なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

センター北といえば、くじら軒か北郎を思い出すのだが、RDBみたらその間に割って入るお店があったので訪問。初訪問なので標準っぽいメニューを選択。店内はラーメン屋っぽくない。アジアンダイニングという表記もあるので、夜の飲みメインの構成なのかと思われるが、昼メニューからお酒あるし、厨房のでかい寸胴を見るとラーメンのほうに力をいれているようにも見え、どっちなんだかわからない。
ラーメンの印象は、煮出しが薄いスープ、ラードの多いスープ、の2点に集約される。ベクトルとしてはありな味の方向性であるが、スープの煮出しの薄さと、味を感じるのを邪魔して湯気が立たないほど油の張ったスープはどうかと思う。出来の悪い日だったのかもしれないが、ラーメンは出会い、が信条なのでこの採点です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

センター北行脚中。汁なしは未食だったので再度訪問。13時すぎの訪問で先客1。人気店と聞いていたが、平日昼間だしなと思っていたら後客12と急に込んだ。混む前に入れてラッキー。
汁なしは野菜のマシは追加料金のみ。バランスが悪くなることを気にして標準でオーダー。二郎系なのにキティちゃんのエプロンにピンクの三角巾の店員さんがかわいらしくて面白い。
品物到着。まず目についたのが脂身。角ふじ系で杏仁豆腐のような脂身が入っていた経験があるが、ここのは茶濁した脂身がワンタンのように入っている。結構な量。まずは混ぜ混ぜ。どんぶりは淵が高いので汁はねしなくていいが、ちょっと混ぜにくい。まずは麺からいただくと、ボキボキの麺だが前回訪問のような茹でが足りないという感じはしない。たれは胡椒辛いこともなくラーメンのかえしそのままのような味わい。豚は2切れ入っているが、混ざるほど柔らかくないので 別にほうばって楽しむ。脂身ははしで崩せるので麺とよくまざってくれてうまい。しかし、なぜか満足感がいまひとつ。野菜はしゃきしゃきして好きなゆで加減なのだが、これだと汁なしには合わないのかも。混ぜているのに、渾然一体感とジャンクさがたりなかったせいかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

センター北の未訪問点ローリング作戦中。16時ごろの昼食となってしまったので、通し営業のこちらを選択。店名以上の知識なし。入り口にはよろいかぶとがディスプレイされている。立川の某店を思い出すが、熊本だからちがうよな。
食券機は博多系と熊本系の2系統。熊本を選択。店内はショッピングモール内のレストラン階にある店舗、という感じ。ボックス席、カウンター席ともキャパはでかい。休日はこれぐらいのキャパがないとつらいだろうが、平日のはずれた時間だとガラガラ感がさみしい。さして待たず品物到着。
ビジュアルは白濁スープにマー油がのり、博多より太めの麺という熊本らしいビジュアル。マー油はくどいほど量はないので、おなかが弱い私でも大丈夫でした。スープの豚骨臭はほとんどなし。麺はかなり固めのゆで加減。熊本系だと、黄色い中華麺や博多並みの細麺の場合もあるのだが、ここは博多のような低加水率の食感で中程度の太さでした。具はきくらげ、メンマ、ネギ、ロースらしきチャーシュー1枚。
どこも外していないのだが、なぜだかラーメンを食べた感がゼロでした。場所柄無難な味付けになるのだろうけど、無難すぎてラーメンを食べたという感覚がどこにも残らない。絶対に嫌われないというある意味すごいことなんだろうけど、納得感はなくこの採点とさせていただきます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

北郎@センター北などが閉まっていたので、こちらに訪問。あまり乗り気ではなかったが、食べずに差別するのはよくない。
店内はかなり広く、テーブル席まである。卓上の調味料は紅ショウガや高菜などもあり、純然たる博多系。初訪問なので、麺の固さなどすべて標準でお願いした。麺のゆで時間をみていたら、1分をきっていた。スープをどんぶりに注ぐのを見ていたら、立派に白濁していた。ちょっと期待。品物到着。スープを一口。うーん、まずくはないのだが、うまい訳でもない。煮出しが足りないこともない。うまみが足りないこともない。麺のゆで加減も悪くない。けど満足感がない。白濁豚骨ラーメンを食べた感がえられないのである。品物は白濁豚骨ラーメンなのに。いろいろな要素がいろいろずれているからなんだろうなぁ。ちっちゃなブレがこうなったのかもしれないが、持論は『ラーメンは出会い』なので出会ったときの評価として点数付けさせてもらいました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

昼飯食い損ねて夕方に訪問。震災影響の停電対応で暗めの店内。パチンコ店の敷地内にあり、テーブル席もあるがカウンター主体のお店。レイアウト的には国道わきに昔あったドライインみたい。店内の換気がわるく入店時に臭いが気になったが、継続的に匂うほうどではなかった。好物のほうれん草トッピングも捨てがたいが、これまた好物のネギを選択。こういった好物が多いメニュー構成はうれしい。あと、デフォルトで卵半分が乗ってくるのもうれしい。テーブルに置かれている調味料系の多さもうれしい。私は家系はニンニクとおろし生姜が必須だと思っている人なのだが、紅生姜だったのがちと残念。けど、好物のザーサイがあったのはうれしい。
ほどなくして品物到着。臭いをかいだところ、ネギ臭さが目立つ。ネギにつけた辛味が豆板醤らしく、かえって青臭さが目立ってしまっている。油系の辛味にすればいいのに。麺はぐにゅぐにゅした食感でいいゆで加減。スープは予想以上に骨の風味が出ていました。トッピングのネギがちょい残念だけど、それを除けばバランスがいい一品でした。トッピングの揚げネギやニンニクを加えて最後まで楽しめました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

普段は23時ぐらいにあざみの駅で乗り換えているのだが、早い時間にいたので訪問。数年前に友人に案内されたときは休業中だったお店。
店内に入ると小料理屋のような席配置。小上がりには家族連れがいた。カウンターに着席し、初訪問なので標準メニューの支那そばを注文。
ついついビールを頼みたくなる店の雰囲気に負けないよう待ちつつ品物到着。支那そばというと、醤油が濃い中華麺のラーメン(東東京の鶏ガラ系と比べると)というイメージがあったのだが、かなり醤油黒い。そして胡椒がもとから入っているのかかなりスパイシー。子供が食べるには向かないぐらいの辛さがある。麺はちぢれのある細めんで加水率はすくなくぼそぼそした感じ。醤油の濃いスープと加水率の低い麺だと旭川のようになりそうだが、似ているところはなくオリジナリティがある。このところ家系など系列の味を多く食べていたので、店独自の味を出しているのはうれしい。けど、品物全体としてスープの辛さが目立ってしまい、それ以上のいいイメージがみつけられませんでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

仕事でセンター北近辺に行く機会があり訪問。地元には、新松戸店と流山店があり、なじみのある揚州商人。多店舗展開しているが、安定した味と選択できるメニューの多さから悪いイメージは持っていない。
多いメニューの中からタンタン油めんを選択。つい油そばと言いたくなってしまう。また選べる太麺の刀切麺も刀削麺と言いたくなってしまう。よくあるメニュー名そのままでなかったり、流行の太麺をアレンジして取り入れたりと独自性出しているのでしょう。店内は中国風に統一されており、お冷もジャスミンティーっぽい風味があっていい。麺が太いのでゆで時間それなりにかかって品物到着。まずはひとくち。うーん、坦々麺と言っていいのだろうか。辛さはさして感じず麺の太さと固さだけが目立ってしまう。卓上のラー油と酢を投入。食べ方は完全に油そば。食べ飽きない味にはなったが、やはり麺の太さと固さが目立つ。具もさしてある訳ではなく、評価Upに繋がる様子がみつけられませんでした。このメニュー単体としてこの採点。お店としてはファミリーでも使えるいいお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
60

初訪問。昨年の秋ごろたべた大黒家@木場のいいイメージをおもいうかべっつつ食券選択。麺箱が酒井製麺所だったので期待があがる。平日13時前だったが先客4、後客2。場所柄車での来客が多いようだ。
さして待たずに品物到着。配膳時に海苔がとぶのを防止するためか、海苔はどんぶりの淵の内側に収まっている。これまでの家系経験から比べると、表面の油が多いように感じる。スープは煮出しが薄いというか、お湯で割ったような風味のなさ。かえしも弱いので味薄め。健康にはいいのだろうけど、満足感足りない。鶏油の甘さもない。麺は前ロットであげきれなかったと思われるビロビロに伸びた麺が2本ほど入っていたが、愛嬌でしょう。チャーシューは固めので、食券機の写真ではロールしていたが、私のはロールしていなかった。
家系なのでスープ変動によって濃い薄いはあるのは仕方ないが、この薄さは納得できず、低い採点です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

桜木町に用事があったので、汁なしの火付け役店に訪問。行列はおりかえして不動産屋をとおりこしていた。40分ほどの待ち時間で店前に到着。助手さんが大、小、汁なしの確認を口頭でとってくれた。その5分後ぐらいに、食券機に到着。小+汁なし+ニラキムチを選択。チーズも選びたかったが品切れでした。カウンターには一味がどの席からも手が届く場所においてある。荻窪だとカウンター一番奥1か所なので、これはいい。汁ありはロットの後に提供するオペレーションらしく、最後のほうに「にんにくいれますか」コールをいただく。ニンニクのみでお願いした。
ビジュアルはいままで憧れていた汁なしそのもの。豚がややわらかそうだ。スープは案外入っている。麺は平たくて案外細い。最近のインスパイア系などがもっと太いので、その影響でそう思うのかも。豚はすばらしくやわらかい。汁ありだろどう感じるのかわからないが、汁なしだと全体とのマッチングがすばらしい。ニラキムチや生卵を個別にまぜまぜしながらいただく。麺の上部はおいしくいただけたのだが、半分すぎて荒挽きコショウが食感に割り込んできて、だんだん支配を強めていく。このコショウが邪魔に感じてしまった。かおりのいい白コショウをぱらぱらっとかけるほうが合いそうなのだが、ジャンクさは荒引きに歩があるので、採点が低いのは私の好みの問題でしょう。これまで未訪問だったので期待ばかりが高かったせいなのかも。本当の点数はあと2回食べたらなのでしょうが、そう簡単に行けない場所なのが残念です。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

土日にこの近くで仕事があり訪問。事前に調べていたが、道路から見える場所に看板などがなく、ちょっと迷って到着。
店内はラーメン屋+呑み屋みたいな感じ。20時ぐらいの到着だったので、飲んでいるお客さんも多い。メニューにハムエッグやソーセージがあるあたりが呑み屋っぽさを増している。麺類はチャンポンと博多ラーメンが主軸で、そこにモヤシなどをトッピングしたメニュー構成。初めてなのでメニュー一番右の博多ラーメンを選択。ご主人らしき方が調理をされている。カウンターが高く、グラスや食器などが積まれているので厨房の様子は見えない。出てきたラーメンは、博多ラーメンという名にふさわしいビジュアル。薄切りのチャーシュー、低下水率の細めん、ネギという構成。テーブル上のからし高菜もいい。スープは粘度は低いが白濁トンコツ。スープをすすってみたところ、やたらと熱い。もしかして、行平鍋などで個別に加熱しているんではないだろうか。そのスープを飲むのがレンゲではなくて、味噌ラーメン屋などでよくある木製のおたま状のやつ。ちょっと使いづらい。
ラーメン単体としては普通においしいのだが、店内の雑然とした感じや場所の割りにちょっと高い価格設定など、細々とした疑問符がありプラス採点ではなくマイナス採点になってしまいこのような評価となりました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件