なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

MUJI

平均点 80.719点
最終レビュー日 2011年1月23日
32 28 0 5
レビュー 店舗 スキ いいね

亀戸に興味深いお店が出来たとのことなので訪問。
場所はひじょーにわかりづらいです。
ある程度土地勘無いと厳しいかも?
ただ、目立つ看板が通りに出てるのでそこはわかりやすいかも。

お店は、四国のうどん屋かのようなたたずまい。
お店には見えません。
町工場の作業場かのような入り口。
中に入ると妙に広い店内。
前払いとのことなのでレジへ。
つけめんもあるが、ラーメンのほうがメニュー的に前に来てるのでラーメンをチョイス。
チャーシューが気になったのでチャーシュー麺に。

出てきたラーメンは見るからにどろどろ。
一口飲むと、粘度は高いもののしつこくない。
本当に野菜のポタージュスープを飲んでる感じ。
麺はちょっと太めでプチプチと小気味よく切れる食感。
チャーシューはどでかく鎮座されてるが、これもそんなにしつこくないしホロホロでいい感じ。

あえて注文をつけるとすると、ベジポタだから当たり前なんですが味がちょっとインパクト薄いかな。
ただ、これはこれで十分ありだと思う。
あくまで私の趣味と違ってたからという理由での点数で、これを満点出す人は当然にいると思う。
いいお店だと思います、ぜひ今後もがんばって欲しい。
今度は味噌を食べてみたいかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

職場の近くのお店。
看板を見かけて気にはなっていたもののなかなか行く機会がありませんでした。
ようやく先日訪問。
場所はいまいちわかりにくいところにありますね。
13時ごろ行ったものの、雨もあってか先客は2名。
とりあえずつけ麺をオーダー。

出されたスープは、ぱっと見まあよくある豚骨魚介。
麺はかなりプリプリしてるかんじ。

一口食べると、スープが非常にいい塩梅。
千葉中央の大黒屋と比べるとあっさり目だが、非常に程よい。
スープ自体のレベルであれば、非常に高レベル。
もしこれが都内のいい立地にあったら行列間違いなしのお店になってただろう。
惜しむらくは麺。
プリプリしすぎてるため、いまいちスープと絡まない。
とはいえ、あくまで重箱の隅をつつくレベルの話。
基本的にはほぼパーフェクト。

スープ割りも頼んだがこれもすばらしい。
他のお店だとただ薄くしただけというのが多い中、きちんとしたスープになってる。

千葉駅からは少しあるが、千葉に来たら必ず行っておくべきお店。

今までは「あや」か「大黒屋」の二択だったが、今後はここの一択になりそうです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

以前、神保町にあったときには予備校に通いつつたまにいってました。
無くなって寂しく思っていたら、再度復活とのこと。
ラーメンを月1回に絞ってダイエットをしているものの、こればかりはと出かけることに。
到着は12時半ごろ、既に30人以上の行列が。
正確な時間はわかりませんが、2時間近く並んだような…。
2時ごろに店主が表に出てきて、並んでる人に麺切れを伝えてました。
かなり待ってようやく着席。
先客の話が漏れ聞こえたところによると、かなり量が多いとのこと。
ダイエットもあるし、普通盛りに。

配膳されたのは以前と変わらぬ個性的な器に個性的な盛り付けの脂そば。
載ってる脂がやはり変わった感じですね。
以前は脂一個一個が大きかった記憶がありますが、今回は既に細かくなってる。
食べてみると、味付けは大差ないもののちょっと脂が変わった分違う味に感じる。
ぱっと見量はあまり多く感じなかったものの、やはり脂が結構きつい。
動物性の脂が体質的に駄目なくせに、ここのラーメンが好きという難儀な体です。
なんとか食べきるも、かなりのダメージを受けました。
盛られているバラ肉は当たりはずれがあり。
ホロホロのものもあれば筋が残ってるのもあり、この辺ちょっと残念。

一応すべて間食したものの、やはり体質的に厳しいなぁ。
おいしいとは思うけど、私自身の点数はこんなもの。
神保町にあったころからそうですが、非常に人を選ぶラーメンですね。
新しい場所でもがんばってもらいたいものです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

4月からとうとう新社会人なわけで、平日から食べ歩くのは不可能。
というわけで、年貢の納め時とばかりに行きたかったお店を行っておくことに。

まずはランキング急上昇中の和利道へ。
全く土地勘の無い場所なので迷うだろうなと思っていたら案の定。
さまよってようやく到着。
店外には2名も店内には10人以上待ってました。

折角なので和利道つけめんを選択。
運ばれてきたつけ汁はそんなに粘度は高くなさそう。
麺はピッカピカに光っております。
丁度麺が美味しいお店に行きたかったところだったので期待大。

麺を一口。
期待にバッチリ答えてくれる麺です。
適度な歯ごたえにプチっと小気味良く切れる食感。
麺は文句なしです。

つけ汁は…。
んー、期待してたほどでは…。

麺は100点ですが、つけ汁は普通だったのでこの点です。
ああ、トッピングも至極普通でした。

近所にあれば行くけど、わざわざ池尻大橋まで食べにもういっかい行くかというと…。
麺が食べたくなったら行くかな?というレベルですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

M1300が発売された今日、買えないまでもアメ横に拝みに行こうと上野へ。
MITA、上野フィールド、上野チャプトいずれも撃沈。
ただ、上野チャプトで29cmを試着。
んー、いいけど大きい…。
明らかにマイサイズじゃないのに30000も出せないので断念。
M1300CLで我慢するか…。

閑話休題。

上野に行くと食べるのがここか椿か無骨。
椿は前回上野に来たときに食べたので、今回はこちら。
つけ麺も悩んだけど、少し前に昼に平井の大黒屋を食べたので野郎をチョイス。

野菜増し出来るか聞くと可能とのこと。
「じゃあ、ヤサイカラメで」
というと、固まるお姉さん。
「カラメはできないです…」
と消え入りそうな声。
「じゃあヤサイだけで」と訂正しました。
あとで店内の張り紙を見ると「味濃いめ」というオーダーなら出来たんですね。
要注意。

出てきたのはデフォルトですんごいニンニクが乗ってる…。
あんまりニンニクはすきじゃないのでちょっとガッカリ。
ヤサイの盛はなかなかすごいですね。
ただ、やさいにかかってる胡椒はいらないかな…。

スープはやはり少し物足りない。
小岩で慣れてるので、やはり薄目。
肉はノーマルな野郎の癖に肉野郎かと思うほどのボリューム。
脂も多く、最後はかなりきつかったです。

トータルでは不満はそんなに無いものの、ニンニクと胡椒がいらないのと脂が多すぎなので若干評価低め。
ただ、裏を返すとその辺がいいという人にはいいかも。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

新年一発目の小岩。
1時ぐらいに現着も、ものすごい混みよう。
2本目のポールの後ろにも20人くらい並んでる…。
ここまで混んでるのは始めてですね。
やはり、新年一発目だからか…。

ちょっと風邪気味だったので、いつものヤサイカラメにニンニクをプラス。
やはり小岩らしいしょっぱ目の味付け。
実は年始一発目の二郎は歌舞伎町で食してしまったのですが…。
歌舞伎町のアッサリ感に拍子抜けしたので、やはりこの味が私のベストですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

評価も高く、そんなに遠くないので行ってみたかったお店。
秋葉原の駅を出て向かう際中、中央通りで人生初の職務質問を受ける。
そんなに怪しかったのか…。
一時期警察官を目指し、警察官採用試験も受けた私なのでもちろん協力。
それに怪しいものなんて何にも持ってないし。
でも、その割にはズボンのポケットまで確認されました。
まあ、いい経験ということで。

さてお店は秋葉原といってもかなりはずれの方。
近くには有名なメイド喫茶もありますね。

店内に入りさっそく注文。
せっかくなのでデラックスに得のせつけそばを注文。

運ばれてきたスープは、確かに泡立ってる。
一口食べると、まあこういう感じか。
良くも悪くもよくある味。
穂先メンマとかはこだわりが見えるものの、かといって他に驚くようなものもない。
とはいえ、不満とかそういう類のものではない。
新たな驚きとかそういうレベルはないものの、安定したものは食べられるという点ではいいと思う。
ただ、気になったのが胡椒の加減。
デフォルトで入っている胡椒が強すぎる。
食べ進むうちにヒリヒリ痛くなってきました。
もう少し胡椒を抑えてほしいなぁ。

遠方からわざわざ来るほどのものではないけど、秋葉原でご飯に迷ったら来ておいて損はないかな?というレベル。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

中央区とはいえ、墨田区からは両国橋を越えてすぐの場所。
近場ということで行ってみました。

しかし、最初店の場所が分からずスルー。
ちょっとわかりにくいですね。

海老薫琥珀拉麺を注文。
運ばれてきたそれはスープが透き通っていました。
一口スープを飲むと、しっかりとダシを感じるスープ。
かなり好感触です。

麺は不規則に縮れた麺。
これがスープとぴったりで文句なし。

チャーシューは、こんなもんでしょう。
あまりにきついとスープを壊しますし。
いっそ無くてもいいかも、もしくは豚以外の別のものとか。

ご飯も頼みましたが、ご飯は微妙でした。
微妙と行っても至極普通というライン。
ラーメンがよかっただけに、こちらは普通で少し肩透かしといった感じ。

トータルでは素晴らしい一品だったと思います。
遠方から来る価値はあると思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
79

用事があり、普段行かない三鷹に行くことに。
だったらここでしょうと、文蔵へ訪問。
並びは7.8人でしょうか。
私の6.7人後方で終わってしまったようなので、何ともラッキー。

店内に入ると店の奥の席へ。
すると製麺機発見。
ここは自家製麺なのですね。

運ばれてくる付け汁。
むむ、この器は家で使ってるのと同じだw
どうでもいいことに気づき、まずは一口。
今はやりの魚介豚骨と少し違う感じの魚介豚骨ですね。
濃すぎず薄すぎずなかなか。

し・か・し!

致命的なまでに付け汁がヌルイ。
器渡される時に「熱くなってますので」と言われましたが、全然ヌルイ。
これは何かのミスかと思うほどのヌルさでした。

味ではかなりの高得点だったのですが、ヌルさで一気にマイナスでした。
ここはつけ麺じゃなくてラーメンの方がいいのかもしれません。

余談ですが、お店出た直後すぐ近くでTVの撮影をしてました。
お笑いの光浦さんと北陽のお二人が何やらしゃべってました。
私の後ろ姿がちらっと映ってるかもw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
94

国家2種の試験に合格、採用面接を受けにさいたま新都心へ。
散々な面接で適当に帰らされたあと、折角普段来ないこっちの方に来たんだからと燦燦斗へ。

開店前の段階で2名待ち。
開店時には私を含め6人程度だったでしょうか?
店内に通されると、席の後方に製麺機が。
ということは自家製麺ですね。

注文はつけ麺。
そして、待ってる間ずっとめんまの匂いがしてたので、期待を込めてメンマと味玉。

程無く配膳。
麺は少し平うち気味の麺。

一口食すと、比較的アッサリ。
ただ、比較対象が最近より一層ドロドロになっている平井の大黒屋なので、まあまあ普通か。
それでも少しアッサリ目かな?
しかし、嫌なアッサリではなく程よいアッサリ。
暴力的に一発目から殴りつけてくる感じではなく、最初はロックアップから始まるプロレスのような感じ。
なので、食べていても全く飽きない。

そして、特筆すべきは麺。
いろんな自家製麺や浅草開花楼の麺など食べましたが、一番と言っていいほどのレベルでした。
めんまは自家製でしょうが、あまり特筆すべき点はナシかなぁ…。
もちろん自家製というだけで評価に値するのですが。

なかなか普段いかない場所にあるのが残念ですが、近くに行ったら訪れるだけの価値はありますね。

大満足でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件