なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

MUJI

平均点 80.719点
最終レビュー日 2011年1月23日
32 28 0 5
レビュー 店舗 スキ いいね

職場の近くのお店。
看板を見かけて気にはなっていたもののなかなか行く機会がありませんでした。
ようやく先日訪問。
場所はいまいちわかりにくいところにありますね。
13時ごろ行ったものの、雨もあってか先客は2名。
とりあえずつけ麺をオーダー。

出されたスープは、ぱっと見まあよくある豚骨魚介。
麺はかなりプリプリしてるかんじ。

一口食べると、スープが非常にいい塩梅。
千葉中央の大黒屋と比べるとあっさり目だが、非常に程よい。
スープ自体のレベルであれば、非常に高レベル。
もしこれが都内のいい立地にあったら行列間違いなしのお店になってただろう。
惜しむらくは麺。
プリプリしすぎてるため、いまいちスープと絡まない。
とはいえ、あくまで重箱の隅をつつくレベルの話。
基本的にはほぼパーフェクト。

スープ割りも頼んだがこれもすばらしい。
他のお店だとただ薄くしただけというのが多い中、きちんとしたスープになってる。

千葉駅からは少しあるが、千葉に来たら必ず行っておくべきお店。

今までは「あや」か「大黒屋」の二択だったが、今後はここの一択になりそうです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

4月からとうとう新社会人なわけで、平日から食べ歩くのは不可能。
というわけで、年貢の納め時とばかりに行きたかったお店を行っておくことに。

まずはランキング急上昇中の和利道へ。
全く土地勘の無い場所なので迷うだろうなと思っていたら案の定。
さまよってようやく到着。
店外には2名も店内には10人以上待ってました。

折角なので和利道つけめんを選択。
運ばれてきたつけ汁はそんなに粘度は高くなさそう。
麺はピッカピカに光っております。
丁度麺が美味しいお店に行きたかったところだったので期待大。

麺を一口。
期待にバッチリ答えてくれる麺です。
適度な歯ごたえにプチっと小気味良く切れる食感。
麺は文句なしです。

つけ汁は…。
んー、期待してたほどでは…。

麺は100点ですが、つけ汁は普通だったのでこの点です。
ああ、トッピングも至極普通でした。

近所にあれば行くけど、わざわざ池尻大橋まで食べにもういっかい行くかというと…。
麺が食べたくなったら行くかな?というレベルですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

評価も高く、そんなに遠くないので行ってみたかったお店。
秋葉原の駅を出て向かう際中、中央通りで人生初の職務質問を受ける。
そんなに怪しかったのか…。
一時期警察官を目指し、警察官採用試験も受けた私なのでもちろん協力。
それに怪しいものなんて何にも持ってないし。
でも、その割にはズボンのポケットまで確認されました。
まあ、いい経験ということで。

さてお店は秋葉原といってもかなりはずれの方。
近くには有名なメイド喫茶もありますね。

店内に入りさっそく注文。
せっかくなのでデラックスに得のせつけそばを注文。

運ばれてきたスープは、確かに泡立ってる。
一口食べると、まあこういう感じか。
良くも悪くもよくある味。
穂先メンマとかはこだわりが見えるものの、かといって他に驚くようなものもない。
とはいえ、不満とかそういう類のものではない。
新たな驚きとかそういうレベルはないものの、安定したものは食べられるという点ではいいと思う。
ただ、気になったのが胡椒の加減。
デフォルトで入っている胡椒が強すぎる。
食べ進むうちにヒリヒリ痛くなってきました。
もう少し胡椒を抑えてほしいなぁ。

遠方からわざわざ来るほどのものではないけど、秋葉原でご飯に迷ったら来ておいて損はないかな?というレベル。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
79

用事があり、普段行かない三鷹に行くことに。
だったらここでしょうと、文蔵へ訪問。
並びは7.8人でしょうか。
私の6.7人後方で終わってしまったようなので、何ともラッキー。

店内に入ると店の奥の席へ。
すると製麺機発見。
ここは自家製麺なのですね。

運ばれてくる付け汁。
むむ、この器は家で使ってるのと同じだw
どうでもいいことに気づき、まずは一口。
今はやりの魚介豚骨と少し違う感じの魚介豚骨ですね。
濃すぎず薄すぎずなかなか。

し・か・し!

致命的なまでに付け汁がヌルイ。
器渡される時に「熱くなってますので」と言われましたが、全然ヌルイ。
これは何かのミスかと思うほどのヌルさでした。

味ではかなりの高得点だったのですが、ヌルさで一気にマイナスでした。
ここはつけ麺じゃなくてラーメンの方がいいのかもしれません。

余談ですが、お店出た直後すぐ近くでTVの撮影をしてました。
お笑いの光浦さんと北陽のお二人が何やらしゃべってました。
私の後ろ姿がちらっと映ってるかもw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
94

国家2種の試験に合格、採用面接を受けにさいたま新都心へ。
散々な面接で適当に帰らされたあと、折角普段来ないこっちの方に来たんだからと燦燦斗へ。

開店前の段階で2名待ち。
開店時には私を含め6人程度だったでしょうか?
店内に通されると、席の後方に製麺機が。
ということは自家製麺ですね。

注文はつけ麺。
そして、待ってる間ずっとめんまの匂いがしてたので、期待を込めてメンマと味玉。

程無く配膳。
麺は少し平うち気味の麺。

一口食すと、比較的アッサリ。
ただ、比較対象が最近より一層ドロドロになっている平井の大黒屋なので、まあまあ普通か。
それでも少しアッサリ目かな?
しかし、嫌なアッサリではなく程よいアッサリ。
暴力的に一発目から殴りつけてくる感じではなく、最初はロックアップから始まるプロレスのような感じ。
なので、食べていても全く飽きない。

そして、特筆すべきは麺。
いろんな自家製麺や浅草開花楼の麺など食べましたが、一番と言っていいほどのレベルでした。
めんまは自家製でしょうが、あまり特筆すべき点はナシかなぁ…。
もちろん自家製というだけで評価に値するのですが。

なかなか普段いかない場所にあるのが残念ですが、近くに行ったら訪れるだけの価値はありますね。

大満足でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

お店は以前行ったことがあるのですが、その時はやたらとにんにくが強かったイメージが。
最近リニューアルしたので再び訪れることに。

メニューも一新されてるようです。
きちっとチェックはしなかったので詳細は不明ですが、このサイトのメニューとは全く違ってました。

とらえずつけ麺を注文。
大盛無料とのことで大盛。

出てきた麺は平らな皿に麺を平に広げて配置し配膳。
麺は明らかに色が違う。
若干茶色がかった麺ですね。
雰囲気としてはえん寺みたいな感じでしょうか?
所々に茶色っぽい点のようなものも見えるので、何か練りこんでるのでしょう。
ただ、それについてのポップとかは見つからず不明。
また、えん寺と違い平うち麺ですがあまり太くありません。

食感は、若干固め。
芯のあるような噛み応え。
個人的には結構好きです。

スープは魚介系ですが、平井の大黒家などと比べるとあっさりめ。
これも中々。

具は小さいチャーシューの角切りが数個とメンマのみ。
メンマはそこらにあるようなメンマではなく、きちんと仕込んでるのか穂先の部分があったりと気合の入ってる感じ。
チャーシューは…。
これが唯一残念。
なんか薬品のような味がする…。
本当に仕込みの時になんか混ぜちゃったんじゃないでしょうか?
芳香剤のような風味がして、ガッカリ。

これが無ければもっともっと高得点でした。

しかし、全体的には中々な高評価のお店です。
チャーシューが今回だけ変だったと言うことであれば、十分オススメできるお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

門前仲町の紫匠乃に行こうかと思ってた時に偶然前を通りかかり、見てみると行列は出来てない。
お店もどうやらやってる模様。
いつもは凄い並ぶイメージしかなかったので、これは好機!と目標変更。

店内に入ると先客は二人だけ。
なんでこんなに空いてんだろう?
どうやら調べると、営業時間は6時半までだったんですね。
訪れたのが7時ちょいすぎなので、むしろ迷惑だったのかも…。

オーダーはちゃーしゅうごはんセット。

程なくして運ばれてくるらーめんは、すばらしい一品。

えん寺や二郎のようにしょっぱなからガツン!と荒々しい攻撃を加えてくるようならーめんとは違い、静かながら攻めてくる味。

えん寺がヒョードルだとすると、こうかいぼうはノゲイラですね。
気が付くと極められてるって感じ。

丁寧な接客もとても好感が持てます。
交通の便が悪いあの立地で有名店になれるだけのことはあると思います。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

月間ランキング1位のお店に行ってみようと東高円寺まで遠征。
駅からすぐなのですが、少し細い道にあり知らないと迷うかも…。

平日ということもあってか、お昼時にもかかわらず並びは0
店内も空いており、待ち無しで着席。

量は迷いましたが、麺が売りとのことなのでメガ盛で。

運ばれてきた麺は…、さすがのメガ。
食いきれるのか…。
そして、太い。
あと、胚芽を混ぜ込んであるからでしょうか、所々に黒や茶色い点々が。
中々に期待できそうな感じです。

まずは麺だけで。
ムム!これは凄い。
単に太さなら太いところは色々ありますが、弾力が凄い。
私の来訪経験の中では、ぽっぽっ屋や麺徳なんかも太かったですが、弾力は段違いです。

つけ汁に浸すと、流石の濃厚さでものすごい絡む。
そして一口。

麺のインパクトに負けないつけ汁のインパクト。
強烈な個性の激突です。
これはスゴイ。

麺と汁、ここまでのインパクトを感じたのは初めてです。

最初の一口に限ればとみ田より上ですね。

ただ強烈な個性ゆえの弱点で、飽きが来てしまいます。
量も相まって最後のほうはかなり厳しかったです。
大盛で十分だったなぁ。

最後は飽き気味になってしまいましたが、他には無いこのインパクト。

遠くからも来る価値はあるでしょう。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
88

江東運転免許試験場で普通二輪の免許をゲットした帰りに昼飯を食べに。
当初は永代通りをまっすぐ永代橋方面に向かい、麺徳に行くつもりでした。

しかし、東陽三丁目の交差点に着いたとき
「そういえば、この交差点渡って向こう行けば吉左右か…」
吉左右が出来たばかりのころに一度行ったのですが、それ以降大行列で行ってませんでした。

時間は11時、平日だしこの時間から並べば早く食べられるかな?と期待をして吉左右へ。

結果、1X番目での接続。
久しぶりに太陽がギラギラ照り付ける好天、去り行く夏をいとおしみつつも少し恨めしくも思いました。
開店直前では30〜40ほど並んでいたでしょうか?
タイミング的にはよかったようです。

11時半の開店を向かえ、イスに座っている人たちが店内へ。
私は第二弾の前半にスタンバイ。
思ったより早く第一弾の人たちが早く出てきて、私は入れ替わりで店内へ。
以前来た時はラーメンだったので、つけ麺をチョイス。
ダイエット中ですが、めったに来ることが無いと言うことで大盛に。

出てきた麺は…、うわ多い…。
しかし、最近流行のつけ麺はどこも極太麺なので普通の太さの麺に若干の違和感。

麺だけ食べてみると、太さの割にはきちっと噛み応えがある。
麺単体ではかなりいいものですね。
つけ汁につけると、うーんやっぱり太麺がいいなぁ…。
ただ、これは完全に好みですね。
つけ汁はゆずでしょうか?柑橘系の風味がしました。

とみ田や大黒屋の攻撃的な感じとは違い幾分穏やか、しかしどっしりとした安定感を感じる味です。
夢うさぎなんかに似てますね。
ただ、レベルは吉左右の方が夢うさぎよりは上かな。

派手なインパクトは無いものの、きちっと満足させてもらえる一品だと思います。
しかし、ここまで並ぶとなると…。
その点で評価を少し下げました。

あと個人的な見解ですが、吉左右はつけ麺よりラーメンの方が良いと私は思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

本家大黒屋本舗 平井店と亀戸の麺絆や519は既に経験したので、総本山ともいえる中華蕎麦 とみ田へ。
日曜日の11時ちょっと過ぎの時点で隣のスポーツクラブの入り口付近まで列がありました。
店員さんが出てきて、スポーツクラブの入り口の手前にあるカラーコーンで折り返して並ぶように言われました。
そして、かなり待つのは明白でしたが食券を今買うように言われました。
何にするか悩みましたが、一番豪華なのということで特製つけ麺に。

待つこと90分ようやく席に案内されました。
席についてからも少し待たされましたが、つけ汁が登場、程なく麺も登場。

早速一口。
…ああ、並ぶわけだ。

この行列の意味が一口でわかりました。
このクオリティ、流石にすばらしい。
と、同時に平井と亀戸のお店との差がハッキリとわかりました。
系列は一緒かも知れませんが、全くレベルが違いますね…。
特に麺、ここまで違うものでしょうか…。
スープに関してもレベルが違う。
まだまだ行ったことの無い有名店も数ありますが、流石の一品で私のつけ麺ランキング1位ですね。

スープ割りはこってりで、一緒に来た友人はあっさりにしてました。
もってこられたスープを飲むと…、これまたおいしい。
錦糸町の麺や 璃宮のスープ割のようにトロッとした濃厚なスープ。
友人のあっさりも少し貰いましたが、私は断然こってりですね。

休日だと90分、平日でも60分は並ぶそうですがそれだけの価値はありますね。
一度は食べてみるべきだと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件