なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

別の店舗予定だったが、時間外して行列しており次の予定に間に合わないそうだったのでこちらへ。
家の近所の家系が去年の塩とんこつ部門でランキングとっていたのを思い出し、比較のため塩を選択。あと好物のキャベツも。社長さんらしき方が入口で席案内をしていた。
店内は相変わらず清潔とはいづらいが、そんなのも含めての店だと思っているのであり。この日のスープは激しく乳化が進んでおり、脂とスープが一体化していた。脂おおめでちょっと腹壊しそう。そういう当たり外れがあるのは家系ではよくあることなのだが、醤油のキリリ感があったほうがいいなぁ、ということでこのときの組み合わせはハズレでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

2010年のランキングを見ていたら、塩とんこつ部門でこの店が2位にランクインしていた。実家の近くなので、訪問。塩ラーメンに好物のウズラとほうれん草を追加。
昼過ぎのせいか先客1、後客2。来客少ないと不安になるものだが、何度め可の訪問なので不安なし。携帯などをいじりつつしばし待つ。
出てきたラーメンは、ぱっと見塩とはわからない。まあ、白濁しているのだから当然か。まずはスープを頂いたがが、醤油との違いは醤油のもろみの感じがないぐらい。ベースのスープが強いからだろう。ある意味差がないので面白みにかけるが、同じようなレベルまで引き上げているともいえる。家系なのでスープの濃度が変化するのは仕方ないが、このときはちょっと薄かった。具のほうれん草は申し分ない量。しかし筋が太く食感が口の中に残るのが気になった。
特筆する何かはないが、油のあるスープ+ほうれん草という組み合わせは大好物なのでいつまでも頑張ってほしいものである。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

越谷に用事があったので、事前にラーメン屋探しをしていたところ一位のお店かつ友人に車を出してもらえ移動にも困らかったので訪問。
一番評価数のある塩ラーメンと野菜好きなのでキャベツをトッピング。昼どきの訪問ではあったが、家族連れや昼休み中の工事関係者らしき団体さんまでさまざまな客層で待ちが常に2名以上はある状態。行列の管理がされておらず、ウェイティング席にいたのに後から来た組が先に案内されていた。
店内はカウンター+二人がけと四人がけのテーブルがひとつづつ。店主らしき30代ぐらいの方と、50代の2名でオペレーションしている。この50台の人の動きがわるく、店主らしき方とお客へのストレス原因となっている。食器あらうときは水を客席に飛ばないようにしなきゃね。
ラーメンは家系らしく骨の味が出ている。結構乳化した濃いスープ。麺は酒井製麺所ではなく違う名前の麺箱が店内にあった。麺はやわらかめにゆでられており、合わなくはないのだがスープが濃いので表面がゆるくなる麺は今ひとつと感じてしまう。具は定番の海苔3枚、ほうれん草、チャーシュー。トッピングのキャベツは甘さが十分に出ているが、ちょっとゆですぎ。
ラーメン単体で評価すると大きなプラス様子はないのだが、チャーハンなどの現金サービスメニューやトッピングの多さから何度か行ってみたいと思わせるお店でした。あとは卓上調味料におろし生姜があればうれしいのですが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件