なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね
68

散歩がでら亀戸まで。とみ田の麺がたべられるらしいのでこちらへ。昼夜別メニューの、佐貫大勝軒グループと同じ構成。店内の写真にも角ふじ関連店や山岸さんとの写真などが飾られている。店内のポスターではとみ田全面押し。とみ田のランキングまでPOPしてある。たしかにとみ田の麺はうまいからいいんだけど、麺だけでラーメンはできないでしょうに。半分弱でいいから自分のところ押しがほしい。
このところつけ麺ばかり食べていたので、変わり種の坦々麺を選択。食券を渡したときに辛さが5段階で選べると言われたので、標準でお願いした。そういえば、佐貫大勝軒系で坦々麺ってないなぁ。調理風景を見ていたら、スープは行平鍋で温めており、野菜は中華鍋で炒めていた。品物到着。ちゃんと坦々麺しているビジュアル。普通だったらひき肉炒めが入るところだが、肉系はなし。けどさみしさは一切感じなかったのは、野菜いために入っていた桜エビの風味と、案外しっかりと胡麻風味のしたスープのせいだろう。具とスープの工夫は中々。バランスもいい。そして麺は、やはりうまかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

仕事でセンター北近辺に行く機会があり訪問。地元には、新松戸店と流山店があり、なじみのある揚州商人。多店舗展開しているが、安定した味と選択できるメニューの多さから悪いイメージは持っていない。
多いメニューの中からタンタン油めんを選択。つい油そばと言いたくなってしまう。また選べる太麺の刀切麺も刀削麺と言いたくなってしまう。よくあるメニュー名そのままでなかったり、流行の太麺をアレンジして取り入れたりと独自性出しているのでしょう。店内は中国風に統一されており、お冷もジャスミンティーっぽい風味があっていい。麺が太いのでゆで時間それなりにかかって品物到着。まずはひとくち。うーん、坦々麺と言っていいのだろうか。辛さはさして感じず麺の太さと固さだけが目立ってしまう。卓上のラー油と酢を投入。食べ方は完全に油そば。食べ飽きない味にはなったが、やはり麺の太さと固さが目立つ。具もさしてある訳ではなく、評価Upに繋がる様子がみつけられませんでした。このメニュー単体としてこの採点。お店としてはファミリーでも使えるいいお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

錦糸町は南口で何店舗か訪問したことがあるが、北口ははじめて。13時ごろの訪問。このあたりはアジア系の飲食店が多いのでラーメン屋も同じようにアジア系のベクトルの店が多い。こちらはメニュー構成や店内内装からチェーン展開している様子。
坦々麺とハーフのマーボー豆腐がセットになったメニューを選択。先にマーボ豆腐が提供される。ごはんにできあいのをかけているからだろう。すぐ後に坦々麺が到着。早すぎない?と思ったら麺が博多風の細麺低加水率だったのでゆで時間が短い殻の様子。坦々麺のスープはオーソドックスなゴマを効かせたもので、辛みも充分にあるがゴマの辛さを感じない。具はザーサイ、ひき肉の辛味いため、ねぎ、ゆでた青梗菜など。スープがなみなみと注がれていたので、これらの具が水没状態で何も入っていないように見えた。あげネギらしきこうばしいのもあったのだが、これもふやけていて効果がない。低加水率の細麺はこのスープとあっていて、こういうスープにこういう麺もありだなと思う。いっそのことこの麺でゴマを効かせた汁がちょっと多い和え麺とかもありかも、と思いました。
このスープにこの麺という取り合わせにちょっと感心したのでこの採点です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件