なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

御殿場にソーセージやベーコンなどを購入しに遠出。そのタイミングで遅い昼ごはんを食べにこちらへ。二郎系なのはすぐにわかるが、御殿場という場所でどのようなチューニングをしてくるのかちょいと楽しみに待つ。
出てき品物は立派なヤサイ盛り。ほじくりだして麺をいただく。うん、うまい。極太ってほどではない。ヤサイはキャベツ多め。もやしが黒ずんでいたので、管理わるいのかなと思ったのですが、専門農家にたのんでいるそうで、無漂白の色なのかも。豚は2切れ。一切れ目は肉が主体の箇所で、肉がパ差ついていた。もう一切れは脂がメインの部位。ちゃんと選んでくれたのだろうが、気が付かずにヤサイのときに脂メインの箇所を最後に残してしまった。
ニンニクはテーブル上にクラッシャーあり。2粒ほど潰していれた。それでも後半風味足りなく感じてきた。なんでかと思ったら、化調をあまりつかっていないせいらしい。二郎は化調ありに慣れてしまったせいだろう。
実はバイクで出かけて雨に振られて、精神的にあせっていた状況だったので、落ち着いて食べれなかった状況でもあり、採点するのは少し申し訳ないのですが、点数つけさせていただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

出かけ中に訪問。携帯版の”御殿場”RDBでさがしたら、PCの検索結果とずいぶんちがうのね。携帯版の検索結果2位がこちらで近かったで訪問。
くるまやのような店配置。ラーメンショップのようなメニュー構成。でてきたどんぶりはラーメンショップのような浅い丼。
麺がちょっとおもしろく、平たいのである。完遂の風味はそれほどなくスープがそれなりに濃いので、山形の麦きりのようなイメージ。スープは塩分濃度が高くのこしました。
店内が空いていたので1名なのにテーブル席に案内していただいたりという気づかいに感謝し、ちょっと加点しています。期待を込めて行くお店ではなく、営業時間も長く安定した味を提供する地元にとって大事なお店、という位置づけのようです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

旅行ついでで訪問。はじめは別のお店に訪問するつもりだったがこちらのお店の前を通ったら触角が動きました(虫ではないですが反応します)。
最初はいまどきのアパレル系かと思っていたら、店内案外きたなかったり店舗内装が安普請だったりと、期待が下がっていく。触角間違いかと思いながら品物を待つ。
出てきた品物は具の色に目がいく。メンマが赤い。場所柄飲み客相手を想定した味付けで濃い目にしているのだろう。さらにキャベツは生姜がからめてある。スープの煮出しが濃いので味付けしてある具はそれぞれ主張するし、生姜というさっぱりするものも入っていて食べ飽きない。スープも麺も軽く少なめなので、たべきれない感もなく飲みの〆にもちょうど合う。だからって物足りない量ではない。残念だったのは麺で固すぎた。食べ終わりにはちょうどよくなっていたので太さのわりに伸びが早い麺なのかもしれないが、最初の印象が悪くなってしまうので、食べ始めからおいしいゆで加減にしてほしいところです。
めったに行けない場所ですが、次行ったら再訪することでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件