なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

いいイメージの多いお店。昼過ぎの訪問だったが、限定だいたい30食という季節限定の塩ラーメンがあったのでそちらの食券を購入。マガジンラックの東京スポーツなど見つつ待つ。品物到着。
あら、通常のラーメンとまったく同じビジュアル。具が完全一致。しかもスープも風味が同じ。うーん、本当にかえしが塩だってだけのラーメン。限定らしさがどこにもなくて、変わり映えもしていなくてこういった評価です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

チェーン店だが坂内はすきなお店である。
店頭のぼりで新メニューあり。なんかうまそうだったので訪問。昼時だったので相席。場所柄なのか工事作業者らしきおっちゃんが昼からビール飲んでいるテーブルに入る。うらやましい。
混雑してそれなりに時間かかると予想したが、案外早く品物到着。ヤサイの盛りがいいビジュアル。そして見た目は辛そうではない。
スープを一口。胡椒辛いのと青唐辛子の辛さが来る。九州ローカルの柚子胡椒のようなイメージ。辛さはヤサイで中和しつつ食べ進める。ネギの細切りの中に、みょうがらしき色の細切りもあったので、そういった工夫もある様子だが、口の中は辛さに支配されていてみょうがかどうか不明だった。いためた青唐辛子はどんぶりの底に沈んでいたので、後半になるほど辛さが増す。油で辛味をつけると、スープがへるほど味が減っていくのだが、味が濃くなっていくのはいい。イメージ通りの味で、食べたいものを食べられた満足が得られました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
82

初訪問。初訪問なら食券機の左上が定番なのだが、一番人気という梅塩らーめんを選択。店内はテーブル席のみ。ちと狭い。壁には色紙がいっぱい。石上さんのサインもあった。ランチタイムはライス無料でつくらしいが、あっさり塩ラーメンなので、ご飯は遠慮させていただいた。
しばらくして品物到着。きれいなスープ。透明スープだと神名備@西日暮里、梅を使っているのだとぽーかろう@移転前の新松戸が思い浮かぶ。まずはスープをいただく。うまい。透明スープだと水っぽさというか水分と味の部分が分かれて感じることがあるが、そういったことはない。煮出しを濃くするとスープが濁るから、塩分で水っぽさとバランスを取るお店も多いが、塩分も濃くなくいい感じ。そして、この手のラーメンとしてポイントになるあまり出会わないトッピングの梅干し。最初はスープの熱が伝わる前にちょっとつまんだのだが、いい梅干しなんだろうというのが判る味。うめぼし単体でもうまいし、ラーメンのスープともよく合う。梅干しのすっぱさはゆるめなので、ラーメン全体のイメージがうめぼしに持っていかれることもない。小さめのバラ肉ロールチャーシューはあっさりラーメンにあわせるにはすこしくどいように感じたが、ラーメンらしさを感じさせてくれる。
オリジナリティとバランスの両面ですばらしい完成度でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

東陽町、木場近辺の未訪問店で気になっていたこちらの店舗に訪問。13時すぎていたのに待ち6名。吉左右の定休日でこちらに人が流れてきたのを入れたとしても人気具合がうかがえる。
食券は行列並ぶ前に事前購入がルールらしい。行列途中で注文の確認と食券が未購入であれば食券購入するよう声をかけてくれるので親切。
結構まって店内へ。テーブル席も一応あるがカウンターのみといっていいでしょう。かなり狭い。調理風景は行列中に見ていたが、狭い厨房で動きづらそう。麺箱は浅草開化楼。
同じ入店タイミングでつけ麺のお客さんもいたが、私はラーメンだったので先に提供される。
まずスープ見て濃厚さにちょっと引く。つけ麺のつけダレぐらいの濃度ある。これより濃度低いつけダレの店もいっぱいあるでしょう。濃厚とはいいつつ塩だからここまで濃厚にしないだろうと予想していたのに、全く逆でした。
味はまさにつけ麺のそれ。麺は細いがばっちり味がからんでくる。食べ終わりにスープ割りがほしくなった。
改善してほしい箇所など具体的にはないので、しっかりパッケージとして成立しているのだろう。高い点数をつけられなかったのは、私の好みとあわなかっただけです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

別のお店に行くつもりだったが、定休日にあたってしまったので、こちらに訪問。なので前知識なし。
食券機横の張り紙に「最初は特製塩らーめんをたべろ、醤油でなくてこっちだ」といったような意味合いのことが書いてあったので従ってみる。そこまで押すのだから食券機左上だろうと思ったら、3段目で探すのに手間かかった。あと、特製ではない普通の塩ラーメンはないものかと探したのだが、それもなかった。ネーミングと食券ボタン配置よくない。
店内はカウンターメインだが奥に座敷あり。丸いちゃぶ台で居心地よさそう。メニューを見ると夜は飲みメインでやっている様子。
ほどなくして品物到着。具はバラ肉のチャーシュー、わかめ、桜エビ、メンマ。スープはホタテらしき風味であっさり系だがラードが多く、おもいっきりあっさりに振ったチューニングではない。麺は結構柔らかめのゆで加減だがこれはこれであり。
際立った箇所はないが、バランスはよくスープも最後まで飲み干せました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

せたが屋系のお店は好きである。六輪車は行列だったのでこちらに。5名ほどの待ち行列あり。
行列中に食券をわたしていたので、混雑の割に待たされずに品物到着。麺は粒粒が見えるので全粒粉を使っている様子。けどグニグニもボキボキもしていないから100%ってことはないのだろう。具はアオサ、卵1個、エビ(卵の上の飾り?)メンマ、チャーシュー。チャーシューは秀逸で、豚の脂身がうまい。これだけで持って帰りたい。スープはすごい特色はないのだが、最後まで飲み干せる味でした。けど柚子は邪魔。
ラーメンストリートという立地なので期待しすぎなのかもしれませんが、すごさは感じることがなく、平凡な採点となってしまいました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

雪の降る日の休日出勤に訪問。急いでいたので、空いているお店はありがたい。ラーメンにモツをいれた例はいくつかあるが、焼き肉や持つ煮込みだと気にならないモツのにおいがラーメンになると妙にひっかかることがある。普段あわせない食材だからなのだろう。けど初訪問なので食券の右上を選択。
出てきた一品はたしかにモツ。モツのにおいもする。けど、どうにも相容れないほどのにおいではない。麺は細めん、スープは澄んだ塩スープでモツの味が混ざっても嫌な感じはしない。もつをラーメンに上手に取り込んでいることは評価できる。あと、急いでいたのでぱっとでてくる駅前のちいさなラーメン屋さんに期待する内容にも応えている。けど、素直にうまいか、というとそうでもないのでこの点数です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

荻窪で未食ってどこだろうと思っていたら、こちらのお店を思い出したので訪問。ルミネみたいなおしゃれなものとは徹底的に無縁なので、今まで入ったことがなかった。ビルのコンセプトにあわせ飲食店のインテリア、エクステリアも決めているのだろう。いい見た目の店舗。出店費用高そうだな。
客単価をあげたいという意図がよくうかがわれる食券機の並びをかいくぐり、函館塩らーめんを選択。ビジュアルと比べると高い。店員さんはよく教育されており、はきはきしていて気持ちがいい。料理を待つ間、卓上の調味料をチェック。ニンニクおろしやニンニクチップを発見。塩ラーメンにニンニク入れるの?と思っていたが、そういえば函館のラーメンって特徴を知らないことを思い出した。程なくして品物到着。前の日にAFURI@原宿で同じような細さの麺の塩ラーメンを食べたばかりなので比べてしまいたくなる。で、比べると塩気がきついし、ビジュアルがさみしい。CP悪い。レストラン階のバリエーションの1店舗なのであまり多くを期待するべきではないのだろうが、ラーメン好きとしてはちょっとさみしくてこの評価となってしまいます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

原宿に用事があった帰りに訪問。16時ごろの訪問だったが、店内8割の入り。人気の具合がわかる。AFURIは恵比寿がラーメンでもりあがっていたころに恵比寿店に訪問したことがあるが、こちらは初めて。原宿からさして離れていないが、人の流れがある方面ではないので、案外おちついている。
ゆず塩がお勧めということだったが、柚子が苦手なので塩を選択。スープは選べるそうだが、塩なのですっきりと淡麗に。厨房では、湯煎したスープが2つ見える。スープを煮詰めないためなのだろうが、他では見たことがない。10分ほどまって品物到着。恵比寿店でたべてから5年以上経っているが、おぼえているものだ。香味油を複数つかうので、一口目は油の混ざり箇所によりいろんな味を感じる。水菜にだけからんだ油とかあると、水菜を食べたときに違う風味かんじたりする。あぶりチャーシューは肉厚で脂身がうまい。麺は細めんで最近たべたくじら軒をおもいだす、というかくじら軒をはじめて食べたときはAFURIを思い出したっけ。煮卵半分がデフォルトで乗ってくるのは、卵好きにはうれしい。そしてCPもよい。
行動圏内にあったら、何度も訪問したいお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

これまで何度か方もしているお店。とても寒い日だったので、ほっと暖かくなる一杯がほしくてこちらの店を目指す。これまで食べたことのなかったしおラーメンを選択。ちょうど先客1がつけ麺を頼んだタイミング後だったらしく、ほんのちょっとだけ時間がかかってから到着。待たされたという印象はないし、つけ麺の麺をしめるオペレーションの間に調理ができないことを考慮して麺投入していたようなので、かえって好感が持てる。
出てきた一品は二葉らしいビジュアル。具はなると、柚子胡椒、柚子ひとかけら、バラ肉のチャーシュー、めんま、糸唐辛子。柚子胡椒はなるとの上において最後までとかさないようにしていただく。麺のうまさは醤油とかわらず。麺がうまいから、具のバリエーションが多くなくても食べ進むのがあきない。スープは丸い味で煮干しっぽい風味があるが、えぐみはないので飲みやすい。最終段階に柚子胡椒をスープに溶いたらうまかった。つけ麺のときは柚子胡椒と麺だけでいただくのが好きなのだが、こっちもいける。不思議なことに、食べ進んでいったらスープの濃度がました様子。麺の表面やチャーシューの脂がとけたんだろうとは思うが、ちょとした味の変化でした。中盤ではかざりかと思った糸唐辛子が脂に溶けて辛味だしたりと、いいバランスを各具が出してきます。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件