なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

長崎に旅行した際に訪問。長崎のラーメン店は屋号にラーメンとあってもちゃんぽんが必ずあるので、スープもちゃんぽんにあわせてある。なので、白濁したスープなのだがあとから海産物や野菜を足すことを前提としているので、薄め。また、麺は細麺だが加水率が高いので、にゅるんとした食感である。そして紅ショウガがもとからスープに乗る。これが長崎ではよく見かけるラーメンである。
これをご当地と呼んでいいのか、ラーメン屋ではなく中華屋系統ではと言われるのか微妙ではあるが、ラーメン1杯450円という価格や、おおぶりなおでんが1本100円であったりと腹ペコヤングの空腹を満たし続けた歴史もあるようなので、敬意を表して採点させていただきます。
敬意を表するといっておきながら低い点数なのは、やっぱりラーメンとしては不満だから。ちゃんぽんに主眼を置いているから仕方ないのかも。チャーハンおまけのスープだって白濁スープなんですから、ベクトルはちゃんぽんなのです。ガムテープで補修した椅子、ワンカップ容器で提供されるお冷など、とても味のある店なので、長崎には何回も行っていて四海樓や江山楼のちゃんぽんも飽きて、ガイド本にない地の長崎を体感したいという方は行ってみてください。おでんはセルフです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件