている製麺所なんて3軒ぐらいだからなんの基準にもならないが。出てきた品のイメージは「具が白い」である。いため野菜はもやしと玉ねぎ。白い。ひき肉は少々。スープは味噌にあらかじめ辛味がをいれているらしくすこしピリッとする。味噌が強すぎる味噌ラーメンは苦手なのだが、ここのはライト。好みではあるのだが、なんか「これ」という要素はなかった。なのでこの採点です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

都内にはよく見かけるチェーン店だが、通し営業だったので訪問。
このお店は都内近郊に複数店舗展開しているので、他のお店には入ったことがあったが、こちらは初訪問。店外のメニュー看板がこれまで行ったことのある”よってこや”とはずいぶんちがう。飲みメニューが充実している。店内に入っても、他の”よってこや”とは違い居酒屋チック。ドリンクメニューもおつまみメニューも豊富。生ビールを頼むと餃子が半額なんてキャンペーンのポップもある。こういったお店だとラーメンがいまいちなケースもあるので不安になったが、チェーン展開しているから味に差はないだろうと思いオーダー。けど、選んだのは木場店限定の胡麻味噌ラーメン。さきほどのキャンペーン利用者を羨ましく見ながら待つ。
出てきた品は味噌ラーメンらしいビジュアル。麺は低加水率細麺。そういえば”よってこや”は京都をうたっていたので、第一旭のような麺にしたのだろう。スープは濃い目だけど喉にひっかかるほどではない。胡麻の風味はまあするかな、程度。具はチャーシュー、もやし、ニラ、ネギ、ニンジンといった味噌ラーメン定番系。とくに評価したくなる要素はなかったが、その安心感がチェーン店のよさなので、悪いことではない。けど、点数つけるとこうなりました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件