なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

MUJI

平均点 80.719点
最終レビュー日 2011年1月23日
32 28 0 5
レビュー 店舗 スキ いいね

職場の近くのお店。
看板を見かけて気にはなっていたもののなかなか行く機会がありませんでした。
ようやく先日訪問。
場所はいまいちわかりにくいところにありますね。
13時ごろ行ったものの、雨もあってか先客は2名。
とりあえずつけ麺をオーダー。

出されたスープは、ぱっと見まあよくある豚骨魚介。
麺はかなりプリプリしてるかんじ。

一口食べると、スープが非常にいい塩梅。
千葉中央の大黒屋と比べるとあっさり目だが、非常に程よい。
スープ自体のレベルであれば、非常に高レベル。
もしこれが都内のいい立地にあったら行列間違いなしのお店になってただろう。
惜しむらくは麺。
プリプリしすぎてるため、いまいちスープと絡まない。
とはいえ、あくまで重箱の隅をつつくレベルの話。
基本的にはほぼパーフェクト。

スープ割りも頼んだがこれもすばらしい。
他のお店だとただ薄くしただけというのが多い中、きちんとしたスープになってる。

千葉駅からは少しあるが、千葉に来たら必ず行っておくべきお店。

今までは「あや」か「大黒屋」の二択だったが、今後はここの一択になりそうです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

本家大黒屋本舗 平井店と亀戸の麺絆や519は既に経験したので、総本山ともいえる中華蕎麦 とみ田へ。
日曜日の11時ちょっと過ぎの時点で隣のスポーツクラブの入り口付近まで列がありました。
店員さんが出てきて、スポーツクラブの入り口の手前にあるカラーコーンで折り返して並ぶように言われました。
そして、かなり待つのは明白でしたが食券を今買うように言われました。
何にするか悩みましたが、一番豪華なのということで特製つけ麺に。

待つこと90分ようやく席に案内されました。
席についてからも少し待たされましたが、つけ汁が登場、程なく麺も登場。

早速一口。
…ああ、並ぶわけだ。

この行列の意味が一口でわかりました。
このクオリティ、流石にすばらしい。
と、同時に平井と亀戸のお店との差がハッキリとわかりました。
系列は一緒かも知れませんが、全くレベルが違いますね…。
特に麺、ここまで違うものでしょうか…。
スープに関してもレベルが違う。
まだまだ行ったことの無い有名店も数ありますが、流石の一品で私のつけ麺ランキング1位ですね。

スープ割りはこってりで、一緒に来た友人はあっさりにしてました。
もってこられたスープを飲むと…、これまたおいしい。
錦糸町の麺や 璃宮のスープ割のようにトロッとした濃厚なスープ。
友人のあっさりも少し貰いましたが、私は断然こってりですね。

休日だと90分、平日でも60分は並ぶそうですがそれだけの価値はありますね。
一度は食べてみるべきだと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件