なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

初訪問。同じ店名のお店にどっかで入ったような記憶あり。けど関連不明。
昼過ぎだったので、混雑なし。場所がらにあったスタイリッシュな内装。おなかがすいていたので、バリネギラーメン +めんたいご飯をオーダー。内装みていたから調理の様子チェックしていなかった。
でてきたのは予想以上のネギやまもり。機械できっているなこりゃ。スープは乳化+背油でかなり脂分おおい。麺は低加水率の細麺。バラ肉のチャーシュー2枚、きくらげ少々。卓上調味料は生姜の酢漬けとコショウと醤油のみ。油の多さがダメでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

赤坂でランチすることは予想していなかったので、その場で目に付いたお店にGo。店構えとメニュー構成から最近はやりでないお店を選択。宮崎直送といううたい文句。博多からの流れで白濁豚骨だが、麺の太さは南にいくにつれ太くなるので、宮崎はどうなんだろうと思ったら、博多同様の水加水率。スープもど豚骨。すごく豚くさいのかと思ったら、そんなことはなく見事なバランス。地域名なしで単純に豚骨ラーメンとしてうまい。そしてコストパフォーマンスがいい。赤坂というとオシャレなイメージなのだが、こんなしっかりした豚骨ラーメンがたべれることに感謝。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

春の陽気で散歩がてら初訪問。3軒並んでいるなかで、トンコツなこちらに入店。
カウンターのみのウナギの寝床な店内レイアウト。扉をどこから開けてはいるのかちょっと戸惑う。食券機は入って右側。初訪問なのでデフォルトっぽいメニューを選択。食券渡したら、麺の種類を聞かれたので、長浜と伝える。博多と長浜が選べるようだが、そんなに差があるかなぁ。
調理風景は見えないが、麺が細いので調理時間は短くすぐに提供される。ビジュアルから塩分濃度こそうな感じ。具は青いネギ、脂身多めのチャーシュー、きくらげ、海苔、卵半分。白胡椒がもとから結構な量かかっている。トンコツの濃度も濃いし、塩分濃度も濃いので替え玉したくなったが体重増やさないため我慢。それなりに楽しめましたが、それなりな感じまでだったので、普通の採点させていただきます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

品川駅構内の一風堂があると聞いて訪問。トンコツ臭を品川駅構内にまきちらしていることを期待していたのだが、臭いでは店舗を発見することができなかった。駅構内のおしゃれな商業施設エキュートにあわせた佇まいでお店発見。
ちょうど昼時だったので、行列5名。初訪問だったので、いわゆる白を選択。
店内はカウンターのみ。吉野家方式。素早く好感のもてる客さばきがいい。席に案内され、しばし待つ。駅構内にこういったラーメン店が入ってくれるのはうれしいことだ。おじさん率多し。
品物到着。一風堂らしい一品。多店舗展開しているお店だと、店舗ごとの味のブレを気にするのだが、一風堂はどんなお店でもブレがほとんどない。このお店もいままで食べてきた一風堂と同じ。北九州系の細麺トンコツは、テーブルの上の調味料で替え玉を楽しみたいのだが、紅ショウガも高菜もないのが一風堂らしい。ちょいと残念。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

以前店先を通った時の厨房からの排気臭と店構えで入らなかった店。昼時にバスで前通ったら行列していたので、地元の人気店なのかもと考えを改めて、訪問。
全体的にリーズナブルな価格設定。ネギ好きなので、トンコツベースのネギラーメンを選択。食券機はガラス戸を背にして左の壁にある。店の外にクドイぐらい写真つきメニューが貼り出されいて麻婆丼まであって、そのイメージで品数多いと予測していたが予測に反してトンコツラーメン主軸の構成。
厨房はしっかり清掃が行き届いている。最初のイメージが悪かったからかえって期待値があがる。出てきた品物はラーメンショップ系の如く白髪ネギの味付けが乗ってきた。写真よりネギ多いが好物なのでよし。そして写真では入ってない卵も入ってきた。よし。
スープは強烈な骨味は感じないが、十分なトンコツ感。それでもスープが水っぽく感じないので、化学調味料ありなのだろう。けど、無化調でまずいラーメンより化調ありのうまいラーメンのほうが歓迎する。麺は細麺低加水率だが、ぼそぼそするほどの低加水率ではない。テーブルには高菜と紅ショウガあり。トンコツの場合スープが悪いと、高菜や紅ショウガでごまかしたくなるが、最後まで登場することはなくおいしくいただけました。
店構えのみで判断してはいけないと反省。また行きます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

町田店は10年ぐらい前の石神本に出ていたが、錦糸町にもお店があることを発見し訪問。
当時はトンコツといえば北九州の低加水率細麺イメージしかなかったのに、太麺というアレンジに皆びっくりしていたのだろう。
入り口入って正面に食券機。最近見かけるようになった、トッピングまでお勧めしてくるGOTタイプ。席は入り口入って左側にカウンター、厨房前にテーブル席。
席にはDIY工具のようなニンニククラッシャーが置いてある。ニンニクもちょうどいいサイズに揃えて容器に入っているので、粒の大きさのせいで狙った味にならないという問題を手間をかけて解決している。
ほどなくして品物到着。標準でニンニク油が乗ってくる。具はタケノコが面白い。白濁豚骨の場合、メンマの代わりにキクラゲなのだがキクラゲも入って、さらにタケノコの薄切りが入ってくる。スープの煮出しが濃いのだが、塩分濃度も高い。飲み干すにはつらいぐらい。
麺は、太麺で、スープとの相性がいい。最近無駄に太い麺のお店が多いのでバランスいい麺はうれしい。油っぽさはそれなりにあるので後半は卓上の紅ショウガにおせわになって最後までおいしくいただけました。
劇的においしい訳ではないですが、ポリシーを感じる一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

センター北の未訪問点ローリング作戦中。16時ごろの昼食となってしまったので、通し営業のこちらを選択。店名以上の知識なし。入り口にはよろいかぶとがディスプレイされている。立川の某店を思い出すが、熊本だからちがうよな。
食券機は博多系と熊本系の2系統。熊本を選択。店内はショッピングモール内のレストラン階にある店舗、という感じ。ボックス席、カウンター席ともキャパはでかい。休日はこれぐらいのキャパがないとつらいだろうが、平日のはずれた時間だとガラガラ感がさみしい。さして待たず品物到着。
ビジュアルは白濁スープにマー油がのり、博多より太めの麺という熊本らしいビジュアル。マー油はくどいほど量はないので、おなかが弱い私でも大丈夫でした。スープの豚骨臭はほとんどなし。麺はかなり固めのゆで加減。熊本系だと、黄色い中華麺や博多並みの細麺の場合もあるのだが、ここは博多のような低加水率の食感で中程度の太さでした。具はきくらげ、メンマ、ネギ、ロースらしきチャーシュー1枚。
どこも外していないのだが、なぜだかラーメンを食べた感がゼロでした。場所柄無難な味付けになるのだろうけど、無難すぎてラーメンを食べたという感覚がどこにも残らない。絶対に嫌われないというある意味すごいことなんだろうけど、納得感はなくこの採点とさせていただきます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

北郎@センター北などが閉まっていたので、こちらに訪問。あまり乗り気ではなかったが、食べずに差別するのはよくない。
店内はかなり広く、テーブル席まである。卓上の調味料は紅ショウガや高菜などもあり、純然たる博多系。初訪問なので、麺の固さなどすべて標準でお願いした。麺のゆで時間をみていたら、1分をきっていた。スープをどんぶりに注ぐのを見ていたら、立派に白濁していた。ちょっと期待。品物到着。スープを一口。うーん、まずくはないのだが、うまい訳でもない。煮出しが足りないこともない。うまみが足りないこともない。麺のゆで加減も悪くない。けど満足感がない。白濁豚骨ラーメンを食べた感がえられないのである。品物は白濁豚骨ラーメンなのに。いろいろな要素がいろいろずれているからなんだろうなぁ。ちっちゃなブレがこうなったのかもしれないが、持論は『ラーメンは出会い』なので出会ったときの評価として点数付けさせてもらいました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

3軒飲んだ後に訪問。なので、あまり正しい評価ではありません。しかし、新宿のこの場所でこの価格でこの味のラーメンが食べられるなら文句ないと思いました。飲んでいて舌が鈍いはずなのに、骨の煮出しはしっかりしていると感じたし、臭さもほとんどありませんでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

平日の夕方に訪問。再起あまり行かない大宮なので、ぱっと眼についた未訪問店だったので入ってみる。場所柄、飲み客がターゲットなようで、まだ繁華街がにぎわい始めた段階なので、店内はまばら。初訪問なのでデフォらしきメニューを選択。食券機ではないので、メニュー一番右端のメロディらーめん。
メロディらーめんは低加水率の細麺なのだが、他のメニューでは太い麺を使っているようで、注文から品物の提供時間が異なる。でてきたのは白濁したこれぞ豚骨というビジュアル。スープは十分に出した骨の味を感じるが臭さは全然ない。残念なのはかえしが弱い。煮出しが濃いスープだとかえしが難しくなるという典型なスープ。化調を嫌う風潮が強いので、難しさはさらに増しているのだろう。化調はあってもいいと思うので、もうちょいスープにコクがほしい。具はチャーシュー1枚、ネギ、きくらげ。白濁豚骨の場合、シンプルな具は歓迎なのだが、価格を考えると残念な感じで、こういった採点としました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件