なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

角打ち

男性 - 東京都

年間で40〜50軒ぐらい食べています。流行りものに弱いので、2007年は二郎系メインで追いかけていました。本拠地は東京ですが、ツーリングついでで遠征したりもします。

平均点 71.105点
最終レビュー日 2013年1月9日
277 223 0 21
レビュー 店舗 スキ いいね

初訪問。同じ店名のお店にどっかで入ったような記憶あり。けど関連不明。
昼過ぎだったので、混雑なし。場所がらにあったスタイリッシュな内装。おなかがすいていたので、バリネギラーメン +めんたいご飯をオーダー。内装みていたから調理の様子チェックしていなかった。
でてきたのは予想以上のネギやまもり。機械できっているなこりゃ。スープは乳化+背油でかなり脂分おおい。麺は低加水率の細麺。バラ肉のチャーシュー2枚、きくらげ少々。卓上調味料は生姜の酢漬けとコショウと醤油のみ。油の多さがダメでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

赤坂でランチすることは予想していなかったので、その場で目に付いたお店にGo。店構えとメニュー構成から最近はやりでないお店を選択。宮崎直送といううたい文句。博多からの流れで白濁豚骨だが、麺の太さは南にいくにつれ太くなるので、宮崎はどうなんだろうと思ったら、博多同様の水加水率。スープもど豚骨。すごく豚くさいのかと思ったら、そんなことはなく見事なバランス。地域名なしで単純に豚骨ラーメンとしてうまい。そしてコストパフォーマンスがいい。赤坂というとオシャレなイメージなのだが、こんなしっかりした豚骨ラーメンがたべれることに感謝。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

10年以上のごぶさたで訪問。あの当時から1000円以上の価格設定があり、バランスってなにという肉肉しい品物をご提供していた。今は移転してこちらに。いや懐かしい。10年前にトナリの客が「なんつう量だ」とすて台詞はいて席をたったのを思い出す。
で、私も10年以上歳をとったわけで、当時ほどがっつりくえなくなったけど、なつかしさからがっつり肉のっかったチャーシューざるを選択させていただきました。
店内は待ち椅子どころか食券機の前まで行列。移転しても人気は変わらず。カウンター一番奥に通されたので、調理風景をながめっつ待つ。テキパキした動き。移動はほとんどかけあし。動線はクロスしているのに、全然ぶつからない。スーパーオペレーション。すごい。手抜きなんて一切なしな勢いが伝わってくる。
で、品物とうちゃく。うーんすごい量。ちょと後悔。麺は後半には盛大にからまってしまい、つけダレは肉でうまっているのを片付けているけど、もうひえひえ。美味しく食べる、とは程遠いバランス。けど不満は一切出て来ないのはなんでだろう。そういうもんだと思わせるだけの何かを出しているんだろう。やっぱり本気というのはすぐつたわるんだなぁ、と思い、年齢でほそくなったため最後の一切れ食べきれなかった肉にあやまりつつ席を立ちました。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

錦糸町からちょいと離れた場所。国道14号ぞいには、このお店にたどりつく前にいくつもラーメン店があるので、そこに吸い込まれて、営業きびしそうとか思ってしまった。かなり広い店内。オープンしてまだ間もない感じ。店頭にははんつさんのさげ幕が。
メニューにまぜそば系もあるが、初訪問だったのと、寒かったので、定番メニューを選択。まっている間メニューなどをチェック。深夜営業しているらしい。つまみうまそう。
品物到着。まず目をひいたのがメンマ。微妙にピンク。悪化している訳ではなく、そういう処理方法なのだろう。チャーシューが写真だと四角いあぶりだったのが、ロールバラ肉になっていたのがちょい残念。スープはコンソメっぽいが、粘度がありしっかりラーメンっぽい。よくあるタイプではなくいろいろ工夫しているのがうかがえる。しかもそこそこ旨い。しかもお安い。気に入りました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

知識なく初訪問。おもいっきりの背油。ビジュアルからして腹こわしそうなぐらい油。けど、食べてみたら、全然しつこくなかった。具の構成は弁慶のようだが、しょうゆの濃さは全然ちがう。麺も太い。単純、けどうまい。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

初訪問。以前のみ屋さんだったらしい店内。変形L字型の変なカウンター席。食券ではなくオーダー方式。店名からしてわかりやすい一番押しの油そばを選択。調理風景は見れない。
品物到着。スープがあらかじめついてくる。特徴は、と言われるとよくある味です。めずらしいと思われるのは、メンマのはごたえぐらいです。どこにでもある味なのがなんかなぁ、という感想でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ラーメン店ではないのだがRDBに登録されていたのでレビュー登録。
昼過ぎのピークタイムをはずして訪問したのだが、フロアオペレーションの悪さで下げ膳されていなく、食後の器がカウンターに2つ、テーブル席満杯状態。厨房1名、フロア1名体制で席数が15程度なので充分回せると思うのだが、うまくいっていない。さっそく印象ダウン。
選択メニューはトムヤムラーメン。このメニューだとティーヌンのそれと比較したくなってしまう。で、比較すると残念な結果に。まず、写真にあるパクチーがない。具も袋茸などのひねったものはなく、どこでも手にはいるようなものばかり。スープはしっかりトムヤムしているが、麺が米麺なので相性いまひとつ。タイ料理なので、遠慮なく卓上の定番調味料4種類を投入させていただき、それなりに楽しめたが、内容考えると低い評価となります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

なぜこんなところに店をひらこうとしたのかと思う間口と店内のお店。
初訪問だったので、デフォルトメニューらしき味噌を選択。カウンター席だったのだが、後ろがせまく落ち使いない。調理風景を見ていがた、メニューごとの差はほとんど見受けられない。
品物到着。すごいシンプルなビジュアル。気をつかいすぎておかしくなっているラーメンに出合うことが最近多いので、この「私はこうなんです」というわかりやすさは歓迎。しかし、旨いかというと別問題。スープがなぜか微妙に酸っぱい。具もシンプルなのでそのイメージしか残りませんでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

前知識なく初訪問。昼営業終了間際に入店したが、いやな顔されることなく接客いただいた。
通常のラーメンもうまそうだったが、汗かいていたので温かいスープは敬遠して油そばを注文。お手洗いの空くのを待って入って出てきたら、品物到着していた。麺のゆで時間短く感じたが、最近の太麺風潮に慣れてしまったせいだろう。この麺の太さならこんなもん。
魚粉が一部かかっているビジュアルに、よくある濃厚トンコツ魚介系の味を予想していたが、アミノ酸系のうまみが前面に出た、たまり醤油っぽう味で予想外。しかもうまい。汁なしでこれだけアミノ酸系の味が出せるということは発酵調味料使っているのだろうけど、無化調推進派ではないのでうまければ歓迎。
具のチャーシュー、細切りメンマ、細切り海苔、ネギなどがあったが、どれも少量。だけど麺主体の構成なので、全然不満なし。食べ終わってから標準メニューのラーメンが竹岡式インスパイアと知って、機会があればぜひとも訪問したいと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

神田駅近辺の3店密集ラーメン店舗の一つに訪問。おとなりは二郎系、もうひとつは家系、となればこちらのお店は濃厚豚骨魚介系かとおもいきや、それもあるけど油そばもあり、トマトを使ったメニューなどもあり、メニュー構成がんばっている感じで好感もてたので訪問。
気分的に汁なしたべたかったのでこちらを選択。最初から温泉卵がのっている写真に惹かれました。店員さんのうち2名の方が中国出身っぽかったのだが、いかにもラーメン屋という大きな声でバリバリ動く感じがまた好感がもてる。この日は同行者がいたので、汁なしとはなんぞやか説明しつつ待つ。品物到着。うん、観た目のバランスがよい。けど、まぜそばだから混ぜちゃうんですが。1/3ほどいただいてから、ラー油投入。締めは食べ終わった器にポットからスープそそいできれいにいただきました。
満腹感がちょうど期待したぐらいだったのもあり、おいしくいただいた感があり高評価となっております。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件