なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,646
レビュー 店舗 スキ いいね

「ボンバーつけ麺(1,000円)+味玉(100円)」@元祖一条流がんこ 総本家分店の写真2年3ヵ月ぶり。
14:15入店で先客2人、後客4人。厨房には店主さんと女性の助手さん。
今回は裏メニューを食べようと思い一番下の段の「マニア③」のボタンをプッシュ。
さほど待たずに出来上がった。

まずはつけだれを飲んでみると意外にも結構な甘さ。もっと強烈にしょっぱい味を予想していたので意表を突かれた。ただ混ぜながら食べているうちにスパイシーな刺激を感じるように。見ると粗挽きの赤い唐辛子が入っておりこれがなかなかの辛さだった。
麺は中細でつけ麺だと中心部に少し心が残っているような硬さ。量は220~250g程度かな。
具はチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、揚げ玉、オプションの味玉。
チャーシューは短冊状に切られており脂身少なめでしっとりとした食感。
大量の揚げ玉は最初からスープを吸ってしんなりしている。「揚げ玉ボンバー」だから「ボンバーつけ麺」ということか…。
味玉は前回同様齧った瞬間に黄身が流れ出すトロトロの半熟。これは一口で食べるべきだな。
最後はスープ割りで締め。

移転後初めての限定メニューだったが以前同様個性的な味わいでこれは他のも是非食べてみたい。
接客もとてもよかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「小らーめん(750円)ヤサイニンニクラー油」@らーめん玄の写真下北沢にオープンしたこちらへ早速訪問。偶然だが先月目黒二郎で食べたばかりなのでちょうどいいタイミング。
酷暑の中14:15到着すると7人待ちと早くも人気店となっているようだ。
まずは店頭の券売機で「小らーめん」の食券を購入し列の最後尾へ接続。幸いマンションの通路で日陰だったのでここで並んで日射病になることは無さそう。
15分ほど待って着席。厨房には目黒で長年助手を勤めていた店主さんと年配の助手さん。目黒ではいつも若林店主が調理していて助手さんが作るのは見たことが無かったが、今日見た限り手際よく調理していた。
着席後程なく声がかかったのでコール。

麺は先月食べた目黒よりは少し太い気もしたが硬さや食感はよく似ている。「直系の麺」と言われても信じてしまいそうな見事な出来。量は「小」で300gなのでちょうどいい量。
スープは背脂が浮いているがかなり透明感のある非乳化タイプ。飲んでみるとちょうどいい塩梅だったが次回はアブラカラメにしてみようかな。
またラー油は千住ほど辛くはなかったが後半はしっかりピリ辛になっていてなかなか好相性だった。
ブタは小ぶりな物が2切れ。脂身少なめだがホロホロと柔らかくて味もよく染みている。でもこのサイズなら目黒同様小ブタにした方がいいかな。
野菜は「スルーされた?」と思うほど少ない。まあ目黒もコールしてもそれほど増えないのでそれを踏襲しているのかも。茹で加減はシャキシャキでモヤシの食感がよかった。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。店内は冷房が効いていたがやはり汗だくに…。

やはり目黒イズムを感じさせる味だったが、ラー油などオリジナル要素もあって今後がかなり楽しみな店。新メニューも期待したい。
新代田二郎と千里眼に挟まれているせいかなかなか二郎系が出来なかった下北だが、この店のおかげでまた行くことになりそうだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン豚入り(600円)ヤサイニンニクアブラ」@ラーメン二郎 目黒店の写真8ヵ月ぶりに目黒へ。
15:10到着すると空席3つ。やはり平日のこの時間だとすんなり座れるようだ。
前回は小Wを食べたが今日は小ブタにしておく。
厨房には店主さんと初めて見る女性助手さん。長年勤めていた助手さんは独立して下北沢に店を開くらしいがそちらも気になるな。
空いていたこともあって1ロット1~2杯ですぐに声がかかった。

麺は前回同様やや硬めだがかなりの弾力でプルンとした食感。なんとなく直系よりインスパ店で出会いそうな麺だ。量は200~220gといった感じでいつもの目黒よりは多く感じた。これは1ロット2杯だったことも影響しているかも。
スープはアブラコールしたのでかなりコッテリ加減だが味自体はやや薄めかな。でも醤油ダレを必要とするほどではない。アブラのおかげで最後まで熱々だった。
ブタは5切れで柔らかさ、味付けもいい感じ。また目黒にしては結構大きめだった。
野菜はデフォよりは多少増えたといった量で今回もクタ気味の食感。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

味も量も以前と大きな違いは無くとりあえず助手さんが変わった影響はないようだ。
ただ営業時間は以前とちょっと変わっていたので今後注意が必要かな。
前助手さんの店もオープンしたら是非行ってみたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件

「九条ねぎ特製鶏の中華そば(1,050円)」@麺屋かなでの写真8日にオープンしたばかりのこちらへ早速訪問。
17:00入店で先客、後客ともに無し。厨房には男性1人。
券売機を見ると「鶏の中華そば」がメインで他にはこれから味噌らぁめんやつけ麺もやる予定の様だ。
着席後5分足らずで出来上がった。かなり綺麗な盛り付けだ。

透き通ったスープは名前通り鶏の風味がかなり効いていて実にいい香りがする。まさに正統派清湯スープと言った趣であっさりしていながら旨味がしっかりと出ていて美味しい。
卓上には調味料が一切なかったがこれは自信の表れかも。
麺は中細ストレートでツルツルシコシコな食感。村上朝日製麺の麺箱が置いてあった。
具は豚チャーシュー、鶏チャーシュー、ワンタン、穂先メンマ、味玉、九条ネギ。
チャーシューはどちらもしっとりと柔らかくて上品な味付け。
味玉は黄身が5割ほど固まった半熟で薄味。一方ワンタンはなかなか濃い目の味だった。
九条ネギはたっぷり入っていて清涼感とシャキシャキ感が実にいい。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

美味しかったがここは過去色んなラーメン屋が出来ては閉店を繰り返していて地元では「呪われた場所」とも言われている…。今回はどうなるかな。
味噌やつけ麺が始まったらまた来てみようか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(700円)ヤサイニンニク」@ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店の写真1年1ヵ月ぶり。
雨の中16:00到着すると約15人待ち。この店には飯時を外した時間に来ることが多いのだが、それでも常に行列が出来ている。
20分ほどで着席すると麺の硬さを聞かれたので「普通」でお願い。今回はやけに硬めの人が多く同ロットにデフォは自分含め2人だけだった。
厨房には男性3人で麺上げしていた方は新橋店で見た気がする。
しばらくして声がかかったのでコール。

麺は今回も平打ち形状で二郎らしいがなんとなく太くなったような。デフォだと確かに柔らかめの食感で硬めにする人が多いのも納得。量は250gよりちょっと少ないくらいか。
スープは薄味なのは相変わらずだが以前より旨味は出ている感じで明らかに「二郎のスープ」といえる仕上がり。少なくとも蒲田や小滝橋より二郎を感じさせる。
ブタはいつも通り小ぶりで先週の小岩と同じ位か。ただ以前は結構歯応えがあったが今日はなかなか柔らかかった。
野菜はコールしたのでそこそこの盛り。茹で加減はシャキシャキで明らかに麺より多かった。
最後にスープを何口か飲んでご馳走様。

一昨年の移転を機に麺がかなり二郎らしくなったが、今回はスープも明らかに進化が感じられた。
次回は生とじ玉子も追加してみよう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「トマトラーメン(880円)+チーズ+バラ軟骨 ヤサイニンニク」@ピコピコポンの写真1年ぶり。
お目当ては水曜の夜限定(今のところ)というトマトラーメン。
18:00の開店時間と同時に到着したがすぐに満席。外待ちも発生していてなかなかの人気ぶりだ。
まずは券売機で水色の食券を購入し提出時に「トマトラーメンで」とオーダー。さらに300円を添えて「チーズ」と「バラ軟骨」もお願いする。
厨房には店主さんと助手さんで昨年同様常連さんと会話が弾んでいた。
しばらくして声がかかったのでコール。スープがなみなみと入っているので慎重に降ろす。

せっかくなのでまずは真っ赤なスープから。飲んでみるとやはりトマトの酸味が効いているが、スープ自体が濃厚なのででそれほどさっぱりしているわけではないかな。でも違和感なくマッチしている感じでニンニクが混ざると二郎っぽさもしっかり感じられた。
麺は前回は結構縮れがあった記憶だが今日はストレート気味になっていた。でも食感も味も実に好みに仕上がっていて正直直系に負けないほど美味い麺だと思う。チーズとの相性も実に良好。量はやはり300gよりはやや少ないか。
ブタは@状のものが2切れ。今回も柔らかく味付けも実にいい感じ。これもチーズを絡めて食べるといい感じ。
バラ軟骨は更にトロトロに柔らかくてこちらも素晴らしい出来。それほど大きくないので200円はちょっと値が張るがこれは次回以降も頼みそうだ。
野菜はやはりクタ気味で増してもそれほど多くはない。トマトスープにはこの食感の方が合っている気がした。またトマトの果肉も結構入っている。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

二郎系でトマトメニューを食べたのは「蓮爾 登戸店」の「冷やしトマト和え麺」以来だったが、しっかり美味いスープに仕上がっており個性的な味わいだった。
ここは麺も美味いので冷やし中華も是非食べてみたい。「豚星」のとはまた違う感じみたいだし。
接客もとてもよかったです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「小ラーメン(750円)ニンニクカラメ」@ラーメン二郎 小岩店の写真7ヵ月ぶりに小岩へ。
14:00到着で8人待ち。さすがにこの時間だと並びは少ない。
15分ほどで店内へ入り券売機で「小ラーメン」の食券を購入。6月は色々あって一店も二郎を食べられなかったので「少なめ」も考えたが、今の自分がデフォの量の二郎を食べられるのか確認もしたかった。
厨房には店主さんと初めて見る若い男性助手さん。3塁側でスマホを見ながら食べている客がかなり遅くて堪らず注意していた。
しばらくして声がかかったので「ニンニクカラメ」とコール。久々の二郎なのでヤサイはデフォにしておく。

麺は程よく硬めでしっかりとした食感。それでいて小岩らしい滑らかさがありドンドン口に入れてしまう。
やはり小岩は麺が抜群に美味いな。少なめにしなくてよかった。
スープは前回やけに薄く感じたので小岩では久々にカラメに。これが絶妙ともいえる塩梅で醤油の効いた非乳化二郎の醍醐味を存分に味わえた。
途中で前回同様「スパイスアップ 麻辣ペッパー 」を投入してピリ辛風に味変。
「脂っKOIWA」は遅い時間だったので売り切れだったがちょっと多すぎるのでもういいかな…。
ブタは相変わらずかなり小ぶり。前回は午前中だったためかやや歯応えがあったが、今日はフワトロで実に美味い。これなら小ブタで食べたかったかも。
野菜はデフォだとやはり少ないな。茹で加減は今回もシャキシャキでいい感じだった。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

久々の二郎で食べる前は不安もあったが、小岩の美味さのおかげもあって余裕を持って完食できた。
これからまた徐々にペースを取り戻して各店を廻っていきたい。
前橋店開店の報も来たししっかり体調管理していかないと。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「納豆ざる(900円)」@らあめん大安の写真1年ぶり。
17:30入店すると先客6人、後客3人。厨房には男性2人。
ここではどうしても納豆入りメニューを選んでしまうが今回も「納豆ざる」をチョイス。
いつもながら手早い調理で今日もすぐに出来上がり。
昨年までとは違って穴開きレンゲがつくようになったようでこれは嬉しい。

つけだれはらあめんのスープに酸味が加えられているが、なんといっても生卵と和えられてふわふわの納豆が唯一無二の味わいで実に美味い。納豆ざるは3回目だが通常の「ざるらあめん」はまだ食べてないな。
麺はらあめんの時も美味いのだがざるだと水で締められシコシコしていてまた違う食感。また納豆でコーティングされているので実にツルッと喉に入っていく。量は300gだがすぐに無くなってしまうので次回は大盛りにしてみようか。
具はつけだれの中にチャーシュー、メンマ、ネギ、柚子。つけだれの上に刻み海苔。
チャーシューは今回も実に柔らかく赤身と脂身のバランスも申し分なし。
そういえばらあめんの時にある青菜はざるなど何故か入らないんだな。
最後に豆を穴開きレンゲで掬って食べてからスープ割りで締め。

たまにはデフォのらあめんを食べようかとも思うのだが、店に入るとやはり納豆入りにしてしまう。
チャーシューめん+納豆が出来れば嬉しいが券売機を見る限り無理なのかな?

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

「広島つけ麺:大(957円)」@廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島駅ビルアッセ店の写真中国遠征最終日。最後は広島つけ麺で締めることに。
「出来れば本店で」と思っていたがあまり時間が無かったこともあり駅近くのこちらへ。
ばくだん屋という名前は聞いたことがあったがよく考えれば渋谷にも出店してたな。
13:00入店すると先客4人、後客2人。厨房には男性1人、女性2人。
メニューを見るまでもなく当然広島つけ麺を注文。つけだれが「和風醤油だれ」と「ごまだれ」から選べるとのことなので醤油の方を選択。さらに辛さをどうするか聞かれたので「「まずはここで食べてみて」と書かれていた「2」でお願いする。なんでも0~100の間で選べるらしい…。
つけ麺でも5分ほどで出来上がった。

まずはつけだれを一口。当然辛いが思ったほどではないかな。辛さの元は唐辛子とラー油だと思うが酢の酸味も効いていて冷やし中華っぽい要素も。また大量のゴマが浮かんでいるが麺に絡んでくるのですぐに無くなってしまう。といっても卓上に用意されていて入れ放題。
また卓上には辛さをアップさせる「辛味」も用意されているので一さじ入れてみる。すると量が多すぎたのか一気に舌が痺れる辛さに。後半は水を3杯お代わりしてしまった。
麺は中細ストレートでツルツルシコシコな食感。よく冷やされていて喉越しもいい。量は大盛りにしても300gはない感じだった。勢いよく啜ると撥ねるので紙エプロンは必須だ。
具はチャーシュー、キャベツ、ネギ、キュウリ。
チャーシューも勿論冷たいのでやや歯応えのあるハムみたいな食感。
また野菜がたっぷり食べられるのもいいところだな。

広島つけ麺初体験だったが広島ラーメンと違ってこちらは大体予想通りの味といった感じ。
大盛りにしてもちょっと物足りなかったので(舌は痺れたが)もう一つの名物の唐揚げも頼めばよかった。

5日間岡山・広島の色んな味に出会えていい旅行になった。次回は足を延ばして九州あたり行ってみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(600円)」@陽気 大手町店の写真広島2杯目は「広島ラーメン」の有名店へ。
「尾道ラーメン」は有名だが「広島ラーメン」というジャンルがあるとは失礼ながら知らなかった。
店に入ると中途半端な時間だったこともあり先客1人、後客なし。厨房には男性1人、女性2人。
まずは券売機で「中華そば」の食券を購入。他には「おむすび」もあったが今回は「間食」なので自重。
さほど待たずに出来上がった。

スープは豚骨の香りと風味がしっかりと効いているが、口当たりはサラッとしていて味もマイルド。
なんとなく和歌山ラーメンをライトにした感じで飲みやすい。
麺は中細ストレートでやや柔らかめの食感。
具はチャーシュー、モヤシ、ネギ。
チャーシューは小ぶりで薄切りなものが4枚。脂身少なめだがパサついている感じはなかった。
またモヤシは二郎などより細めのもので麺と一緒に食べるといい感じ。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

広島ラーメンとはどんなものか興味深々だったが、意外にも食べやすい豚骨ラーメンで飲んだ後に食べるのに向いてるかも。
後は広島つけ麺も食べておきたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件