なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

前知識なく初訪問。昼営業終了間際に入店したが、いやな顔されることなく接客いただいた。
通常のラーメンもうまそうだったが、汗かいていたので温かいスープは敬遠して油そばを注文。お手洗いの空くのを待って入って出てきたら、品物到着していた。麺のゆで時間短く感じたが、最近の太麺風潮に慣れてしまったせいだろう。この麺の太さならこんなもん。
魚粉が一部かかっているビジュアルに、よくある濃厚トンコツ魚介系の味を予想していたが、アミノ酸系のうまみが前面に出た、たまり醤油っぽう味で予想外。しかもうまい。汁なしでこれだけアミノ酸系の味が出せるということは発酵調味料使っているのだろうけど、無化調推進派ではないのでうまければ歓迎。
具のチャーシュー、細切りメンマ、細切り海苔、ネギなどがあったが、どれも少量。だけど麺主体の構成なので、全然不満なし。食べ終わってから標準メニューのラーメンが竹岡式インスパイアと知って、機会があればぜひとも訪問したいと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

神田駅近辺の3店密集ラーメン店舗の一つに訪問。おとなりは二郎系、もうひとつは家系、となればこちらのお店は濃厚豚骨魚介系かとおもいきや、それもあるけど油そばもあり、トマトを使ったメニューなどもあり、メニュー構成がんばっている感じで好感もてたので訪問。
気分的に汁なしたべたかったのでこちらを選択。最初から温泉卵がのっている写真に惹かれました。店員さんのうち2名の方が中国出身っぽかったのだが、いかにもラーメン屋という大きな声でバリバリ動く感じがまた好感がもてる。この日は同行者がいたので、汁なしとはなんぞやか説明しつつ待つ。品物到着。うん、観た目のバランスがよい。けど、まぜそばだから混ぜちゃうんですが。1/3ほどいただいてから、ラー油投入。締めは食べ終わった器にポットからスープそそいできれいにいただきました。
満腹感がちょうど期待したぐらいだったのもあり、おいしくいただいた感があり高評価となっております。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

初訪問。このあたりはラーメン屋さん以外にも魅力的なお店が多く、悩んでしまうのだが、なかなかくるところではないので、目にとまったこちらに訪問。
入口入って右に食券機。つけ麺メインのメニュー構成で、中や大などのサイズ選択できるが、グラム表記が見当たらないので店員さんに確認し選択。調理風景をみていたら、キッチンタイマーが5分と2分半にセットしてあった。つけ麺はゆで時間5分らしい。品物到着。
入る前からわかっていたことだが、豚骨魚介濃厚太麺。特筆する特徴はないが、悪いところもどこにもない。ちゃんと美味しく作っています。店員さんのオペレーションははきはきしているし、味も減点するような要素はありませんでした。けど点数低いのは、食傷な豚骨魚介濃厚太麺という、ありきたりなものだったためです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

土曜日に仕事があり、こちらに訪問。競馬開催日だったが、お客さんにWins行く人はいなさそう。
初訪問だったので、食券機右上の煮魚出汁つけめんを選択。
待っている間店内見渡したら、とても座りにくそうなボックス席があった。飲み屋かなにかを改装して使ったのかも。
まもなくして品物到着。具はチャーシュー小さめ2つ、硬いメンマ。煮魚はサバっぽい。濃厚つけダレなので、サバの味噌煮っぽくなる。麺は短くて汁がはねなくて食べやすい。スープ割りは小さなポットで提供される。豚骨メインと思われる風味。つけダレが多かったので、麺を食べ終わった器につけダレすてていただく。
よくある濃厚つけ麺で、特筆するところなかったので、点数低めです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
60
このレビューは移転前のものです。

昼に新橋乗換だったので、新橋あたりをぷらっと歩いていて発見。近場にはばんからラーメンがオープンしたらしく、呼び込みしていたがこちらを選択。店内入って中ほどに食券機あり。店頭の写真つき看板で二郎っぽいメニューがあったのでそれを選択。
調理オペレーションを見ていると、厨房奥に寸胴が複数立ててあり、スープが複数種類とっているらしい。さして待たずに品のもの到着。キャベツの割合が多く、豚が薄いという見た目の印象。まずはスープを一口。うん、無駄に魚粉の味が強い。なんでこんなに強くする必要があるのか疑問に思う。卓上にはつけ麺用なのかもしれないが魚粉が置いてあるので、強くしたい人は入れられるようになっているのに、最初からすごいいっぱい入っている。麺は太麺で短め。具の下から掘り出すのに適している。ゆで加減がすくなく硬すぎな感じ。スープは魚粉に支配されているが、脂多めでかなり熱い。
二郎だと思うと違うし、二郎でないと思うと魚粉支配が強すぎてバランスが悪いという一品でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

メディアアップであっという間に行列店。平日11時半の到着で待ち4。食券は並ぶ前購入。回転率悪い店だから、席まで20分待ち。すでに終了した浜松町の大つけ麺博のポスターなど眺めつつ待つ。
店内入っても10席のうち8人が提供待ち。BGMは倖田來未。結局提供まで35分待ち。麺茹でロットの少なさと、茹で時間の長さのせいか?と思ったら、5つまとめて提供された。一時だが店内全員が提供待ちになったのは、いただけない。
今回は大盛りにしたので、満足感はあり。ネギが辛いのがアクセントになって旨かった。スープは高温にすると焦げ付くのを避けるためか、低い温度での提供だった。角ふじ系が電子レンジ使ってつけダレ暖める理由はこれか、と妙な発見をしながらすぐに冷めてしまったつけダレで食べ進めていく。つけダレの暖めも対応しているらしいが、カレ変に5分待たされている隣の人を見ると頼む気なくなる。
納得感のない待ち時間で低評価です。せめて調理場が見えたらいいのに。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

昼食時の浜松町から大門にかけてはオフィス街なせいでどこも行列。なので夕方に訪問。以前訪問したときにきになっていたあえ麺を選択。同時タイミングで個人タクシーの運転手さんが入ってきたので、固定ファンかラーメン好きな様子。そういうお客さんがついていることで期待度Upって二度目の訪問だけど。
厨房から運ばれてきたどんぶりが通常のラーメンと同じ柄だったので、間違えられたかと思ったのですが、ちゃんと和え麺でした。うれしかったのが、麺があつあつだったこと。これのおかげで温泉卵との相性もあがるし、つけ麺でもラーメンでもない新しい料理としていただけました。
具はネギ、魚粉、細切れチャーシュー、きざみ海苔。麺は通常のラーメンと同程度の太さの様子。だけど麺の熱さのおかげかあえ麺としておいしくいただけました。今回はおなかの具合にあわせて麺の増量をしなかったのですが、次回は麺の増量をしてしっかりと楽しみたいと思わせるだけの味と内容でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

住吉近辺で濃厚つけ麺のお店ありと聞いたとき、別のお店をおもいうかべたが、こちらのお店がオープンしていたと聞いて訪問。
昼過ぎだったので並びなし。店内は壁に向かったカウンターがあり、厨房の様子はうかがうことができない。なので待っている間暇。目の前の壁を眺めて待つしかない。待ち時間を長くかんじる。
しばらくして品物到着。麺は300グラムあるという話だが、それほどの量に見えない。つけダレはほとんどシチュー状態の濃厚さ。具はメンマとチャーシュー。チャーシューはとろとろなのでつけダレとの境界がわからなくなっている。海苔の上に魚粉という六輪舎スタイル。
麺は開化楼なので、さすがにうまい。つけダレも濃厚だけどとんがった箇所がなく麺とのからみもよくうまい。スープ割りしたら、味がおちたので塩分濃度は低くつけダレ専用といった感じ。醤油味ならスープで薄めて飲めるだろうけど、シチューをスープでのばしてもおいしくないしね。
オペレーションのまごつきがあったのが不満だが、おいしくいただけました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

食券購入し店の前で行列参加。向かいの大斗と同じく外待ち2。すでに外待ち10に増加。オフィス街の昼時だから入りがいい。近くのうどん屋も同じぐらい行列していたので、行列の人数ラーメン店の人気評価にはならない様子。おもてに見えるように食券購入して行列に並ぶように、という張り紙があるのが親切でよい。濃厚煮干しつけ麺を選択し、麺の量は大でオーダー。麺の量が変わっても同じ食券というのを”オール”という表記にしているのだが、”全部のせ”みたいなイメージを持ってしまい勘違いしそう。
15分ほど並んで入店。カウンターのみの店内。事前にオーダーをとっていたのだが、着席してからも案外待たされる。厨房を見ていたら、オーダー通し間違いが合った様子。Wの麺を大のどんぶりに移し替えていた。このズレで着順が1ロットずれた。まあ御愛嬌。
まずはつけダレ、続いて麺が到着。麺が黒い。全粒粉だからなのかもしれないが、それにしても黒い。粉の漂白をしていないのだろう。それでも黒い。そして、芯が固い。ゆでられていないという固さではないが、グルテン化がされていない部分が麺の真ん中に残っている感じ。麺単体でうまいというほど風味はない。つけダレは濃厚なのだが動物系で濃厚という感じはしなく、煮干しのほうを強く感じる。なので最初の一口目の印章が日本そばっぽかった。すぐに動物系の味が来るので違うのだが、つけダレの甘みもあってそう感じたのだろう。具は角切りのチャーシューとメンマ。麺にからめて一緒に食べるサイズではないので、はしやすめ的な役割。麺とスープがメインの料理。おなかいっぱいだったが、スープ割りもして完食。
おなか的には大満足なのだが、なぜか満足感がすくなかった。最近よくる濃厚豚骨魚介+ふと麺という組み合わせなので、差を感じられなかったせいかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
63

浜松町訪問。東京タワーラーメンの近くの裏路地にお店があったので入ってみる。
メニューはつけ麺メインで夜は飲みの店になるらしい。大で300gということで、大をお願いした。食券機はなく口頭オーダー。店内は2階席もあるようだが、1階は厨房とカウンター4席。先客のオペレーションや店内の張り紙をさがしたがスープ割りはない様子。厨房入り口の麺箱には長山製麺という文字。うーん、知らない。
全粉粒を使っているという麺は、ちょっと緑がかっている。壁のうんちくに「不純物」と書いてあったが、玄米ご飯を「不純物あり白米」とはいわないだろうから違和感を覚える。あと、麺に顔を近づけたとき、ビニールのようなケミカル臭がした。原因は不明で壁紙の接着剤とかかもしれないが、なんか気になる。スープは一言でいうとパスタソース。濃厚醤油で魚介なのだが、魚粉ではなくサバ缶らしいものを使っている。あとトマトもはいている。我が家で奥様が付くってくれるパスタソースに似ている。なので絡みはよく、具の量は多くないが最後まで絡みついてくる。つけダレの温度は最初から低いので、あっという間にさめるのが残念。
サバ缶+トマトという予想外の組み合わせの答えをだしてきたのには関心したが、一品として成立しているかというと「試してみました」的な感じでこれをメニューの柱とするのはちょい無理があるのでは、という味でした。メニュー構成的にも再訪はないでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件