なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

MUJI

平均点 80.719点
最終レビュー日 2011年1月23日
32 28 0 5
レビュー 店舗 スキ いいね

今月の限定メニュー「鶏カニ合戦」を食べに、雨の中平井へ。

雨が降ってるので、そんなに早くからは並んで無いだろうと15分前に行くと既に7.8人の列。
今回は限定10食なので、ギリギリセーフでした。

中に通されると、調理場のところに10個の小鉢が並んでおり、その中には赤いペーストが。
これが蟹のエキスですか。

運ばれてきたラーメンは黄色身ががった白湯スープ。
両国のまる玉に似てるような感じでしょうか。
そして、具は皮付きの鳥と野菜に葱と今回の隠し玉マッシュポテト。

まずは鳥を一つ。
ふむ、まあ普通でしょうか。
そもそも鶏肉は牛や豚より好きなので、十分満足です。

スープは…。
んー、まる玉よりは少し薄いかな?
野菜のもやしも相まって、ちょっと薄い感じ。
葱はアクセントとしていいと思いますが、もやしとかはいらない気が…。

そして、今回の「鶏カニ合戦」の特筆すべきアイテム、マッシュポテト。
ちょっと箸の先につけて食べてみると、結構甘めです。

半分くらい食したところでマッシュを溶かし込みます。
すると…、むむむ甘い。
今までの鳥のスープとはガラリと変わり、甘みの強いスープに。
個人的にはマイナス。

2.3口食べたところでいよいよ蟹ペースト投入。
これでどう変わるのでしょうか。

すべてのペーストを溶かし込むと、今までの色とは一点赤いスープに。
一口食すと…、これはラーメンというよりパスタですね。
もちろんラーメンなんですが、レストランとかで出てくる「渡り蟹のパスタ」の味を想像して貰えばいいと思います。
まさにあんな感じのスープに変身。
もはや鳥とかマッシュの甘さとかは一気に吹っ飛び、一気にイタリアンに。
これは個人的にはプラス評価です。

最後にそのスープを温めなおしてもらい、ご飯を入れてリゾット風に。
んー、もはやこれは完全にラーメン屋で食すものじゃ無いなw

総合的な評価としては
・鳥白湯 80
・マッシュ溶かし後 60
・蟹投入 75
という感じでしょうか。

店主さんはマッシュにこだわったそうですが、個人的には…。
ただ、新しいラーメンへの飽く無く追求心はすばらしいと思います。
これからも色んなラーメンへ挑戦して下さい!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

以前、人気が出る前に一度訪問したことはあったのですが、その時は予備知識0で「変わったラーメンだなぁ」程度の印象でした。
あと、その時店内にお相撲さんがいたくらいでしょうか。

気にはなっていたものの中々行く機会がなかったのですが、今日運よく行くことが出来ました。
店内には高校生と思しき三人組。
場所を考えると安田学園かな?

ノーマルでもあおさが入ってると言うことなので、味玉入りを注文。
出てきたラーメンはちょっと小ぶりかな?
スープは若干黄色みががったパイタンスープ。
一口飲むと、むむむ。
なんとも「手が込んでます!」って感じのスープ。
上手く説明出来ないのがもどかしい…。
なるほど、並ぶわけだ。
麺は博多ラーメンに見られるような細めん。
これは個人的にはこのスープにあってると思いました。
あおさも非常にいいアクセントになっておりGOOD
正直文句の付け所がありません。

最近流行の魚介系でもつけ麺でもありませんが、是非とも一度は食してもらいたい名店だと思います。

99点をつけたとみ田と同クラスの感動を得たラーメンで、かつあそこほど並ぶわけでもなく価格も安い。

100点をつけざるを得ないお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件